<   2013年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
除夜会
12/31分

b0029488_0492529.jpg
お正月の鏡餅と報恩講のお華束のダブル荘厳
b0029488_0493948.jpg
境内一円に、Sさん、Yさん手作りの青竹の灯籠 
b0029488_0495767.jpg
11:30からお正信偈、そして年末年始のご挨拶
b0029488_050401.jpg
たき火
b0029488_0505575.jpg
ぜんざいのお接待
b0029488_0511236.jpg
新年、本堂におまいりする方々

あたたかい除夜。例年になく多いおまいり。たぶん過去最高。煩悩は百八つどころではないと言うことかな。

鐘楼の上で、鐘をつく方々と新年のご挨拶。年賀状にも似た、ほんの数十秒のコミュニケーション。

除夜の鐘、初詣、竹の灯籠、たき火、ぜんざい・・・。できるだけ電気の明かりを消した境内で迎える新年は、なかなかいい風情でした。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-31 23:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
お華束つくり
12/30分

b0029488_2259650.jpg
b0029488_22593198.jpg
b0029488_22595361.jpg

b0029488_2301055.jpg
b0029488_2302795.jpg
b0029488_2304318.jpg


朝8時から、餅つき、幕張り、お華立て。

30余名のお手まいりによって除夜会、元旦会、報恩講の準備ができました。

最後はみんなで昼食。おかずは、昔から「鰯」と決まっています。「年越しいわし」の習慣から来ているのかも。


夕方6時からは、お華束盛り。午前中につくったお華束を串に刺し円筒形に盛って着色します。熟練の方々がおとりもち。

Yさんは、おじいさんに連れられて、お束盛りに来てからもう50年。はじめてきたときは小学校4年生のだったそうです。

「昔は少人数だったので、いつもできあがるのは夜中の12時すぎだった。12時過ぎまで起きていたのは、お寺が最初だった。」

確かに、最近はおとりもちの方々が増え、大勢でワイワイ言いながらあっという間に(といっても11時くらい)にできあがりますが、昔は、M家一家とボクたちだけだったので、延々と作業をしていた記憶です。

お華束が完成したら、夜食。

昔は、お華束盛りの作業が1月2日の夜だったので、みんなで、お膳でおせちをいただきました。3年前から、12月30日の夜になったので、夜食は、お膳で年越しそばになりました。ただ、当地から北海道に開拓に行かれた方から届く「鮭」をいただくことは変わっていません。


坊守は年末年始、大勢のおとりもちの方々の食事ばかり作っています。少しねぎらっておこうと思います。今年もお手間入りのお荘厳ができたことをよろこび、ボクが平和のためにほんの少しできること・・・。



(お華立て、幕張り、たき火の準備等々の写真は撮ることができませんでした。)


                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-30 23:57 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
お墓掃除
12/29分

b0029488_22401842.jpg


お取り越しもあと数件。時間に余裕ができたので、もうひとつの懸案のお墓掃除をしました。

お墓の南には桜の並木、西は檜の林、北と東は雑木林ということで、とにかく落ち葉が積もるほど溜まっています。日が暮れるまで3時間、必死で落ち葉かきをしました。

夕方のお取り越しに間に合いそうになかったので、急遽坊守に手伝ってもらい、なんとか一通りの掃除ができました。運動不足のボクでなくても、ちょっとキツイ作業です。

「お盆前のお墓掃除」は年間の行事ですが、行事としての「年末のお墓掃除」はありません。ボクができることなのですが、お墓を安定してきれいに保つためには、みんなで取り組むことも必要かと思いました。

シゴトをしたくないというわけではなく、ボクががんばればいいという発想を転換していかなければならないと思っています。年のせいか、がむしゃらに取り組んで成り立つことより、無理なく続くことが大切だと思うようになりました。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-29 22:39 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
雪景色
b0029488_23314733.jpg
b0029488_2332583.jpg


厳しい冷え込み。のぞき込むと、苔の中だけ雪景色。

遊びに行く時間がないので、ハイマツ帯の残雪をイメージしてよろこんでいます。


「大雪」という天気予報を聞いて覚悟していたのですが・・・。

最近の天気予報は、ちょっと大袈裟なような気がします。台風しかり、大雪しかり。最大値を予報するというコンセプトなんでしょうね。そのあたりを、受け手が上手にインプットしないと、「心配してたのに普通だった・・・」みたいな、本末転倒の思いが湧いてくるのがボクたちです。

取り越し苦労を重ねることで、天気予報への期待が薄くなっていくことを心配します。

雪のない年末。「大雪」じゃなくてよかったです。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-28 23:30 | ふるさと | Comments(0)
たき火の準備
b0029488_2115191.jpg
b0029488_25328.jpg


G建設さんが、たき火用の木材を届けてくださいました。

12/31の除夜の鐘、1/4・5の報恩講のとき、境内でたき火をします。お寺に限らず、寒いときの宗教儀礼に、たき火はつきものみたいです。


G建設さんは同級生。おたがい、年末になると、たき火のことが気になる年頃です。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-28 02:10 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
やっとこさ  -銀杏の皮むき-
b0029488_0382932.jpg


11月下旬の自業惑乱、12月初旬の声明停止の影響で、全く余裕のないお取り越し三昧。

11時から4時間、ようやくまとまった時間ができたので、懸案の銀杏の皮むきをしました。一年ぶりの作業です。

作業着に着替え、道具一揃えの準備するのに30分。ペール缶に入れた銀杏と水をドリルでドロドロになるまで撹拌。果肉が黄土色のペースト状になったら、目の粗いカゴに流し込んで、水で銀杏の実だけを漉しとります。

ことばにすると、これだけのことですが、それなりのコツと根気と体力がいる作業です。淡々と何度も繰り返し、最後に、銀杏の実だけをまとめてきれいに洗浄。果肉や皮を始末し、道具や器具をきれいに洗って、皮むきは完了。

日が射している間に、今度は干す作業。新聞紙の上に洗ったばかりの銀杏を広げて表面の水分をとり、パッドに広げ、あとは日射と風におまかせ。

仕上げは、ドロドロになった自分の洗浄です。作業着を洗濯機に入れ、シャワーを浴び、遅い昼食を5分で食べ、法衣に着替えて、おまいりへ。ちょっと遅刻。

こうなると、なぜか、時間に追われることが快感です。オレってガンバッテルっという自己満足です。blogに書くということは、ガンバッテルねって言って欲しいのかも知れませんが、こういう自己完結する自己満足は、ほんとうはシゴトじゃなくて遊びなんですよね。


今年の銀杏の収穫は、大豊作だった去年の1/10くらい。遊びにはちょうどいい量でした。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-27 00:35 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
本願寺新報新年号、法語カレンダー等の配布準備完了
b0029488_0124489.jpg


年末年始の配布物の準備完了。

夜なべで、諸々の案内や封筒の宛名印刷等ができたので、封筒詰め作業と郵送手配・配布は坊守におまかせ。

ボクは、あいかわらずお正信偈。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-26 23:05 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
後ろが見えない
b0029488_23202899.jpg


バリバリの霜で後ろが見えません。

熱線で少しづつ溶けてゆく霜。余裕がないので、なんとか見えるようになったところで見切り発車しました。


クルマでバックするときいつも思うこと。

1、肩や首が痛くて、振り向くのが辛い。
2、死角が多すぎる。
3、夜、バックランプが暗い。

1、自分の身体の老化・欠陥は棚に上げます。
2、Aピラーの死角と並んで、後方視界についてクルマは構造的な問題を抱えているように思います。
3、ヘッドライト並に明るくてもいいと思う。

自動車屋さんに聞いたら、バックランプを明るい球に換えても問題ないとのこと。LEDの明るいものがいろいろあるそうです。調べてみたら、フォグランプ用の普通の球でも適応するようなので、暇ができたら試してみようと思っています。

18wから35wになるわけで、たぶん効果あると思うんですが・・・。

振り返るなら、よく見えないとね。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-25 23:19 | そらごと、たはごと | Comments(2)
クリスマス・イヴ
b0029488_955322.jpg
サンタクロース仕様の法衣もなきにしもあらず



「クリスマス」と「報恩講」をちょっと比較してみます。


・クリスマス 12/25に同日各地で祝う
・報恩講   1/16に本願寺にて「御正忌報恩講」 各寺、各家庭は「お取り越し報恩講」


報恩講は、やはり「講」。同信が寄るということに重きを置いているように思います。信仰は個のものであるとはいえ、教団、同朋、門徒、家族縁者という聚(なかま)でよろこぶという儀礼様式なのだと思います。

必ずではありませんが、儀礼の中で「ご院さん」の存在も重要らしいということもわかります。


というわけで、天皇誕生日もクリスマス・イヴもクリスマスも、ボクはひたすらお正信偈。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-24 23:05 | おまいりにて | Comments(0)
西厳寺報恩講
b0029488_0564696.jpg
b0029488_0565943.jpg


午後、各務原の西厳寺さまの報恩講へ。

村の方々のお手間入りのお荘厳の本堂、婦人会のコーラスの方々の仏徳賛嘆の歌声のあと正信偈。

おつとめの後、一座二席の法話。御講師は宇野淳信師。真摯で丁寧なお取り次ぎをゆっくりお聴聞することができました。

当たり前なのに、できそうでできないコトばかりです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-12-23 23:55 | おまいりにて | Comments(0)