<   2015年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧
休暇 ② 神戸、尼崎へ
b0029488_23302573.jpg
b0029488_23304773.jpg
b0029488_2331991.jpg
b0029488_23313432.jpg
b0029488_23315995.jpg
b0029488_23321330.jpg
b0029488_23322731.jpg


試験に向かう次女を三宮駅まで送り、神戸別院へ。

阪神淡路大震災のの直後、岐阜の法友と徒党を組んで半分興味本位で押し掛けた神戸。夜、真っ暗な神戸の町に着き、最初に訪ねたのが神戸別院でした。震災直後ということに加え再建中だったことで、伽藍の印象はありません。

再建されたモダンな神戸別院へのおまいりは、感慨深いものがありました。

神戸別院固有のお荘厳を仰ぎながら、その意匠に込められた思いというか意気込みというか、例えば文化芸術芸能を支えてきた旦那衆の心意気みたいなものをあらためて感じました。

しかるべきところで、贅を尽くしてしかるべきお荘厳がされることの有難さを思います。

宗教施設は、お荘厳や設備がすべてとまでは言いませんが、少なくとも範となるところでは、宗教的情緒、加えてもてなしの設えが大切なことを痛感しました。特に◯阜の者としては。


神戸別院で長い時間を過ごし充分に満足したので、神戸の街を歩くのはやめました。お世話になっている法友を訪ねることに。


神戸の学生のM師のところへ。

昼食でも一緒にと思っていましたが、連絡を取ると試験中とのこと。又の機会を楽しみに、灘の下宿のポストにおみやげの銀杏を入れて神戸を離れました。


尼崎のJ寺、H師のところへ。

住宅街のJ寺さんの回りは一方通行が多く、伽藍が見えていてもなかなかたどり着けません。H氏への尊崇の念も込めて、ラサのチベット人の朝の礼拝のように右遶三匝。J寺さんを右に見ながら三周してようやくたどり着きました。

阿弥陀さまと溌剌とした坊守さまにご挨拶。H師は予想通り、不住。お説教のロード中とのこと。

明日の幼稚園の発表会の準備中の本堂。H師が好まれる「あったかーい」という形容詞そのままの、アットホームな雰囲気がいい感じでした。H師不在にもかかわらずアットホームなところ、明るい坊守さまの縁の下の力をつくづく感じました。

どこもかしこも坊守さまは偉大です。

b0029488_0363441.jpg



午前3時、存分に遊んで京都経由で帰宅。明日からの英気を養いました。寝不足でも平気です。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog


















b0029488_233242100.jpg

by e.wash-r | 2015-01-31 23:19 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
休暇 ① 有馬温泉へ
b0029488_22564690.jpg
湯元
b0029488_22571885.jpg
商店街
b0029488_22573223.jpg
極楽寺
b0029488_2258238.jpg
温泉街

京都で次女を拾い、IKEAで遊んで有馬温泉へ。

駅前に車を預け有馬温泉を散策。全く下調べなしだったので、行き当たりばったり。でも、日が暮れてゆく温泉街を歩いているという、ただそれだけで至福の時間でした。

無理やり作った休暇初日。試験中の次女は、宿に入ってから深夜まで勉強していたようですが、ボクはお先にぐっすり眠らせてもらいました。

無理を聞いてくださったみなさん、ありがとうございます。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-30 22:55 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
誕生日
b0029488_1383479.jpg


ご多分にもれず、ボクもLINEで家族と繋がっています。厳密には、将軍さまをのぞく被支配階級父子の地下通信です。

次女が長男にお祝いのメッセージ。ボクも。


さて、夜、誕生日の長男が公衆電話から電話をしてきました。外出中だったので、自宅から転送されて携帯に。

誕生日のお祝いを言う間もなく、焦った長男の声。

「マジヤバイ。携帯電池切れ。部屋の鍵忘れた。。今100円しかない。カードもない。」

そして電話は切れました。

公衆電話から自宅に電話してきたのはそんな事情のようです。こちらからは連絡のしようがありません。どこにいるかも不明。

数分後再度着信。

「どこかで携帯充電して、後は友だちを頼れ。下宿の管理会社の電話番号mailしておく。」

これだけ伝えたら切れました。


こんどは、しばらくして留守番の母から電話。

「さっき、公衆電話から変な電話がかかってきたんだけど・・・」

なんだか複雑で面倒くさいことになりそうだったので、母には「変な電話には対応してはいけない。」とだけ伝えました。



一声のお念仏のなんと難しいいことか。

なんまんだぶ。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-29 23:07 | そらごと、たはごと | Comments(0)
地獄一定
b0029488_14192536.jpg


M家13回忌のご法事。

Mさんは、熱心に地域の講のお世話方をされた方でした。そういうご縁あってのことだと思うのですが、M家のお仏間に入ると早々にご法義の質問。


Mさん:「『地獄は一定すみかぞかし』というのは、この世は地獄だということなんですか?」

ボク:「うーん。回りを巻き込んで世の中を地獄ということよりは、地獄の因をつくっているのは私自身(の行為、生きざま)であるという自覚の話だと思います。」


Mさん:「地獄行きのわたしは、阿弥陀さまにお任せするしかないということですね。」

ボク:「うーん。厳密には阿弥陀さまに任せきることができるほどのわたしであるかどうか、よく考えてみる必要がありますよね。凡夫を救い摂って捨てないという阿弥陀さまがいらっしゃるということが間違いないということなんです。」


他力の核心のお話だったように思います。寒いけれど春を感じる日差しが入る仏間で、のどかな時間。

法事はいいね、ということになります。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-28 23:17 | おまいりにて | Comments(0)
スキーに行ってきました ―革靴細板テレマーク2015-

今シーズンはじめてのゲレンデテレマーク。乗れてません。

b0029488_18203483.jpg
教学の師、サーフィンの同期、ボクのこどもであってもいいほど若い後輩のO師と。

b0029488_1825924.jpg
b0029488_18252024.jpg
めいほうスキー場。ガスとあられ。寂しいくらい空いてました。雪質は重めでしたがまあまあ。

b0029488_1827762.jpg
b0029488_18274218.jpg
テレ―マークスキー。ヒールフリーです。相変わらず、往年のクラシックな革靴細板で滑っています。


楽しみました。けがをする前にやめるという、大人のスキーをしてきました。満足。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-27 23:15 | 溺レル | Comments(2)
積極的平和主義
b0029488_16331150.jpg


政府は「積極的平和主義」を標榜しています。そんななか、世界はますます混沌へと向かっているような気がします。

「積極的平和主義」を、首相は「proactive contribution to peace」と英訳しました。

「proactive」と言う語は邦訳が難しい言葉のようで、「積極的に促す。事前に対策を講じる。先を見越した。事前に行動を起こした。」等に訳されています。ここで言う「事前に」の事、「先を見越す」の先は平和でない状態なので、「混沌」と言い換えてもいいと思います。

英訳から言うと、「積極的平和主義」は、「混沌」とする前に「平和」への「貢献」をするという意味のようです。


「平和」と「混沌」という対義語も、それぞれに定義が難しいことばです。

例えば、ボクたちが考える「平和」が、例えばイスラム世界の「平和」とは限りません。例えば、ボクたちが感じるイスラム世界の「混沌」は、イスラム世界では「混沌」ではないのかもしれません。

いつも思うことですが、「平和」は倫理的なものです。倫理は「倫(なかま)の理(きまり)」なので、同属内で通用する決まりごとという性格があります。同属外の存在を前提としているのです。多少大げさに言えば、「日本の平和」は他国の平和を侵す可能性を秘めているということです。「平和」を「正義」に置き換えるともっと実感できるかもしれません。

求める「平和」、もしくは主張する「正義」が複数存在すれば、それはたぶん「混沌」なのです。


翻って、「自信教人信」ということ。「おせっかい平和主義」「傲慢な平和主義」に陥らないように気をつけたいと思います。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-26 16:32 | そらごと、たはごと | Comments(0)
『小太膳の歩み』 
b0029488_23435181.jpg
b0029488_2344531.jpg


土岐市駄知より塚本氏が来訪。「正蓮寺の歴史を語る会」の宮部氏と「塚本小太膳の足跡」を辿る熱い歴史談義に同席させていただきました。

400年を経て、駄知、姫路、岩利が「塚本小太膳」を枢軸に繋がりつつあります。

軽快なフィールドワークを通して史実を繋いでみえた塚本氏の仰るとおり「事実はひとつ」なのでしょうが、謎が多いだけに諸説混沌とするところにも、歴史の浪漫を感じています。

今回、聞かせていただいたのは、塚本小太膳と本願寺下間家や亀山本徳寺との関係。石山戦争や本能寺の変とも、何か深い関係があるのかもしれません。

塚本小太膳が真宗に帰依したという伝承との関わりにおいても非常に興味深いお話でした。


まだまだ深まっていきそうな予感。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-25 23:41 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
住職の後ろ姿  ―「品」「愛嬌」「色気」―
b0029488_23114326.jpg


大切なのは、「品」と「愛嬌」、そして「色気」。

「品っていうのはね、隠れた部分の完璧さ」
「愛嬌っていうのはね、遊び心」
「色気っていうのはね、色気っていうのは、教養なのよ」

blog「ecotam」2010 10.1より引用



何度も流れてくることばである。

身につまされる。

表面をつくろうのが常、
このごろ遊びの根源たるめまい・ときめきはないし、
勉強もしていない。


後ろ姿で語る男となることのなんと困難なことか。


Y家17回忌。
おつとめの終わった後、Yさんが一言。


「ご院さん、後ろ姿が太りんさったなあ。」


「太りん」という音の断片が身に沁みます。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-24 23:05 | そらごと、たはごと | Comments(2)
ツイードのショルダーバック
b0029488_2357543.jpg


法務を終えたあと、夜フリーだったので気晴らしにショッピングモールへ。

物欲はあっても、特に確定した欲しいモノがあるわけではないので、坊守の後をついてウインドウショッピング。

某女性服の店内。

坊守の横でぼーっとしていると、マネキンに赤みがかかったツイードのショルダーバックがかかっているのが目に止まりました。

トラッドな雰囲気のきれいなバックでした。近づいて、一本締めの革のベルトのついた蓋のところを手に持って眺めようとした時、そのマネキンがふーっと動きました。一瞬何が起きているのかわかりませんでした。

バックを掛けていたのはマネキンではなくお客さん。当然バックもその方のもの。

唖然としているボクの姿を、「おとーさん、人のカバンの蓋を開けて何するつもり!?」というもっと唖然とした目で坊守が見ていました。

ことの次第を理解し、その方に「ゴメンナサイ、間違えました。」と言うまでの一瞬、ものすごく長い空白の時間が流れていたように思います。


ショッピングモール三箇条

【教訓】 マネキンを見たら人と思え。

【心得】 マネキンにはまず一声かけよう。

【注意】 マネキンと話す場合、周りに聞こえないようにした方がいいと思います。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-23 23:56 | そらごと、たはごと | Comments(0)
湯けむり



b0029488_191665.jpg




正直に書きます。

先般より、当該のご門徒さん方に「ちょっと都合がつかないので、おまいりの日時の変更をお願いします。」と、嘘ではないけど少しぼかし気味の電話をして、22日と23日を空けていました。お休みをいただき、ちょっと温泉に行こうかと。

宿も予約し、ボクにしては珍しくというかはじめての、スキーでも山登りでもない湯治の旅?の予定。


が、訃報。段取りに苦労することもなく、22日と23日は余裕で通夜と葬儀の日に。


寺にいるとなると見越したように法務以外の所用も飛び込んできたりして、気がつけば普段とかわりのない一日になりました。

無理矢理にでも、湯治完遂を思案中。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-01-22 23:08 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)