<   2016年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧
学友 ー伊自良で遊ぶー
b0029488_00142986.jpg


Eくんが訪ねてきました。お泊まり会の下見も兼ねて、川へ。

ヨシノボリを鍋いっぱいの佃煮ができるほど捕りましたが、今回の目的ではないのでリリース。目当てだったタナゴ類をしっかり確認して、十分満足な川遊び。

Eくんは、学生時代、ほとんど毎日川へ行った仲。当時は、濃尾平野西縁の河川の地表水の流量変化をワクワクしながら調べていましたが、この頃は、ガサガサ魚と戯れています。

今回はタナゴ類の他に、例えばタカハヤ等水温の低い川の魚も確認でき、また、鮎の喰み痕を見ることもできました。

川はいいね。

写真はEくんのblogより拝借。
Eくんの『帰雲山荘に遊ぶ会blog』もよろしく!


by e.wash-r | 2016-07-31 23:46 | ふるさと | Comments(2)
舎利弗の目
b0029488_16491429.jpg
棟方志功「二菩薩釈迦十大弟子版画柵」1939 より


夜、Hさんが来寺。のんびり話し込んでいると、遅れてダンナさんのMくんが来寺。ますます、のんびり話し込みました。

帰り際、Mくんが、「ここ数年、ずっと気になっていること、聞いてもいいですか?昔、修行者が、目をくり抜いて差し出した話をご院さんから聞いた記憶があるのですが、その続きって、どうな風でした?」

「舎利弗が目をくり抜いて差し出した話」を知り、10年くらい前、ボクは、その話を、ときどきお取り次ぎに引用していました。たぶん、Mくんは10年くらい前、ボクのそのお取り次ぎを聞いたのだと思います。そして、ずーっとモヤモヤしていたのでしょう。


修行中の舎利弗に、盲の男が「あなたの目をください。」と請う。
舎利弗は、すぐさま、自分の目をくり抜き、その男に与える。
目を受け取った男は、においをかぎ、捨て、足で踏み潰す。


おおよそ、このような流れの話です。ボクが聞いその話の結びは、『舎利弗は、ほんの一瞬、その顛末に唖然とする。このとき、修行者舎利弗は、ただの泥凡夫となった。』というものでした。ボクがMくんにした話も、そのままだったと思います。

Mくんは、「なぜ、男は、目を踏み潰したんでしょうか?」と尋ねてきました。

ボクには、わかりません。ただ、この話の本質は、目を踏み潰した理由にあるのではないと思っています。舎利弗の献身も本質ではないと思います。

この話の本質は、舎利弗が、もはや、男のものとなったかつての我が目、与えた目の有り様に動揺し、こだわったことです。

舎利弗の思いは、実は、人間ならば当たり前のこと。まさに人間の情、思慮の範疇ということ。翻って、それは人間の話であり、ほとけさまの話ではない、ということ。

清淨なるもの、ほとけさま、おさとりは、人間の延長にはないことを示した説話なのだと、ボクは受け止めています。

人の行為の尊さとおさとりを混同しがちなボクたちへの警句と受け止めたいと思います。

人のすばらしさは、人のすばらしさとしておおいに讃えればいいじゃないか、と思う、ということでもあります。


ところで・・・

大原美術館のポストカードになっている棟方志功の舎利弗を挿画としました。50代のおっさんには、スペシウム光線を放つウルトラマンに見えるんですよねえ。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-07-30 23:47 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
本願寺新報 お盆特集号
b0029488_1232484.jpg


7/30分

7月25日、「7月28日に村の寄り合いがあるので、本願寺新報・お盆特集号をその時に配りたいのですが。」と、A地区総代のTさんから電話。

お盆特集号のこと、すっかり忘れていて、慌てて手配。S師、本願寺出版部の方々のお力添えで、ギリギリ間に合いました。感謝。


盂蘭盆会と境内清掃日時変更の再案内、初盆のご案内等を添えて、各地区配布、遠地郵送の準備。

連夜、疲れて起きていられないので、早朝の事務仕事。

PC、プリンタとも好調、データ完璧!?にて、はがき印刷、封筒印刷、案内印刷等、すべて滞りなく、一枚のミス・トラブルもなく完了しました。ありそうでないこと。


どうでもいいことですが、意外と満足感あります。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-07-30 23:30 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
夏休み「お経を習いましょう」
b0029488_134385.jpg


A地区の「お経を習いましょう」週間が終わりました。

A地区公民館にて、今年は9人のこどもたちと。

過去記事にも書きましたが、今まで主催していた檀信徒会が解散してしまったので、どうなることかと思っていましたが、地域の方々、親さん方の尽力で、例年と変わりなく行うことができました。

A地区に限らず、そのほかの校区内各地区も、同じように続けられたとのこと、うれしく思います。

ただ、当村に関しては、対象のこどもがいないということで、当寺での「お経を習いましょう」は、ここ数年開催できていません。この先数年見込みもなし。ちょっとさみしいことですが、巡ってくるそのときを楽しみにすることとします。


朝のラジオ体操を含めて約一時間。こどもたちは、大きな声でいつも元気です。一方ボクは、早朝の炎天下、ラジオ体操だけで、もうお疲れモード。

ボクなりの分析では、法衣を着てラジオ体操をするのがよくないような気がしています。なんとなくシャキッと体を動かしている感じがないのが原因のような・・・。

というわけで、健康のため、残りの夏休み、ラジオ体操はしません。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-07-29 23:21 | ふるさと | Comments(0)
漏電
b0029488_12201195.jpg


朝のおまいりの最中に、本堂の照明が消えました。停電。

こどものころは、ときどき「停電」がありましたが、最近は、事前連絡のある工事のための停電が極たまにあるくらいで、突然の「停電」は珍しくなりました。


となりのKさんに聞くと「うちは停電していないよ。」との返事。「停電」ではなく、どうもお寺の中の問題でした。

あちこちのブレーカーボックスを回って確かめると、どうも本堂に原因あり。激しい雨が降った後なので、『雨漏り+漏電』というイヤ~な状況がよぎります。

早々に建設会社さんにお願いして、調べてもらうことに。


さすがプロ。あっという間の原因特定。

本堂の壁掛け扇風機の漏電でした。一件落着。


一昨年、市の水道が断水ということで、お泊まり会を急遽延期しました。今回も漏電の原因を特定できなかったら、お泊まり会は難しかったかもしれません。

水、電気、ガス、たぶんどれが欠けても成り立たない「お泊まり会」。インフラ、ライフラインが整っているということ、当たり前ではなくて有り難いことなんですね。

社会制度の成熟のみならず、社会資本の充実という歴史の一面に、もっと光をあてていいような気がしています。難しい問題をはらんでいますが。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-07-28 23:19 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
お礼参り
b0029488_1222993.jpg


当寺の場合、お寺まで歩いておまいりできる距離のご門徒さんは5軒。となりの字(あざ)です。距離は約1km。普通は車か自転車での往来です。

W家はその中の1軒。

W夫妻が、愛犬と一緒にお礼参りに来てくださいました。


特別なことでもないのでしょうが、当寺にとっては、ボクにとっては、なんとなく特別で、それはそれはうれしいおまいりでした。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-07-27 23:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
季節だより  ―ツバメとクワガタ―
b0029488_1453969.jpg
b0029488_1455184.jpg


ラジオ体操のとき、上を見たら電線に並んでいたツバメ。
巣立ったばかり?
夏休みが終わる頃、南へ渡っていきます。


夜のコンビニの駐車場で見つけたクワガタ。
メスは見分けがつきません。
夏の虫のイメージですが、夏休みに入る頃は、もう命の終わりの近い頃なのだそうです。


大暑を過ぎました。あと1週間ほどで、立秋です。







                    【 1年前の今日のblog
by e.wash-r | 2016-07-26 23:44 | ふるさと | Comments(0)
カレーロード2
b0029488_02301712.jpg
b0029488_02301818.jpg


今週からは、A地区に出向いて「ラジオ体操」。そのあと公民館に入って「お経を習いましょう」というお経の練習。

50年以上続く夏の恒例です。仏教会・檀信徒会が主導してはじまりました。

昨年、地域の檀信徒会が解散したので、心配していましたが、i地区もa地区も、地区の行事として、普通に続けてくださっています。ありがたいことです。


お昼、法務を終え寺に戻ると、本堂に4足のカラフルな靴。夏休みなので、午前中にお茶のお稽古があったようです。

今回は、昼食付き。献立は、当然カレーライス。ボクもお相伴。

写真の「いただきます」は、写真用のヤラセですが、その前に、こどもたちは普通に「いただきます」していました。

普通にしているということは、いつもしているということ。ありがたいことです。













by e.wash-r | 2016-07-25 23:07 | ふるさと | Comments(0)
『日本で一番悪い奴ら』
b0029488_2124239.jpg


S夫妻に勧められていた『日本で一番悪い奴ら』を、観てきました。

綾野剛、怪演。
みのすけさん、もうそのまんま。

最初の「・・・実在の人物・・・のフィクションです。」のテロッップから爆笑。

物語は、おもしろうてやがて・・・、段々と「東映」「日活」映画らしくなってきます。

モレラでは、まだやっています。必見!


悪い奴がいっぱい出て来るのですが、それは、人間のありのまま。悪くない奴なんていないんじゃないかと・・・。

最近、やたらスキャンダルで貶める正義が流行りです。思うのですが、スキャンダルは、表出するかどうかということ。みんななにか抱えている訳です。程度の差、たぶん、みんな悪い奴なんです。

ボク然り。隠し、繕いますが。


そういう意味では、悪を隠しきることができれば、それが本当の悪い奴かもしれませんね。

b0029488_2524911.jpg
b0029488_253117.jpg

山を諦めたので、朝はラジオ体操、午前中は「書写展」の準備。午後は法衣を買いに行って、親戚回りをして、3カ寺のキッズサンガを巡って、合間に『日本で一番悪い奴ら』を観た一日。

山に行っていたら、全部キャンセルしていたということ。どう考えても悪い奴です。
by e.wash-r | 2016-07-24 23:11 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
軟弱なPAPAGORIRA
b0029488_105230.jpg


22日は法務なし。終日遊べる日。やっと巡ってきたお休み。

地域の仕事やお付き合いをすべてお断りして、恒例の上高地行、のつもりが・・・。

夜、高山に着き、買い出しをしようとスーパーに入ったものの、天気予報では【上高地は雨】。雨の山も嫌いではないのですが、”晴れた日に出直そうかな。”と、今まであまり思ったことのない気分になりました。

断った仕事のことも気になるし、引き返すことに。

食材購入はやめましたが、そのスーパーで目についた『PAPAGORIRA』というのロゴのTシャツを買ってしまいました。ボクの休日は、名実ともに贋物です。

『PAPAGORIRA』のTシャツを見た坊守は、呆れた顔で「キッズサンガ用にしたら・・・。」と。世間に軟弱な『PAPAGORIRA』を晒すのは、恥ずかしいようです。
by e.wash-r | 2016-07-23 00:59 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)