<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
夏の気配
b0029488_21411492.jpg


7時半から、村の寄り合い。

7時を過ぎても、まだ明るい空。伊自良川の対岸にある会所の公民館まで、散歩気分で薄暮の田舎道を歩きました。

橋の上から見ると、伊自良川が薄く濁っています。上流で田植えがはじまっているのだと思います。

時間通りにはじまって、和気あいあいと、集金やら連絡やら。30分ほどで寄り合いは終わりました。

8時、さすがに日は暮れていました。車で来ていた近所のKくんが、「乗っていきませんか?」と気遣ってくれましたが、「たまには歩かないと。」と丁重にお断りし、真っ暗な田んぼ道を歩きました。

暗いので、カエルやオケラの鳴き声がよく聞こえます。
田かきのはじまった田んぼのの脇を通ると、微かに泥の匂いも。

まだまだ寒いですが、たぶん、もう夏ははじまっているのだと思います。

裏山で、フクロウが鳴いていました。夏の気配というわけではないですが。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-30 21:40 | ふるさと | Comments(0)
ゴールデンウイーク
b0029488_185457.jpg
b0029488_18541236.jpg


世間は、ゴールデンウイーク。

車で走っていると、なんとなく、いつもと違う感じ。

坊さんの場合、法務のゴールデンウイーク。

とはいえ、呼び衆への気遣いなのか、年々、ゴールデンウイーク中の法事等は減ってきているような感じ。


刈ったばかりなのに、もう草が伸びてきた境内を、せめて散策。

紅白の牡丹がきれいです。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-29 23:53 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
消防車のある風景 ー中日新聞の記事への私見ー
b0029488_22404794.jpg

b0029488_2241892.jpg
b0029488_2352737.jpg
b0029488_23275057.jpg
b0029488_2334148.jpg



4月26日、消防車でうどん店に寄った消防団へのクレームが、中日新聞の記事なったそうです。

法律や規則の上の可否を論ずることを否定しませんが、ボクには素朴な疑問があります。


ボクたちがくらしたいのは、消防団員が消防車でうどん店に寄ってはいけないような、そんな国なのだろうか?ということ。



村の消防車のある風景をあつめてみました。

単純な問題ではありませんが、ボクは、消防団員が消防車でうどん店に寄ることを、日暮らしの中の心地よい風景として眺めていられるような、そういう国が好きです。




以下、参考までに記事全文。



消防車でうどん店寄る 一宮市消防団員7人


愛知県一宮市消防団の50代の分団長を含む男性団員7人が、制服姿のまま消防ポンプ車で市内のうどん店に行き、昼食を取っていたことが分かった。市消防本部(同市緑1)は25日、全25分団長に口頭で注意を促した。近く文書で全団員にも呼び掛ける。

 同本部は、消防車は消防活動以外に使わないと市内の消防団と申し合わせている。同本部によると、16日午前9時半から同本部で消防操法大会の説明会があり、出場予定の団員ら50人が大会で使うポンプ車に乗り合わせるなどして参加。このうち、一分団の7人が終了後、うどん店に立ち寄った。

 市民が同日夜にメールで「消防車がうどん店にあった。おかしくないか」と写真付きで同本部に指摘。このため19日に「消防車で飲食店に乗り付けるのは非常識」として分団長に口頭注意した。

 分団長は同本部の聞き取りに「次の予定があり、このタイミングで昼食を取るしかなかった。軽率だった」と話したという。小島広之消防次長は「消防車を交通手段として使っており、適切ではない。市民に申し訳ない」と話した。

(中日新聞net 2017/4/26)




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-28 23:53 | ふるさと | Comments(0)
「ローマの休日」改め「老婆の休日」改め「老婆の手術」
b0029488_22374955.jpg


過日、夕食時、母が「明後日、大学病院で手術をするから、付き添って欲しい。高齢なので大学病院で、と言われた。」と言う。

当然、「えっ!」となる。

すかさず坊守が「ごめん、言うの忘れてた。私も今日聞いたんだけど。」と。

という訳で、急遽、坊守と妹とボクで段取りして、なんとか交代で対応。

無事手術が終わり、担当の先生に呼ばれる。

「X病院のデータと、実際の患部の様子が異なっていましたが、対処しました。ところで、どうして手術することになさったのですか?」

そう言われても困る。

「X病院からそう言われたので、ということしかわかりません。」と答える。

「いや、それはわかっています。X病院のデータは昨年の2月のものです。1年以上経って、手術をされることになった経緯はご存知ありませんか?何か体調等に変化があったのでしょうか?」

恥ずかしいことに、何もわからない。

「いずれにしても、患部はきれいに切除できましたから。」と先生。

術後3時間、眠っていた母が目覚めたので、手術までの経緯を聞いた。聞いて愕然。

”昨年の2月、X病院で、手術した方がいいと言われたが、なんとなく気が乗らなかったので、放っておいた。最近、陽気も体調もいいので、そろそろ手術してもいいかなあと思って、X病院へ行ったら、こうなった。”

坊守と妹とボクは、無理なやりくりをして、ヘトヘトで付き添っていたが、母は至って元気。術後すぐから、お腹が空いたとか、アメなら舐めていいはず、とかわがままを言って看護士さんを困らせ、挙句は、点滴の落ちる速さを勝手に早めて先生に叱られる始末。

退院した母は、すぐに境内の草引きをはじめ、「気持ちいいよ。」とか言っている。回りは、ぐったり疲れているが。


『調子がいいから手術した』って、まるで、先日、正尊寺真宗講座で桑羽先生が引用された桂文珍の『老婆の休日』の一節そのまま。

家族が、振り回されて疲れるのは仕方ないにしても、多忙なお医者さん、看護士さん、逼迫する国の医療財務を考えると、なんだかなあ、というため息。


まあ、要するに、老病死の苦に、軽重・浅深はないということのようで・・・。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-27 22:34 | そらごと、たはごと | Comments(0)
本願寺花灯明2
b0029488_1525543.jpg
飛雲閣 撮影OKです
b0029488_1526333.jpg
鐘楼
b0029488_16104448.jpg
書院 
b0029488_15261515.jpg
御影堂 向拝より参拝(堂内には入れません)
b0029488_15262454.jpg
「竹あかり」


4月25日、四法会のO師追悼法要、三木照国先生講義、伝灯奉告法要参拝の後記です。

4時過ぎ、法要後、岐阜組8人は、2~3手に分かれて京の買い物。それぞれ、律儀に念珠屋さん、法衣屋さん、蠟燭屋さん、お香屋さん等へ。そのあとは、生臭坊主に戻って、7時半まで自由時間。

7時半に、本願寺大玄関門(七条通り沿い・龍谷大学大宮学舎側)に集合。後期の『本願寺花灯明』を参観しました。

『本願寺花灯明』は、伝灯奉告法要の協賛行事のひとつで、夜の本願寺のいわゆるライトアップ。

原則として、夜の本願寺境内に入ることはできないので、夜の本願寺におまいりできるということだけでもプレミアム。更に、国宝の書院、唐門、一般公開していない京都三閣(金閣・銀閣・飛雲閣)のひとつ飛雲閣が特別公開されています。

前期『花灯明』は、阿弥陀堂と御影堂の色鮮やかなプロジェクトマッピングでしたが、今回の後期『花灯明』は、やわらかな灯りの中で夜の本願寺境内をしっとりめぐるコンセプトのようです。

夜の本願寺、よかったです。



『西本願寺花灯明 ~夜の参拝・特別拝観~』

【公開期間】
4月25日(火)~5月 2日(火)
5月 9日(火)~5月16日(火)
5月24日(水)~5月31日(水)

【公開時間】
19:00~21:30(最終入場は21:10)

【入口】
大玄関門(七条通り側)

◆無料ですが、必ず(私言)、懇志「熊本地震 災害義援金」をしましょう。

【HP】
第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事 「西本願寺花灯明 ~夜の参拝・特別拝観~」について



【参考】2016年の前期『花灯明』

b0029488_1662772.jpg

by e.wash-r | 2017-04-26 23:24 | おまいりにて | Comments(0)
三木先生の講義を聞き、伝灯奉告法要に参拝
b0029488_735428.jpg
b0029488_74563.jpg
b0029488_741328.jpg


京都東急ホテルで、O師追悼法要をつとめ、三木照国先生の渾身の法話をお聴聞。

正直なところ、三木先生の最後の講義かも知れないと思って、京都へ向かいました。

療養中の先生は、車椅子でしたが、相変わらずの迫力。法話中、声をつまらせO師のことを語る熱いお姿を拝見し、変わらぬおみのりへの情熱を浴びた気がしました。

「本典」の講義も「現代教学」の講義も、まだまだ続けられるという意気込みに、敬服。


会食のあと、門前を少し散策して、三木先生の勉強会である「四法会」として伝灯奉告法要に団体参拝。せっかくのご縁だったので、出勤すればよかったなあと、少し後悔。

5/31までに、出勤しようと決めました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-25 23:25 | お聴聞 | Comments(0)
将軍さまとパソコンとプリンターとボク
b0029488_23345495.jpg

お昼、おまいりから帰ってくると、将軍さまが食卓にノートPCを置いてお仕事中。

その後、ファイルが完成したのか、プリントの実行ボタンを押して、どこかへ。

プリンターは、印刷をはじめましたが、しばらくすると用紙不足の催促。

どこからか戻ってみえた将軍さまは、机の上を片づけたいらしく、「もうプリントの命令出したんだから、大丈夫だよね。」と、PCをスリープ状態にしてを閉じ、机の上から別の場所に移されました。

「PCからの命令はプリンターに伝わったと思いますが、プリンターが用紙切れみたいです。」と進言。進言して、給紙ははボクの役目ということに気が付きました。

A4用紙を十分に補給して、印刷再開、終了。


将軍さま   PCに印刷命令、後スリープ
PC      プリンターに印刷命令、後スリープ
プリンター  給紙命令
ボク     給紙
プリンター  印刷、印刷後スリープ
ボク     また、おまいり


将軍さま→PC→プリンター→ボク

という見事な指揮系統というか階級。

なお、PCがフリーズした場合、プリンターが紙づまりした場合も、指揮系統・階級に変わりはありません。


どうも、命令する人に、その仕事のしくみがわかっているかどうかは別問題というのが組織。

コエ~。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-24 22:48 | そらごと、たはごと | Comments(0)
母校へ
b0029488_6393562.jpg


日頃不義理をしている母校を、相変わらず不義理の用で訪ねました。

法務の合間だったので、入学して40年、はじめて法衣で。


公立高校なので、デリケートな問題ではありますが、生徒のお母さんがエプロン姿で忘れた弁当を届けに来たと思えば、そんなようなことです。

ただ、ボクにしてみると、育ててもらった母校を法衣で訪ねたことには、何か特別な感慨がありました。なんとなくですが。

たぶん、母校も法衣も大好きなのだと思います。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-23 23:38 | ふるさと | Comments(0)
ありがとうございました 2
b0029488_2149946.jpg


ご葬儀を終え、お礼参りに来てくださったM家ご家族と、Mさんの懐かしい話をいっぱいしました。

その後、Mさんの息子さんと孫さんと3人で、葬儀をつとめてくださった6ヶ寺にお礼参り。

息子さんは「祖父の葬儀のとき、親父についてお礼参りにまわったから。」と、長男さんを誘われました。ボクも息子さんも”Mさんなら、きっとこうしていたにちがいない”というおもいでした。3人で2時間かかって6ヶ寺をまわりました。

Mさんお手回しの、いい時間でした。


Mさんの写真をさがして、15年分ほどのデジタル写真を見直しました。

お寺の仏事行事のときには、必ずいらっしゃったMさんの姿が、次から次へと。

万感の思いで、写真をたどり気付いたこと。

息子さんや孫さんやお寺の新発意といっしょの写真が多いということ。
お客様と同席されている写真が多いということ。

常に、広げること、次世代につなげることを考えていてくださったのだと思います。


90年、戦後70年、ボクが生まれて55年、お寺とともに過ごしてくださったMさん。

ボクは、どっぷりその中にいました。Mさんは、S先生・M先生・S師・M師・・・と同じく、常に綱渡り、怪しい分岐点をいくつも通って今に至るボクの、いつも傍らにいてくださいました。

今が正しいかどうかはわかりませんが、ボクは、最高の道程だったと思っています。


Mさんの娑婆の意志は、ボクもボクの周りのお寺の方々も十分に受けとめています。

ありがとうございました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-22 23:48 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(4)
ありがとうございました
b0029488_21221386.jpg
b0029488_21391229.jpg


前責任役員・総代のMさんがご往生されました。

臨終の病床で、孫さんに「正蓮寺を書くので、スケッチブックを買ってきてほしい。」と頼まれたそうです。

ご自宅を出棺されたあと、式場に向かう前、お寺におまいりしてくださいました。

通夜・葬儀には、奥さま、息子さん夫婦、孫さん方皆さんが式章をかけておまいりでした。


いつもお寺のことを考えていてくださる方でした。

聞きたいことが、まだまだありましたが、すべてお伝えくださったと受け止めたいとおもいます。

ありがとうございました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-21 23:21 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)