銀杏が色づきはじめました -上げ仏事-
b0029488_00040684.jpg
b0029488_00041826.jpg

銀杏が色づきはじめました。

午前はN家上げ仏事。本堂でのご法事でした。

ご法事の後、本堂で歓談。Nさんは、最近の葬儀事情、ひいてはおたがいさまの付き合いが薄れていく世相を、時の流れとはいいつつ、嘆いておられました。

そんななかで、ご兄弟家族、息子さん娘さん家族が揃ったご法事のご縁。世俗的な言い方ですが、今となっては、ご法事は、親戚が集う貴重な機会なのだと思います。

門前で記念写真を撮られるということで、ボクも入れてもらいました。


N家のみなさんが帰られるときのこと。村のTさんが、遠くから「Mちゃ~ん(ボクのこと)」と手を降って呼んでみえます。手を降って応えると、「あっちの道は、今、稲刈り中で通れんぞ~」と。

衒いのないTさんの気遣いを、N家の方々は、とってもよろこんでみえました。ボクも心地よかったし、お知らせくださったTさんご自身もきっと気持ちよかったと思います。

当たり前のこととして、ひとは、自分が発する心地よいことばで、自身も心地よくなれると思います。それを、たぶん、おみのりとは言いませんが。

毎度のことながら、法事はいいな、と思うわけです。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-11-05 23:18 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
銀杏が色づきはじめました -上げ仏事-
b0029488_00040684.jpg
b0029488_00041826.jpg

銀杏が色づきはじめました。

午前はN家上げ仏事。本堂でのご法事でした。

ご法事の後、本堂で歓談。Nさんは、最近の葬儀事情、ひいてはおたがいさまの付き合いが薄れていく世相を、時の流れとはいいつつ、嘆いておられました。

そんななかで、ご兄弟家族、息子さん娘さん家族が揃ったご法事のご縁。世俗的な言い方ですが、今となっては、ご法事は、親戚が集う貴重な機会なのだと思います。

門前で記念写真を撮られるということで、ボクも入れてもらいました。


N家のみなさんが帰られるときのこと。村のTさんが、遠くから「Mちゃ~ん(ボクのこと)」と手を降って呼んでみえます。手を降って応えると、「あっちの道は、今、稲刈り中で通れんぞ~」と。

衒いのないTさんの気遣いを、N家の方々は、とってもよろこんでみえました。ボクも心地よかったし、お知らせくださったTさんご自身もきっと気持ちよかったと思います。

当たり前のこととして、ひとは、自分が発する心地よいことばで、自身も心地よくなれると思います。それを、たぶん、おみのりとは言いませんが。

毎度のことながら、法事はいいな、と思うわけです。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-11-05 23:18 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
第27回鮎の産卵を見る会
b0029488_23573980.jpg

法務を終え、6時過ぎS師を訪ねると、照明のもと、なにやらゴソゴソ作業中。

いただいたばかりの境内の池の鯉が、放流後、ほんの20分でサギに食べられたとのこと。急遽、サギ除けのテグスを張ってみえるところでした。生きるために必死な生物の鋭さに敬意を表しつつ、即、戦うS師にも感服。しばらく見学しました。



夕食後、午後10時過ぎ、長良橋下流左岸で行われている『第27回鮎の産卵を見る会』を表敬訪問。産卵は日の入りの時刻なので、実況中継はもう終わっています。観察会後のたき火を囲んだ飲み会に顔だけ出しました。

こどもたちがたくさん来てくれたと、主宰のニイムラさんはおおよろこびでした。

27年前は、たぶん建設省に睨まれながらだったことを思うと、市や県のバックアップ・岐阜の大切なことと認めてくださっている現状・公的に地元の小学校に案内されたという状況は、感慨深いものがあります。

岐阜の町の真ん中を流れる川があり、そこで鵜飼が行われ、そこで鮎が産卵するということ。ボクたちはあたりまえだと思っている長良川と岐阜のすがたなのですが、一般的には、そのあたりまえということが凄みなのかもしれません。

ニイムラさんの話では、地域の人たちに巻き込まれそうな流れができつつあるとのこと。孤高の一研究者の地道な活動が、27年を経て、市民権を得てゆくという、なんかちょっと出来過ぎなくらいの状況。

リバーリバイバル研究所、ニイムラさんに乾杯です。


岐阜市のど真ん中、夜の長良川左岸の河原は、長良川も人も焚き火も金華山も星も月も街の明かりも、何もかも美しかった、とまとめたいと思います。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-11-04 23:11 | ふるさと | Comments(2)
マサイ族
b0029488_22585028.jpg

高校生のころ、尊敬していた歴史の先生が、突然「アフリカに行ってきた。」とおっしゃいました。先生にとっては、突然ではなかったのだと思いますが。

ボクたちの卒業後、先生は学校を辞められました。ボクのなかでは、先生のアフリカの旅と辞職は、なんとなく重なっています。


何度もアフリカを訪れているKちゃん。単純に、何が彼女を惹きつけるんだろう、気になっていました。


すると、こんどはYちゃんから「マサイの村に行ってきました。」と写真が送られてきました。

鮮やかな赤と青に見えますが、橙と青なのだそうです。


何も知らないので、ついついアフリカってひとまとめで言ってしまいますが、アフリカもいろいろ。

写真はタンザニアのマサイ族だそうです。


# by e.wash-r | 2017-11-03 22:56 | Photo only | Comments(0)
富士見台高原へ 
富士見台高原へ
b0029488_23011046.jpg
のんびり笹原を歩く
b0029488_23004690.jpg
360度のパノラマ
b0029488_23013580.jpg
神坂峠1569m~富士見台1739m、1時間のハイキング
b0029488_23012084.jpg
神坂避難小屋 泊まれそう
b0029488_23015578.jpg
登山口の萬岳荘
b0029488_23021251.jpg
神坂峠の紅葉
b0029488_23022257.jpg
東濃ひのき
b0029488_23023493.jpg
東濃ひのき
b0029488_23024555.jpg
中央高速下
b0029488_23034605.jpg
五平餅 中津川駅前にて
b0029488_23030944.jpg
大好きな場所に寄り道 苗木城址
b0029488_23032775.jpg
石垣を見上げる
b0029488_23033648.jpg
苗木城址から 遠く恵那山と富士見台
b0029488_23035608.jpg
東白川 四ツ割りの南無阿弥陀仏 




ずーっと行きたいと思っていた富士見台高原へ。いいところでした。

神坂峠の登山口まで、岐阜から2時間半。登山口から頂上までは1時間弱。

笹原を歩いて、開放的な気分になったあとは、中津川へ。

駅前で五平餅を食べ、苗木城址に登り、付知ギャラリーに寄り、東白川の四つ割り南無阿弥陀佛におまいり。廃仏毀釈の歴史と東濃の文化風土を楽しみました。

一日空いたら、のんびり、たっぷり楽しめるコースではないかと。
紅葉を楽しむなら、2週間位前がいいと思います。







                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-11-02 22:59 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
11月になってしまいました
b0029488_18303524.jpg
b0029488_18304649.jpg

午後2時から、広報誌と報恩講のおとりもちの当番表をもって、地区総代さんのところへ。

3市、約20地区を回ってきました。

途中、ホームセンターで、補修材と作業用品を買っていると、昨晩いっしょに食事をしたO師も買い物中。同じく、作業用品を買っている様子。おまいりにお聴聞に寺務という名の野良仕事と、お互い、何でもやりますの風情に苦笑いです。

同じく、昨晩いっしょに食事をしたS師も、今日のFBでは、おまいりの合間の野良仕事をUPしていたような・・・。

小春日和です。

お寺に帰るころには、西の山に日が隠れて、一気に冷え込んできました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-11-01 18:33 | そらごと、たはごと | Comments(0)
美濃四十八座 超誓寺真宗講座 三木秀海師
b0029488_18014205.jpg
b0029488_18015603.jpg
b0029488_18020954.jpg
超誓寺真宗講座・夜座のお聴聞。ご講師は、岡山より、三木秀海師。

超誓寺さんは、美濃四十八座の中で唯一真宗興正派(本山興正寺)。岐阜県でも唯一。ご講師の三木秀海先生も、興正派の布教使でいらっしゃいます。

やはり、興正派でく拝読されるという「現世利益和讃」のお話でした。夜になって急に冷え込みましたが、ストーブが入った本堂で、1座2席、暖かく聞かせていただきました。


午前のおまいりのあと、広報誌・お取り越し報恩講の案内等の発送作業。ぎりぎり間に合った夜の法座でした。お聴聞の後、S師、O師と帰り道のファミレスで遅い夕食。相変わらず、生活のリズムなしです。

31日、めいっぱいの日になりました。次の31日は大晦日。






                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-10-31 23:35 | お聴聞 | Comments(0)
木枯らし1号が吹くなか、仕事いろいろ
b0029488_01123997.jpg
b0029488_01125379.jpg
b0029488_01130771.jpg
b0029488_01133463.jpg
b0029488_01140179.jpg
b0029488_01135355.jpg
b0029488_01142953.jpg

台風が通り過ぎて、西高東低の冬型気圧配置。冷たい木枯らし1号が吹きました。

Oさんが、随分傷んだ本堂の欄干を塗り直してくださっています。

縁のすのこもこの機会に洗うことに。若院にお任せ。

台風通過で散乱している境内の落ち葉の掃除、落ちた銀杏拾い。坊守にお任せ。

ボクは、お取り越しのおまいりの後、福満寺さんで組の広報の仕分け作業と配布。

Oさんの塗装作業も、若院のすのこ洗いも、照明をつけ日が暮れても続きました。


31日は、坊さんの休日ですが、たぶん今日と同じような一日。午後はお聴聞。



美濃四十八座 超誓寺真宗講座

日時  10月31日 午後2時~・午後7時~
ご講師 三木秀海師








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-10-30 23:53 | そらごと、たはごと | Comments(0)
引きん(いんきん) -お墓にて-
b0029488_23152270.jpg

終日雨。終日おまいり。膝が少し痛みます。

朝、台風22号の風雨が強まる前に、N村の山の墓地でS家納骨法要。

小雨。Sさんが傘をかざしてくださるなか、納骨のおつとめ。

読経中、頭のすぐ後ろで、パタパタと煽る音とともに耳元にスーッと風。気になります。しばらくすると、こんどは、耳をはたかれました。何か、虫でもいるのかなあ、と思いながら読経。

読経を続けていると、引きんを持った左手の親指に蚊がとまりました。気になります。左手を少し振ってみましたが、離れません。悩みましたが、りん棒で叩きました。運よくか運悪くか、りん棒は外れ、蚊は飛んでいきました。でもまたすぐ、こんどは手の甲に・・・。

そんなことに気を取られているうちに、おつとめが終わりました。Sさんが「ご院さんの頭の周りの蚊が気になって・・・。ご院さんの耳にとまったので、悩みましたが叩きました。すいません。」と。

Sさんもボクも、台風を心配していたのですが、現実は、蚊一匹を気にしてゴソゴソ悩みながらのおまいりでした。

やっぱり阿弥陀さん。
なんかいい感じの納骨のおつとめでした。



【引きん(いんきん)】:携帯用の『きん』のこと 
『きん』は『磬』の「石」の部分が「金」  




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-10-29 23:20 | おまいりにて | Comments(0)
きれいな黄緑色のクモ  ーコハナグモ?ー
b0029488_22324268.jpg

黄緑色のクモ。たぶん、コハナグモ。

美しいので、しばらく見入りました。

このクモに限らず、自然はどういう理由で、このような造形をしたのだろうと思います。

美しいと思うのはボクの嗜好にとしても、それに関わらず、とにかくみんな不思議。

生まれたことも、生きることも、往きて生まれることも。






                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-10-28 22:43 | Photo only | Comments(2)
バンコクより ープミポン国王葬儀ー
b0029488_21125237.jpg

b0029488_21125581.jpg

b0029488_21125756.jpg

10月26日から、タイでは、故プミポン国王の葬儀がおつとまりになっています。

バンコクにいる次女の話では、街には、黒い礼服を着た人しかいないそうです。

写真と「ちゃんとおまいりしたよ。」というコメントが送られてきたので、転載。





.



# by e.wash-r | 2017-10-27 20:57 | Photo only | Comments(0)
第8回本典勉学会
b0029488_00281202.jpg
b0029488_00282675.jpg
午後、別院にて、本典勉学会。安方先生の教行信証・行巻の講義です。

休憩付きの4講。レジメとお聖教を行ったり来たりしながら。若院も聴講。


講義がはじまったら、みぞおちあたりがシクシク痛み出しました。普段、下痢痛はあっても、胃痛になることなど、まずないことを思うと、精神的なものかもしれません。ついていけない焦りとか・・・。


いつもと比べずいぶん少ない参加者だなあと思いましたが、お勤めを終わって講義がはじまるころには、いつものようにほぼ席は埋まっていました。

お取越がはじまって、みな、法務を調整しながらの聴講なのだと思います。おまいりのまま駆けつけてみえたとおぼしき法衣姿の方が、いつもより多かったような印象。



法務が重なっているので、講義後の懇親会は欠席。夜、お取り越し等を若院と手分けしておまいり。

お取り越しの季節、時々あるのですが、お斎のお接待を受け、夕食2回。喉元までご飯を詰めて帰ってきました。胃痛はいつの間にか治まりましたが、満腹で苦しいいいいい・・・。

真宗坊主は、少なくともボクは、「食を乞う人」ではあっても、「不非時食戎」は全く守れないというか、縁がないようです。最近は10時以降の食事がほとんど。生活、乱れております。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog









# by e.wash-r | 2017-10-26 23:48 | お聴聞 | Comments(0)
ゆきあそびしよう
b0029488_01140777.jpg

こどもが小さかったころ、何かにつけて3人で争っていました。

お風呂は誰が洗うだの、テレビは何を見るだの・・・。

そういうことに、おおよそ合理的な答えというものはありません。あるかもしれませんが、合理的だからといって、納得できるというものでもありません。

不条理を承知の上で、ひとりを選ぶサイコロを作りました。6面に、それぞれ2カ所、こどもたちの名前が書いてあります。手作りの陶器の粋なサイコロです。


サイコロを振る状況になったら、サイコロの目に従うのみ。

結構、それを楽しんでいる風情もありましたが、納得できない状況も多々あったと思います。


十数年ぶりに、ふっとそのサイコロが出てきました。遠く、十数年前を追想。

さきほど、blogにあげるために、写真を撮ろうと思ったのですが見あたりません。どこへ行ってしまったんだろう。


何が言いたいかというと、こどもたちは、いくらかはサイコロに育てられたということ。






                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






# by e.wash-r | 2017-10-25 23:39 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
美濃四十八座 光圓寺真宗講座 紫藤常昭師


b0029488_15260870.jpg

b0029488_15262598.jpg

b0029488_15263532.jpg


光圓寺真宗講座へ。ご講師は、福岡の紫藤常昭先生。

笑いとちょっとしみじみ哀愁のなかに聞かせていただく、徹頭徹尾他力のお慈悲。不確実なわたしの生に接して離れないほとけさまのお話し。楽しく、うれしく聞かせていただきました。


「美濃四十八座のなかの東の果てまでようこそ。」とご住職。確かに最東ではありますが、当地からならおおよそ車で30分。決して遠い距離ではありません。

それどころか、境内の駐車場に「和歌山」ナンバー。高速を走って4時間半、日帰りのお聴聞の方もみえました。つくづく、やっぱり阿弥陀さん、ほとけさまのお慈悲の尊い法縁です。


法務の合間の昼座に続いて夜座、S師ご家族と当家族7人で車に乗り合わせて光圓寺さんに向かいました。私事ですが、こどもたちが小さいころから懇意にしてくださっているS師ご家族と、今、いつの間にか成人してしまったこどもたちも一緒に揃って夜座のお聴聞という気持ち悪いほど尊いご法縁。時の流れに、不思議な気分でした。


当地岐阜では、各寺各家で、お取り越し報恩講がはじまっています。
美濃四十八座も続きます。

10月31日(火)三木秀海師 超誓寺 大垣市見取町
11月10日(金)増田将之師 教徳寺 岐阜市西改田
11月13日(月)宮崎幸枝師 正蓮寺 岐阜市岩利

昼座14:00~、夜座19:30~
(超誓寺夜座は19:00から)


# by e.wash-r | 2017-10-24 23:19 | お聴聞 | Comments(0)