この夏
b0029488_0435922.jpg
2017年、この夏のキッズサンガの案内ができました。


お泊まり会
b0029488_0522865.jpg



夏休みこどもの日
b0029488_0524466.jpg




この夏は、恒例の「お泊まり会」と、はじめての「こどもの日」。

コンセプトは「こどももおとなも」と「ヒマで退屈な夏休み」。


「こどももおとなも」というのは、キッズサンガの願い。

「ヒマで退屈な夏休み」というのは、”そもそも夏休みってそういうものだったよなあ”という勝手な思いから。一日お寺で、「ヒマで退屈に」目的もなく過ごすという贅沢を楽しむということ。


「お泊まり会」は、門徒さん、お父さんお母さん、法友の方々の協力を得て行う「お寺で食べて遊んで寝る」といういイベント、お祭り。

「夏休みこどもの日」は、託児所みたいなもの。9:00~15:00、今年は3回の予定。


最大の懸念は、体力と気力。それと自分の夏休みはどうなるんだろうということ。

しんどいのに、なぜこんなことをしようと思うのか、よくわかりません。


期待しないで、お楽しみに。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-11 23:35 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
暇ということにしてしまえばいい
b0029488_22555760.jpg
20年前



土砂降りの中、こどもの同級生のお母さんが来訪。

用はすぐ済みましたが、しばらく雨宿りしてもらうことに。「今日は、暇なんですか?」と言われ、ふたつほど予定はあったのですが、こういう機会もそうないだろうと思って、「暇です。」と答え、コーヒーを入れて、しばらく話し込みました。

懐かしい話、こどもたちのことに加え、親の話とか、郷里の話とか。

話し込んでいて思ったのですが、ボクたちは、少なくともボクは、意外と人と話す機会が少ないということ。

坊主なので、おまいり先で込み入った話になることは多々。そこまでいいの、ということもしばしば。でも、そのとき、ボクはたぶん緊張しています。悪く言えば振る舞っているし、ひいき目で言えばつとめています。

それは大切なこととした上で、そういう会話ではなくて、普通の会話。

ごく親しい友人・知人をのぞけば、立場を超えて、誰かと忌憚なくゆっくり話すことは、実は、ほとんどないのではないかと思ったわけです。

世間においては、苦手な方とも深く頻繁に関わっているのに。


そんな風に思ったので、午後のおまいりは、「暇なのでおまいりに来ました。」という気分で。

でも、やっぱり、時間を気にしてしまいました。

最後のおまいり。疲れてきたし、はやく帰りたかったのですが、「ボクはもう暇になったんだから」と自分に言い聞かせ、なんとなくいつもより長居。ただ、それだけでしたが。


結論は「暇は必要」ということ、のような気がします。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-10 22:55 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
平和の鐘 -7月9日 岐阜空襲の日-
b0029488_19114580.jpg


岐阜市と仏教会の提唱で、毎年岐阜空襲のあった7月9日は、朝の9時に梵鐘を鳴らします。

仏教会が提唱した「お経を習いましょう」という夏休みのこどものお経教室とともに、「平和の鐘」として定着した行事です。

ご門徒さん、市民の方々といっしょに、丁寧に続けてきた有り難い行事だと思っています。


平和とは何か、戦争とは何だったのか、少し思いを巡らし、鐘を撞きました。


最近ながれてきた中で、気になったもの。終戦時、6歳だった老人の話です。

あの時は小さかったから日本が何と戦ってるか理解できてなかった。
皆敵が来た、敵が来たとしか言わなかったし、山の向こうは真っ赤に燃えてるから、とてつもなく恐ろしい怪物なのだと。
まさか人間と戦ってたとは。



当寺の梵鐘には、

寄進 門徒中
昭和二十二年九月

と刻まれています。

終戦のたった二年後です。困難の中での鋳造だったに違いありません。普通に集会鐘の鳴る日常を求められたのだと受け止めています。


7月9日は、次女の誕生日でもあります。

お祝いに、平和の鐘をひとつ余分に撞きました。正確には、途中でいくつ撞いたかわからなくなってしまったので、足りないよりはいいだろうと思って、10声よりは確実に多くなるように撞きました。

今年の平和の鐘は、12~15声くらい。

蒸し暑いですが、穏やかな日和です。時空限定の小さな小さな平和ですが。



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-10 19:43 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
JR岐阜駅前広場にて    
b0029488_2401195.jpg
b0029488_2402810.jpg
b0029488_2403756.jpg


午後、JR岐阜駅前で「社会を明るくする運動」の啓発イベントのお手伝い。

社会が明るくなることも、犯罪のない社会になることも、立ち直りを支えることも、みんな大切なことです。

その大前提の上で、このようなお手伝いをするたびに陷る自己矛盾。だいたい、自身、どれほどの社会性、正義、道徳倫理、遵法精神等々を持ち合わせているのかと。

つくづく、とにかく人はそもそも危ういのです。とりたててi言うまでもなく、当たり前のことですが。


広場に建つ黄金の信長を見上げ、彼の社会性、正義、道徳倫理、遵法精神はどんなものだったのだろうと想像しました。

おおよそ、「社会を明るくする運動」とは異質のもののような気がします。

異質という評価や比較ではなくて、そういう時代を経てきたと受け取るといいんでしょうね。



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog06-09 】
2015年の今日のblog
06-09【 2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-09 03:50 | ふるさと | Comments(0)
美濃四十八座 浄妙寺真宗講座北塔光昇氏
b0029488_23184931.jpg
b0029488_2319610.jpg
b0029488_23192153.jpg


浄妙寺真宗講座、夜座のお聴聞。ご講師は、北塔光昇先生。

法務雑務でへとへとでしたが、気力を振り絞っておまいりしました。が、こっそり本堂に入って、とりあえずblog用の写真を撮ったところで、法話終了。

なにも聞かないうちに、法話終わってしましました。

と、言うわけで、お座の写真もりません。


まだ食事をしていないO師を誘って、遅い夕食。

ファミリーレストランに居座って、ご法義の話。無茶苦茶充実した2時間でした。
# by e.wash-r | 2017-07-08 23:59 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 超宗寺真宗講座 福間義朝師
b0029488_1159077.jpg
b0029488_11584870.jpg


7月7日、超宗寺真宗講座。昼座は、戦没者追悼会をおつとめした後の1座2席。夜座は、前席は日曜学校のこどもたちもいっしょのお聴聞、後席は、オトナ(普通に凡夫)向け。

昼座は、超満堂。夜座前席はは、日曜学校のこどもたちでずいぶん賑わったそうです

ご講師は、広島より福間議長先生。

ボクは、昼座のおつとめの出勤と夜座後席の途中からのお聴聞。夜のお話にあえたのは、30分ほどでしたが、縁起のお話、お慈悲のお話、存分に聞かせていただきました。

こどものとき、日曜学校に通っていた方が、郷里を離れ、ながい時を経て、艱難辛苦の日暮しのなかで、再びお正信偈に出会われたお話し。住職としても、有り難くお聴聞。

やっぱり、こども会や家庭のお仏事を大切にしないと、とあらためて思いました。

日々のお寺のこと、ご門徒さんのことは、頭で考えたとおり、思い通りにはいきません。遅々たる歩みなので、気が重く、めげることも多いのも実情です。目の前のこと、自分ひとりからはじめられることを、楽しむしかないですね。

法座のあと、先生から美濃四十八座へのエールをいただきました。とてもうれしかったので、付記。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-08 12:54 | お聴聞 | Comments(0)
野球少年だった?!
b0029488_22494260.jpg


夏の甲子園の岐阜予選がはじまります。

午後、ここ数年恒例になった大会準備のお手伝いで長良川球場へ。

当初のメンバーが、どんどん退役していかれ、気がつけば、仕事内容をよく知る二人のうちの一人になってしまいました。

野球少年だったとは言え、ここまで全てなんとなくの成り行き。この先、どうなることやら、です。


ONに憧れ、目標はプロ野球選手。手紙を書いて貰った王選手のサインが宝物。

練習は田んぼ。試合は自転車で。ユニホームはなし。

日が暮れるまで、バット振ってボール投げていました。終戦後の焼け野原の野球少年みたいですが、ほんの50年ほど前の話です。

丸刈りにするのが嫌で、中学では野球部に入りませんでしたが、なぜか、今は、野球もしないのに丸刈り。

なんだか、何もかも流されてますね。














                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-07 22:18 | ふるさと | Comments(2)
みょうがぼち
b0029488_23263424.jpg


しなければならないことをして、したいことがなかなかできない毎日。

なんとなく、深夜のblogの更新で一日を終えるのが習慣になっています。疲れていると、なんとなく愚痴っぽくなるので、いかんなあと思いつつ。

書くことをさがすという矛盾。10年前は何していたのかなあ、と思って辿ってみると、なんと「みょうがぼちの」の記事。

この記事を書き始める前、「みょうがぼち」作りのことがあがっていたO師のFBのコメント欄で、ついつい「みょうがぼち」を語ってしまったことは、偶然というよりは、この季節の必然だったのかもしれません。

というわけで、10年前の「みょうがぼち」の写真。

「みょうがぼち」について書きたいこと(記録しておきたいこと)は山ほどあるのですが、疲れていてもう書けません。

まずいパターン。


iphoneの充電ケーブルが壊れたので、夕刻、100均へ往復。2週間ぶりにS4で走ったことが、今日のお楽しみでした。

支離滅裂、老いてゆく脳の代わりのblogです。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog







# by e.wash-r | 2017-07-06 23:34 | ふるさと | Comments(0)
最近、ちょっと歪んで笑ったこと
b0029488_0225976.jpg



【某健康番組】

『薄着になるこの季節、さあ、◆◆◆◆を鍛えて・・・』

という指導者の号令で、みんなで体操。

薄着の季節になってからでは、とても間に合わないと思いました。

危機感を煽るという、古典的な指導でした。



【某ニュース】

【アナウンサーが、ヘルメットをかぶって、避難所の中から中継】

避難所の中は、暴風雨じゃないし、避難者は、誰もヘルメットかぶっていないし・・・。

アナウンサーの興奮は伝わりました。



【某紀行番組】

レポーター:「この湖のことは何でも知っている漁師の****さんです。」
漁師さん:「何でも知っている訳じゃないし・・・」

レポーター:「死んだシジミと生きているシジミは、どう見分けるんですか?」
漁師さん:「???。・・・慣れかな。」

レポーターは、プロの貫禄を引き出したといえるかも。



オマケ【某お店にて】

『緑豊かな自然の中で育った「○○○○」を使用し・・・』

と、商品の素材についての説明がしてありました。

「○○○○」は、感染予防のためか、窓もない無機的な外観の工場のような建物内で生産されています。それは、田舎の田んぼのなかにポツンとあります。

緑豊かな自然の中・・・というのは、ウソではないと思いますが。




なんかストレスたまっているのかなあ。心地よく笑いたいですね。


*写真は、伊自良川でシジミを採ったKくん。本文の内容とは、全く関係ありません。



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-05 23:35 | そらごと、たはごと | Comments(0)
台風が来たので・・・   
b0029488_2181565.jpg


今週は晴れて暑くなる、という予報だったので、草刈りと除草剤の散布を予定していたのですが、台風が来てしまいました。

よって、草刈りも除草剤散布も延期。

加えて、法務・雑務の急な変更がいくつも。

空いた時間ができたような、なくなったような・・・。

雨なので、樋の掃除でもするといいのですが、微妙に時間不足、何より気力不足。

昨晩、ずいぶん時間をかけて整理したPCデータを、睡魔とともに消してしまったので、空いた時間は、PCに向かって、もう一度コツコツその作業。

なんとなく不完全燃焼の一日。


昼のおまいりの帰り、土砂降りの雨の中、集団下校するこどもたちを追い越しました。

カッパ着て樋の掃除していたら、もうすこし充足感あったかなあ、と思いながら。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-04 21:14 | そらごと、たはごと | Comments(0)
狩猟の血
b0029488_2353220.jpg



テレマークスキーの先輩であるI師の「blog版 がおろ亭 」に、洋式便座で、座って小をする男についての記述がありました。I師は山やさんでもあり、山やさんは、こういう話が好きなのです。

FBにtて、思わず【便座を上げるのが面倒なので、座ってしてますが、考えてみれば、ズボン下ろすのも面倒くさいですね。】とコメント。

【 立ってしてると何かを狙う本能が目覚めるというか、完全にリラックスできないのですが、座ってやると短時間だけど無心の境地に浸れます。】とIさんの返信。

実に哲学的な示唆をいただきました。

つまみ出して、放って、引っ込める、という一連の流れの中には、確かに、狩猟採集の意識が潜んでいますよね。それを「完全にリラックスできない」所作と咀嚼され、座れば「短時間だけど無心の境地に浸れる」という達観。

緊張とリラックスの関係を見事に示した名文、至言だと思いました。

ところで、仏教のうえではどういう意味があるの?という問いがあるかもしれません。

そんなこと、ボクにはわかりません。



【注】 引っ込めたら、そこで安心しないで、チャックを閉めないとね。




blog版 がおろ亭

HP版 がおろ亭


                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-03 23:52 | そらごと、たはごと | Comments(0)
紹鴎白天目 『青山双渓作陶展』へ
b0029488_214385.jpg
b0029488_2173270.jpg
夕刻、駆け足で柳ケ瀬へ。

岐阜高島屋美術画廊の『青山双渓(双男)作陶展』を見てきました。

青山氏と親交のあるT氏から、おおよそ下記のようなご案内をいただいたからです。

「・・・
白天目は、本願寺顕如から信長におくられた『紹鴎白天目』 が有名です。
青山さんの住む小名田の地で焼かれたものと思われています。
現存するものは3つくらいしかないはずです。
その白天目を再現すべく努力しているのが青山さんです。
正蓮寺さんの歴史にもつながるような気がします。
・・・。」

無知というのは恥ずかしいことで、本願寺が寺宝としている「一文字茶碗」が、石山戦争の和睦のしるしに信長から贈られたもの、と伝わっていることは何とか知っていましたが、その前に、顕如宗主から信長公へ、「紹鴎白天目」と言われる逸品が贈られていたことは知りませんでした。(残念ながら、「紹鴎白天目」は本能寺の変で消失しているそうです。)

美濃で白天目が焼かれ、その地でその再現に努めておられる方ががあり、その方の作陶に遇うご案内を、正蓮寺創建因縁の方からいただくというご縁。

素晴らしかったです。有り難く拝見し、そして、少しですが勉強させていただきました。感謝です。


せっかく柳ヶ瀬に来たので、「坊主バー縁」を覗きにいきました。夕方の6時前では、まだ開店前でしたが、店先の準備はもう整っていました。写真だけ撮って失礼しました。



昼でも夜でも、どうぞ柳ケ瀬へ。

青山双渓作陶展

白天目

坊主Bar 縁
# by e.wash-r | 2017-07-02 21:12 | 溺レル | Comments(0)
7月だっ!
b0029488_2340764.jpg


将軍様が「夏至も過ぎて10日。これからは日の入りが早くなるんやね。もう夏も終わり。さみしいね。」と。

岐阜の日の入り時刻、調べてみました。

2017/06/27 火 19:12:49
2017/06/28 水 19:12:51
2017/06/29 木 19:12:52
2017/06/30 金 19:12:51
2017/07/01 土 19:12:48
2017/07/02 日 19:12:44
2017/07/03 月 19:12:37

最も日の入りが遅かったのは、6月29日。確かにその日に比べれば、今日は4秒ほど早く日が沈んだことにはなりますが、夏が過ぎてゆくのを惜しむのはちょっと早いような・・・。


最近、田んぼでカエル釣りをするこどもいるのかなあ。最も手軽な夏の田舎の遊びだと思うんですが。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-07-01 23:43 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
第4回本典勉学会 
b0029488_2032650.jpg
基本の基から
b0029488_18435098.jpg
4講、4時間終了
b0029488_18435933.jpg
「骨を砕きても」の受講生(実際は、肉をガグリても、らしいです)


岐阜別院香光殿にて、第4回本典勉学会。安方哲爾先生の講義を受けました。当たり前なんでしょうが、いまのところ、なんとか皆出席。

「ことば」の意味を確認してから、講義がはじまりました。ボクのようなものには、有り難い進行です。

政治の世界では、「誤解をまねく発言を撤回する」といったことが繰り返されています。まあ、誤解は常に生ずるものなのでしょう。だから、たぶん、仏教は、釈尊の教説を間違わないように、何百年の間、そして今も、「丁寧に伝える」ことを繰り返しているのだと思います。

あらためて、「ことば」を大切にすることが、勉強の基本だと思いました。


講義がはじまって、前回の講義のことを思い出そうとしましたが、全く思い出せません。危機感を感じるほど。やばいです。

仕方がないので、今日は開き直って、この時間を楽しむ、という気持ちで受講しました。

刹那的な気がしないではありませんが・・・。


一応、忘れたという自覚はまだあります。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

# by e.wash-r | 2017-06-30 21:15 | お聴聞 | Comments(0)