タグ:お寺のこと ( 1547 ) タグの人気記事
本願寺花灯明2
b0029488_1525543.jpg
飛雲閣 撮影OKです
b0029488_1526333.jpg
鐘楼
b0029488_16104448.jpg
書院 
b0029488_15261515.jpg
御影堂 向拝より参拝(堂内には入れません)
b0029488_15262454.jpg
「竹あかり」


4月25日、四法会のO師追悼法要、三木照国先生講義、伝灯奉告法要参拝の後記です。

4時過ぎ、法要後、岐阜組8人は、2~3手に分かれて京の買い物。それぞれ、律儀に念珠屋さん、法衣屋さん、蠟燭屋さん、お香屋さん等へ。そのあとは、生臭坊主に戻って、7時半まで自由時間。

7時半に、本願寺大玄関門(七条通り沿い・龍谷大学大宮学舎側)に集合。後期の『本願寺花灯明』を参観しました。

『本願寺花灯明』は、伝灯奉告法要の協賛行事のひとつで、夜の本願寺のいわゆるライトアップ。

原則として、夜の本願寺境内に入ることはできないので、夜の本願寺におまいりできるということだけでもプレミアム。更に、国宝の書院、唐門、一般公開していない京都三閣(金閣・銀閣・飛雲閣)のひとつ飛雲閣が特別公開されています。

前期『花灯明』は、阿弥陀堂と御影堂の色鮮やかなプロジェクトマッピングでしたが、今回の後期『花灯明』は、やわらかな灯りの中で夜の本願寺境内をしっとりめぐるコンセプトのようです。

夜の本願寺、よかったです。



『西本願寺花灯明 ~夜の参拝・特別拝観~』

【公開期間】
4月25日(火)~5月 2日(火)
5月 9日(火)~5月16日(火)
5月24日(水)~5月31日(水)

【公開時間】
19:00~21:30(最終入場は21:10)

【入口】
大玄関門(七条通り側)

◆無料ですが、必ず(私言)、懇志「熊本地震 災害義援金」をしましょう。

【HP】
第25代専如門主伝灯奉告法要協賛行事 「西本願寺花灯明 ~夜の参拝・特別拝観~」について



【参考】2016年の前期『花灯明』

b0029488_1662772.jpg

by e.wash-r | 2017-04-26 23:24 | おまいりにて | Comments(0)
三木先生の講義を聞き、伝灯奉告法要に参拝
b0029488_735428.jpg
b0029488_74563.jpg
b0029488_741328.jpg


京都東急ホテルで、O師追悼法要をつとめ、三木照国先生の渾身の法話をお聴聞。

正直なところ、三木先生の最後の講義かも知れないと思って、京都へ向かいました。

療養中の先生は、車椅子でしたが、相変わらずの迫力。法話中、声をつまらせO師のことを語る熱いお姿を拝見し、変わらぬおみのりへの情熱を浴びた気がしました。

「本典」の講義も「現代教学」の講義も、まだまだ続けられるという意気込みに、敬服。


会食のあと、門前を少し散策して、三木先生の勉強会である「四法会」として伝灯奉告法要に団体参拝。せっかくのご縁だったので、出勤すればよかったなあと、少し後悔。

5/31までに、出勤しようと決めました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-25 23:25 | お聴聞 | Comments(0)
ありがとうございました 2
b0029488_2149946.jpg


ご葬儀を終え、お礼参りに来てくださったM家ご家族と、Mさんの懐かしい話をいっぱいしました。

その後、Mさんの息子さんと孫さんと3人で、葬儀をつとめてくださった6ヶ寺にお礼参り。

息子さんは「祖父の葬儀のとき、親父についてお礼参りにまわったから。」と、長男さんを誘われました。ボクも息子さんも”Mさんなら、きっとこうしていたにちがいない”というおもいでした。3人で2時間かかって6ヶ寺をまわりました。

Mさんお手回しの、いい時間でした。


Mさんの写真をさがして、15年分ほどのデジタル写真を見直しました。

お寺の仏事行事のときには、必ずいらっしゃったMさんの姿が、次から次へと。

万感の思いで、写真をたどり気付いたこと。

息子さんや孫さんやお寺の新発意といっしょの写真が多いということ。
お客様と同席されている写真が多いということ。

常に、広げること、次世代につなげることを考えていてくださったのだと思います。


90年、戦後70年、ボクが生まれて55年、お寺とともに過ごしてくださったMさん。

ボクは、どっぷりその中にいました。Mさんは、S先生・M先生・S師・M師・・・と同じく、常に綱渡り、怪しい分岐点をいくつも通って今に至るボクの、いつも傍らにいてくださいました。

今が正しいかどうかはわかりませんが、ボクは、最高の道程だったと思っています。


Mさんの娑婆の意志は、ボクもボクの周りのお寺の方々も十分に受けとめています。

ありがとうございました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-22 23:48 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
ありがとうございました
b0029488_21221386.jpg
b0029488_21391229.jpg


前責任役員・総代のMさんがご往生されました。

臨終の病床で、孫さんに「正蓮寺を書くので、スケッチブックを買ってきてほしい。」と頼まれたそうです。

ご自宅を出棺されたあと、式場に向かう前、お寺におまいりしてくださいました。

通夜・葬儀には、奥さま、息子さん夫婦、孫さん方皆さんが式章をかけておまいりでした。


いつもお寺のことを考えていてくださる方でした。

聞きたいことが、まだまだありましたが、すべてお伝えくださったと受け止めたいとおもいます。

ありがとうございました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-21 23:21 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
美濃四十八座 正尊寺真宗講座 桑羽隆慈師
b0029488_8122794.jpg
b0029488_8123852.jpg
b0029488_8124937.jpg
b0029488_8125798.jpg


本年度最初の美濃四十八座。

正尊寺真宗講座昼座1席目と夜座2席目をお聴聞。山口の桑羽隆慈先生のお話でした。

楽しいお話を聞くうちに、気がつけば、しみじみ他力のお慈悲のなか。


今年も、美濃四十八座がはじまりました。

昨年の11月からおよそ5ヶ月ぶりに会う他寺の方々と「お久しぶり、今年も始まりましたね。」とごあいさつ。多くは、お顔はよく存じ上げていても、失礼ながらお名前を知らない方々。

たぶん、はじめてお会いする方々も何組もみえました。ご住職の、お誘いようを想像。

とにかく、満堂のなか、今年の美濃四十八座が、賑々しく、衒いなくはじまりました。

ただお座で会う、というお仲間と聞くお慈悲のお話。つくづく、お座の力、お座の楽しみを思います。


なんといってもお寺と仏事がおみのりのひろまるところ、とお話くださった先生のことばの重さを、住職として、凛と受け止めました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-20 23:08 | お聴聞 | Comments(0)
専宗寺永代経法要 二日目
b0029488_051275.jpg
b0029488_052073.jpg


専宗寺永代経法要二日目のお取り次ぎ。いい雰囲気のなかで、他力の讃嘆させていただきました。

おまいりの方々は、お慈悲をよろこばれるばかりか、本質とは違う姑息で拙い話術の部分にも、とても明るく反応してくださるという聞き上手。調子に乗ってしまいそうな自分に、丁寧に丁寧にと言い聞かせてつとめたつもりですが、コントロールできるわけはなく、ちょっと馴れ馴れしくお話してしまったところがあったと反省しています。

専宗寺さまには、前ご住職がはじめられた「一味会」というお聴聞の会(お座・講)があり、それを若い現ご住職が、大切に引き継いでいらっしゃいます。ボクが想像する伝統的な真宗の講の雰囲気・香りがするお座でした。

二日目、おまいりの方が減ったことに、本来、責任を感じなければならないのでしょうが、あまり布教に出たことがないボクとしては、二日続けてお聴聞される方々のすがたに、むしろ感激するというか、励まされるという感じでした。

常套句ですが、まさに”ようこそのおまいりです”なのです。応えて、とにかくお取り次ぎするのみ。おまいりに来て欲しい思いは、住職として、自坊で、何らかの事由でおまいりにみえない方々に向けていきたいと思います。


時間に余裕があったので、法要後、新築中の庫裏を見学。充分な広さと使い方をイメージしたご住職のお話に嫉妬とも羨望ともいえる思い。どんなお祝いが喜んでもらえるだろうか、などと、ボクなりの9月の完成の楽しみをつくりました。

境内の銀杏が、きれいな緑色の葉を開きはじめていました。接ぎ木なので、同じ木のはずの当寺の銀杏と比べると、かなり勢い良く芽吹いていました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog












                   
by e.wash-r | 2017-04-16 00:04 | おまいりにて | Comments(0)
専宗寺永代経法要
b0029488_737493.jpg


専宗寺永代経法要のご縁をいただき、よろこんでお取り次ぎ。


お取り次ぎに時間に、ギリギリ駆け込むと、向拝で2才の新発意さんがお出迎え。座敷に入るとお茶のお接待もしてくださいました。新発意さんは、その後、おつとめのおわった門徒さん方のところへ行って、ごあいさつをしていらっしゃる様子。本堂から、和やかな笑い声が聞こえてきました。

庫裏建設中でたいへんななか、てらいなく勤まる法要。”お座”の強さなのだと思います。


当寺報恩講のお取り次ぎを、何十年も続けてくださった専宗寺前ご住職。
現ご住職には、遊びも勉強もお世話になっております。
当寺境内の銀杏は、専宗寺さまの銀杏を接ぎ木したもの。

お世話になりっぱなしのお寺で、心地よいときを過ごさせていただきました。


ボクだけ、心地よいようではだめなんですけどね。

やっぱり阿弥陀さん、お座はいいね、ということで・・・。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-15 23:37 | おまいりにて | Comments(0)
草と闘う
b0029488_0245438.jpg

しゅうまつ天気が崩れるらしいということ。
少しまとまった時間ができたこと。
ゴールデンウイークが近いこと。
何より、草の勢いがいいこと。
天気がいいこと、等々。

上記条件が整ったので、3時間、草と闘いました。

境内は、草刈り。
墓地は、草刈りと除草剤散布。

桜吹雪の中、気持ちのいい作業でした。


草刈り後、お位牌を書いたのですが・・・。

b0029488_0385460.jpg

手が震えてビブラートのきいた字になりました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-14 23:24 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
花より団子、色気より食い気
b0029488_23562055.jpg


おまいりから帰ってきて、こどものお茶のお稽古をのぞきました。


「きょうはどんな感じ?」と聞くと、「お菓子むっちゃおいしい!」と、お茶人というよりは中坊小坊の返事。

お菓子がおいしいので、お菓子を三回食べ、お茶を三服飲んだとか・・・。

先日、金沢で買ってきたキレイな落雁もよろこんで食べてくれた様子。


いつも笑っているかわいいこどもたちです。

いつかどこかへ行ったら、また美味しいお菓子を探すことになりそう。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-10 23:55 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
消水防団入退団式
b0029488_13190083.jpg

2回目の水防団2年目。
なんとかやりくりして、入隊団式に出席。

高齢化と少子化、ちょっとだけ過疎化も進む当村。小学校の全校生徒90人の校区ですが、低山とはいえ山に囲まれ、真ん中を伊自良川が流れる環境ゆえ、消防団60人、水防団80人の定員。

消水防団合同の入退団式となると、村中のおっさん全員集合というような感じ。訓練、式典の合間の休憩時間は、和気藹々とのどかな雰囲気です。

なんとなく、お寺もこの延長にあるんだろうな、と思ったり、お役を十分につとめられないにしろ、ボクはこの村が好きなんだろうな、と思ったり。

おっさんというよりは、とっしょりの領域に入りつつあるような・・・。










by e.wash-r | 2017-04-09 23:15 | ふるさと | Comments(0)