タグ:お寺のこと ( 1561 ) タグの人気記事
ありがとうございました
b0029488_02343.jpg

叔父、95歳にて往生。

叔父のお寺の報恩講は、12月25日から28日までの4日間です。小学校3年生から大学まで、毎年冬休みの前半は、叔父のお寺に泊まって報恩講におまいりして過ごしました。

毎日、朝、昼、夜のお座があり、おまいりする度に、
「そーか、正蓮寺の新発意(しんぽち)さんがおまいりしてくれるか。」
と言っては、よろこんでくださいました。

一生懸命におだててくださっていたのだと思います。寒い夜のお座におまいりするのがイヤで、こたつでテレビを見ていたりしたこともありましたが、叱られたことはありません。ただただ、おまいりしたことをよろこんで、ほめてくださるばかりでした。

報恩講の4日間は、毎食、お斎と同じ精進料理です。口癖のように、「今日は御開山の報恩講・・・」と晩酌で上機嫌の叔父を見て、お精進でもお酒は別かな!などと思ったこともあります。


夜、こどもたちを誘ってお悔やみに行きました。
「お盆会のとき、袈裟をかけ、病院の窓から本堂の方を見て、手を合わせていたんやよ。」
そう言う叔母の話を聴きながら、生涯お坊さんだったんだなあと、当たり前のことが、とても尊く思えました。

ありがとうございましたという気持ちでいっぱいです。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-30 23:59 | おまいりにて | Comments(1)
アリバイblog
正蓮寺夏のお泊まり会の第1回から、参加してくれているY君。

「サマースクール50年の歩み」にも寄稿してくれました。ご苦労さん会ということで、K君も誘い、日程を調整して、今晩3人で会食をしました。

20歳以上年が離れていますが、音楽の話題以外は、何とかついて行けました。ボクは楽しかったです。少し若返った気分。


今日は、「サマースクール50回記念式典」の打ち合わせが別院でありましたが、上記の理由で僕は参加しませんでした。役員のみなさん、ゴメンナサイ。

ボクが担当している看板つくりは、彼岸会が終わってから、おまいりの合間に、坊守とボチボチすすめています。思ったより手間どっていますが・・・。

そんなわけで、今日は、言い訳アリバイblogです。
b0029488_1245150.jpg


*blogでは、アリバイ工作も可能ですが、今日のblogに関しては、そのままです。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-28 01:26 | 溺レル | Comments(2)
彼岸会 -願われたいのち-

b0029488_972552.jpg

彼岸会。
ご講師は、福井勝山の袋田晃先生です。

ただかけがえがないから尊いのではない、いかなるいのちであろうとも如来に願われているから尊いのだ。ほとけさまを抜きにしては語れない。

世間のことが、合理的に、例えば経済中心に語られることが多い風潮のなかで、法にであった日暮らしのすばらしさを熱くお取り次ぎくださいました。

最後の1席、抑揚のある感情をこめた物語、如来の慈悲の確かさの一節。
本堂が、何とも言えない緊張感でしーんと静まりかえりました。

お取り次ぎを終え、尊前で「恩徳讃」を歌われ、お聴聞の方々に一礼をされた先生に、拍手がおこりました。ボクとしては、『伝統的に、こういうときはお念仏なんやけどなあ。』と、複雑な心境でしたが、お聴聞の方々のよろこびの表現として、有り難く受けとめました。

中央仏教学院で学んでいたとき、放送関係につとめていらっしゃったY師が、
「今の世の中、たいていの場合、よろこびは拍手で表現するんですよね。」
とおっしゃっていたことを思い出しました。

早朝より、準備・接待をしてくださった役員さん、おいしいおときを作ってくださった台所のおとりもちの方々、お疲れさまでした。

お彼岸、お寺で一日過ごす楽しさを、もっともっと多くの方々に味わっていただきたいなあ。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-24 07:59 | 智慧と慈悲 | Comments(2)
蝋燭と領収書  -彼岸と此岸-
b0029488_22562766.jpg


夜、彼岸会のお荘厳の最終チェック。
あとは、明日の早朝、Y商店さんから白いお華束が届いたら、それを盛るだけのつもりでした。

軽い気持ちで、一応十分にあるはずの蝋燭を確かめてみると、なんと、20匁の蝋燭が2本足りません。少し焦って、早々にお仏具屋さんに電話。お店を開けておいてもらって、蝋燭を買いに行きました。

蝋燭を買って、お仏具屋さんから車に戻る途中、蝋燭の箱の上の領収書が風に飛ばされました。マズイ!と思うほど、どんどん飛んでいきます。やむなく、蝋燭の箱を地面において、領収書を追いかけました。

燭は彼岸のお荘厳。蝋燭を地面に置くとき、ちょっとためらいました。蝋燭をぞんざいに扱うような気がしたからです。蝋燭と領収書とどっちが大切かなあと考えながら、領収書を追いかけました。

そのとき、瞬時に頭の中を巡った意味不明なこと。

蝋燭はまた買うことができる。
でも領収書はアレしかない。
やっぱり領収書を追いかけなければ・・・。

お彼岸でも、ボクはまちがいなく此岸にいます。やれやれ。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-23 00:00 | そらごと、たはごと | Comments(0)
秋晴れ
b0029488_1051348.jpg
彼岸会の準備がおおかた整った本堂で、上げ仏事。
おまいりの後、Tさんから、天候に依るところが大きい米作りのご苦労を聞きました。

例えば台風が来れば甚大な被害を被るわけで、現実としてそれは非常に厳しいことです。ただ、Tさんの話しぶりの中に、それも長年の米作りの中ではあり得ることと、どこか甘受してみえるような雰囲気を感じました。

Tさんの話に、今さらながら、そう言う時間の流れ方もあるんだと思いました。穏やかな気分でそう思いました。さわやかな陽気のせいなんでしょう。

b0029488_10515665.jpg
午後、教徳寺さまにて黒野組総代研修。
山田明爾先生のご法話を聞きました。

「子どもの頃、お彼岸には御坊さんへ"行く"のが当たり前でした。・・・きょうはお彼岸です。ゆっくり本堂で過ごしてください。・・・」

昔話、浄土真宗のお寺の成り立ちから、「信」まで、豊富な話題を通してとつとつと話してくださいました。

ここでゆっくりお聴聞していたいと思いました。2席目の途中までお聴聞しましたが、八重ている会議に出席するため、今度は別院へ。

「サマースクール50年の歩み」の最終校正。



最終原稿を印刷屋さんに届けられた編集委員長のN師より、深夜、メールが届きました。。
原稿の最終チェックをして印刷に回しました。
・・・納品は記念式典の直前ギリギリとなる予想です。
この半年、委員各位にはご多用の中大変なお暇財のご奉仕で誠にご苦労さまでした。
先ずは報告方々御礼まで。

みなさん(特に特に編集委員長さん)、ほんとうにお疲れさまでした。
最終校正の原稿を見ながら、ボクも、サマースクールの中で育ち、お寺のことを学んできたのだとあらためて思いました。

小学生の作文みたいになってしまいました。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-22 12:14 | おまいりにて | Comments(0)
9月日曜学校 
編集(と言うほどのことでもないですが)ができず、遅れてのUPです。

b0029488_10584880.jpg朝のおまいりがあり、住職がいません。
今日も坊守先生です。
b0029488_1059958.jpgおつとめのあと、「子ども新聞」を読んでもらうこどもたち。
b0029488_10592653.jpg庫裡でお楽しみは、曼荼羅の色塗り。

何枚も集中して?描きました。
b0029488_10594294.jpgSちゃん作。
b0029488_1059561.jpgやっぱり外遊び。

画策中。
b0029488_1101782.jpg萩の季節。




坊守さまさまです。"さま"がひとつ足りないかな。



                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-19 01:05 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ムササビが帰ってきた!?
b0029488_122447.jpg

夕暮れ時の境内、裏山から、微かに「ルルルルルルルル」という聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。

何年も待ちわびていた声です。真っ暗な裏山を見ながら、もう一度聞こえてくるのを待ちました。どうしても、その声を確かめたかったのです。

たぶん、何十年かぶりにムササビが帰ってきたのだと思います。

30年ほど前までは、境内・裏山に、ムササビがたくさんいました。

あるものは、鐘楼の屋根裏に棲んでいました。
あるものは、銀木犀の古木のくぼみや、檜の高い枝の付け根で寝ていました。

夜の境内で、目の前を滑空するムササビをいつも見ていました。
繁殖期や木の実の時期には、やかましいほどの鳴き声を聞きました。

泊まりがけでお取り次ぎにみえたお説教師さんが、"不気味な声がする"と言って、夜中に起きていらっしゃったこともあります。

夜、訪ねていらっしゃった方が、飛び交うムササビとその鳴き声に驚いて、境内に入ることができず、来た証拠にと、山門の前に石を積んで帰られたということもありました。

そのムササビが、いつの間にかいなくなってしまいました。ムササビの声を聞かなくなって、20年以上になると思います。

つい最近、村の長老が、"しばらくムササビを見ていない"とさみしそうにおっしゃったのを聞いて、またムササビの飛ぶ村に戻らないかと、ひそかに思案していました。

そんな矢先、今日、ムササビの声を聞いたのです。たぶん間違いないと思います。懐かしくて、うれしくて、少年時代に戻った気分です。

さきほど、耳を澄ませて裏山を歩いてきました。
残念ながら、ムササビの鳴き声をきくことはできませんでした。
明日がまた楽しみです。


                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-18 01:25 | ふるさと | Comments(2)
校正作業  『サマースクール50年の歩み』
b0029488_11456100.jpg
『サマースクール50年の歩み』編集委員会に出席。
印刷屋さんから最終の原稿が届き、別院で最後の校正作業をしました。

午後7時過ぎ、編集委員ほぼ全員が集まって、およそ100ページの原稿を入念にチェックしました。原稿を丁寧に読みながら、あらためて、N委員長さんを中心とする調査・執筆の方々のご尽力を思いました。

岐阜教区の日曜学校の歴史がギッシリつまった記念誌もあとは刷り上がりを待つのみ。
最後のボクの役割は、協力・寄稿してくださったサマースクール参加者・かつての日曜学校生の方々へのお礼と、できあがった『サマースクール50年の歩み』をお届けすることです。


年のせいか、最近、歴史の重みということに、しみじみ感じ入ることが多くなりました。



                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-18 01:21 | おまいりにて | Comments(0)
黒野組第5期連続研修 最終回
黒野組の連続研修の第5期が終わりました。

受講者に修了証が授与されました。
全12回の研修に出席できなかった方は、2回ある補講?を受けてから修了証をもらいます。

「それでも、不足の方は、各お寺の法座におまいりしてください。」
という連研部長さんのことばに、堂内が一気に和みました。
b0029488_23514155.jpg

     ① 数人づつに分かれて、「如来の願い」を語り合いました。
     ② 組長さんから、修了証授与。
     ③ 先輩からのアドバイス。お聴聞のおさそい。
     ④ すべて終わったところで、茶話会。コーヒーとケーキをいただきました。



                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-17 00:00 | おまいりにて | Comments(0)
陣中尊号

b0029488_17484419.jpg


戦時中の陣中尊号です。


b0029488_17311488.jpg縦54㎜・横85㎜

三つ折りの懐中型

b0029488_17314648.jpg縦57㎜・横32㎜

b0029488_17321084.jpg
b0029488_17325295.jpg
b0029488_17332628.gif表、「陣中尊号」 旧字
裏 「京都西六条 本派本願寺」 旧字
b0029488_17334955.jpg
b0029488_1734664.jpg裏は、布貼り(紗)


親鸞聖人のお厨子に後に、古い懐中名号といっしょに和紙に包んで箱に入れてありました。
資料性もあるかと思い、本来信仰の対象ですが、詳細を写した写真を載せました。



                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-09-16 00:00 | 智慧と慈悲 | Comments(1)