タグ:お寺のこと ( 1545 ) タグの人気記事
松の幼木  ー伝えるということー 
b0029488_12415535.jpg
b0029488_1242762.jpg


netの情報を頼りに、蓮や睡蓮に詳しい園芸屋さんへ行きました。労してたどり着いたのは、畑。しかも、枯れた草の鉢が大量。店舗らしきものは見あたりません。

廃業なさったのかな?というような風景。ハウスに人の気配があったので、のぞいてみると、作業中のおばちゃんが、「冬だから何もないよ。みんな枯れている。」と素っ気なく。

蓮や睡蓮の専門店ではなく、net中心で、ひろく山野草を扱うお店?でした。

せっかく来たので、ひろーい畑を物色しましたが、ほとんど枯れた鉢で、何がなんだかわかりません。

唯一と言っていいほど緑色をした松の鉢。鉢植えだからということもあるのでしょうが、非常に葉の短い****という品種。(名前忘れました)本堂のお華に使えるなあと思いましたが、ずいぶんと高価です。とても買えないと思い周りを見てると、比較にならないほど安い値段の同じような松の鉢。

どう見ても同じ松だと思い、おばちゃんに聞いてみると、「それはモミジ。」と。確かに値札には『イロハモミジ』とあります。「松も一緒に植わっているけど、それはモミジだからその値段でいいよ。」という不思議な回答。

『****という松が寄生した「イロハモミジ」』を買いました。



境内か裏山に植えたら、何十年か後には、本堂の仏華に使えるようになるかもしれません。ボクは生きていないような気がしますが。

モノを伝えても、モノを生かす人がいなくては、『伝える』ということにはなりません。


モノと人、両方で『伝える』ということなんだなあと、しみじみ思った次第。
松を植えたら、松を生かすこと(松の使い方)も引き継がないと、と思う次第。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-25 23:40 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
報恩講の思い出
b0029488_235265.jpg


となりのおばあちゃんが亡くなられました。お元気なころは、いつもお勝手方のおとりもちをしてくださった方です。


当寺は、お寺の周りにご門徒さんがありません。お寺の周りはすべて臨済宗の方々です。

いまから、30年ほど前までは、その臨済宗の近所の方々が、たとえば報恩講のお勝手方をしていてくださいました。

昔の庫裏の時は、まず、中二階の薪をおろすところから仕事は始まりました。「くど」と「はそり」での煮炊き。湯気と煙とがだだよう薄暗い土間で、近所のおばあちゃん方がお斎を作っていらっしゃる風景を思い出します。


報恩講が終わると、次の日、おさがりのお華束を村の内の25件に配ります。それは、近所の同じくご門徒さんではない家のこどものお役でした。

1月の6日、こどもたちがお華束を配るのを、村の方たちは、お年玉やお菓子やみかん等を準備して待っていてくださいました。巡ってきたこども御輿にご祝儀を出すような感じです。

お華束を配り、お寺の戻ってきて、いただいた駄賃を分け、それに寺からの駄賃を加えて、こどものお役は終了となります。この一連のことを仕切っていたのは、祖母でした。

ボクがそのお役に加わることを、祖母は許しませんでした。たぶん、ボクが加わることで、駄賃の分け前が減るからだったのではないかと思います。こどもたちにとっては、お正月明けのいい小遣い稼ぎだったと聞いていますので。


どれも、となりのおばあちゃんが元気だったころの思い出です。

ただただ懐かしく、お通夜・ご葬儀におまいりしました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-24 08:14 | ふるさと | Comments(0)
年賀状と寒中見舞い
b0029488_1503896.jpg
b0029488_1505214.jpg


ご門徒さんと法類寺院(おつきあいのお寺さん)には、報恩講の案内もあるので、なんとか元旦に配達していただける期日までに年賀状を出しました。

が、その他のご縁の方々には、まだ年賀のごあいさつをしていません。年賀状は書いたのですが、慌ただしさのなかで、投函し忘れた方も。

坊守に急かされて、やっと寒中見舞いの準備をしました。

ぼやぼやしていると、また寒中見舞いのタイミングも逸してしまいそうな状況です。性分だから、仕方ないですね。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-22 02:11 | そらごと、たはごと | Comments(0)
雪の御正忌報恩講
b0029488_22535158.jpg
雪の阿弥陀堂
b0029488_2253343.jpg
雪の御影堂
b0029488_225458.jpg
雪の両堂
b0029488_22543199.jpg
阿弥陀堂の阿弥陀さま
b0029488_22544382.jpg
御影堂の親鸞さま

御正忌報恩講満日中におまいり。

20年ほどおまいりを続けておられるF師談によれば、めずらしい(はじめて?)の雪景色の御正忌とのこと。

一七日(いちしちかにち)最後のおつとめが終わるころには、大屋根の雪は大方消えましたが、寒さひとしおの御正忌、感慨深いものがありました。


両堂の間の廊下に、報恩講の供物の一部が紹介してありました。

当寺も、境内の銀杏のお供えすることにしようか、などと思案中。

b0029488_2353124.jpg
一番奥にお供えされる、ひときわ大きい【千盛饅頭】
b0029488_237957.jpg
【彩色餅】
b0029488_2372016.jpg
【州浜】
b0029488_2372978.jpg
【紅梅糖】
b0029488_2373727.jpg
【銀杏】




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-17 22:52 | おまいりにて | Comments(0)
2017 圓光寺報恩講
b0029488_22255985.jpg
b0029488_22261418.jpg


圓光寺報恩講お逮夜におまいり。

30分前に付いたのですが、座敷は、組内法中、親戚法中、お友だち法中の方々でいっぱい。圓光寺さんの報恩講は、黒衣での出勤。法中が多いので、黒い衣に袈裟が映えて賑やかでした。

若手のZ寺さんとボクで、それぞれ伽陀と回向句を発音。ボクが低い発音をしたので、最後はみなさん唸るように「おー、おー」唱えていらっしゃいました。失礼。


ご法話は三嵜霊証師。

午後は時間を空けておいたのですが、午前に変更したH家のおまいりを忘れるというミスをしてしまい、お聴聞できませんでした。


御正忌も終わり、報恩講のおまいりあいもあと一カ寺となりました。そろそろ、平常の生活にもどらないといけないのですが・・・。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-17 22:25 | おまいりにて | Comments(0)
通夜布教
b0029488_02123611.jpg

村の新年会の後、雪道を4時間走って、やっとたどり着きました。

本願寺通夜布教。

午前2時5分。もう寝ていらっしゃる方がチラホラ。

ボクももう寝たいです。絶妙のPAを通して聞こえてくるクリアなお取り次ぎ。よく聞こえますが、眠っています。

ぎいhくhkgyhvbこygcvbhbjgcf


by e.wash-r | 2017-01-16 02:38 | お聴聞 | Comments(0)
2017 正尊寺報恩講(15日)
b0029488_03255152.jpg

b0029488_03255222.jpg

b0029488_03255202.jpg


ご法事の後、正尊寺報恩講お逮夜へ。相変わらずの雪です。

親鸞さまも雪の中。
お同行も長靴でおまいり。

おつとめは、軽快な宗祖讃仰作法。

若院さんが登壇。音楽進行係?のご住職と阿吽の呼吸で、力強いおつとめでした。

音痴のボクは、うまく音が取れないところがあるので、隣席のS師の声を頼りにおつとめしました。

ご法話は、高田篤敬師。例年通りの高座のお説教 です。親鸞聖人のご生涯を通して。

思い入れですが、寒いけど、報恩講に雪はよく似合いますね。


by e.wash-r | 2017-01-15 21:02 | おまいりにて | Comments(0)
2017 正尊寺報恩講(14日)
b0029488_140669.jpg
b0029488_1402173.jpg


とうとう雪。

でも心配するほどのこともなく、法務はスムーズにまわることができました。

午前中の法務を終え、ご本山のような朱のお膳のお斎をいただくつもりで、遠慮なく、続きに昼どきの正尊寺報恩講へ。おたのしみのひとつです。

午後のお座に出勤。

相師の若いご院さんが、登壇。練習してきたとおっしゃる通り、丁寧な作法と声明。心地よく一緒におまいりさせていただきました。

午後の法務があったので、おつとめの後、すぐおいとま。大玄関に、長靴があるの見て、思わず写真を撮りました。F師が雪の中、気合いを入れて参勤なさった証拠。残念ながら、数センチの積雪なので、ある意味空振りですが、「報恩講だから」という雰囲気を醸し出す意気込みは楽しませてもらいました。

寒波は続くようです。「報恩講だから」と、そうのように受け止めて、またおまいりしたいと思います。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-14 23:38 | おまいりにて | Comments(0)
2017 専宗寺報恩講
b0029488_01153751.jpg

b0029488_01153706.jpg

専宗寺報恩講お日中におまいり。

お導師のs師とボク以外は、ご住職をはじめ若手のバリバリ。元気のいいビシッと決まった気持ちのいいお正信偈のおつとめに混ぜていただきました。

おつとめのあとは、ゆっくりお聴聞。

瓜生崇先生の自力無効の他力のお話、迫力の王舎城の悲劇のお話。楽しく聞かせていただきました。

ちょっと風邪気味で、おつとめ中咳き込んでしまったからだと思うのですが、ご法話の休憩時間に、いつもお座でご一緒させていただく素敵なオネーさんおふたりから、のど飴をいただきました。

『咳をしてもひとり』じゃなかもん、のご法座でした。

便器の前で並んだ方(この方は男)が、「ご院さんのところは奥やで雪やなかったですか?今年もお聴聞に行きますよ。」と。用を足しながらお互い前を見たまま、男ならではの新年のご挨拶。

お座は、いいね。












by e.wash-r | 2017-01-12 23:29 | おまいりにて | Comments(0)
2017 善入寺報恩講
b0029488_00471055.jpg


六金色ののぼりが並ぶ参道を上って報恩講のおまいり。

参道の先の鐘楼門。ご院さんが集会鐘を撞いてみえました。例年だと、かわいい若さんのお役なのですが、ひょっとして反抗期?

まあ、正常進化ですが。

おつとめは、正信偈作法黒野組バージョン。大勢の組内法中さん方による賑やかなおつとめでした。


ご法事の御斎がなかったので、その空いた2時間の急遽のおまいり。そういうわけで、早々のおいとま。

情報交換で盛り上がる法中さん方の歓談には参加できず、ちょっと残念・・・





by e.wash-r | 2017-01-09 00:30 | おまいりにて | Comments(0)