タグ:お寺のこと ( 1545 ) タグの人気記事
2017 林雙寺報恩講
b0029488_00104125.jpg

b0029488_00104183.jpg


林雙寺報恩講におまいり。

ご講師は高田篤敬師。おつとめは、迫力の正信偈五十六億和讃。毎年、バージョンupして行く報恩講、ご院さんご自身が楽しんでいらっしゃる感じが伝わってきました。

お取り越しまいり等、法務が重なっていたので、お聴聞も法友との歓談もできず。

特製どら焼きは、夜食べました。








by e.wash-r | 2017-01-08 23:51 | おまいりにて | Comments(0)
2017 超宗寺報恩講
b0029488_23513798.jpg
満堂
b0029488_23513737.jpg
園児もおまいり
b0029488_23513878.jpg
ダジャレ?考え中の御講師


超宗寺報恩講におまいり。

宏林晃信師の安心の他力のご法話、ご法中のY師の禅のお話、お手間入りの御斎を、それぞれありがたく頂戴し、法味三昧。

お同行で溢れる本堂に座り、当寺の報恩講を満堂にするにはどうしたらいいんだろうかと、考えました。

ご講師の先生にならって、まだまだ考え中。







by e.wash-r | 2017-01-07 23:08 | おまいりにて | Comments(0)
初初詣
b0029488_18544735.jpg


長女が婿殿と初帰省。午後、送りがてら長浜黒壁スクエアへ。

4日5日が自坊報恩講ということで、記憶では、正月3が日はじめてのお出かけ。

お東の大通寺さんに初詣。自坊を除けば、初初詣。

立派なお鏡餅のお供え。今年、当寺でお供えしたお鏡餅とほぼ同じでした。


以下、京都にいる長男が送ってくれた元旦の西本願寺のお荘厳の写真とのお鏡餅の比較。

中尊前
西 本願寺 上卓 1対 (阿弥陀堂)
東 大通寺 前卓 1対
当 正蓮寺 上卓 1対

祖師前
西 本願寺 前卓 1対 (御影堂)
東 大通寺 前卓 香炉の後ろにひとつ
当 正蓮寺 前卓 香炉の前にひとつ

お鏡餅の形
西 本願寺 コイン型?5段 ゆずり葉
東 大通寺 コイン型?5段 みかん
当 正蓮寺 コイン型?5段 ゆずり葉・みかん
*コイン型は当方の勝手な呼び方です。

供器
西 本願寺 白木折敷
東 大通寺 白木折敷 白和紙
当 正蓮寺 塗り黒角盆 白和紙

西本願寺は写真、大通寺は目視ながら遠目なので、たしょうの誤認があるかもしれません。

当寺は、東西折衷型のような感じですね。







by e.wash-r | 2017-01-03 18:06 | おまいりにて | Comments(1)
初仕事
b0029488_284269.jpg


例年通り、正月は朝から自分たちの部屋の掃除。

2日は、30日のお華束盛りの道具の片づけ等々。

お華束を並べる板。25枚もあると、洗って片づけるまでには、なかなか手間取りますが、一仕事終わったという充足感はあります。


今更ながら、写真が載せたくて、1/2分をUP。

ご正忌を前に、まだまだ年末年始の記事をあげられないでいるというていたらく。

今年は、気楽に、時系列無視でいくことになるかも。情報発信という役目はもうやめて、自分のための忘備録になればいいということで。幸い、写真に日付データがあるので、とりあえず、忘れても何とかなるさ、という感じでぼつぼつ続けます。





by e.wash-r | 2017-01-02 23:07 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
お餅ふたつ
b0029488_02550302.jpg


除夜会、元旦会おつとめしました。

今年は、はじめて、ご本山本に倣って鏡餅をお飾りしました。(見たことがないので、伝え聞いた話により、想像してのお飾りです。)

同じ大きさのお餅五段一対。上にはゆずり葉を敷いてみかんが乗っています。折敷がないので、塗りの小さなお膳の上にお供えしてあります。

鏡餅は、30日に、新しくつくった枠に入れて、お華束といっしょにおとりもちの当番さんが作ってくださいました。ゆずり葉は、裏の山で採ってきました。小さなみかんは、ご縁の白浜よりお供えいただいたものです。

4日、5日の報恩講のお華束も、30日に夜に出来上がったので、一緒にお飾りしてあります。

結果的に、除夜会、元旦会は、お手間入りの2種類のお餅のお飾り。賑々しさいっそうの、門信徒中のお供え、お飾りです。ありがたいことです。


本年もよろしくお願いしす。




by e.wash-r | 2017-01-01 02:26 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
小豆と蜜柑
b0029488_235221.jpg
b0029488_2351054.jpg


北海道・足寄より、小豆が届きました。

和歌山・白浜より、小ぶりの蜜柑が届きました。


今年から、報恩講のお斎に『いとこ煮』が復活することになりました。
ご縁の地からの小豆は、何よりの餞となりました。

昨年度から、小さな蜜柑と柚子を報恩講の果物のお供えにしています。
栽培されているご縁の方々が、手頃なサイズを届てくださいます。


まさに、頂戴したもので報恩講がつとまる、ということ。

そうでなければならないということではないですが、ひとつの講の相だと思うと感慨ひとしおです。

いつか『おあつめ』が、いいかたちで復活できるといいなあと思うことです。


◆当寺における『おあつめ』は、年末(報恩講前)に、報恩講をつとめるための米・餅米・大根・白菜・大豆等の食材、薪や花材等を、当番さんが在所をまわって集めること。20年ほど前まで、形を変えつつも続いていました。







by e.wash-r | 2016-12-28 23:34 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
庭木の手入れ
b0029488_01484203.jpg

b0029488_01484290.jpg

12/27分

11月の境内清掃が中止になったので、十分な手入れができていないままの境内の木を、Tさんが整えてくださいました。

境内の木。当然ながら、管理するなら、ある程度は管理してあげることが必要なのでしょうが。


毎年、報恩講が終わったら、境内の手入れをしようと思うのですが、いつも思うだけ。

今年は、あえて宣言しないことにします。







by e.wash-r | 2016-12-27 23:11 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
先ず「カイ」よりはじめよ
b0029488_2154885.jpg
b0029488_216051.jpg
b0029488_2161029.jpg
b0029488_2162084.jpg


朝、ギリギリ雨が降り出す前に、無節操に伸びた五葉松に登って、報恩講のお華の「カイ」を作るための枝を切りました。今年は松ぼっくりも付いています。

切り落とした枝から、きれいな葉を選りすぐって「カイ」を作るのは坊守のお仕事。

小さな枝を何本も針金で結んで、「松の古木の枝葉」を演出したものが「カイ」。やはり古木を模して仕組んだ「シン」につけて、立華とします。

根気のいる作業。寒いので、居間に持ち込んで。

坊守は、今日から連日の夜なべです。

部屋の中が、松の脂のいい香りで満ちています。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-12-26 23:14 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
第2回銀杏剥き大会
b0029488_00044118.jpg

b0029488_00044207.jpg


やっとまとまった時間ができたので、溜まりに溜まった銀杏の皮剥き。

5時からお取り越しまいりがあるので、後かたずけ、シャワー、着替え等を考えると、タイムリミットは4時。

ペール缶4本強の銀杏。とても今日中の処理完了は無理かと思いましたが、7時間、昼食返上で、なんとか全て剥き終わりました。

ずっと水遊びしていたようなもの。暖かい日で助かりました。

懸案ひとつ解決ですが、体の軋みは、明日以降に持ち越すことになりそうです。



追記

将軍様から、コツコツ少しづつ作業してきたわたしのことが、一言も書いてない!という指摘をいただきました。

タイトル通り、「第2回銀杏剥き大会」の記事です。ご了承ください。














by e.wash-r | 2016-12-19 23:41 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
通学路
b0029488_08520111.jpg


F地区お取り越し。

雨の中、集団下校する黄色い傘のこどもたちの後ろを移動。

当たり前にこどものいる風景なのですが、なんとなく稀有なものを見た気分。

写真を撮るボクも含め俯瞰すると、ちょっとアブナイ風景だったかも。

法衣が、安心の姿に映るのか、怪しい姿に映るのか、今の世相、ビミョーですね。





by e.wash-r | 2016-12-15 23:29 | Photo only | Comments(0)