タグ:お寺のこと ( 1597 ) タグの人気記事
美濃四十八座 妙徳寺真宗講座 宮木美弥子師
b0029488_141352.jpg
b0029488_142244.jpg


妙徳寺真宗講座、夜座のお聴聞。

宮木美弥子先生の節談のお説教。大原問答をお話くださいました。

夜座の凛とした雰囲気の中、独特の旋律を、高座の先生を見上げて。


昼、別の勉強会で、浄土門と聖道門の考え方の違いについて、普段使わない頭を使って講義を聞いたので、頭がとっても疲れていたのだと思います。朦朧としながら、大原問答を聞きました。







by e.wash-r | 2017-05-18 23:59 | お聴聞 | Comments(0)
無題
b0029488_12222967.jpg


交通安全の当番で、小学校の近くの交差点に立ちました。

こどもが通っていたときには、立ったことなかったのですが。


妹から、6月にある運動会の写真を撮って欲しい、と頼まれました。ボクからいうと姪っ子の写真。法務上、微妙なので「行けたら行く。」と答えました。

自分のこどもの運動会には、ほとんど行っていないのですが。


こどもが小さかったころの優先順位

1、自分の遊び
2、お寺のこと
3、おつきあい(地域)のこと
4、こどものこと


最近の優先順位

1、自分のの遊び
2、お寺のこと
3、おつきあい(地域)のこと

こどもたちが成人したことをしみじみ感じます。

それと、最近、何もかも中途半端だなあ、という感じ。








by e.wash-r | 2017-05-17 23:49 | そらごと、たはごと | Comments(0)
着物を着て  こどものお茶・炉じまい
b0029488_23047100.jpg
b0029488_2305657.jpg
b0029488_23192124.jpg


着物を着てお茶の稽古。


準備が大変といえば大変ですが、あまり特別なことにしないで、こういう場を、時々ひろく提供できたらいいなあと思います。

深く関わっていないボクが言うと、叱られそうですが。


お姉ちゃんの写真を撮りに来たOくんが、着物の裾をはだけてあぐらをかいているような、そんな風になるのもいいなあ。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-16 00:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
黒野組仏教婦人会総会 法話 大熊秀基師
b0029488_2263641.jpg
b0029488_2264590.jpg


黒野組の仏教婦人会総会。

総会前、副組長さんお二人、推進員さんのお話がありました。それぞれ、おみのり、宗門、お寺への思い入れのあるお話で、味わい深く聞かせていただきました。

しっかり準備してみえた定期総会は、堅いけれど笑顔の絶えないいい雰囲気のなかで無事終了。

あとは、ゆっくりお聴聞。昨年に続いて大熊秀基師のお話を聞きました。

前席は、海と雲と雨と川に喩えて、仏願の生起本末のお話。後席は、わたしたちの疑い心と法雨に濡れた信のすがたのお話。

先生のお話に反応されるお聴聞の方々、お聴聞の方々の表情に同じく呼応される先生。不思議のことの論理的な話にもかかわらず、終始アットホームで和やかなお座でした。


ボクは、会所寺院住職として、お荘厳・音響・お接待の係等々。唯一喋ったのは、みなさんへのトイレの場所のお知らせという省エネスタンス。

当寺の仏事行事では、どうしても指示やお願いをする側になるので、黙って動くのは変な感じでしたが、それなりにいいものでした。


あえて、お寺の仏事行事の良し悪しを言うなら、帰ってゆく方々のすがたにあるのではないかなあと思います。

きっと、心地よく帰って行かれたと思います。そんな会でした。


先生、役員のみなさん、ご苦労さまでした。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-15 22:52 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 正尊寺真宗講座 三宮享信師
b0029488_13103693.jpg
滋賀より三宮享信先生
b0029488_13104762.jpg
満堂  縁まで
b0029488_13105749.jpg
正信偈調声は若院さん
b0029488_1311571.jpg
仏事作法のプレゼンはご院さん
b0029488_13111212.jpg
家路

正尊寺真宗講座の昼座のお聴聞。三宮享信先生のお話を聞きました。

淡々とした何気ない日常のお話から、気がつけば、他力のお話へ。私たちの不実とほとけさまの真実の因縁生起を、静かに聞かせていただきました。


ご法話の前の正信偈の調声は若院さん、「仏事作法」のプレゼンはご院さんがそれぞれ勤められました。羨ましい限り。

おみのりが伝わるということは、ほとけさまのお慈悲が私にとどいているということにほかならないのですが、娑婆の暮らしのカタチとしては、受け継がれるということでもあります。今まで、家で、地域で、お寺で、それぞれに、そのまま引き受けてきたことなんだと、実感。若院さんとご院さんでつとめられる法座に座り、つくづく思いました。




三宮享信先生は、伝道院の先生です。現在、当寺若院がお世話になっております。

三宮先生のお父様の三宮義信先生は、25年ほど前、中央仏教学院の院長先生でした。ボクは、そのとき院生で、たいへんお世話になりました。


思い出を少し。

中央仏教学院の卒業式の前日のことです。

すべての授業が終わって学院を出るとき、三宮院長先生が声をかけてくださいました。友人のMくんとふたり、穏やかな先生のお話を聞きました。

そのとき、Mくんが唐突に言いました。

「阿弥陀さまって、ほんとうにいらっしゃるんでしょうか?」

1年間の学院生活を終わってのひと言。ボクは、「!?!?・・・」という感じで絶句。

院長先生は、”学院で遇えなかったのであれば、これからの暮らしのなかで遇えるといいですね。あなたのことですから。”というようなことを、柔らかいけれど凛とした口調でおっしゃいました。非常に印象深い出来事でした。


ご講師の三宮享信先生から、三宮儀信先生が、中央仏教学院のおつとめを生きがいにしておられ、生徒を送り出すことを、心からよろこんでいらっしゃった、というお話を聞き、当時のことを、懐かしく思い出しました。

ところで、しばらく会っていませんが、宗門の重責を担っているMくん、今はどんな風に思っているのかなあ・・・。






                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-12 23:00 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 林雙寺真宗講座 若林真人師
b0029488_20123515.jpg
高座のお説教 若林真人師
b0029488_20124618.jpg
満堂
b0029488_20125630.jpg
蓮華咲き、六金色はためく


林雙寺真宗講座の昼座、夜座。なんだかんだ言って、久しぶりにのんびりお聴聞。

ご講師は、大阪の若林真人先生。

昼座は「乱れ心のお念仏」、夜座は「南無阿弥陀佛とは」と、全編、摂取不捨のお慈悲のお話。おもしろうて、やがてうれしきお聴聞でした。


オフの時間にですが、若林先生から、ずーっと課題にしているままの『御伝鈔』の「箱根霊告」「熊野霊告」について、貴重なお話をうかがうことができました。いつか、先生のまるで見てきたかのようなお説教で、そのあたりのこと、楽しく聞かせていただきたいと思うことです。


よくつとめたGW明け、最高に心地よい贅沢な午後でした。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-09 23:11 | お聴聞 | Comments(0)
黒野組仏教婦人会役員会
b0029488_11574114.jpg


5月15日の総会の準備に、黒野組の各寺院の仏教婦人会の会長さん方が寄られました。

今年一年の相談と総会の準備・資料作り等々。

執行部の方々が作られた原稿をファイルに仕上げ、印刷して、会議資料にするまでの下準備が、まずはボクの仕事。その資料をもとにみなさんが話し合いをされました。

その話し合いで、訂正・校正されたことを受け、ファイルを直して最終印刷。

修正・印刷の間、みなさんはティータイム。笑い声が絶えないお茶の時間の後、刷り上がった資料を綴じられ、総会の準備完了です。ボクは婦人会員ではないので、事務局に徹しました。

実に、合理的な会議だったと思いますし、それ以上に、漏れてくる会長さん方の寄り合いの穏やかな雰囲気が、実にいい感じでした。

帰られる会長さん方を門送り。「草が生えてないねえ。」と褒めてくださった会長さん方に、正直に、「そういうところチェックされると思ったので、昨日必死で掃除しました。」と答えました。人の目がないと、なかなか掃除はできません。

会議無事終了後、ホッとして、当寺会長さんと歓談。おまいりの時間に気づかず、電話がかかってきて慌てておまいりに。ひとつ終わると、すぐ気が抜けるのも、毎度のことです。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-08 23:56 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
M家遷座法要  神戸から京都へ
b0029488_1543813.jpg
5/3分

M家遷座法要。

日本は、敗戦後数年、いわゆるGHQの戦後統治を受けます。

GHQは、焦土と化した国の疲弊した国民の秩序に驚いたそうです。”日本とは、いったいどういう国なのか?”。米国の社会学者による調査が行われました。

資料を確認していませんが、報告のなかに、おおよそ以下のような部分があるそうです。

日本人は、何世代もいっしょに暮らしている。
死んだものまでいっしょに暮らしている。
家の中に、教会(神棚・仏壇)がある。
その教会に、朝夕礼拝する。

ほとけさまがいつもいっしょの暮らし、手を合わせるお仏壇のある家ということを、ボクたちは、あらためて意識してもいいのかもしれません。

新しくお仏壇を迎えられたり、お遷座をされたり、お仏壇のお洗濯をされたりしたときの法要で、「お仏間は、家の中のお寺です。」とお話しています。”お仏壇”という造り上げられた信仰のすがたも好きですが、”お仏間というお寺”という風情が、なんとなく気に入っています。

M家(お遷座前の神戸のアパートも今の京都のアパートも)におまいりすると、お寺もお仏間もお仏壇も同じだということを実感します。

M師がマニアックであることを除けば、普通にほとけさまといっしょの日暮しということ。

仏は常にいませども
現ならぬぞあはれなる
人の音せぬ暁に
ほのかに夢に見え給ふ   梁塵秘抄


”見えないんだけど、なんとかかたちにして・・・”という娑婆夢裏の趣、いいですね。


◆昨年のM家の神戸の報恩講のこと、気負ってUPしぞこなっています。
 いずれ、そのうち・・・。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-03 23:41 | おまいりにて | Comments(0)
本願寺花灯明 3 ー光と陰ー
b0029488_23214145.jpg

b0029488_23214184.jpg


無明の闇を照らす光の話ではなくて、灯りに照らされて見えてきた節の話です。

御影堂の柱、きれいな角柱と思い込んでいましたが、灯りに照らされて見えてきた相。

場所によっては、節ででこぼしています。下の写真は、御影堂の南側。

もともと、節くれだっていたのか、風雨にさらされ浮かび上がってきたのか。

一見の価値あり、だと思います。

当時もやっぱり、綱渡りだったんだなあ、と思えてきて、そう思うと感慨ひとしおで・・・








by e.wash-r | 2017-05-02 22:42 | おまいりにて | Comments(0)
ゴールデンウイーク
b0029488_185457.jpg
b0029488_18541236.jpg


世間は、ゴールデンウイーク。

車で走っていると、なんとなく、いつもと違う感じ。

坊さんの場合、法務のゴールデンウイーク。

とはいえ、呼び衆への気遣いなのか、年々、ゴールデンウイーク中の法事等は減ってきているような感じ。


刈ったばかりなのに、もう草が伸びてきた境内を、せめて散策。

紅白の牡丹がきれいです。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-29 23:53 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)