タグ:たべもの ( 250 ) タグの人気記事
銀杏の皮むき完了
b0029488_01132046.jpg
b0029488_01130249.jpg
午後の法務を若院に任せて、銀杏の皮むき。まだ、少し枝についたままのものがありますが、落ちきるまで待つわけにもいかず。

午後1時開始のつもりでしたが、準備しておいた肘までのゴム手袋が見つかりません。水遊びなので、必需品。急遽ホームセンターへ買い出し。FBに流れたM邸の漆喰の壁塗りの様子を見て、思わず漆喰まで買ってしまいました。

午後2時、ウエーダーをはき、防水のジャケットを着、ゴム手袋をはめて作業開始。今年は、試みで、高圧洗浄機使用。

一度に大量の銀杏を扱うと効率落ちますが、少量適量ならば、意外と調子よくすすみました。


1、サンテナに半分ほど銀杏を入れ、足で踏んで皮と実を分離する。(適当)
2、買い物カゴに適量(底一面が隠れるくらい)の銀杏を入れる。
3、買い物カゴの底を浮かせ、高圧洗浄。皮がカゴから流れ出て実だけになるまで。

上記の繰り返し。

4、実だけになったものを、再度、仕上げの高圧洗浄。


暗くなるまでに2/3ほどしかできませんでした。どうしても完了したかったので、照明をつけて続けました。

6時半、後片付けも含めて、4缶+α、無事完了。干すのは明日以降。

7時半からのお取越しがなければ、ダレていたかもしれません。シャワーを浴び、急いでカレーライスを食べ、気分良くおまいりへ。達成感からか快調でしたが、おまいりから帰ってきて、どっと疲れが出ています。

懸案の銀杏の皮むきが終わったので、年末だけど、ちょっと遊びの時間を模索してみようかな・・・。



by e.wash-r | 2017-12-16 23:31 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ようやく銀杏が落ちました。
b0029488_22170602.jpg

夜半、風の音とボトボトと銀杏の落ちる音。

冷たい北風が吹いて、ようやく銀杏が落ちたようです。


ところで、昨晩、木に登って銀杏を食べていたハクビシン。一日待てば、木に登らず食べ放題だったのに・・・。野生の割には、天気を読んでいないというか、食欲だけで行動しているというか。勝算アリかも。


今夜から冬型が強まるようです。ようやく落ちた銀杏の上に雪が積もらないことを望むばかりです。さすがに、夜なべで拾う度量はないので。









by e.wash-r | 2017-12-11 22:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ハクビシンが4匹か5匹
b0029488_00433549.jpg
b0029488_00434543.jpg

夕刻、長男から『イチョウの木にハクビシンが4.5匹おるから見てみ』とLINE。

帰宅後、イチョウを見上げると、夜空に映るイチョウの枝に、微かに幾つかの黒い塊が見える。

あてずっぽで、フラッシュを焚いて何枚も写真を撮る。

おぼろげなハクビシンの姿と4匹の光る目が写った。


4匹はいる。
長男の話では、最初は5匹いたらしい。

5匹のハクビシンが境内の何処かに棲んでいる・・・。

駆逐しなければならないという使命以上に、狩猟採集の血が騒ぐ。


ハクビシン、食べたことはないが、非常に美味と聞く。
銀杏を食べて、さらに美味しくなっているに違いない。


どなたか、調理できる方はいらっしゃいませんか?


捕獲作戦考え中!
実行するかどうかは未定。






by e.wash-r | 2017-12-09 23:18 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
柚子の収穫、等々
b0029488_01091988.jpg
b0029488_01093589.jpg
b0029488_01105372.jpg
b0029488_01090955.jpg

午後3時ごろより、ボク、若、坊守の時間が揃って空いたので、柚子の収穫。

将軍さまの命令・指示の下、柚子の木の登って採るのはボク、脚立に立って高枝鋏で採るのは若。ゆずの棘で体中をひっかきながら、忍耐の連携プレーで、無事、冬至に間に合って柚子の収穫完了です。

夕刻からのおまいりは若、ボクは引き続き境内の樹木の剪定等々。落とした枝も燃やしきって、ほんの一部ですが、正月前のひと仕事終えました。

一人より二人、二人より三人。当たり前ですが、例年になく楽な作業でした。

前住職は兼業だったので、この時期の柿や柚子の収穫、銀杏の皮むきは、こどものころからボクの仕事でした。今日、若が、柚子の収穫を手伝って、「楽しい!」と言っていましたが、聞けば、仕事としてしたのは初めてとのこと。こどものころ、何にも手伝わせていなかったんだなあと、ちょっと反省。

時間に追われ、余裕のないなかでする仕事は、時として辛いことがありますが、空いた時間を見繕ってする野良仕事は、無責任に楽しいところがあります。一種の贅沢ですね。




.







by e.wash-r | 2017-12-07 23:42 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
銀杏が落ちてこない
b0029488_23293479.jpg

境内の銀杏の葉はきれいに散りましたが、銀杏の実がなかなか落ちてきません。

今年の銀杏の紅葉は、ここ数年のなかではきれいな方でした。ただ、夏以降の天候不順のせいか、早い時期から散りはじめ、遅くまで残っていました。今週になって、ようやく全ての葉を落としたという感じです。

Ss師がFBで、枝に残った銀杏のことをUPしていました。当寺の銀杏の様子と同じです。かと思うと、当寺の銀杏と兄弟である専宗寺さんの銀杏は、もう先に実を落として、今、葉が散っているとのこと。銀杏の気持ちはよくわかりません。

少し冷え込みました。冷たい風が吹いて、一気に実を落としてくれるとありがたいのですが。

実が落ちたら、楽しい楽しい銀杏剥の皮むき作業。今年も、少しでも楽するために色々思案中。

助っ人を得て、今年は余裕を持って、銀杏の皮むき遊びに勤しむ予定。






.




by e.wash-r | 2017-12-05 23:12 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2017大性寺報恩講
b0029488_23383216.jpg
b0029488_23383416.jpg

連柿で有名な伊自良掛へ。

大性寺報恩講ご満座におまいりしました。地域のご院さん方と情報交換のあと、ご門徒さん方と正信偈。

松の立華、手作りの盛込菓子のお供え、休憩時間の小豆粥等々、お手間入りの報恩の「講」です。

お抹茶のお接待を受けたあと、中島洋晃師のご法話を聞き、となり村のお取り越しへ。

小豆粥のあとは、やはりお手間入りのお取り越しのぜんざい2杯。小豆三昧で報恩講気分どっぷりです・・・







by e.wash-r | 2017-11-29 00:02 | おまいりにて | Comments(0)
滋賀長浜J寺さま報恩講
b0029488_00022937.jpg
やっぱり報恩講はお華束
b0029488_00023374.jpg
おあさじのために準備されたお講汁


自坊のことを、若院と坊守に任せ、12日まで滋賀長浜のJ寺報恩講へ。

はじめての泊りがけのお取り次ぎです。

土徳のなか、何もかも楽しくて仕方がない、という感じ。

逃避じゃないと思います。



.

by e.wash-r | 2017-11-11 23:02 | おまいりにて | Comments(0)
ハレの日の -朱の椀でお取り越しのお斎-
b0029488_01033532.jpg
b0029488_01034981.jpg
T家のお取り越し。

おまいりのあと、朱のお椀で、お斎をいただきました。

30年ほど前までは、本家の仏事のたびに本膳のお斎を準備されたそうです。今は、その本家から譲り受けた本膳の朱のお椀を、お正月とお取り越しに用いいていますとのこと。

ハレの日の朱のお椀のお手間入り。そうしなければならないということではありませんが、お取り越しへの思い入れが伝わってきました。


Tさんはお茶の先生。最近、お寺へ嫁ぐことが決まった近所のお嬢さんが、お稽古に来ていらっしゃるとのこと。お茶の心に加え、Tさんのほとけさまへのお手間入りの心も伝わることと思いました。













                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-11 05:44 | おまいりにて | Comments(0)
宅配ピザ窯 -はじめてのおでかけ-
b0029488_07500924.jpg

日頃たいへんお世話になっているS師のところに、アメリカからお客様。10人をお迎えして、BBQのパーティということなので、はじめてのピザ窯の出張です。

荒神窯K氏作のピザ窯は、エンゴロを4段積み重ねた構造。バラして、ちょうどS4の荷室に納まりました。法務の合間のピザ窯宅配までが、ボクの仕事。ピザ生地作りとパーティーでの窯焚き・ピザ焼きは、坊守と若院がつとめました。

マスターS師の本格BBQ、Sm夫妻が七輪で焼く五平餅、ピザと、S邸ガレージは、日米伊の国際色豊かな食の宴になったようです。(昼は、S師奥さまの本格的和食をお膳で食べられたそうです。)


b0029488_07515873.jpg
朝から生地作り。
b0029488_07521278.jpg
20枚以上。
b0029488_07523895.jpg
パーティ会場。手前がBBQ、右奥が五平餅、左がピザ。
b0029488_07525764.jpg
ピザ窯、こんな風に焚きます。
b0029488_07531646.jpg
ピザ。


ボクは、法務で参加できませんでしたが、賑やかな宴だったようです。

今回は、iphoneの翻訳ソフトが大活躍だったとか。毎度のこととは言え、S師一家のおもてなしの心意気に感嘆。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-07 23:35 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
ルーチンワークと言えなくもない     

b0029488_00552788.jpg

午前は、お寺でご法事。

お斎会場の料理屋さんの迎えのバスが遅れ、境内の銀杏の木陰で20分。それはそれで、なかなかいい時間でした。


ご案内があって、時間に無理がなければ、ほぼ、お斎の席に着きます。住職になったころは、正直、決して楽しくはなかったですが、この頃はお楽しみ。だんだん、図々しくなってきているのかも。

今日は、午前と午後、ふたつのご縁。それぞれ、12時半からと5時から、同じ料理屋さんでお斎でした。

午後、料理屋さんの女将さん、中居さんとアイコンタクト。今日2回目のお斎なのは、ボクたちの秘め事です。ほぼ、同じ料理、ほぼ同じく苦手なエビを避けて、美味しくいただきました。

一度だけですが、1日に3回、同じ料理屋さんでお斎をいただいたことがあります。

1回目。10時の法事で12時からのお斎。
2回目。14時の法事で16時からのお斎。
3回目。18時の法事で20時からのお斎。

さすがに、3回目、20時からのお斎は、想定外できつかったです。飲む人多かったし。その時のお斎のこと、部屋とか、ご門徒さんの席とか、雰囲気とか、なぜか鮮明におぼえています。


いつまで続けられるか、体力勝負です。


二日前、友だちのZくんとご門徒さんのSさんのお見舞に行きました。

ケーキのお見舞を持っていったのですが、ケーキ屋さんとお二方のお見舞い先の位置関係が微妙なので、Zくんのお見舞いのあと、もう一度Sさんのケーキを買いに行きました。

「あれとこれとそれと・・・をください。」
「お届け先まで、どれくらいかかりますか?」
「20分くらいです。」

1時間後、同じ会話を同じお姉さんと。

お姉さん、淡々としていましたが、「この人、さっきのケーキ、届ける途中で落としたのかな?」と思っていたと思います。


おつきあいも坊主のお楽しみ、という話。




                    

Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-10 23:51 | そらごと、たはごと | Comments(0)