タグ:ふるさと ( 739 ) タグの人気記事
旅の本質 ー”帰る”ことか、”帰らない”ことか?ー
b0029488_044449.jpg


「このまま帰らなかったら、叱られるだろうな。」

20年前、ラサの乾いた碧い空を見ながら、そう思いました。ほんの一瞬、思っただけです。


久しぶりに会ったR師と、

”帰る”ことが、旅の目的なのか?

それとも、旅の本質とは、”帰らない”ことなのか?

短い時間、そんな話をしました。


たぶん、どちらも”旅”なんです。ただ、現実問題として、”帰らない”旅に出る勇気はないなあ、と思いました。
by e.wash-r | 2017-06-26 22:47 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
ちいさなお客さま
b0029488_044572.jpg
b0029488_045477.jpg
b0029488_0538.jpg


24日は、ご門徒さんと本願寺参拝・大谷本廟納骨。

夕方、その準備をしていると、ピンポーン。

Tちゃんたちが、「お寺の話を聞きたい。」と言ってやってきました。

いっぱい質問があるというので、庫裏に上がってもらって、ゆっくり歓談。宿題というわけでもないみたいだし、不思議な訪問でした。

お寺の歴史、阿弥陀さまのこと、極楽浄土のこと等々の質問攻め。住職としては、むちゃくちゃうれしいのですが、なんとなく、ほとけさまの話もいいけど、小学生は、そのあたりの田んぼや川で遊んでたほうがいいんじゃない、という複雑な思いも。

黄鐘会のときのお菓子を少しづつ渡すと、こどもたちは、ちゃんと向拝でおまいりして帰っていきました。

帰っていくこどもたちに、「こんどは川で遊ぼ。」「お泊り会には必ずおいで。」「そのあたりに誰かいたら、お菓子もらいにおいで、って言っといて。」と話して、サヨウナラ。

ぼちぼち、仕事を再開すると、また、ピンポーン。

Tちゃんたちの話を聞いたYちゃんたちが、「もうおまいりしてきた。」と言って玄関に立っていました。また、おいでと言ってお菓子を渡しました。

ぼちぼち、仕事を再会すると、また、ピンポーン。

こんどは、Rちゃんたちが、同じく「もうおまいりしてきました。」と言って玄関に立っていました。また、おいでと言ってお菓子を渡しました。


阿弥陀さんもスゴイけど、やっぱりお菓子の威力はスゴイ!




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-23 23:29 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2時間、ミズガキの先輩になる
b0029488_0225980.jpg
夏の川
b0029488_0231048.jpg
ミズガキのいる川
b0029488_0233453.jpg
ふるさとの川


淡水魚類研究家の君塚芳輝先生は、川で遊ぶこどもを「ミズガキ」と名づけ、川の調査のとき、魚類と同じように記録されたそうです。


「ミズガキ」とは

水生生物の一種の標準和名。北海道から沖縄までひろく日本の農山村の河川に分布し、とくに夏によく発生する。絶滅危惧種。



小学校5年生のこどもたちと、恒例の川遊び。

例年にない渇水で、魚の隠れる岸辺の草むらが干上がっている状況。いつもより50cmは浅い川。魚影は濃いのですが、ガサガサができないので、なかなか捕まえることができません。

それでも、オイカワ、カワムツ、アブラハヤ、ヤリタナゴ、アブラボテ、ヨシノボリ、ドンコ、スナヤツメ等の魚、ヤゴ、タイコウチ、アメリカザリガニ、ヌマエビ等の水生生物をたくさん捕まえました。

70cmほどのコイやニゴイの群れをみんなで囲んではみましたが、触るのが精一杯。捕まえることはできませんでした。先輩ミズガキの威信をかけて、悠々と泳ぐライギョを捕ろうと奮戦。逃げられましたが、70センチはあるライギョが水面に跳ねる様子は、圧巻でした。

すべてのこどもたちが、魚を捕れるよう付き添うのがボクの役目。条件が悪かったので厳しかったですが、一応全員魚をゲット。笑顔を見せてくれました。


こどももおとなもミズガキになった日。

正義や思想、政治や経済がどうであっても、川遊びしながらというのがいいと思うわけです。


b0029488_0275843.jpg
またね!  夏ははじまったばかり



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-18 23:21 | ふるさと | Comments(0)
1時間だけ、川の先生になる
b0029488_21203237.jpg
「伊自良川の自然」という授業
b0029488_21204236.jpg
法則性を見つけるワーク
b0029488_21205275.jpg
質問・感想発表
b0029488_21234430.jpg
前夜 準備、そして、将軍様を生徒に模擬授業


縁あって、20年ほど関わらせてもらっている川の教室。

川のよさは川で遊べばわかるんですが、それは来週のお楽しみにして、今日は、ちょっと教室でお勉強。小学校5年生のこどもたちに、手加減なしの自然科学のお話。

ボクの中のイメージは、 1936年、世界で初めて実験室で雪の結晶を作った中谷宇吉郎博士のことば。


雪の結晶がどうしてできるかは科学の領域である。

だが、その雪がどうして私にふりそそいできたかは科学ではわからない。


伊自良川という希有の川の成り立ちと、その川の岸に暮らすことの不思議、よろこびやかなしみ。そういうものを感じてほしいと思って、1時間。

正規分布とか河床勾配とか棲み分けとか、小学生には難しいかもしれないけれど、こどもたちが目を輝かせてくれるように準備したつもり。

自己満足と言うか、自分が楽しいことをやっているんですけどね。


素晴らしいこどもたちと、来週は、野外授業という名の「川遊び、魚取り」。


ふるさとの山に向ひて言ふことなし

ふるさとの山はありがたきかな

石川啄木




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-13 21:19 | ◆伊自良川だより | Comments(2)
美濃四十八座 正蓮寺真宗講座 黄鐘会準備
b0029488_0434891.jpg
b0029488_044056.jpg


おまいりと雑用の合間に黄鐘会準備。

【できたこと】
・雨対策
・本堂の音響、サテライト会場(庫裏)の音響・映像チェック
・提灯のLED照明と配線。
・境内掃除・草引き等は、現状でよしとしました。
・本堂のお荘厳
・その他諸々

【これからのこと】
・いっぱい


雨は当寺の弱点。雨対策からはじめましたが、たぶん天気は良さそう。やれやれですが・・・。

準備を楽しんでいたら、将軍様に「遊んでいる」と言われました。

夕刻、村内25件に「おまいりの方の車の往来・駐車についてのお願い」を配りました。田植えの時期と重なってしまったので。田舎道を歩く夏の夕暮れは最高でした。

楽しいんだけど、連日の夜更かしになりそうです。




美濃四十八座 第26正蓮寺回真宗講座 黄鐘会夏座

日時  6月14日・水 昼座14:00~、夜座19:30~
ご講師 紫藤常昭師


お説教はお楽しみです。お待ちしております。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-12 23:42 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
祭りのあと、黄鐘会準備のまえ 
b0029488_21102497.jpg

法務の合間、忘れ物を取りに帰ってきたら、門前にこどもたち。

「お寺のおばさんに、お菓子もらっておいで。」と声をかけると、一斉に山門をくぐって走っていきました。

「はなまつり」のときには、門前まで来たものの、なぜか恥ずかしがって帰っていってしまったS君兄弟も、今回は、元気に境内へ。

「ピザと蛍とカヌー」効果抜群です。

”まず本堂で手を合わせてから”と、普段遊びに来たこどもたちには言っているのですが、今回は???。なんとなく、お菓子一直線で走っていった感じ。まあ、それもよし!


思ったよりおおげさになってしまったイベントが終わり、いよいよ、黄鐘会準備モード全開と言いたいところですが、なかなかそうもいきません。

ちょっと顔を出しただけですが、水防団の演習とか、組の総代会総会とか。
b0029488_21332021.jpg
b0029488_21333423.jpg


プリンターの排紙トレイに、32枚の「黄鐘会の再案内ハガキ」発見。取り忘れ。慌てて、お詫びを追加印刷し、中央郵便局まで行って投函。ダメ押しの再案内とは言え、せめて月曜に着くようにと。

13日までに仕上げなければならない仕事もあるし・・・。

また、なだれ込みになりそう。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-11 21:40 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
「ピザとカヌーと蛍の夕べ」(俗名「蛍祭り」)
b0029488_21455769.jpg
荒神窯さんのエンゴロピザ窯を温めます。今回は、オーブン風に使用。
b0029488_21461470.jpg
午後7時。ボツボツこどもたちが集りはじめました。
b0029488_21462382.jpg
こどもたちは、まず、本堂でおつとめ。超宗寺のご院さんが先生。
b0029488_21471455.jpg
初心者ながらピザマスター。
b0029488_2147245.jpg
きのこのピザ。そのほか、ベーコン、ツナ、野菜(じゃがいも、ズッキーニ等々)。
b0029488_21473127.jpg
素焼き。このあと、生クリームとチョコペーストでデコレーション。
b0029488_21463312.jpg
ポップコーン製造マシーンも登場。
b0029488_2262458.jpg
シャボン玉と三つ編み機の宵遊び。
b0029488_21464956.jpg
長い夜。
b0029488_21473982.jpg
日付がかわる頃、もとの境内へ。


恒例のカヌーで蛍をみる会。境内ではピザパーティー。

真っ暗な川の写真はありません。

試行錯誤しながら、ピザ、46枚焼きました。
みなさん、1日でピザマスター。

8時から11時まで、夜の伊自良川・蛍見物カヌーツアー。
1組約3~4人・約10分として、15ツアー、のべ約50人。
ストロベリームーンが眩しすぎましたが、夜の川面、楽しんいただけたのではないかと。

ピザ、夜のカヌー、蛍、その他諸々、おかげさまで楽しかったですね。


エンゴロピザ窯をつくってくださったTさん、ありがとうございました。
明るいうちから最後までとりもってくださったM総代さん、Kご夫妻、ありがとうございました。
いつも万端の裏方をつとめてくださるKさん、ありがとうございました。
たくさんの薪を分けてくださったS寺さん、ありがとうございました。
パーティの準備、ポップコーンマシーンで楽しませてくださったS夫妻、ありがとうございました。
おつとめ・日曜学校担当S先生、ありがとうございました。
カヌーの乗り降りをつきっきりでサポートしてくださったUさん、uくん、ありがとうございました。
お手間入りの料理をはじめ、たくさんの差し入れをくださったみなさん、ありがとうございました。


おかげさまで、こどもたち、それからおとなも、いい夜を過ごせました。



待ち疲れて眠ってしまったこどもたちー今回、参加できなかった方々、たぶんいつか(来年かもしれませんが)、また機会があると思います。ぼちぼち、ゆるーくいきましょう。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-10 21:43 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
高齢者
b0029488_2140567.jpg
村の公民館で、今年度当地区で開校する「高齢者交通安全大学校」の準備と受付のお手伝い。

同時間帯に、岐阜教区の総代会総会があったのですが、交通安全協会の役割をいただいていたので、岐阜別院へではなく公民館へ。

80人以上の参加で大盛況。(自治会が動いてということにしろ、村の中の高齢者だけで80人集まるのだから、お寺のお座も・・・などと、思いを巡らせました。)

受付の特権で、受付名簿を閲覧。年齢記入欄をみると、ボクのような役員も含め全参加者中、60歳未満は二人。59歳のXさんとボク。指名されたので、お手伝いに行ったのですが、複雑な心境です。

たしかに、おじいさんになったと思いますが。

ちなみに、高齢者とは

国連では 60~
WHOでは 65~
人口統計上は  65~
医療行政では 65~
雇用では 55~

だそうです。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-09 21:19 | ふるさと | Comments(0)
生活安全課
b0029488_22442822.jpg


地域の役の、そのまた役で市役所へ。犯罪予防について、警察署・生活安全課の課長さんのお話を聞いてきました。

特別なことではなく、ありふれた日常の話です。

犯罪の話を聞くたびに、紙一重で生きているなあと思いますが、ほんとうは、「紙一重」というのは、ちょっとニュアンスが違うのかもしれません。


紙一重:1枚の紙の厚さほどのきわめてわずかな違いの意

同義語は、際どい ・ スレスレの ・ 危うい ・タッチの差 ・ 僅差 等


大きな声では言えませんが、基本みんなグレーゾーンで生きているんですよね。グレーは、白にはならないわけで。


特別なことではなく、ありふれた日常の話。不安のなか、矛盾しますが、安心して聞き入りました。難しさの中の真摯な取り組み、当局の方々の苦悩を聞かせていただきました。



会議の内容とは関係ありませんが、冷房をかけている割には蒸し暑くて、快適とはいえませんでした。市役所の外に出たら、爽やかな涼風。

絶対、せっかく『冷房する』なら、ある程度ちゃんと冷やしたほうがいいと思います。ボクたちは一時ですが、職員の方は終日ですから。

もし拙寺の本堂に冷房があるなら、ボクはしっかり冷やしたいと思います。ないので、なんとでもいえます。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-05 22:43 | ふるさと | Comments(0)
法事日和
爽やかな初夏の休日。
田植えの真っ盛りでも、昔と違って法事日和。

ボクは門徒さんのところへ。村の親戚組(臨済宗)の法事には坊守がおまいり。

b0029488_23445284.jpg
親戚組の法事。
和やかな雰囲気で、礼服を着た村の人が田んぼ道を歩いていかれます。


M家のみなさんが、ご法事の後、お寺まいり。(ボクは午後の別のご法事に出かけていたので不在でしたが)

ゆっくり歓談されたあと、

Mさん「お内陣にある鏧(きん)を打ちたいんやけど」
坊守「お鏧(きん)を鳴らしたら、おつとめしないとあかんよ。」
Mさん「お正信偈をあげたいんや。」

となって、みなさんでお正信偈をあげていかれたとのこと。

自宅で三部経お勤めしたばかりなのに。


調声をされたMさんの家のお仏間には、

「盂蘭盆会 父が手慣れの 正信偈」

という句がかけてあったなあ。


夕方から、またみなさん、田んぼに行かれるんだと思います。


なんまんだぶ

b0029488_005766.jpg
b0029488_011634.jpg
b0029488_013338.jpg
b0029488_014291.jpg



写真・記事内容は坊守より





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-04 23:43 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)