タグ:テレマーク ( 46 ) タグの人気記事
テレマークスキーの大先輩来たる

b0029488_22541829.jpg
T師と



黎明期の細板革靴テレマーク  転ぶことも楽しかった


岐阜テレマークスクー倶楽部の、尊敬するT師が訪ねていらっしゃいました。百名山(スキー滑降のできない山もありますが)をはじめ、全国の山を、テレマークスキーで滑られる達人・鉄人です。『うみ・そら・さんごのいいつたえ』のご縁。

ゆっくりお話するのははじめて。時間の限りお引き止めして、山の話、山ほど聞きました。感激したのは。お尋ねすることのすべてに、現場での体験をもとにお話しくださること。ボクの数少ない山スキーの思い出の景色は、全てT師のなかにありました。

テレマークスキー、山、カヌーへと話は広がり、なんとなく同じような道を辿ってきた気がして、昔話になって、たまたま今まで出会わなかっただけで、ほとんでニアミスしていたことがわかってきました。

T師は大先輩で、学校は違いますが、ともにワンダーフォーゲル部。それぞれ、いあわゆる激しい訓練中の死亡事故直後に入部しており、クラブが独特の雰囲気であったことも同じでした。集団行動に馴染めず、2年で退部し、その後独自に山に行っていたことも同じ。

テレマークスキーをはじめたのも、カヌーをはじめたのもほぼ同じ時期。テレマークスキーの先生も同じ。楽山荘でお世話になっていたのも同じ。今、こどもの川遊びに関わっているのも同じ。

岐阜県の高校教員だったこと、しかも社会科というのも同じ。(共通の懐かしい先生方の話で花が咲きました。)

驚いたのは、T師が今、エヌエスネットという野外活動のNPO法人とアウトドアサポートシステムの事務局をしていらっしゃること。過日、当西本願寺岐阜教区の若手が、こどもの川遊びの安全のために行ったシャワークライミングの講習を手配をしてくださったのはT師でした。一応、若手の依頼で、アウトドアサポートシステムを紹介し、取り次いだのはボク。お互い、そうだったの?!と唖然。


ところで、10年ほど前、当「西蔵坊だより」がいくらか世間の役に立ったことがありました。エベレスト初登頂にまつわる謎?のなかのひとつに、答えの方向をほんのすこし示すことができたことです。参照 エベレストとロレックス

エベレストに初登頂したと言われるロレックス社の時計は、そのときのシェルパ、テンジン・ノルゲイ氏のものであり、それは『セブン・イヤーズ・イン・チベット』のハインリッヒ・ハラー氏から、チベットのラサでの交友のしるしとして贈られたものであろう、ということ。

当時のblogで、ボクは『想像するばかりですが、ヒマラヤを挟んで北側・チベットに滞在したハラーと南側・ネパールからエベレストをめざしたテンジンが、稀にも出遭っているということ。チベット圏は、実はすさまじく狭い線なのかも知れません。』と書いています。

テンジンとハラーの話に喩えるのは恐縮ですが、テレマークスキーをめぐるT師とボクの世界が、実はものすごく限られた狭い世界であることを痛感しています。


蛇の道は蛇、ですね。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-06 23:51 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(1)
スキップ ≒ ツーステップテレマークターン
b0029488_23585633.jpg

b0029488_23585745.jpg


おまいりから帰ってくると、将軍様が、その場でスキップしてみて、とおっしゃるので、法衣のままスキップ。

「できるやん。」と褒められたので、『将軍様の前では普通に歩いたつもりでも、スキップになってしまうんです。』と、心にもないことを言おうと思いましたが、虚しいのでやめました。

将軍様によると、意外と、その場でスキップできない人が多いとかで、ボクを試したのだそうです。

部屋でスキップをしながら、なんとなくテレマークスキーのターンの感触に似ているな、と思いました。

まだテレマークスキーの道具が素朴で軽かった頃のツーステップテレマークというターンのリズムです。

本当に似ているかどうかはわかりませんが、欲してもなかなか叶わない靴と板と雪の感触のような気がしました。

想像でも意外と楽しめるものです。

虚しいけど。

せめてもと、懐かしい『’88 日本テレマークスキー教程』を広げてみました。30年前のテレマークスキー黎明期の教科書です。

腰の痛みに耐えて、部屋でスキップ。

すこし虚しいけど。





by e.wash-r | 2017-03-13 23:50 | 溺レル | Comments(2)
よりによって腰痛
b0029488_323313.jpg


今年は、雪が降ったらs4には乗らないつもりでいました。

が、週末、不可抗力で雪の山道を走らなければならないかもしれない状況に。

今更ながらタイヤ交換。

スタッドレスタイヤへの履き替えは無事終了しましたが、腰痛が悪化、かがめないほどです。


実は、午後、今年初めてのスキーに行くか、岩利城のあった山に登るつもりでいました。

が、どちらも断念。よりによって、なぜこのタイミングでこの腰痛なのかと思います。


昨日、インフルエンザで学級閉鎖中のkくんが訪ねて来ました。退屈そうだったので、「明日の午後、スキーに行くけど、行く?」と誘おうかと思いました。

が、なんとなく行けなくなるような気がして、何も言いませんでした。誘わなくてよかった・・・。


夕方、連絡があり、週末、s4で雪の山道を走らなくてもいいことになりました。たぶん、今シーズン、スタッドレスを履いたs4が活躍することはないような気がします。


諸行無常、諸法無我。ボクは何をやっているんだろう?と、つくづく。

今は、腰が曲がらないということが真実です。



from wash-r iPhone
by e.wash-r | 2017-01-26 23:23 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
土岐駄知の鉢で 2
b0029488_0573076.jpg


いただいた紫芋を炊いたものが、土岐のKさんの鉢に盛ってありました。

30年ほど前、テレマークスキーとpatagoniaが教えてくれた色づかい。
(もっとビビットでしたが)

写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、緑と紫の深いコントラストが粋で、きれいでした。

食事の前に記念撮影。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-09-09 23:56 | 溺レル | Comments(0)
新年の抱負
b0029488_00263102.jpg


昨年、成り行きとはいえ、身の程知らずの贅沢をしてしまったので、今年はモノを買うことを極力自重しようと思ってます。

と言うわけで、楽しみにしていたテレマークの新しい板は見送ることにしました。馬鹿げていますが・・・


当寺報恩講をつとめ終え、気分的にも物理的にも少し余裕が出てきました。

夜、買い物に。

ボクは何も買わないつもりでいましたが、値段に負けて買ってしまいました。

ニットのトランクス:@54×4
トニックウォーター:@35×24

計1056

そして、帰りに馴染みのラーメン屋さんへ。

ラーメン:@570×1

ラーメン1杯でトランクス10枚買えたなあと、しみったれたこと考えながら、美味しくいただきました。

ちなみに、トニックウォーターは、ノンアルコールビールの代わり。要するに甘くない炭酸が飲みたいということです。


新年早々、迷走しています。









by e.wash-r | 2016-01-08 23:16 | 溺レル | Comments(0)
岐阜テレマーク倶楽部の忘年会
via 『西蔵坊だよん』


今回も恐る恐る出かけた岐阜テレマーク倶楽部の忘年会。

10数名がカウンターに一列に並んで鍋。仏教徒ですが、いきなり倶楽部の洗礼。

席が右隣だったTAJ(日本テレマークスキー協会)インストラクターのSさんに、道具のこと、技術のこと、しっかり教えていただきました。

左隣のTさんからは、ゲレンデと山は全く違うから・・・と忠告。

しっかり勉強させていただいて、イメージだけは滑ってきました。

とにかく、エキスパートの話を聞こうと2次会にもノコノコついて行きました。

山ヤさんばかりなので、沢登りの話に。岐阜の沢の記録を丹念に綴った「岐阜百溪」を見ていたHさんが、「金華山の沢まである・・・」と。するとKさんが「わしも金華山の沢つめたことある・・・」と。そして、金華山の沢で頭蓋骨を見つけた話。それを聞いたIさんが、「わしも岩場の下で頭のない白骨見つけた。」と。

こ人たちは何者なんだろうと思いました。

頭蓋骨を見つけたKさんが、「死って何なんだろうと、その時思ったけど、死って何なんですかね。」としみじみ。

死を意識するのは、たぶん人間だけ。みなさん、飄々と人願離れした方ばかりですが、人間であることに、間違いはないようです。

人間のうちに遊んでもらいたいと思います。





by e.wash-r | 2015-12-01 23:51 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(4)
テレマークの誘惑
b0029488_08103100.jpg
岐阜テレマーク倶楽部から忘年会のご案内。昨年は遅めの新年会でしたが、今年は、山の情報交換ができるようにと、シーズン突入前。

実はその日、もう一つの忘年会が重なっているのですが、躊躇なく「岐阜テレマーク倶楽部」を選択。あとは急務が入らなければ・・・というところ。


夏に金沢を訪ねた折、帰り際にちょっと山のお店を覗きました。そこで発見したのが誇りをかぶった?ちょっと旧型のテレマークブーツ。

細板革靴の化石テレマーカーとしては、禁断のプラスチックブーツです。が、値段にも釣られて衝動買いしてしまいました。さすがに65%offに負けました。

SCARPAのT2R。W’sですが、イタリアサイズなので、履いた限りでは、たぶん問題なし。

ただ、細板にふさわしいかどうかは、疑問。板も買うか、迷うところです。

いずれにしても、12/1、山のエキスパートの方々のアドバイスを受けようと思っています。

技術も体力もないですが、今更ながら、やっぱり山に入りたいし・・・。


                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-11-19 23:09 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
「Young woman adjusting her skis」 榎本千花俊
via 『西蔵坊だよん』




tumblrで流れてきた画像。

調べると、榎本千花俊という日本画家の「Young woman adjusting her skis」という絵ということが判りました。

テレマーカーには、なんともそそられる絵です。

靴をスキーのビンディングにつけようとしている絵なのですが、姿勢がテレマークポジション。片足だけの固定とはいえ、アルペンスキーではできない姿勢です。

固定しようとしいるビンディングは、たぶんカンダハー。当時、テレマークターンをしていたかどうかはわかりませんが。

まさかの絵に遭遇したので、リンクしました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-11-05 23:33 | 溺レル | Comments(0)
C寺永代経法要のお取り次ぎ
b0029488_13554140.jpg


C寺永代経法要、二座四席のお取次ぎ。

C寺さんでは、総代さんが、いつも丁寧な法座のご案内をしてくださいます。そして、お座が終わると、こんどは丁寧なご挨拶。

その総代さんと少し歓談。

総代さんは、「お寺は村の大切なものです。みんなお寺を大事にしています。村の文化・風土です。」とおっしゃいました。

その通りの雰囲気だと思いました。伝統として、日常として、おみのりを大切にされいるご門徒さん方の雰囲気がひしひしと伝わってくるお座でした。

そのお座を準備されたご住職も、決して満足せず、もっともっとおみのりをと奔走されっぱなし。



実は、この日3/28は岐阜テレマーク倶楽部石徹白ツアーの日。達人7人のバックカントリーテレマークスキーツアー。自信はありませんが、山も人も魅力的で、できることならついて行きたいという思いで、心はザワザワしていました。

でもね。お座を終えて、なんとなく心地いいわけです。仏縁だったなあと思えるわけです。お座ってそういうものなんでしょうね。

でもね。やっぱり山にも行きたいわけで・・・。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-03-28 23:54 | おまいりにて | Comments(0)
めいほうへ -「三度目の」か「二度ある事は」か?-
b0029488_0562959.jpg
b0029488_0564647.jpg


午前中でおまいりが終わったので、午後、今年三回目のめいほうスキー場へ。

昨日までの降雪が、今年最高の気温と春の日差しに緩んで、重い雪。ベタベタの全く滑らない雪ですが、なんとなくキライではないです。

今年一回目は、体力不足を痛感。二回目は、迷走。

さて、三回目の今回は・・・。

経験を活かし、少ない体力はできるだけ温存。休み休みという戦術。
迷宮入りしたテレマークターンについては、岐阜テレマーク倶楽部諸氏のHPの動画を見まくることで、なんとなくですが、あるイメージが出来上がっており、それを実感しようという戦略。

バテバテでしたが、迷宮からは脱出できたような・・・。「三度目の正直」だったかも。

何年か前から、「低い姿勢→高い姿勢」「深いテレマーク→浅いテレマーク」「広いスタンス→狭いスタンス」、を目指すようになっていました。どこかで「軽快なテレマークをめざす」みたいな記事を読んだからだと思います。結果、形だけそうしようと思うので、後ろ足の使い方(押さえ方)がおかしくなってしまっていたのです。

「膝を入れて板に乗る(押す)」というよりも「つま先で板を押す」ということになっていたように思います。足首が伸びてしまっていたのです。倶楽部諸氏が滑る映像、特に横からの画像を見て、あるときはっと気がつきました。

雪の上でなくても、板を履いていなくても、テレマークポジションをとってみれば、その違い、つまりボクの迷宮問題は歴然であると感じられました。

と理屈は並べましたが、雪上では?

体感しました。たぶん迷宮からは抜けだしたと思います。かなり楽しめました。

次の課題は恐怖心。まだまだ山は遠い感じです。


遠くにまだ白煙を吐く御嶽がみえました。

はじめてテレマーカーを見たのは、御嶽の裾「鈴蘭高原スキー場」。
はじめてテレマークターンを教えてもらったのは、御嶽の裾「おんたけスキー場」。

噴煙、早く収まってほしいいです。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-03-16 23:53 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)