タグ:モノ ( 246 ) タグの人気記事
土曜の午後
b0029488_2343890.jpg
午後、Mの会議とSの研修、そのあと某歓送迎会に行って、そのあと黒野組連続研修。

それぞれほぼ2時間づつで、13時から21時30分まで。どこへ行っても、ほぼ座っていただけ。全部椅子席だったのが有り難かったです。


岐阜市の約1/4の自治会、小中学校に配布する某チラシ等を仕分けして準備するのが、ここ数年、なんとなくボクの役目になってしまいました。

正直なところ、数が数なだけに、苦闘です。ただ、一応、国と県と市の広報なので、それが、お寺経由かと思うと、なんとなくほくそ笑みたくなるわけです。サブミナル効果みたいな・・・。


そういうわけで、いつもは、古着や段ボールを回収ボックスに運ぶ役目のS4が、今回は、Sの研修会へチラシ運びの2往復。

「はたらくくるまS4」は、より「よくはたらくくるまS4」に「なりました。



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-17 23:05 | そらごと、たはごと | Comments(0)
臨戦態勢
b0029488_10454308.jpg


修理に出していたエンジンチェーンソーが治ったという連絡が入りました。取りに行って、ネズミの粘着シートも購入。

きれいなおねえさんが対応してくださったので、気分上々。武器装備が整ったので、領域紛争の決戦は間近です。

この事実を思うと、武器開発・武器装備という悪徳もアリかな、というか、自身その恩恵にあずかっているという認識です。

ただ、ネズミや繁茂する木々とは、領域交渉できないですけどね。暇ができたら、気分次第でいきなり戦闘です。






by e.wash-r | 2017-05-30 23:18 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
窯の町・土岐へ
b0029488_0541172.jpg
T氏より戦国時代の窯焼きについて聞く
b0029488_0542585.jpg
エンゴロの窯でピザを焼くK氏
b0029488_0543217.jpg
舞茸とズッキーニとベーコンのピザ
b0029488_0544089.jpg
最後の重油の窯の煙突
b0029488_1112213.jpg
いただいたT氏手書きの器 鮎と牡丹


空いた午後の時間、思い立って、ご縁のTさん、Kさんを訪ね土岐へ。

急な訪問にもかかわらず、ピザ窯を温めて歓迎してくださいました。感激。

東濃特有の丘陵地。遠くからイカルの鳴き声が聞こえ、ヤマガラがやってくる工房。焼きたてのピザをごちそうになり、窯の話・魚の話・陶祖(歴史)の話を聞き、のんびりさせてもらいました。

仕事の邪魔はしても、遊びの邪魔はしないということで、また、遊びに行こうと思います。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-17 01:48 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
おまいりマーチ
b0029488_22224942.jpg


毎日、おまいりに活躍の日産K12マーチ。

六道を超えて七歩歩まれたお釈迦様を意識して、ナンバーは、煩悩を超える【109】。

1500cc・CVTで、現在走行距離13万Km。快調です。



過日、夕方3時間ほど境内の掃除をして、シャワーを浴びて夜のおまいりに出かけたときのこと。

マーチの走りがいつもとぜんぜん違うことに驚きました。なめらかなエンジンフィールとしなやかな足回り。超高級車の走り、乗り心地です。

感動的でしたが、原因は、たぶん、草刈り機とエンジンブロアーの振動が身に染みていたから、かな。つまり、ただの錯覚。

ありがたいことに、そう気がついてからも、しばらく高級車でしたが。



本日、夕方1時間半ほど草刈り。

シャワーを浴びて、マーチが高級車になるのを期待して夜のおまいりに。

ところが、まったくの期待はずれ。いつものマーチでした。草刈りの時間が足りなかったのかもしれません。


なんか他に楽しみないのかなあと、虚しさに風薫る5月も半ば、日曜の夜。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-14 23:10 | そらごと、たはごと | Comments(0)
【いやしのカバ」と「まるでベニテングダケ」
b0029488_9431769.jpg
b0029488_10125156.jpg
荒神窯さんの「いやしのカバ」と「まるでベニテングダケ」。


「いやしのカバ」は、美濃四十八座の受付で、文鎮として鎮座。

どっぷりおみのりに浸かった安心の姿で、おまいりの方を迎えるお役をすることになりました。



「まるでベニテングダケ」は、境内のあちこちに、毒のまま、慈雨の中。

(毒を消すおみのりだったら、生えられないですよね。)

b0029488_958497.jpg
b0029488_9585977.jpg
b0029488_959712.jpg




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-10 23:41 | 溺レル | Comments(0)
土岐陶器まつりへ -荒神窯さんにピザ窯制作を依頼-
b0029488_2056461.jpg
b0029488_20561341.jpg


5月5日午後、みんなを誘って、大盛況、最終日の土岐の陶器まつりへ。

ボクの目的は、懇意にしていただいている荒神窯さんのKさんを訪ねること。買い物を楽しみながら、荒神窯さんのブースへ。

お祭りも三日目、西日に照らされて、お疲れのKさんを発見。歓談の後、Kさんに「エンゴロのピザ窯」の制作とはなまつりの灌仏盆について相談。具体的なことは、今後のお楽しみ。

【エンゴロは、窯に入れた作品を、積み重ねたり、保護したりするために用いる、耐火性の強い土で焼かれた容器・ブロックのようなもの。エンゴロは、瀬戸・美濃地方特有の呼び名。】

b0029488_21362982.jpg


徳利の産地・下石のマスコットであり、荒神窯さんの人気商品でもある「とっくりとっくん」。FBに窯入れ前のなんと合掌姿のとっくんが載っていましたので、写真拝借しました。


荒神窯さんでいただいた「癒やしのカバ」と「まるでべにてんぐだけ」の写真は、後日UP。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-05-05 23:54 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
熊皮
b0029488_126129.jpg
熊皮といえば、『熊皮御影』と通称される奈良国立博物館蔵の親鸞聖人像。

熊皮は、日常的なものではありませんが、ボクたちにとっては、、『熊皮御影』が宗祖のお姿のひとつのイメージになっているということもあり、なんとなく身近なもののような気がします。


b0029488_1262733.jpg
2010年、上高地明神池の前の嘉門次小屋にて。

囲炉裏端の宮崎幸枝先生の後ろにかかっているのは熊皮。なんとなく象徴的にこの写真を撮りました。このひと月後、黄鐘会冬座にて、宮崎先生のお話を聞きました。ボクのとっては、忘れられない年です。


b0029488_1263640.jpg
過日、キ***で見つけた熊皮。@5400。

思い入れのある熊皮なので、買おうかどうか悩みました。報恩講には、高座の上に熊皮を敷いて、『熊皮のお説教師』さまから、ご法義をいただくのもいいなあ、と想像したのです。

さすが@5400だけあって、劣化がひどく、地皮はもろくなっており、毛も抜け落ちる状態だったので、あきらめましたが。

報恩講のイメージが膨らんで、まあ、それだけでも楽しませてもらいました。







                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-03-02 23:05 | 溺レル | Comments(0)
年度末
b0029488_02130150.jpg


苦手な年度末。


ぼちぼちすすめていた会計。なんとか一覧、伝票等、決算書類整いました。ここ数年で、ほぼフォーマットが完成したので、基本的にはデータ入力で、チャンチャン!となるようにはなりましたが。

お金にルーズなこともあり(すべてについてですが)、作業への苦手意識というか嫌悪感もあり、どうも気分が冴えません。


婦人会長さんと来年度の組のことの打ち合わせ。順番で、当寺婦人会長さんが組の代表になっていらっしゃるので。

例年通りに、堅実な計画。順番の代表なので、”イニチアシブをとって”というよりは、連盟の事務局的な意味合いが強く、これもまた事務能力のないボクとしては苦手な領域。婦人会長さんと坊守にほとんどおまかせ。


門徒総会、総代会の準備もそろそろしないといけないし・・・。


そんな折、Mくんが新しいクルマでやってきました。早速試乗会。

TOYOTA BLADE 3.5 blademasterG Version L。おとなしいハッチバックにV6-3.5Lを載せた、見た目は普通のパワフルなクルマです。

スピード狂でもないし峠派でもありませんが、排気量が大きくて、少しは走る仕様になっているクルマの贅沢な心地よさは、ボクにもいくらかわかるというもの。ちょっと走っただけですが、気持ちよかったです。30分のお駄賃でした。


年度末はもう少し続きそう。年度末のあと、またまた苦手な年度初めもやってきます。

息抜きしないとねえ・・・。
by e.wash-r | 2017-02-18 23:23 | そらごと、たはごと | Comments(0)
EU
b0029488_22273889.jpg


シトロエンのショールームにフィアット500。

シトロエンとフィアットって、何か提携関係あったっけ?と思って、チラッとネット見てみましたが、特に深い関係はなさそう。

イギリスのEU離脱をよそに、極東日本では、EU組のフランスとイタリアが、仲よくしなくてもいいところでも仲よくしているという現象がひとつ。

特例とはいえ、こういうユルーイ流れのなかに、アメリカが見当たらないという世相、ちょっと寂しいですね。














by e.wash-r | 2017-02-17 22:40 | そらごと、たはごと | Comments(0)
気分はもう夏?
b0029488_23524297.jpg


おまいり三昧だと、意外と書くことがない(あっても書けないようなことが多い)ので、無理やりUP。

さて、真宗の法衣は、神道の系統なのだそうです。真宗の法衣は、朝服の流れを引いているのだそうです。ボクのユニフォームは法衣なので、ほぼ毎日和装ということになります。

たまには、法衣ではない普通の和装をしてみたいと思い、今年の正月の初釜は着物を試みました。

紺の紬の着物と羽織を着てみたのですが、全く似合わないと家族に不評。そもそも坊主頭が合わないという苦言をいただき、正月の和装は断念。結局初釜は法衣で。


自坊報恩講が終わり、とにかくホッとしたので、netをウロウロしていて、なんとなく見かけた有松絞りの浴衣を買ってしまいました。

古着ですが、ふわふわの心地よい手触りの本物です。


夏が来たら、坊主頭はそのままに、似合っても似合わなくても有松絞りの浴衣。

花火、盆踊り、お泊まり会等々、チャンスは充分。いざとなったら、ひとり夕涼み、寝間着として、という手もあります。


しっかりした着付けも大切なのでしょうが、多少だらしなくても、衒いのない普段着としての着物もいいんじゃないかなあと思うわけです。

とは言え、まあ、夏が来たら来たで、暑くて、薄い浴衣ですら着る気がなくなって、連日短パンTシャツということになるんでしょうが。

「気分はもう夏」という季節、の戯言です。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-28 23:48 | 溺レル | Comments(0)