タグ:人 ( 202 ) タグの人気記事
銀杏が色づきはじめました -上げ仏事-
b0029488_00040684.jpg
b0029488_00041826.jpg

銀杏が色づきはじめました。

午前はN家上げ仏事。本堂でのご法事でした。

ご法事の後、本堂で歓談。Nさんは、最近の葬儀事情、ひいてはおたがいさまの付き合いが薄れていく世相を、時の流れとはいいつつ、嘆いておられました。

そんななかで、ご兄弟家族、息子さん娘さん家族が揃ったご法事のご縁。世俗的な言い方ですが、今となっては、ご法事は、親戚が集う貴重な機会なのだと思います。

門前で記念写真を撮られるということで、ボクも入れてもらいました。


N家のみなさんが帰られるときのこと。村のTさんが、遠くから「Mちゃ~ん(ボクのこと)」と手を降って呼んでみえます。手を降って応えると、「あっちの道は、今、稲刈り中で通れんぞ~」と。

衒いのないTさんの気遣いを、N家の方々は、とってもよろこんでみえました。ボクも心地よかったし、お知らせくださったTさんご自身もきっと気持ちよかったと思います。

当たり前のこととして、ひとは、自分が発する心地よいことばで、自身も心地よくなれると思います。それを、たぶん、おみのりとは言いませんが。

毎度のことながら、法事はいいな、と思うわけです。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-11-05 23:18 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
銀杏が色づきはじめました -上げ仏事-
b0029488_00040684.jpg
b0029488_00041826.jpg

銀杏が色づきはじめました。

午前はN家上げ仏事。本堂でのご法事でした。

ご法事の後、本堂で歓談。Nさんは、最近の葬儀事情、ひいてはおたがいさまの付き合いが薄れていく世相を、時の流れとはいいつつ、嘆いておられました。

そんななかで、ご兄弟家族、息子さん娘さん家族が揃ったご法事のご縁。世俗的な言い方ですが、今となっては、ご法事は、親戚が集う貴重な機会なのだと思います。

門前で記念写真を撮られるということで、ボクも入れてもらいました。


N家のみなさんが帰られるときのこと。村のTさんが、遠くから「Mちゃ~ん(ボクのこと)」と手を降って呼んでみえます。手を降って応えると、「あっちの道は、今、稲刈り中で通れんぞ~」と。

衒いのないTさんの気遣いを、N家の方々は、とってもよろこんでみえました。ボクも心地よかったし、お知らせくださったTさんご自身もきっと気持ちよかったと思います。

当たり前のこととして、ひとは、自分が発する心地よいことばで、自身も心地よくなれると思います。それを、たぶん、おみのりとは言いませんが。

毎度のことながら、法事はいいな、と思うわけです。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-11-05 23:18 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
第27回鮎の産卵を見る会
b0029488_23573980.jpg

法務を終え、6時過ぎS師を訪ねると、照明のもと、なにやらゴソゴソ作業中。

いただいたばかりの境内の池の鯉が、放流後、ほんの20分でサギに食べられたとのこと。急遽、サギ除けのテグスを張ってみえるところでした。生きるために必死な生物の鋭さに敬意を表しつつ、即、戦うS師にも感服。しばらく見学しました。



夕食後、午後10時過ぎ、長良橋下流左岸で行われている『第27回鮎の産卵を見る会』を表敬訪問。産卵は日の入りの時刻なので、実況中継はもう終わっています。観察会後のたき火を囲んだ飲み会に顔だけ出しました。

こどもたちがたくさん来てくれたと、主宰のニイムラさんはおおよろこびでした。

27年前は、たぶん建設省に睨まれながらだったことを思うと、市や県のバックアップ・岐阜の大切なことと認めてくださっている現状・公的に地元の小学校に案内されたという状況は、感慨深いものがあります。

岐阜の町の真ん中を流れる川があり、そこで鵜飼が行われ、そこで鮎が産卵するということ。ボクたちはあたりまえだと思っている長良川と岐阜のすがたなのですが、一般的には、そのあたりまえということが凄みなのかもしれません。

ニイムラさんの話では、地域の人たちに巻き込まれそうな流れができつつあるとのこと。孤高の一研究者の地道な活動が、27年を経て、市民権を得てゆくという、なんかちょっと出来過ぎなくらいの状況。

リバーリバイバル研究所、ニイムラさんに乾杯です。


岐阜市のど真ん中、夜の長良川左岸の河原は、長良川も人も焚き火も金華山も星も月も街の明かりも、何もかも美しかった、とまとめたいと思います。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-11-04 23:11 | ふるさと | Comments(2)
来年のご法事

b0029488_21445330.jpg

T家のご法事。ほんとうは来年の10月なのですが、90を超えられたおばあちゃんの「元気なうちに」という願いから、今日、おつとめになられました。

お伺いすると、おばあちゃんの顔にひどいアザ。わけをお尋ねすると、数日前、おみがきをして、お飾りをして、やれやれと思ってお仏間を離れるときに転んで、顔と足の怪我をされたのだそうです。出血がひどく、勤め先の家人に帰ってきてもらって対処してもらうほど、だったとか。

おばあちゃんのほとけさまへのお礼のお手間入りは、結果的に周りの方々に心配をかける一大事となってしまったようです。


信仰からくる行いが、俗に言う良い結果をもたらすとは限りません。あくまで結果論、行いがどう作用し、どういう果をもたらすかは、時と場合に依るわけです。

ケガをするくらいならおみがきはしないほうが良かったのか、ケガをしてでもおみがきはするべきだったのか、答えは定まりません。


報恩行というとき、行為の目的や内容や経過や結果や成否をどう考えるのか、ということを考えました。

ボクは、どうであってもいいんじゃないかと思うわけです。お慈悲をよろこび、その時そう思った、そうした、ということがあるのみ。良し悪しも正邪もない、結果も問わない、まして、他人がとやかくいうことではない、と。

おばあちゃんは、元気なうちに法事をつとめたかった、おみがきをしたかった、おきれいなお荘厳をしたかった、ということ。おばあちゃんにとっては、生き方とか生き様というような、だいそれた世事ではないと思います。

そのお姿、有り難く、尊く拝見しました。


たぶん”そのことなり”であります。





                    

Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-22 21:49 | おまいりにて | Comments(0)
『ひよっこ』が終わってしまいました -過去か今か-

b0029488_00051512.jpg
『ひよっこ』が終わってしまいました。

初回の田舎の風景に、なんとなく「今回は真剣に見よう。」と思い、あの時代への憧憬、郷愁も重なって、たぶん欠かさず見ました。脚本も演出も、ボクたちの世代の琴線に触れるもので、最後まで楽しく、あるときは感動して見ました。


ひとつ考えさせられたこと。

物語は、出稼ぎに出た東京で記憶を失い、行方不明になった父親をモチーフに、その家族、回りの人々が描かれます。出てくるのはすべて、明も闇もある素敵な人たち。徹底した安心感、心地よさのなかで物語はすすみました。

その中で、ボクはどうしても気になることがありました。よくあるテーゼではあると思いますが。

記憶喪失になった人を描くことで顕になる過去と今ということについてです。当たり前ですが、ボクたちは、今を生きているようで、実は過去を生きている、というようなこと。


こどもが、気を失って約20日間の記憶が消えました。10年ほど前の12月のことです。こどもは、突然の雪景色に驚いていました。前日の忘年会のこと、変えた携帯電話のパスワード、買ってもらった靴のこと、すべて記憶から消えていました。

姪っ子のお祝いに買った黄色いロディが部屋にあるのを見て、なぜロディなのか、なぜ青ではなく黄色なのかと怪訝な顔をしました。ロディの黄色を選んだのは本人です。

人の行い、そこに至る思いや好みのようなもののおぼつかなさを、まじまじと感じました。(こどもの思いや好みの否定ではありません。)


『ひよっこ』で、記憶喪失の父は、娘に発見され、故郷へ帰ります。記憶は戻りません。

そこは故郷なのだろうか?という素朴な疑問。
過去を是とし、まさに今の自分(の暮らし)を捨てるということへの懐疑。

普通、誰でも、過去の思いと今の思いは一致しません。それはそれでいいと思うのです。

そのうえで、では、どれがボクの思いなのか、と考えてみると、どれもボクの思いであるわけです。むしろ決してひとつではない様々な思いを、適宜選んでいる、選択しているというのが今のボク、ということのような気がしています。

要するに、カッコイイことを言っても、それはその場限りで適当に選んだ所詮ワガママでしかないということ。

「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに、・・・」であるわけです。(歎異抄 後序)

ならば何に依るか? 歎異抄には「ただ念仏のみぞまことにておはします。」と続きます。
浄土真宗の宗教的なこたえです。

しかしながら、現実の日暮しのボクたちは、今にも過去にも執着しています。おそらく、今の好きを好き、嫌いを嫌い、美しいを美しい、楽しいを楽しいという思いと、また一方、過去のいくつもの好き、嫌い、美しい、楽しいという思いの、結局は取捨選択。

今に執着すれば、過去への無責任・不誠実が生じ、過去に執着すれば、今はどこかでフリをするという無理が生じます。結局、どっちもどっちのおぼつかなさ。

ただ、現実は、どちらかと言うと、今の思いを殺してでも、無責任・不誠実を避け、多少無理をしてでも、今の思いを抑えて無難に振る舞う、というのが世間のような気がします。みんな、積み重ねた過去の自分を裏切らないように、今の自分を隠しつつ、だましだまし装って無理しているのかもしれません。

記憶というもの、それは紛れもない過去の今なのですが、重いですね。せっかくなら、今に執着してみたいと思うのですが・・・。


話が長くなりましたが、記憶喪失で消えてしまった過去にすら縛られるという『ひよっこ』の展開の一部に、何とも言えないやるせなさを感じずにはいられないということが言いたかったのです。

たぶん、知らず知らず過去と今の自分に縛られているんですね。
たぶん、それをストレスというんだと思います。




                    

Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog











by e.wash-r | 2017-10-01 00:06 | 溺レル | Comments(0)
岐阜の思い出
b0029488_02194851.jpg

Kくんが岐阜を去ってゆく。

「岐阜はいいところだった。」と故郷に帰って行ってほしいというS師の願いに賛同した9人で、Kくんと会食。

新人で岐阜に来て11年。Kくんには、日曜学校、サマースクール、キッズサンガの事務局として、たいへんお世話になりました。

熱さ故に、随分厳しく窘められたことも多かったKくん。それは、Kくんのキャラクターでもあったけど、関わったみんなが真剣だった証。何より、そういう人間関係が成立していたということ。

ある時代をいっしょに楽しんだことを思い出しながら、ちょっと贅沢な餞の宴でした。


Kくんが岐阜を去る理由にも、Kくんのこれからのことにも、思いは及びません。ただ、S師の願いの通りだと思うのですが、最後、気持ちよく、「岐阜はいいところだった。」と、Kくんには帰って行って欲しい、と思うのです。

食事もおいしかったし、お姉さんもきれいだったし、お酒のことはわかりませんが、「岐阜はいいところだ。」とボクは思いました。

そうだよね、Kくん?

ありがとうございました。









                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-30 02:40 | ふるさと | Comments(0)
パーマンバッジとコピーロボット


b0029488_00534315.jpg
b0029488_00541026.jpg

午後、思い立って北陸、高岡へ。ある目的で訪ねた高岡市美術館。

目的の作品は、所蔵はしているが今は展示していないということでした。せっかく来たので、併設の『藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー』を拝観。

どこでもドアから入ると、高岡出身の藤子・F・不二雄の世界。感激しました。

以下、掲示してあった藤子・F・不二雄のことばより。



”私がまんがを描くに当たっての姿勢は「良質の娯楽を提供したい。」ということ。これに尽きる。
単純明快。他には何もない。”

「本の窓」創刊零号 1978 小学館



”ぼくはすべてにおいて、「好き」であることを優先させてきました。”

「小学五年生」9月号 1994 小学館


”まんがというのはなんでもありの世界で、そこがいいところでもあると思うんですよ。”

「JILリサーチ」No.7  1991 日本労働研究機構研究所


                    

こんな風に生きられたら、こんなお寺にできたら、と思います。


パーマンバッジとコピーロボットのピンバッジを買いました。
 


Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog











by e.wash-r | 2017-09-27 23:26 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
あっという間でした 

b0029488_01062161.jpg

長男が百日間の参籠?を終え、退寮した。(写真は、10年前の得度の日)

「伝道院の布教使過程を終了しました。ありがとうございました。」と殊勝な電話。過日、誕生日のプレゼントを送って来たことといい、そういう育て方はしなかったので、何か怪しい。ウラがあるとみる・・・。

そうお礼を言いなさいという先生の指導があったとか、実は心配りを教えてくれるやさしい彼女がいるとか、小遣いがほしいとか・・・。

いずれにしても百日が終わった。


14年前、長男は「お父さんに弟子入りするぞ」という課題の夏休みを過ごした。

デジタル写真のデータによると、

7/20 夏休み初日 無患子拾い、皮むき。
8/12 盂蘭盆会のお荘厳の手伝い。
8/27 いっしょにおじょうはんのおまいり。
8/29 念珠作り、輪袈裟の染・縫い。
   完成のご褒美か、夜はE師と川で魚取り。
8/30 課題を作品にまとめる作業。

b0029488_01014474.jpg


b0029488_01020875.jpg
b0029488_01022179.jpg
b0029488_01041108.jpg
b0029488_01033150.jpg
b0029488_01034567.jpg
b0029488_01023990.jpg
b0029488_01025553.jpg
b0029488_01030797.jpg
b0029488_01250757.jpg
b0029488_01044580.jpg
b0029488_01042815.jpg
b0029488_01045551.jpg
b0029488_01051176.jpg
  
出だしは早かったが、結局最後に追い込んだ実質4日。

伝道院の百日はこの25倍。他宗とは比較にならないが、厳しい時間だったと思う。


ここ数年、長男とご法義の話をするようになった。もう、ボクがえらそうに伝えることは、ないように思う。教えてもらうことばかり。ほとけさまのお給仕のことも、おつとめも、本願寺の歴史や風土についても。

決して、十分ということはないし、もちろん完成などするわけがない。ただ、ボクとしては、何もしなかったとは言え、なんとなく、なんとなくひとつの役目を終えることができたような気がしている。

要は、任せるというか、褒め殺して責任を押し付けるというか、丸投げして逃げる体制が整ったというか。

そうは思ってみても、実際は、若いもんは!とか言って、もう少し住職ということに固辞する、という可能性も高い。これから、まだまだいろいろあると思う。

ナンクルナイサと、今まで通りちょっと強がってやり過ごすしかないわけで。


餞です。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-18 23:55 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(4)
『長良川の一日』 -柴田勇治さんの遺作展へー
b0029488_23223445.jpg

b0029488_23231407.jpg

b0029488_23232887.jpg

b0029488_23235532.jpg

新村安雄さんのFB・blogで、柴田勇治さんが亡くなられたことを知りました。

新村さんと柴田さんは、共著『長良川の一日』に、「長良川-豊饒なる河川」という画文を書いていらっしゃいます。

【郡上八幡と吉田川ーミズガキ】の項は、新村さんの以下のような一節ではじまります。

”郡上八幡を流れる支流、吉田川沿いを、夏休みの頃午後1時を少し過ぎた辺りに通りかかると、ちょっとした光景に出くわす。川面がミズガキでいっぱいなのだ。八幡大橋の下流の荒瀬から、新橋下手の河原まで、オスガキも、メスガキも流れて下る。・・・” 
『長良川の一日』新村安雄著より引用

魚類研究家の君塚芳輝さんが、川で遊ぶ子供を名付けた「ミズガキ」ということばが、はじめて活字となった一節です。

この本のなかで、新村さんと柴田さんは、長良川の上流から下流までを、科学的に、そして叙情的に、文と絵で綴られました。


その柴田さんの遺作展。

飄々とした菅笠姿、ひと目で柴田さんとわかるワンボックスカー、等々の懐かしい思い出。郡上の釣りを、郡上の人たちと川の関わりを、文化と呼び、郡上と川に生きた方でした。

柴田さんのほんの一端を拝見。まだまだ柴田さんの作品等は整理の途中とのこと。落ち着いたら「柴田勇治展」が開かれることを楽しみにしたいと思います。


『遺作展』はこの18日まで。あきらめていましたが、台風の影響で、おまいり・屋外の行事の変更等があり、ポッカリ空いた昼過ぎ、思い立って郡上八幡楽藝館へ出かけたという次第。

最近、ゴミ出しにしか乗っていないS4で久しぶりのドライブ!と意気込みましたが、将軍さまの「S4は嫌!」の一言で、それは叶いませんでした。

新町通の肉屋さんで買ったコロッケを、旧役場のベンチで食べ、新橋から雨の吉田川を眺めて、郡上観光終わりの巻。






                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-16 23:34 | ふるさと | Comments(0)
三人三様 -みてるだけ-

b0029488_16573713.jpg

次女がが帰ってきました。試験等を控えて勉強ばかりしています。昼夜が逆転している感じ。どこかに誘いたいのに、と思いながら眺めています。

坊守が「自律神経失調症になるよ!」と窘めました。最近Tumblrで流れてきたことばを早速披露する絶好のチャンス。

「自律神経失調症の反対って何か知ってる?」
「?」
「自律神経絶好調。」
「おとうさんやん、勝手にやっとって。」

苦悩がないように思われているようで遺憾。

突発性の難聴は、落ち着いているらしいのですが、20年も前から、ザーとキーンの耳鳴りに悩んでいるボクとしては、心配はつきません。



長女から連絡。声が全く出ない、と。仕事にも支障がある様子。飛んでいくわけにもいかず。

こちらもまた、坊主として深刻な経験があり、その辛さと不安は十分承知しているつもり。心配するのみ。


長男はというと、某所退所の最後の試練。数日前、現況報告がありました。たぶん、このままでは無事出所できない、と。

ボクとしては、状況はよく理解しているつもり。いずれにしろ二択。どちらを選んでも、自分の選ぶことだから、と伝えつつ、できればうまくやってくれ、と頼んだことです。

ボクが、20年かけてたどり着いた場所に、最初から立つことになりそうな感じ。このご時世、それなりにストレスのたまる道程を余分に20年かと思うと、可哀想な気もします。たぶん、重症です。


ここに来て、見事に揃ってボクと同じ状況のこどもたち。”その痛み、いくらかわかる。”と言ってみたところで、所詮こども自身のこと。他人の痛みは、どう考えてもわかるわけもなく、わかったところでどうしようもなく。

おたがい、茨の道を楽しむしかないね、ということ。


長女から、何の事情か、昔の写真を送ってほしいと頼まれました。探した古い写真の中の一枚。こどもと揃って出かけた数少ない山の一枚。

来週、この場所へ行く予定。雨らしい・・・。




                    

Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-12 17:09 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)