タグ:宗教 ( 70 ) タグの人気記事
「沈黙」
b0029488_02113323.jpg


遠藤周作の「沈黙」を、マーティン・スコセッシが映画にしました。早速観てきました。

興味本位で観た直感を、箇条書きにします。

・キリスト教を知らないので、根本的によくわかりませんでした。

・日本の拷問を描いています。

・日本ののどかな風土・風俗が全く描かれていません。(主題上、魔境である必要があったのかも)

・初重?の念仏みたいな声明が、象徴的に流れました。同様に、虫の声なども。(沈黙の相対として?)

・棄教(踏み絵)と罪・背信・裏切りと人道的行為が混同してしまって、何が主題なのか、混乱しているように思いました。(ボクがこだわったところです。)

・ボクの場合は、どうしても仏教の視点で観てしまいました。

・スコセッシが、中国のチベット侵攻とダライ・ラマの亡命を描いた「クンドゥン」の方がわかりやすかったです。

・キリスト教圏の方の映画だと思いました。

・「タクシードライバー」や「クンドゥン」同様、濃く重い音と色でした。(スコセッシの世界?)

・キリスト教の方の感想を聞いてみたいと思いました。

・ボーっと観ることのできる映画ではありませんでした。(字幕も読まないといけないし)


【独善的オススメ度】

「シン・ゴジラ」よりは↓
「君の名は」よりは↑













by e.wash-r | 2017-01-23 00:21 | Tibet/西蔵 | Comments(4)
お餅ふたつ
b0029488_02550302.jpg


除夜会、元旦会おつとめしました。

今年は、はじめて、ご本山本に倣って鏡餅をお飾りしました。(見たことがないので、伝え聞いた話により、想像してのお飾りです。)

同じ大きさのお餅五段一対。上にはゆずり葉を敷いてみかんが乗っています。折敷がないので、塗りの小さなお膳の上にお供えしてあります。

鏡餅は、30日に、新しくつくった枠に入れて、お華束といっしょにおとりもちの当番さんが作ってくださいました。ゆずり葉は、裏の山で採ってきました。小さなみかんは、ご縁の白浜よりお供えいただいたものです。

4日、5日の報恩講のお華束も、30日に夜に出来上がったので、一緒にお飾りしてあります。

結果的に、除夜会、元旦会は、お手間入りの2種類のお餅のお飾り。賑々しさいっそうの、門信徒中のお供え、お飾りです。ありがたいことです。


本年もよろしくお願いしす。




by e.wash-r | 2017-01-01 02:26 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
戦時下の中国仏教研究 西厳寺蔵「小川貫弌資料」と山西省調査記録
b0029488_4235957.jpg


戦時下の中国仏教研究 
西厳寺蔵「小川貫弌資料」と山西省調査記録


会場 同朋大学 DOプラザ閲蔵1Fギャラリー

日時 平成28年12月22日まで(9:30~17:00)


是非 御覧ください






.  
by e.wash-r | 2016-12-20 23:20 | ■お知らせ・ご案内など■ | Comments(0)
無量寿経の御軸
b0029488_00483621.jpg

b0029488_00483793.jpg

11/30分


D家お取り越し。

床に無量寿経の御軸。ご往生されたお父様の書。

3幅書かれたそうで、すごい集中力だったそうです。

阿弥陀経や正信偈の御軸は、ときどき拝見しますが、無量寿経は、D家でしか見たことがありません。

例えば、法華経や華厳経を所依とする宗派では、法華経や華厳経の御軸があったりするんでしょうか。物凄いことになりそうですね。(単編と捉えるか、集成ととらえるかということはあるにしろ・・・)






by e.wash-r | 2016-11-30 22:12 | おまいりにて | Comments(0)
青年と
b0029488_23155223.jpg


突然、「本堂で座禅をさせてください。」と青年が訪ねてきた。

本堂で座禅をした青年と、時間の許す限り銀杏の下で歓談。

青年曰く「理系で生きてきた。文系とのバランスがとりたくて・・・」

信仰に興味はなく、無神論者だという。

いろいろ話をした。頃合いをみて、如来の慈悲、他力をとりつぐ。

「そんな考え方もあるんですか?火の上を歩けと言われる方がわかりやすくていいかも。」という反応。

そう来るか、と思った。たぶん、彼は、何か理系的実感を求めているんだと思う。


質問を受けた。

「肉体は滅する。精神も滅するのか?」と。

意味合いとしては、肉体より先に精神が滅することがあるのか?ということのようだった。

見えないもの・実体のないものの可視化・証明を、彼は求めているような気がした。

ボクにはよくわからないし、何より、ことばの定義を共有していないので、むやみな議論には無理があると思った。

わかることを話そうと提案。わかることを話した。


美濃四十八座のチラシを渡して見送る。

法座のお誘いもできたし、訳の分からない会議より楽しかった。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-05-09 22:43 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
紅葉形焼饅頭
b0029488_00405806.jpg


2/27分

Y家おじょうはん。

おまいりの前、居間でお茶をいただきました。そのとき、目に止まった空き箱。レトロなラベルが印象的です。いわゆる「もみじ饅頭」の箱のようです。

「昔の箱ですか?」と聞くと、「つい最近のものだけど・・・」というお答え。意外でした。昔の意匠そのままの箱ということみたいです。

宮島特産
登録商標
厳島紅葉谷
高津堂謹製
紅葉型焼饅頭
(紅葉と鹿の絵)

必要十分な情報を組み合わせた質実剛健なシンプルなデザイン。この存在感、ボクは好きです。

すべてにおいてとは言いませんが、今、本願寺になんとなく乏しい姿勢だと思うわけです。


コーポレート・アイデンティティにもましてコーポレート・ガバナンスに注力しなければならない世相。

なんとなく、さみしいですね。

◆なお、本願寺がコーポレーションかどうかは、今回はスルーにて。







by e.wash-r | 2016-02-27 23:56 | そらごと、たはごと | Comments(0)
報恩講の準備の準備
b0029488_41352.jpg
b0029488_411595.jpg


お正月、報恩講に向け、フル稼働で準備中。


別院のお華講のおひとりでもあったMさんが当寺のお華を立ててくださるようになって約15年。そのMさんがご往生されて3年。なんとかMさんのお華を次代に繋げていこうと、坊守が奮闘してしています。

本日、Mさん亡き後、3回目のお華が一対立ちました。途切れさせまいという一心だと思います。いまは、ひとりの力ですが、そういう尽力が入れ代わり立ち代わり続いてきたわけで、その総力が、信仰ということなのかなあと漠然と思っています。


明日の華立て・幕張り・餅つき・お華束作りの準備、なんとか整いました。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-12-29 23:00 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
依存症の研修 -メディアコスモスにて-
b0029488_2358632.jpg


新しくなった岐阜市の図書館「メディアコスモス」で研修。午後の2時間、有意義な時間でした。


初めてのメディアコスモス。

フリースペースが多く、ベビーカーを横に木陰のベンチでボーッとしている若いお母さんがいたり、ホールではおばちゃんたちがお茶を飲みながら井戸端会議?をしてたりと、まったりした雰囲気。新しい図書館建設をめぐって揉めている自治体もあるようですが、「図書館は未来への投資」という一見デリカシーのない言い方にも同調したくなるほど、いい感じでした。職員さんの事務スペースはオープンじゃないほうがいいと思いましたが・・・。


さて、研修。

「依存症」について、各務原病院の天野宏一先生のお話。

すごく良かったです。全部良かったです。専門性と現場と実績に裏付けられた話は、何ができて何ができないかということに真摯で、安心して引きこまれました。(加えて、先生のフランクな個性と語り口も、もうひとつの引きこまれた理由のような気がします。)


今回の話は、主にアルコール依存について、関連して薬物依存、ギャンブル依存等。具体的な話はありませんでしたが、ネット依存等も増えてきているようです。

依存症治療の完成された手立てはない、本人の自覚が治療のはじまり、依存環境からの隔離は根本治療にならない等々、という現実。自分が何に依存しているかよくわかりませんが、なんとなく身につまされる話でした。

アルコール依存への試みとして、「例えば、高い酒を飲むこと。もったいなくて、たくさん飲めないでしょ。」という衒いのない話に、難しい現場のリアリティを垣間見た思いです。


以下私見。

以前、依存症について、やはり専門の方からお話を伺ったことがあります。そのとき感じた人間の性のようなもの。ボクたちは、きっと多かれ少なかれ何かの依存症なのだと思います。

人はそれぞれ何かこだわりを持っていて、いつの間にかそこから離れられなくなっていく生き物。そして、そのこだわりの向かう先、あるいはそのこだわり方によって、それを依存症という、ということなのでしょう。しかも、それをなかなか自覚できないボクたち。

人間は厄介ですね。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-10-15 23:56 | そらごと、たはごと | Comments(2)
隣家ご法事
b0029488_21582482.jpg



当地には、俗に「村親戚」「葬式組」と呼ぶ"村の親戚つきあい"があり、当家(寺)は、村の内の10軒の方々とおおよその冠婚葬祭のおつきあいをしています。

当家(寺)以外は、臨済宗妙心寺派のお檀家。そのような状況なので、ボクは、臨済宗妙心寺派の仏事におまいりさせていただくご縁にも恵まれています。

となりのT家のご法事。とってもよくしていただいたwおばさんの一周忌でした。

万障繰り合わせておまいりのつもりでしたが、葬儀が重なり、可能な時間いっぱいのおまいりをして中座。臨済宗の"おっさま"や村の方とのおときの席も楽しみにしていましたが、同席はできませんでした。

馴染んでしまうと、村のつきあいというのはいいものです。馴染むまでの時間と苦労は、それなりにありましたが。

宗教儀礼としてだけではなく、社会儀礼としても、ボクは法事が好きになってきたような気がします。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-03-12 21:57 | おまいりにて | Comments(0)
仏教の目的
b0029488_14361395.jpg


深夜1時半、長男から、聞きたいことがある、と電話。


長男「仏教は幸福をめざしていると言っていいのか?」

ボク「仏教がめざしているのは成仏。」


どうも、卒論のことで悩んでいるらしい。『幸福の国』ブータンを訪ねたことをもとに、伝道という内容で書いているとのこと。

テーゼにしたら迷宮に入りそう・・・。


・「仏教がめざすこと」と「人間社会が訴求して(いる)きたこと」を混同しないように。
・「幸福」ということの定義が必要なのでは?
・「土徳」ということを調べてみては?

と、ボクなりの思いを述べる。気楽なモノだ。


学生も悩んでいる。ボクたち僧侶も、現況を真摯にシンプルに考えるときにきていると思う。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-11-12 15:04 | 智慧と慈悲 | Comments(4)