タグ:映画 ( 113 ) タグの人気記事
四つ葉のクローバー
b0029488_18351948.jpg

四つ葉のクローバーをめぐる会話。嘘ではないと思うのですが。

A:四葉のクローバーを見つけるために、三つ葉のクローバーを踏みにじってはいけない。
幸せはそんな風に探すもんじゃない。

B:四葉のクローバーは、若葉の時に出来た傷から四葉になる。
踏みにじって探す奴がいないと四葉のクローバーは生まれてこない。

過去2度ほど当blogで引用しているのですが、こういう話を聞くと、『宇宙船とカヌー』の「あとがき」にあったイエーツの詩を思い起こします。

わたしははあなたの足もとに、わたしの夢を広げました
そっと踏んでください、わたしの夢を踏むのですから


西蔵坊だより2012/04/16 『ー桜の花びら踏んで歩いた・・・ 』

西蔵坊だより2005/04/21 『春の公園  -遊べません-』


確か、上記logをupしたころは、検索しても、このイエーツの詩の全文は見あたらなかったと思います。どうも、映画『リベリオン』(2003年日本で公開)の中で引用されて以降、いくつかのサイトでイエーツの詩が取り上げられているようです。

せっかくなので、原文、訳文転載します。



もし私に 金と銀の光が 縫い込まれた 天の布があったなら
夜と薄明と昼を表す 漆黒と灰色と空色をした 天の布があったなら
その布を あなたの足下に広げましょう
でも 貧しい私には 夢しか持ち合わせがないので
私の夢を あなたの足下に広げます
どうかそっと歩いてください
私の夢の上なのですから

ウィリアム・バトラー・イェイツ'



Had I the heavens’ embroidered cloths,
Enwrought with golden and silver light,
The blue and the dim and the dark cloths
Of night and light and the half light,
I would spread the cloths under your feet:
But I, being poor, have only my dreams;
I have spread my dreams under your feet;
Tread softly because you tread on my dreams.

William Butler Yeats



こんなことを
すてきな女の子に言ってみたい
エイプリルフール

超字余り





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-04-01 23:45 | そらごと、たはごと | Comments(0)
「海底原人ラゴン」
b0029488_2246677.jpg
b0029488_22494223.jpg


風呂からの廊下に濡れた足跡。

「お父さんは、なんで足ベタベタなまま歩くの?」と、怒る坊守。

「ラゴンが、海からカラダ拭いて上がってきたら変やろ!」と、苦しい言い訳。

「訳わからん。」と不機嫌な坊守に、『ウルトラQ』第20話「海底原人ラゴン」の話をしてあげました。


ケムール人とならんで、恐怖におののいた海底原人ラゴン。夜の海で、ペタペタと濡れた足音がしたら、今でも怖いと思います。

b0029488_22501495.jpg


そんなこんなで、友人からもらった『ウルトラQ』のDVDを久しぶりに観ました。

いろんな意味でオモシロイです。

物語の展開は粗い(ある意味デジタル)のに、リズムはムッチャクチャゆっくりだったり。

五十年前の日本の景色に感動します。

7巻全28話、述べ約12時間。彼岸会も終わったし、しばらく深夜のお楽しみにしようかな。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-03-21 22:37 | 溺レル | Comments(0)
『シン・ゴジラ』再び  -好きとか嫌いとか-
b0029488_3252477.jpg



『シン・ゴジラ』が日本アカデミー賞の作品賞獲ったそうだ。

賞を獲っても獲らなくても、ボクとしては、ゴジラがガオガオしているのがうれしい。そういうものだ。


次女が、「『君の名は』が好きではないと言えない雰囲気がある・・・』と嘆いていた。

それを聞いたある先生は「人がいいというものを、悪いと言う必要はない。」とおっしゃった。

「好き」は言ってもいい、しかし、「嫌い」とは言わないのがオトナのルール、ということか。

わかるようでわからない話ではある。


ところで・・・


なぜ、あなたのやる気が起きないのでしょうか。
その答えは、一言で言えば「やりたくないから」です。


仕事は必ずしも選べない。利害関係だったり、義理と人情だったりのしがらみがあるので、やむを得ずということはままあるものだ。それはわかる。誰もがやりたくない仕事というものがあることも、ある程度理解しているつもりだ。

だから嫌なことも、黙ってやる。もしくは、「やりたくなーい」とか「かなわんなあ」とか言いつつもやる。おおよそそういうものだ。

しかし、やっぱり「やりたくない」ことはある。「やりたい」人がやればいいと思う。すくなくとも「やりたくない」人がマネージメントするというのは、どう考えても合理性がない。

「やりたくない」という兵隊は、不平を言いながらも盲目的に働くことがあるかもしれないが、「やりたくない」指揮官というのは不条理だ。



さて、「やりたくない」、要するに「やる気のない」責任者であるボクが、そのまま責任者でいる組織の未来が明るいとは思えないのである。組織のことを考えたら、ボクを解任するのが普通だと思うが・・・。

無責任なボクが続けられるほどの余裕のある組織なのか。

ひょっとすると、これからのボクの仕事は、実は罰ゲームなのかもしれない・・・。


お寺のことじゃないので、愚痴ってみました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-03-03 23:07 | そらごと、たはごと | Comments(0)
「沈黙」
b0029488_02113323.jpg


遠藤周作の「沈黙」を、マーティン・スコセッシが映画にしました。早速観てきました。

興味本位で観た直感を、箇条書きにします。

・キリスト教を知らないので、根本的によくわかりませんでした。

・日本の拷問を描いています。

・日本ののどかな風土・風俗が全く描かれていません。(主題上、魔境である必要があったのかも)

・初重?の念仏みたいな声明が、象徴的に流れました。同様に、虫の声なども。(沈黙の相対として?)

・棄教(踏み絵)と罪・背信・裏切りと人道的行為が混同してしまって、何が主題なのか、混乱しているように思いました。(ボクがこだわったところです。)

・ボクの場合は、どうしても仏教の視点で観てしまいました。

・スコセッシが、中国のチベット侵攻とダライ・ラマの亡命を描いた「クンドゥン」の方がわかりやすかったです。

・キリスト教圏の方の映画だと思いました。

・「タクシードライバー」や「クンドゥン」同様、濃く重い音と色でした。(スコセッシの世界?)

・キリスト教の方の感想を聞いてみたいと思いました。

・ボーっと観ることのできる映画ではありませんでした。(字幕も読まないといけないし)


【独善的オススメ度】

「シン・ゴジラ」よりは↓
「君の名は」よりは↑













by e.wash-r | 2017-01-23 00:21 | Tibet/西蔵 | Comments(4)
sister ann   ― ダグラスDC-3 ダコタ ―
b0029488_23584172.jpg
b0029488_2359980.jpg
b0029488_23591940.jpg


園ゆきよちゃん助演の映画『飛べ!ダコタ』。終戦直後、佐渡に不時着した英軍機ダコタと島の人達を描いた映画です。思い入れがあって何度も観ました。

その撮影に使われたDC-3と偶然出遇いました。


数奇な運命を辿った「sister ann」のこと、案内板、net等の記述から、少しまとめて書いてみます。



【ダグラスDCー3、英国名dakota(ダコタ)】


1943年 米ダグラス社製造

1943年 英空軍輸送機として採用、後に要人輸送機となる
「sister ann」の名称の日時、事由は不明

1946年、佐渡に緊急着陸(映画『飛べ!ダコタ』のモチーフ)

1957~1971年 仏空軍が使用

1972年 カナダ・ケベック州のカーゴ会社を転々

1983年 カナダ・ケベック州のトランス・フェアー社へ
雪に閉ざされたエスキモー、インディアン集落への生活物資輸送機となる
スキーを履けるため雪原着陸が可能だったので

1998年 キューバのエアロタクシー社へ
遊覧飛行で人気を博する

2003年 キューバ人によるハイジャック 
アメリカを目指すが、1時間後、コーストガードに拿捕
半世紀前の双発機DC-3にF15がスクランブルしたことが話題になる

現在、個人所有 
フロリダの格納庫に現存




浜松の機体は、映画撮影用にタイから買い付けたDC-3を『sister ann』に仕立てたものですが、それでも、見上げていると浪漫です。

誰にも、何にも歴史があるわけで、『sister ann』の辿った道、飛んだ空を思いしみじみ・・・




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-01-13 23:57 | 溺レル | Comments(2)
休暇 ー浜松・龍潭寺とー
b0029488_02071415.jpg


まずは年末年始、よく働いた自慢。

12/5の京の昼寝以降、35日ぶりの休日。遊ばないわけにはいきません。

お疲れの坊守をスキーに誘ったのですが、「寒いからイヤ!」と、もういかなる手段を以っても説得不可能な返答。

結果、雪のなさそうなところへドライブと相成りました。

ご挨拶したい方もあって、浜松へ。

某工房を訪ねたあと、臨済宗の古刹龍潭寺へおまいり。

浜松は、どうも水曜日はお休みの日、ということみたいで、その後は、行くところ行くところ、ことごとくお休み。

なんとか浜松名物の餃子を食したあと、もう日も傾く浜名湖岸で、思いがけずであった銀色の機体。

なんと、ダグラスDC-3(英国名ダコタ)。

終戦直後、佐渡に不時着した英国軍機『sister ann』を描いた映画『飛べ、ダコタ』の撮影に使われた本物のDC-3でした。

予想外の出会いに大コーフン。

最高の休日となりました。

b0029488_02260388.jpg


語らずにはいられない伝説の『sister ann』のことは、後日。

(『飛べ、シグナス』のシグナスのことも、まだ書いてないなあ。こちらも後日。)











by e.wash-r | 2017-01-11 23:23 | おまいりにて | Comments(0)
「永い言い訳」とか「君の名は」とか
b0029488_212159.jpg


秋の夜長、夜のシネマコンプレックスへ。

「永い言い訳」を観ようか、「ハドソン川の奇跡」を観ようか、「君の名は」を観ようか、それともやっぱりもう一度「シン・ゴジラ」を観ようか・・・

迷って「永い言い訳」。

申し訳ありません。よくわかりませんでした。


悔しいので、またまた夜のシネマコンプレックスへ。

迷って「君の名は」。

申し訳ありません。場違いでした。


なんというか・・・

疎外感を感じています。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-10-23 23:42 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
Dylanからはじまる
b0029488_1524014.jpg


ノーベル文学賞にボブ・ディランが選ばれた。

ザワザワとするものがある。
何か落ち着かない。
なぜだかわからない。

そんな思いで、思いつくままに書いている。

たぶん、以前にも書いた。

Dylanといえば、映画「ビリー・ザ・キッド」で、老保安官が撃たれ、川を歩くシーンで流れる『天国への扉』("Knockin' on Heaven's Door")。

昔観た映画を、無性に観たくなった。

『明日に向かって撃て』が、ふっと浮かんだ。
なぜなのか?悶々と理屈を考えている。

邦題『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』
原題『PAT GARRETT AND BILLY THE KID』
女優 リタ・クーリッジ

邦題『俺たちに明日はない』
原題『BONNIE AND CLYDE 』
女優 フェイ・ダナウエイ

邦題『明日に向かって撃て』
原題『BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID』
女優 キャサリン・ロス

無理矢理こじつけてみる。
何となく繋がる。
というか、前から気になっていたことではある。

原題が『主人公二人の名前』ということ。
女性も魅力的だ。

魅力的な女性の魅力的な映画が観たい。

『サブウエイ』のイザベル・アジャーニ
『冒険者たち』のジョアンナ・シムカス

双璧である。

結局、要するに、ザワザワとする心の行き着く先はキレイな女の人ということになった。

でも、何となく違う。

今気がついた。

また『シン・ゴジラ』が観たい。



One more cup of coffee for the road,
One more cup of coffee 'fore I go
To the valley below.

お酒飲めないし。


混沌としてますね。








by e.wash-r | 2016-10-14 00:16 | そらごと、たはごと | Comments(2)
【今月のことば】 -30を超えた・・・-
b0029488_2325643.gif

”30を超えた大人の言うことは信用しちゃいけない”って猿の惑星でいってた、らしい。

tumblrで流れてきた。


『猿の惑星』が公開されて約半世紀、ボクが30を超えて四半世紀。

自身、確かに、随分と信用ならないことをしてきたと思う。



ちなみに猿の寿命は?

チンパンジー  30~40
オラウータン  30~50
ゴリラ     30~40 

だそうです。(諸説あり)

ただ、『猿の惑星』の話は、たぶん人間換算で30ということだと思う。



悲しいかな、また、netで遊んでしましました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-10-01 23:42 | 【今月のことば】 | Comments(0)
out of control  -インドミナスレックスは最強か-
b0029488_242138.jpg


当blogの過去の記事をチェックしていたら、書きかけでUPしていないもの(非公開記事)がチラホラ。今回は、サボって、一年前の書きかけに付け足ししてUP。

たぶん、『ジュラシック・ワールド』を観て、インドミナスザウルスってどういう意味?と調べて、そのことから発展して書いたのだと思います。

以下が、そのlog。長文注意。

*   *   *

昨年、"The situation is under control."(状況はコントロールされている。)という一節が流行語となりました。

『under control』と『out of control』について思うこと。

『コントロールされている状況』は、自明として『コントロールされていない状況』を内包しています。そうなるかどうかは別として、『コントロールされていない状況』というものは存在するのです。

そもそも、『コントロール』(管理、制御)というのは力の及ぶ範疇のなかのことなので、『コントロールされていない状況』というのは、力の及ばない状況、能力の限界外のことを意味します。そんなことはわからないとも言えますし、考えたくないというのも人情です。


鬼怒川が決壊しました。

かつて経験したことのないほどの雨量、堤防の能力を超える想定外の水量。

上流のダムに依る降水の涵養と流量調節、堅固な堤防と直線化した河道による素早い排水という、現代の日本が着々と進めてきた治水の能力を、自然が上回ったのです。

洪水は、コントロールされていた川が、コントロールされていない川になったということです。

結果的に鬼怒川は決壊し、コントロールされていない状況が生じましたが、災害への対応までコントロールできなかったわけではありません。各機関が合理的に機能し、早々に復旧への営みがはじまっています。

このことは、いわゆるバックアップシステムによって、あたらしい『コントロールされている状況』が生まれたということだと思います。

あるコントロ―ルが破綻したとき、破綻した状況を補完する次のコントロールが機能するということ。社会の健全さを示す指標だと思います。いい意味で、高度に『コントロールされている状況』ということです。

人間の能力と思考が全能でない以上、『コントロールされていない状況』は常に生まれてきます。ひとつの見方として、破綻したコントロールのバックアップシステムが機能する社会を平和というのではないかと思います。バックアップシステムが機能しない社会は、混乱・混沌です。

混乱・混沌は、コントロールできていない状態ですから、その解決を


*   *   *

ここまで書いて力尽きていました。そのあと、何を書こうとしていたのか、我が事ながら、今となっては、もうわかりません。

続きをかるーく考えてみました。



インドミナスレックスは、映画の中では、「最強の恐竜」のように訳されていましたが、文字通りに訳すと「制御できない王」というような意味。まさに「out of control」。

混乱、混沌をコントロールされた状況に戻すには、何よりも相応の時間が必要です。とにかく忙しい現代、問題解決は急を要するとは言え、ただ性急に方法を選ぶことは、むしろ混乱を重ねることにもなりかねません。

「制御できない王」とどう対峙するか?

難しいですね。のらりくらりと対応できることならいいのですが。


バックアップシステムというのは、「時間の余裕」だと説く人もいます。同感というか願い。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-09-28 00:38 | そらごと、たはごと | Comments(0)