西蔵坊だよりへようこそ    -TopPage-
b0029488_2444687.gif

b0029488_2484350.gif浄土真宗本願寺派森鏡山正蓮寺住職のblogです。
◆ Tashi Delekは、チベット語で「こんにちは」
Tumblr『西蔵坊だよん』へもどうぞ。
 
b0029488_1431509.gif

〓掲示板〓   連絡等にお使いください。

b0029488_1431509.gif

# by e.wash-r | 2018-12-24 20:00 | ■お知らせ・ご案内など■ | Comments(11)
人は**の前ではあまりにも無力だ
b0029488_00230337.jpg

午前、市役所にて某会総会。

みなさん、とにかく集合が早いので、開式1時間前に寺を出ました。20分前には会場入りしたのですが、車に忘れ物をとりに行って戻ってきたら、もう全員参集してみえました。

トイレに行く余裕もなし。

この会では、成り行きでここ数年ボクが担当している部門があります。今日は、その報告をしなければならないので、簡潔に述べられるように原稿をチェックしていたら、軽い腹痛。

ボクの担当のところの前にトイレに抜けるかどうか迷っているうちに、順番が来てしまいました。意識を、肛門と原稿の両方に集中し、とにかく超簡潔に報告。

一瞬ホッとしましたが、報告を終えたからと言って便意が治まるわけではなく、その後のボクは、そこにいるだけ状態。半日時間を空けて出席した会議でしたが・・・。


”人は便意の前ではあまりにも無力だ。”





.

# by e.wash-r | 2018-04-25 23:50 | そらごと、たはごと | Comments(0)
2018美濃四十八座 正尊寺真宗講座 青木新門師
b0029488_04151284.jpg
b0029488_04164854.jpg
b0029488_04151839.jpg
b0029488_04152577.jpg

正尊寺真宗講座。ご講師は、『納棺夫日記』の青木新門先生。80歳を超えられ、ますますお元気でした。


ときに重厚に、ときに軽快に、

『納棺夫日記』著述に至るまでのお話し
『納棺夫日記』と映画『おくりびと』とのちがい
『納棺夫日記』をめぐるモックンとの親交、等々

最近、HP・FBで、繰り返し述べられている、

生死について
光明と名号について
近代文学と西洋思想について
科学と仏教の違いと接点について、等々

昼座はたっぷり2時間半、夜座は休憩無しで1時間半。以前より厳しい内容もありましたが、先生ご自身が”老い”を楽しんでいらっしゃるような感じの、穏やかなお話しでした。

おつとめのときも、休憩のときも、お聴聞のボクたちにさり気なく混じっていらっしゃるお姿が印象的でした。


正尊寺真宗講座は、今回が80回目。続けることは力だと思いました。

今年も、美濃四十八座がはじまりました。
他のお座同様、今年も他力・約仏のお話しのお聴聞のご縁です。

半年ぶりに、また、馴染みにの方もはじめての方も、いっしょにお聴聞できたなあという思い。
お楽しみのお聴聞、衒いなく、またお会いしましょう。




.




# by e.wash-r | 2018-04-25 04:17 | お聴聞 | Comments(0)
長男の引越し
b0029488_08440033.jpg

長男の引越しで京都2往復。

このところのハードな日程、何より歳のせいで、かなり疲れました。

11年前、長女の引越しをしてからの子どもたちの引越し回数を数えたら、12回。ちょっと多過ぎのような気がします。

3人で使い回しをしている家具・家電を、また運んでいるなあ、という感慨。長女が就職して買った巨大な洗濯機の重さは老体にこたえました。

引越しのあと、同じく新しい生活をはじめた次女の下宿を、ほんの5分ほど訪問。

あっけらかんと「勉強楽しいよ。」というのを聞いて、うれしいというよりは羨ましいと思いました。

京都に行ったのに、本願寺には不拝。相変わらず生臭坊主です。







# by e.wash-r | 2018-04-23 23:42 | そらごと、たはごと | Comments(0)
八百津せんべい
b0029488_01133541.jpg

Kご夫妻来訪。

いろいろいただいたお土産のなかに「八百津せんべい」。

23歳から28歳まで、八百津で暮らしました。当時は、八百津の町のあちこちにせんべいを焼く工場があり、其処彼処で甘い匂いがしていました。

八百津せんべいというせんべいがあるわけではなく、八百津で焼かれたせんべいが八百津せんべいです。でも、なんとなく、「八百津せんべい」と言えば、ピーナツを焼き込んだせんべいのことだったように思います。

ボクがこどもの頃は、報恩講の時の庫裏には、いつも、ピーナツ入りの「八百津せんべい」とやかんに入った番茶が置いてありました。

その思い出があったので、八百津から報恩講の寺に帰るときは、いつも、一斗缶に入った“徳用”の「八百津せんべい」を買いました。八百津の町の彼方此方の道端で売っていて、1000円だったと思います。

ボクにとって「八百津せんべい」は、報恩講の味でもあります。

Kご夫妻とそんな話をしながら、「八百津せんべい」をいただきました。番茶ではなく、コーヒーを飲みながら。





# by e.wash-r | 2018-04-22 23:30 | ふるさと | Comments(0)
黒野組組会
b0029488_23400942.jpg
牡丹が浮かべてありました。当寺水鉢。

午後4時から黒野組組会。

黒野組のこと、岐阜教区のこと、宗派のことについて、それぞれ、組役員さん、教務所の職員さん、宗会議員さんから説明がありました。

淡々とハイペースのお話。頭がついていかないので、理解できたとは言えませんが、それぞれ専門の方々が、熟考し作業される議題なので、できる範囲で協力して行くのみ。

ただ、なんとなく、我が宗門は、どこへ行くんだろうという漠然とした不安は感じました。

目一杯ついて行くのは辛いような気がします。


8時過ぎに懇親会が終わってから、遅刻してT家のおじょうはん。3月の彼岸会のおまいりに来てくださったTさんと法話やお斎や若院の話。

なんとなく、ホッとしました。



# by e.wash-r | 2018-04-21 23:18 | おまいりにて | Comments(0)
『あしたのジョー』再読

b0029488_01312342.jpg


思うところあって、『あしたのジョー』を読み返してみたくなって、オークションで全巻、格安でゲット。

そんな折、朝ドラの『半分、青い』のなかだったり、某会議の市議会議長さんの挨拶だったりに『あしたのジョー』が出てきて、なんとなくうれしい昭和のおっさんになっています。


マンガを買ってもらえる環境になかったので、「巨人の星」は、近所のKちゃんの家の2階にあったのを読みました。「あしたのジョー」は、親戚の家の階段の下に積んであったのを読みました。

いずれも小学生のころのことだと思うので、内容など理解していなくて、ただ見ていただけだったかもしれません。「あしたのジョー」よりは「巨人の星」のほうが面白かったような記憶です。たぶん、単純に、ボクは、ボクシングより野球のほうが好きだったということくらいのこと。

ただ、あるとき、当時のボクからすると、とってもオトナに見えた大学生のTちゃんたちが、”「巨人の星」より断然「あしたのジョー」だよね”みたいな話をしていて、なんとなく、”やっぱり『あしたのジョー』だよね”みたいに思い込んで今に至っています。


ちょっとまじめに書きます。

『あしたのジョー』を再読しようと思ったのは、下記のような話にであったからです。


【ジョーと力石と試合。ジョーのパンチを顔面に受け、力石は試合後死亡。以降、ジョーは、顔面へのパンチが打てない(いわゆるPTSD)このジョーの、PTSD克服、つまりボクシングへの完全復帰の物語が、『あしたのジョー』。】だとすれば、『あしたのジョー』は、心的ストレスを抱えたものが社会復帰をめざす物語と言える。
昭和という時代は、そういう時代だった。しかし、今は、なんとなくだけど、社会復帰・社会適応が解決ではないと気づきはじめた時代。ボクシングを捨てるというストーリーもありかもしれない。云々。(大意)


こんな視点もあるのかと、もう一度(実は、実質はじめてなのかも)、『あしたのジョー』を読んでみようと思ったわけです。

今、すこしづつ読んでいます。

”ちょっと、まじめに書きます”と大風呂敷を広げましたが、 眠くなったので、以上。

いつかにつづく・・・。


.


# by e.wash-r | 2018-04-20 23:23 | 愚考 | Comments(0)
福満寺さんの花まつり
b0029488_01002559.jpg

4月15日、福満寺さんの花まつりにおまいり。

ご門徒さん方は、前住職さんが植えられた満開の八重桜・枝垂れ桜の下で花見、別当を食べられたあと、おつとめとお聴聞。

福満寺さんは、地域の方々が、みな門徒さん。当たり前のようですが、岐阜の本願寺のお寺では、意外と珍しいことです。

当寺の場合、歩いてまいられる方がほとんどないので、近所から集まってみえる雰囲気をうらやましく思います。


ゆっくりはできなかったのですが、お座のあと、境内でご住職と少し歓談。

ご住職は、動物について非常にお詳しい方です。

春休みには、こどもたちを招いて、境内や裏山に、フクロウとムササビの巣箱をかけられたそうです。現在、センサーをつけて、観察中のムササビの巣箱が、本堂の前の木にかけてありました。

次は夜、懐かしいムササビの鳴き声を聞きにおじゃましたいと思います。






# by e.wash-r | 2018-04-19 23:42 | おまいりにて | Comments(0)
若手と言われる会
b0029488_00131659.jpg
b0029488_00131749.jpg

身の程を思うとき、ふさわしくない場にいるという自覚のなかで、その立場を全うするよう、一応努めています。

朝のおまいりの後から夜のおまいりに遅刻するまで、ほぼ1日、会議と研修。

おばさんが揃うと、会議中だろうが研修中だろうが、どうして状況把握ができないんだろうと思う。うるさいだけじゃなくて下品。みんなじゃないですが。

愚痴っぽいな。ストレスかな。

たそ彼の西の空、きれいでした。






# by e.wash-r | 2018-04-18 23:47 | そらごと、たはごと | Comments(0)
はったい粉ドリンク
b0029488_23283373.jpg


「はったい粉ドリンク」なるものを飲みました。3年前、霧ヶ峰の道路沿いの売店で、「山羊の乳」を飲んだときのような感激。

はったい粉は大麦の粉。

はったい粉を練ったおやつは微かな記憶。はったい粉の落雁・飛騨の『こがらす』は好きなお菓子のひとつ。いずれも香ばしい味。

チベットの主食・ツァンパ、はったい粉をバター茶で練ったものです。記憶では、ボクが食べたツァンパは、ちょっと酸味があったような・・・

【はったい粉ドリンク 200円】の看板を見つけ、即注文。

何故か、お店のお兄さんに尋ねられました。

お兄さん:「飲んだことあるんですか?」
ボク:「飲んだことはないですが、興味があって。」
お兄さん:「はったい粉、ご存知なんですね。」
・・・

お兄さんは、お店のお姉さんと、あーだこーだいいながら、ずいぶん時間をかけて、2人がかりで「はったい粉ドリンク」作ってくださいました。ちょっと不安。

紙コップに、茶色いドロドロの温かい液体。かき回すように割り箸入り。

ボク:「ありがとう。通りを歩きながら飲んでもいいですよね。」
お兄さん:「いいですよ。でも、今飲んでみて。どんな味?」

砂糖が入れてあったので、甘くて香ばしい味。はったい粉たっぷり入っていて、ボリュームありました。

「はったい粉ドリンク」は、ちょっとノスタルジーでした。





# by e.wash-r | 2018-04-17 22:30 | Tibet/西蔵 | Comments(0)
岐阜別院、16日の朝粥
b0029488_22203556.jpg

b0029488_22203702.jpg


S師からご案内、お誘いをいただいたので、岐阜別院の親鸞聖人の月命日のお朝じにおまいり。

総燈明の本堂で、7時より、日没礼讚偈 ・信心獲得章・ご法話。その後、香光殿で、仏教婦人会の方々の朝粥のお接待を受けました。

16日お朝じのこのようなかたちは、昨年の秋からはじまったと聞いています。

他の法要や地域行事の当番、スキー、うっかり忘れていたこと等々が重なり、気にはなっていたのですが、今回がじめておまいりです。

先般の怪文書?には、どちらかと言うと批判的なことが書いてありましたが、はじめておまいりしたボクの感想は◎です。

住職としては、必ずまいるということは微妙なことですが、今回おまいりしてみて、ときどきご門徒さん方を誘おうかな、と思いました。

ひとつ新しいことをはじめるということは、なかなかたいへんなことです。丁寧なお手間入りの賛嘆と他力お聴聞のご縁がイベントとして終わらないように、またおまいりできたらと思いました。

おつとめ、準備、案内の方々に感謝。



# by e.wash-r | 2018-04-16 21:40 | おまいりにて | Comments(0)
同級生
b0029488_23595253.jpg

消水防団の入退団式。

7:30 集合、土嚢作りの練習
9:00 入退団式リハーサル
10:00 入退団式

10:00からご法事なので、いつ抜けるか気にしながらの参加。

まず、水防倉庫の前で、土嚢作りの練習。土嚢袋の縄の縛り方、なかなかおぼえられません。

本部役員をしている同級生のNくんに個別指導してもらって、なんとかなんとか。

その後、小学校のグランドに移動しリハーサル。

そのとき、今年度班長の同級生のHくんが、肩をたたいてきて、「リハーサル始まると抜けにくいから、もうおまいり行ったらいいよ。」と、ありがたい一言。

いつかどこか別の場所で、ボクはボクのできることするしかないかな。


水防団は、今年6月の4回の日曜日、すべて練習・演習です。

また迷惑をかけることになりそうなボクが言うのもいかがなものかと思いますが、水防団・消防団は、仕事の合間の休日、真摯に災害に備えて準備しています。

一応、知らない人にお知らせ。


勝手ながら、同級生はいいね。
youtube見て、しおり結びの練習しときます。



















# by e.wash-r | 2018-04-15 23:14 | ふるさと | Comments(2)
引越しシーズンに思う
b0029488_22513885.jpg

年度替わりの引っ越しシーズンもそろそろ終わりのころ。


・近所のMさんが、娘さんの引っ越しをするということで、台車(キャリアカート)を借りにみえました。

・無事引っ越しを終えられ、台車を返しにみえました。お礼にと、高級なお菓子を持って。


量販店で安く買った台車。たぶん、高級なお菓子の方が高いと思います。なんかヘンな感じですが、引越し先の京都で、わざわざ買ってみえたお菓子です。お心も合わせて、ありがたく頂戴しました。


取引じゃないので、何もなくてもいいし、過分でもいいし・・・。


お世話になるということは、先方への信頼あってのことです。お世話になるという時点で、関係は何もかも完結しているのかもしれませんね。単純な人間としては、頼まれたらうれしいし・・・。(うれしいから何でも引き受けるという意味ではありません。そこは念押し。)

というわけで、住職としては、門徒さんにいろいろお世話になっちゃおうと、勝手に思うわけであります。






.












# by e.wash-r | 2018-04-14 23:05 | 愚考 | Comments(0)
今日のこと
b0029488_22491512.jpg

朝から、勝手・土間・寺務室の片付け掃除。熱中して、昼ごはん食べ損ないました。

空腹でまわる午後のおまいり。どんどん遅れて、帰ってきたのは10時小前。ちょっと疲れました。

夜食か夕食かわからない焼きそばを食べ一息。

“ごちそうさま”をして、「こどもたち、ちゃんと食べているかなあ?」とつぶやいたら、「もっと美味しいもの食べているんじゃない!」と坊守。

それでは、話がおさまらないと思いましたが、疲れているので、机の上の食べ終わった食器を適当にiPhoneで写して、今日は手抜きのlogとします。


ハア






# by e.wash-r | 2018-04-13 22:33 | そらごと、たはごと | Comments(0)