西蔵坊だよりへようこそ    -TopPage-
b0029488_2444687.gif

b0029488_2484350.gif浄土真宗本願寺派森鏡山正蓮寺住職のblogです。
◆ Tashi Delekは、チベット語で「こんにちは」
Tumblr『西蔵坊だよん』へもどうぞ。
 
b0029488_1431509.gif

〓掲示板〓   連絡等にお使いください。

b0029488_1431509.gif

# by e.wash-r | 2018-12-24 20:00 | ■お知らせ・ご案内など■ | Comments(11)
『あしたのジョー』再読

b0029488_01312342.jpg


思うところあって、『あしたのジョー』を読み返してみたくなって、オークションで全巻、格安でゲット。

そんな折、朝ドラの『半分、青い』のなかだったり、某会議の市議会議長さんの挨拶だったりに『あしたのジョー』が出てきて、なんとなくうれしい昭和のおっさんになっています。


マンガを買ってもらえる環境になかったので、「巨人の星」は、近所のKちゃんの家の2階にあったのを読みました。「あしたのジョー」は、親戚の家の階段の下に積んであったのを読みました。

いずれも小学生のころのことだと思うので、内容など理解していなくて、ただ見ていただけだったかもしれません。「あしたのジョー」よりは「巨人の星」のほうが面白かったような記憶です。たぶん、単純に、ボクは、ボクシングより野球のほうが好きだったということくらいのこと。

ただ、あるとき、当時のボクからすると、とってもオトナに見えた大学生のTちゃんたちが、”「巨人の星」より断然「あしたのジョー」だよね”みたいな話をしていて、なんとなく、”やっぱり『あしたのジョー』だよね”みたいに思い込んで今に至っています。


ちょっとまじめに書きます。

『あしたのジョー』を再読しようと思ったのは、下記のような話にであったからです。


【ジョーと力石と試合。ジョーのパンチを顔面に受け、力石は試合後死亡。以降、ジョーは、顔面へのパンチが打てない(いわゆるPTSD)このジョーの、PTSD克服、つまりボクシングへの完全復帰の物語が、『あしたのジョー』。】だとすれば、『あしたのジョー』は、心的ストレスを抱えたものが社会復帰をめざす物語と言える。
昭和という時代は、そういう時代だった。しかし、今は、なんとなくだけど、社会復帰・社会適応が解決ではないと気づきはじめた時代。ボクシングを捨てるというストーリーもありかもしれない。云々。(大意)


こんな視点もあるのかと、もう一度(実は、実質はじめてなのかも)、『あしたのジョー』を読んでみようと思ったわけです。

今、すこしづつ読んでいます。

”ちょっと、まじめに書きます”と大風呂敷を広げましたが、 眠くなったので、以上。

いつかにつづく・・・。


.


# by e.wash-r | 2018-04-20 23:23 | 愚考 | Comments(0)
福満寺さんの花まつり
b0029488_01002559.jpg

4月15日、福満寺さんの花まつりにおまいり。

ご門徒さん方は、前住職さんが植えられた満開の八重桜・枝垂れ桜の下で花見、別当を食べられたあと、おつとめとお聴聞。

福満寺さんは、地域の方々が、みな門徒さん。当たり前のようですが、岐阜の本願寺のお寺では、意外と珍しいことです。

当寺の場合、歩いてまいられる方がほとんどないので、近所から集まってみえる雰囲気をうらやましく思います。


ゆっくりはできなかったのですが、お座のあと、境内でご住職と少し歓談。

ご住職は、動物について非常にお詳しい方です。

春休みには、こどもたちを招いて、境内や裏山に、フクロウとムササビの巣箱をかけられたそうです。現在、センサーをつけて、観察中のムササビの巣箱が、本堂の前の木にかけてありました。

次は夜、懐かしいムササビの鳴き声を聞きにおじゃましたいと思います。






# by e.wash-r | 2018-04-19 23:42 | おまいりにて | Comments(0)
若手と言われる会
b0029488_00131659.jpg
b0029488_00131749.jpg

身の程を思うとき、ふさわしくない場にいるという自覚のなかで、その立場を全うするよう、一応努めています。

朝のおまいりの後から夜のおまいりに遅刻するまで、ほぼ1日、会議と研修。

おばさんが揃うと、会議中だろうが研修中だろうが、どうして状況把握ができないんだろうと思う。うるさいだけじゃなくて下品。みんなじゃないですが。

愚痴っぽいな。ストレスかな。

たそ彼の西の空、きれいでした。






# by e.wash-r | 2018-04-18 23:47 | そらごと、たはごと | Comments(0)
はったい粉ドリンク
b0029488_23283373.jpg


「はったい粉ドリンク」なるものを飲みました。3年前、霧ヶ峰の道路沿いの売店で、「山羊の乳」を飲んだときのような感激。

はったい粉は大麦の粉。

はったい粉を練ったおやつは微かな記憶。はったい粉の落雁・飛騨の『こがらす』は好きなお菓子のひとつ。いずれも香ばしい味。

チベットの主食・ツァンパ、はったい粉をバター茶で練ったものです。記憶では、ボクが食べたツァンパは、ちょっと酸味があったような・・・

【はったい粉ドリンク 200円】の看板を見つけ、即注文。

何故か、お店のお兄さんに尋ねられました。

お兄さん:「飲んだことあるんですか?」
ボク:「飲んだことはないですが、興味があって。」
お兄さん:「はったい粉、ご存知なんですね。」
・・・

お兄さんは、お店のお姉さんと、あーだこーだいいながら、ずいぶん時間をかけて、2人がかりで「はったい粉ドリンク」作ってくださいました。ちょっと不安。

紙コップに、茶色いドロドロの温かい液体。かき回すように割り箸入り。

ボク:「ありがとう。通りを歩きながら飲んでもいいですよね。」
お兄さん:「いいですよ。でも、今飲んでみて。どんな味?」

砂糖が入れてあったので、甘くて香ばしい味。はったい粉たっぷり入っていて、ボリュームありました。

「はったい粉ドリンク」は、ちょっとノスタルジーでした。





# by e.wash-r | 2018-04-17 22:30 | Tibet/西蔵 | Comments(0)
岐阜別院、16日の朝粥
b0029488_22203556.jpg

b0029488_22203702.jpg


S師からご案内、お誘いをいただいたので、岐阜別院の親鸞聖人の月命日のお朝じにおまいり。

総燈明の本堂で、7時より、日没礼讚偈 ・信心獲得章・ご法話。その後、香光殿で、仏教婦人会の方々の朝粥のお接待を受けました。

16日お朝じのこのようなかたちは、昨年の秋からはじまったと聞いています。

他の法要や地域行事の当番、スキー、うっかり忘れていたこと等々が重なり、気にはなっていたのですが、今回がじめておまいりです。

先般の怪文書?には、どちらかと言うと批判的なことが書いてありましたが、はじめておまいりしたボクの感想は◎です。

住職としては、必ずまいるということは微妙なことですが、今回おまいりしてみて、ときどきご門徒さん方を誘おうかな、と思いました。

ひとつ新しいことをはじめるということは、なかなかたいへんなことです。丁寧なお手間入りの賛嘆と他力お聴聞のご縁がイベントとして終わらないように、またおまいりできたらと思いました。

おつとめ、準備、案内の方々に感謝。



# by e.wash-r | 2018-04-16 21:40 | おまいりにて | Comments(0)
同級生
b0029488_23595253.jpg

消水防団の入退団式。

7:30 集合、土嚢作りの練習
9:00 入退団式リハーサル
10:00 入退団式

10:00からご法事なので、いつ抜けるか気にしながらの参加。

まず、水防倉庫の前で、土嚢作りの練習。土嚢袋の縄の縛り方、なかなかおぼえられません。

本部役員をしている同級生のNくんに個別指導してもらって、なんとかなんとか。

その後、小学校のグランドに移動しリハーサル。

そのとき、今年度班長の同級生のHくんが、肩をたたいてきて、「リハーサル始まると抜けにくいから、もうおまいり行ったらいいよ。」と、ありがたい一言。

いつかどこか別の場所で、ボクはボクのできることするしかないかな。


水防団は、今年6月の4回の日曜日、すべて練習・演習です。

また迷惑をかけることになりそうなボクが言うのもいかがなものかと思いますが、水防団・消防団は、仕事の合間の休日、真摯に災害に備えて準備しています。

一応、知らない人にお知らせ。


勝手ながら、同級生はいいね。
youtube見て、しおり結びの練習しときます。



















# by e.wash-r | 2018-04-15 23:14 | ふるさと | Comments(2)
引越しシーズンに思う
b0029488_22513885.jpg

年度替わりの引っ越しシーズンもそろそろ終わりのころ。


・近所のMさんが、娘さんの引っ越しをするということで、台車(キャリアカート)を借りにみえました。

・無事引っ越しを終えられ、台車を返しにみえました。お礼にと、高級なお菓子を持って。


量販店で安く買った台車。たぶん、高級なお菓子の方が高いと思います。なんかヘンな感じですが、引越し先の京都で、わざわざ買ってみえたお菓子です。お心も合わせて、ありがたく頂戴しました。


取引じゃないので、何もなくてもいいし、過分でもいいし・・・。


お世話になるということは、先方への信頼あってのことです。お世話になるという時点で、関係は何もかも完結しているのかもしれませんね。単純な人間としては、頼まれたらうれしいし・・・。(うれしいから何でも引き受けるという意味ではありません。そこは念押し。)

というわけで、住職としては、門徒さんにいろいろお世話になっちゃおうと、勝手に思うわけであります。






.












# by e.wash-r | 2018-04-14 23:05 | 愚考 | Comments(0)
今日のこと
b0029488_22491512.jpg

朝から、勝手・土間・寺務室の片付け掃除。熱中して、昼ごはん食べ損ないました。

空腹でまわる午後のおまいり。どんどん遅れて、帰ってきたのは10時小前。ちょっと疲れました。

夜食か夕食かわからない焼きそばを食べ一息。

“ごちそうさま”をして、「こどもたち、ちゃんと食べているかなあ?」とつぶやいたら、「もっと美味しいもの食べているんじゃない!」と坊守。

それでは、話がおさまらないと思いましたが、疲れているので、机の上の食べ終わった食器を適当にiPhoneで写して、今日は手抜きのlogとします。


ハア






# by e.wash-r | 2018-04-13 22:33 | そらごと、たはごと | Comments(0)
怪しい山菜パーティへ
b0029488_23421357.jpg
荒神窯の煙突
b0029488_23422303.jpg
鮎の皿に山菜等すこしづつ
b0029488_23423181.jpg
天目茶碗談義


T氏より、11日6時から山菜パーティをします、といううれしいご案内をいただきました。

法務があるのであきらめていましたが、その件については、偶然見事に問題なく解決したので、高速を飛ばして勇んで土岐へ。

朝、採ったクレソンは、仲間に入れてもらおうという新参者の供物、貢物みたいなもの。そんなモノなくても、楽しく迎えてくださるのですが、気は心。


ときどきサスペンスドラマに登場するレンガの煙突のA窯さんが会所。えんごろピザ窯をつくっていただいた窯です。

独特のオーラを漂わせる10人の怪物名人集団。ボクの知らない世界の方々です。完全アウエーのボクは、10人に圧倒され、ただただお話を聞き、山菜を食べるのみ。

岐阜テレマーク倶楽部の方々とそっくりな、フィールドワーカーの寡黙な迫力を心地よく受けとりました。みなさん、普通のおっさんですが怪物です。


山菜は、定番のタラ、コシアブラ、フキ、ギボシ等のほか、アケビ、クルミの芽等。ボクの大好きな行者ニンニクも。知らない山菜もたくさんありました。加えて、お好み焼き、美味しいお米のおにぎり、サラミ等もみな手作り。

山菜で空腹を満たせるか、命を繋げられるかといえば、それはちょっと厳しいような気がします。肉や魚、改良された野菜果物の味に勝るのかと言えば、実は、それもそうとは言い切れない部分も。

じゃあ、なぜ山菜がこんなに魅力的なのかと言えば、それはぜんぶが遊びだから。好きな人が好きに楽しむ季節限定の遊びだからです。贅沢この上ないわけです。理屈ですけど、ボクはそう思うわけです。


みなさんが楽しみで採ってきて、楽しみで作った器に盛って、あーだこーだ言いいながら。気の弱いボクは、完全に気後れしていましたが、楽しかったです。みなさんの特技、献身、知性野生に感謝。


いい意味で、魑魅魍魎の世界でした・・・。蛋白編、きのこ編にも呼んでもらいたいなあ。





.





# by e.wash-r | 2018-04-12 00:53 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
本典勉学会201804 安方哲爾先生
b0029488_22461486.jpg

本年2回目、本年度大1回の本典勉学会。ご講師は、安方哲爾先生。

葬儀があり遅刻。4講の2講目から本典信巻の講義を聞きました。最初から聞いていれば、わかったのかと言えば、そんなことはないのですが、途中からだと、先生の声だけが聞こえ、文字だけを追っているという感じ。ぜんぜん頭がはたらかないまま、時間が過ぎました。

いつものことですが、ときどき、コマーシャルのように入れてくださる他力のトピックにうなづくのが精一杯。

先生のことばを断片的に追うノートしかとれませんが、他力について、ボクたちが陥りがちな誤解についてお話ししてくださったことについては、なんとかメモできたと思います。

どうしても顔を出したい寄り合いがあったので、2・3講のあと、4講目を聞かずに早退。重なるときは重なるものです。


午後10時過ぎ、法友から、まだ玉宮町で先生と一献かたむけている、との情報。寄り合い先の土岐から直接、岐阜の街へ。

先生を師と仰ぐU師、O師と先生が、静かに飲んでいらっしゃるところに混ぜていただきました。いろいろお聞きしたかったことも聞け、正直、ヘロヘロに疲れていましたが、いい時間でした。



遅れて居酒屋に入った途端、先生は「髪の毛伸びてますね。」とおっしゃいました。確かに、いつになく伸びています。

ボクとしては、髪の毛を切るタイミングを逸しているだけのことですが、ある意味、見た目がすべて。人間、とりあえずは外観なんですね。話の主題とは別に、ちょっと勉強になりました。


深夜、寺に戻って、坊守と若院に、楽しかったいろいろを話そうと思ったのですが、もう寝るからと、全く相手にされませんでした。



.




# by e.wash-r | 2018-04-11 22:04 | お聴聞 | Comments(0)
一年生
b0029488_03005183.jpg


4月9日、小学校の入学式。

校庭の桜は葉桜でも、体育館はストーブを焚くほどの寒さ。


1年生って、こんなに小さいんだと、毎年、新鮮な思いで見ています。

校長先生、担任の先生、上級生が、それぞれに小さなこどもたちを迎える笑顔。いい雰囲気です。

12人の新入生。30人以上の方々からのお祝いのことばに、けなげに、繰り返し「ありがとうございます。」とお礼を言っていました。

いい入学式でした。


何度も書く私ごとです。

50年前。はっきり覚えているわけではないですが、ボクは、たぶん小学校の入学式があまり楽しくなかったのだと思います。

どこかのタイミンングで、学校を抜け出し、横を流れる伊自良川の堤防を少し上流に歩き、石ころの川原に下りて、水遊びをしました。

寒かった記憶はありませんが、そのときの川の場所と景色は鮮明に憶えています。

どれくらいしてからか、カブに乗った先生が、ボクを迎えにみえました。堤防の上のカブとボクを呼ぶ先生の姿も鮮明に憶えています。

記憶は、先生のカブに後ろに乗って学校に戻るところまで。

そんなことを思い出しながら、小さなこどもたちを見ていると、なんとなくですが、抜け出したいと思っている子はいないかな、という目線にもなってしまいます。

こんなことを書いていて、今さらながら、そのときの先生の気持ちを思っています。

これも何度も書いてきたことですが、「迷惑をかけるな」だけではなく、「迷惑をかけてしか生きられない」ことを伝えるのもオトナの役割かもしれませんね。その通りだし。











# by e.wash-r | 2018-04-10 23:02 | ふるさと | Comments(0)
わらび採り、とか
b0029488_11155120.jpg
b0029488_11155873.jpg
b0029488_11160730.jpg
b0029488_11161471.jpg
b0029488_11162109.jpg
b0029488_11162762.jpg

小学校の入学式。

午後からだったので、午前、ひましているということで、あてもなくネタを探してlogをあげている次第。

昨日は、おまつり。「はなまつり」の日でもありましたが、当地では、多くの在所で「村のおまつり」。そういうわけで、日曜の午後、ひまだったので本堂の掃除をしました。

戸を開けきった本堂から裏山を見ると、もう葉になっているわらびが見えました。

適当に掃除をすませて、裏山へ。

ちょっと遅かったみたい。ワラビもタラの芽もコシアブラ(当寺ではヤマミツバとよんでいます。)も、伸び切ったあとでした。タラの芽とコシアブラはあきらめ、ワラビだけを採取。ほんの一握り、おひたし2回分くらい。

寒の戻りで小寒いですが、雑木林はしっかり新芽を吹いて、鮮やかな新緑のひとつ前の風情になっていました。

畦地梅太郎さんの「山笑う」という春の山を描いた絵があります。

坊守が調べたら、「山笑う」というのは春の季語で、四季それぞれに、

春 山笑う
夏 山滴る
秋 山装う
冬 山眠る

と山を形容するのだそうです。

春 眠い
夏 茹だる
秋 食べる
冬 太る

只今、過去最高体重。なんとかしないとね。

アジャスター付きの礼服の恩恵を受け、午後、入学式に行ってきます。






.




# by e.wash-r | 2018-04-09 11:17 | そらごと、たはごと | Comments(2)
はなまつり
b0029488_23102954.jpg
b0029488_23254312.jpg

今日は、はなまつり。おしゃかさまの誕生日です。

当寺のはなまつりは、5月20日の予定。初参式のこどもたちといっしょにお祝いします。


A地区のはなまつりの甘茶をいただきました。届けてくださったH師に感謝。

おまいりのご門徒さん家にもおすそ分け。ボクも、冷えて一層甘い甘茶、美味しくいただきました。


オマケの『かまたくん』が欲しくて買ったガム。予想以上にリアルな形態の『かまたくん』に感激しています。

はなまつりなので、蓮の花に乗って記念撮影しました。



寒い花冷えのはなまつりです。




.













# by e.wash-r | 2018-04-08 23:31 | 智慧と慈悲 | Comments(0)