越後のご旧跡② -良寛さん 出雲崎へ-
b0029488_173033100.jpg
良寛さん  なんとなく”さん”が似合うお方
b0029488_17312761.jpg
生家橘屋跡に建つ良寛堂「
b0029488_17314477.jpg
出雲崎の海  良寛さんが生まれた村  遠く佐渡
b0029488_17322040.jpg
五合庵 修行の後20年過ごされた庵
b0029488_17323832.jpg
良寛と夕日の丘公園・良寛記念館



良寛さん縁の地をめぐり、良寛記念館へ。ほんの少し良寛さんのお話を聞きました。

 うらを見せ 
 おもてを見せて 
 散るもみじ

 散る桜
 残る桜も
 散る桜

 良寛に
 辞世はあるかと 
 人問はば 
 南無阿弥陀仏と
 いふと答へよ

晩年の良寛さんに寄り添った貞心尼の記述では、上記三句いずれも良寛さんの句ではないとのこと。

学術的にはそうなのでしょうが、良寛さんが口ずさんでいらっしゃったらしいということで、ありがたく頂きたいと思います。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-04-24 23:42 | Photo only | Comments(0)
<< 越後の御旧跡③ -恵信尼さま- 越後のご旧跡① -柿崎 川越の名号- >>