怪しい山菜パーティへ
b0029488_23421357.jpg
荒神窯の煙突
b0029488_23422303.jpg
鮎の皿に山菜等すこしづつ
b0029488_23423181.jpg
天目茶碗談義


T氏より、11日6時から山菜パーティをします、といううれしいご案内をいただきました。

法務があるのであきらめていましたが、その件については、偶然見事に問題なく解決したので、高速を飛ばして勇んで土岐へ。

朝、採ったクレソンは、仲間に入れてもらおうという新参者の供物、貢物みたいなもの。そんなモノなくても、楽しく迎えてくださるのですが、気は心。


ときどきサスペンスドラマに登場するレンガの煙突のA窯さんが会所。えんごろピザ窯をつくっていただいた窯です。

独特のオーラを漂わせる10人の怪物名人集団。ボクの知らない世界の方々です。完全アウエーのボクは、10人に圧倒され、ただただお話を聞き、山菜を食べるのみ。

岐阜テレマーク倶楽部の方々とそっくりな、フィールドワーカーの寡黙な迫力を心地よく受けとりました。みなさん、普通のおっさんですが怪物です。


山菜は、定番のタラ、コシアブラ、フキ、ギボシ等のほか、アケビ、クルミの芽等。ボクの大好きな行者ニンニクも。知らない山菜もたくさんありました。加えて、お好み焼き、美味しいお米のおにぎり、サラミ等もみな手作り。

山菜で空腹を満たせるか、命を繋げられるかといえば、それはちょっと厳しいような気がします。肉や魚、改良された野菜果物の味に勝るのかと言えば、実は、それもそうとは言い切れない部分も。

じゃあ、なぜ山菜がこんなに魅力的なのかと言えば、それはぜんぶが遊びだから。好きな人が好きに楽しむ季節限定の遊びだからです。贅沢この上ないわけです。理屈ですけど、ボクはそう思うわけです。


みなさんが楽しみで採ってきて、楽しみで作った器に盛って、あーだこーだ言いいながら。気の弱いボクは、完全に気後れしていましたが、楽しかったです。みなさんの特技、献身、知性野生に感謝。


いい意味で、魑魅魍魎の世界でした・・・。蛋白編、きのこ編にも呼んでもらいたいなあ。





.





by e.wash-r | 2018-04-12 00:53 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
Commented by s_space_s at 2018-04-13 08:32
クルミの芽って食べられるんですか!
どんな感じの味でしょう。興味津々です。
Commented by e.wash-r at 2018-04-13 12:32
s_space_sさま

天ぷらで、おいしくいただきました。
クセのない味でした。

クルミの芽と聞いていたので、気のせいかもしれませんが、ナッツ類の香ばしさがあったように感じました。

何かをいただくとき、ナッツ類ののような香ばしい感じというのは、ボクの中ではおいし味のひとつなので、おいしかったのだと思います。

現場で、そう表現したら、「そうですか?」と言われたので、思いこみかもしれませんが。

どんな種類のクルミの木の芽なのかはわかりません。タラの芽やコシアブラのような感じで、芽吹いて開きかけのところを採ってきたもののようでした。
<< 今日のこと 本典勉学会201804 安方哲爾先生 >>