はったい粉ドリンク
b0029488_23283373.jpg


「はったい粉ドリンク」なるものを飲みました。3年前、霧ヶ峰の道路沿いの売店で、「山羊の乳」を飲んだときのような感激。

はったい粉は大麦の粉。

はったい粉を練ったおやつは微かな記憶。はったい粉の落雁・飛騨の『こがらす』は好きなお菓子のひとつ。いずれも香ばしい味。

チベットの主食・ツァンパ、はったい粉をバター茶で練ったものです。記憶では、ボクが食べたツァンパは、ちょっと酸味があったような・・・

【はったい粉ドリンク 200円】の看板を見つけ、即注文。

何故か、お店のお兄さんに尋ねられました。

お兄さん:「飲んだことあるんですか?」
ボク:「飲んだことはないですが、興味があって。」
お兄さん:「はったい粉、ご存知なんですね。」
・・・

お兄さんは、お店のお姉さんと、あーだこーだいいながら、ずいぶん時間をかけて、2人がかりで「はったい粉ドリンク」作ってくださいました。ちょっと不安。

紙コップに、茶色いドロドロの温かい液体。かき回すように割り箸入り。

ボク:「ありがとう。通りを歩きながら飲んでもいいですよね。」
お兄さん:「いいですよ。でも、今飲んでみて。どんな味?」

砂糖が入れてあったので、甘くて香ばしい味。はったい粉たっぷり入っていて、ボリュームありました。

「はったい粉ドリンク」は、ちょっとノスタルジーでした。





by e.wash-r | 2018-04-17 22:30 | Tibet/西蔵 | Comments(0)
<< 若手と言われる会 岐阜別院、16日の朝粥 >>