花折り
b0029488_04414784.jpg
20年以上おまいりを続けていて、ようやくというか、やっというか、お仏壇の花やお供え、床の軸や花の設い、いただくお茶やお菓子のことが気になるようになりました。

ちょっとですけど。そこに至るまで、どんなふうだったんだろう?というようなこと。

おおげさなことではなく、お菓子に買いに行かれるすがたとか、花を生けておられる様子とかを、想像したりみたいな。


ほとんど毎月、カサブランカが大胆にどーんと生けてあるT家のお仏壇。今月は、艶やかにどーんと芍薬でした。隣の庭の芍薬がきれいだったので、もらってこられたのだそうです。


ボクたち坊主が座るのは、お荘厳と諸々の準備が整った仏間。当たり前の世界のようですが、当家の方々は、随分手間をかけてこられたんだろうなと思うわけです。丁寧にだったり、慌ててだったり・・・。


(面倒くさいけど)贅沢な時間なんですよね。おじょうはん、おすすめします。






.











by e.wash-r | 2018-05-15 23:54 | おまいりにて | Comments(0)
<< 岐阜別院16日のおあさじ 2018美濃四十八座 妙徳寺真... >>