ロープワーク
b0029488_02485652.jpg
見えませんが、土のうはしおり結び
b0029488_02502407.jpg
桐箱の真田紐
b0029488_02493703.jpg
軸の紐
b0029488_02500234.jpg
修多羅
b0029488_02494635.jpg
輪袈裟の威儀
b0029488_02500843.jpg
水引 あわじむすび
b0029488_02501620.jpg
念珠の編み
b0029488_02495419.jpg
普通に風呂敷の結び


水防団の訓練。今回も土嚢作りの練習のあと、9:05に早退。

来週は欠席、再来週は、調整できれば、また顔だけ出すことができるかもしれません。みなさんには、ほんとうに「ご苦労様です。」「申し訳ありません。」です。

土嚢の結び方の「枝折り結び」がどうも不安なので、夜、ネットで調べ練習してみました。何度やっても緩むような気がします。どこかで間違っているのかもしれません。

練習では、命綱の結び方、竹を束ねる結び方等々の説明もありました。


さりげなく、ロープを自在に扱える、場に応じた機能的な結びができる、というのはカッコいいと思い、思わずネットサーフィン。関連して「桐箱の真田紐の結び方」や「軸の紐の結び方」等々、ちょっと勉強してみました。


思えば、ロープに限らず、普段様々な結びに囲まれているなと思い、気のつくままに適当に選んで写真撮影。ネタ作り。

やれやれという安堵感の日曜の夜のお遊びです。








by e.wash-r | 2018-06-10 23:57 | 溺レル | Comments(2)
Commented by 帰雲山荘のえんちゃん at 2018-06-11 22:06 x
しおり結びって、むずかしいですね。来週、再来週と水防の大会ですね。そのほかのロープワーク、さっとできるとかっこいいですね。
Commented by e.wash-r at 2018-06-12 07:33
再来週、堤防で会えるかも。

雨の季節、練習だけで、本番がないことを願うばかりです。

なかなか山小屋に行けません。行きたいところが多すぎて、というのが実情です。


帰雲山荘のえんちゃんさま
<< 六月のお茶 土曜日の日記 >>