水防演習
b0029488_03115984.jpg
b0029488_03115341.jpg

水防団三年目にしてはじめて、岐阜市水防演習に参加。無理して参加しても”お寺ヒマなの?”としかならないところが辛いところ。

雨の予想が一転快晴。分刻みに組まれたスケジュール通り、炎天下の長良川右岸の4時間は、さすがに堪えました。

雑感箇条書き。

・兵士の気持ちを想像し、アタリマエのこととして災害起きてほしくないなあと思いました。
・各分団による十数種類に及ぶ工法の完成した美しい形を見て、水防という文化だと思いました。
・消防団時代の先輩後輩との同窓会のような感じ。
・河川調査をした大学時代の同研究室のEくん・Kくんと再会。やっぱりフィールドワーカー。
・日焼けした唇が痛い。


毎回真摯に役を果たしている方々に、頭が下がります。いつも早退・欠席でほんとうに申し訳ないと思いました。

夜、同じく水防演習に参加していたYちゃん家のおじょうはん。Yちゃん曰く「この疲れ、明日まで残るよね。」。
同感というか実感。



.


by e.wash-r | 2018-06-24 23:42 | ふるさと | Comments(2)
Commented by 帰雲山荘のえんちゃん at 2018-06-26 21:56 x
お疲れさまでした。来年から工法が変わるのでいろいろ大変ですね。また、木田は来年、北部13団の当番団なので大変です。お互い頑張りましょう。
Commented by e.wash-r at 2018-06-27 03:25
日曜日4連チャンは辛いなあ。日曜日は、ほとんど務めがあるので。

でも、貴重な休みが4連チャンで水防というのも辛いですよね。

来年も、北部か市のどちらか一方には参加したいと思っています。

お疲れさまでした。


帰雲山荘のえんちゃんさま

<< ほやほやのほや ニョロニョロ >>