岐阜別院、16日のおあさじへ
b0029488_23240883.jpg
b0029488_23242710.jpg
b0029488_23243439.jpg
b0029488_23244017.jpg
8/16分

15日の盂蘭盆会をおつとめしたら、勝手に、ちょっとのんびりするつもりでいました。

16日の別院のおあさじに、おまいりしないつもりでいましたが、結局、朝粥につられておまいり。厳かな晨朝礼賛のおつとめにあい、約仏の有り難いご法話をお聴聞。

ボクは、盂蘭盆会をつとめたあとの、ホッとしてのおまいりでしたが、いつもおまいりのS寺Sご住職と若さんは、これから今日明日と自坊の盂蘭盆会というなかでのおまいり。おつとめのあと、急いで自坊へ帰っていかれました。頭が下がります。


別院は、いわゆるお盆のお荘厳。余間には歴代ご門主の御影が奉懸され、そうめんがお供えされていました。例年、8/10~16は、このようなお荘厳なのだそうです。来年は、是非、8/10~16の間にも御参りを。


もうひとつ、どうしても今回のおまいりをして、言わずにはいられないこと。

三重よりお越しのO師のご法話がありがたかったです。

「あみださまがごいっしょ」と「あみださまといっしょ」というふたつの言い方の違いから、あみださまとわたしの関係において、「すべてはあみださまのおはたらきである」「主語・主体は、かならずあみださまである」というお話。

最近、一部とはいえ、法話のなかで『「わたし」を述べる』ことを旨とし是とする風潮があるように感じていたボクとしては、ほんとうに心地よいお話でした。

世事・余言は、私ごとばかりですが、ご法話は、”やっぱり阿弥陀さん”、ほとけさまのおはなしですよね。


よろこびと、ちょっと怒りを込めて、あえて記す。


.


by e.wash-r | 2018-08-16 22:39 | おまいりにて | Comments(0)
<< 本願寺の亀甲灯籠(切子灯籠) 雨の盂蘭盆会 >>