如月忌
坊守が、縁あって(ほんとうに、降って湧いたようなご縁があって、突然、よろこんで)、京都本願寺の如月忌にお参りしてきました。

満堂のお参りだったそうです。

如月忌とは。

 2月7日は明治の終わりから昭和の初めにかけ、宗門の女子高等教育の発展や緊急時の救済活動など社会福祉事業に努められ、今日の仏教婦人会活動の礎を築かれた九條武子さま(1887-1928)の祥月命日です。本願寺ではこの日を「如月忌」と称し武子さまのご遺徳を偲んでおります。
 本年も仏教婦人会総連盟(中島純子会長)の主催で午後2時15分から本山・総御堂で法要が営なまれ、全国各地からの仏教婦人会の会員等およそ1400名が参拝、武子さまのご遺徳を偲びました。
                    -本願寺HPより-


b0029488_233269.jpg
b0029488_23322020.jpg


写真で見る限り、男ひとりでお参りするには、ちょっと勇気がいりそうな雰囲気です。



exblogの機能がよくなり、フォントのカラーとサイズを簡単に変えられるようになりました。
 早速お試し。でも、色や大きさを変えすぎるとあんまり品がよくないですね。






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2007-02-07 23:37 | おまいりにて | Comments(0)
<< 手縫いの小五条袈裟 不夜城 >>