勉強机はみかん箱
午後、またしても心の臓が乱れました。

苦しんでいるところへ、繋ぎっぱなしになっていたPCからSkypeのコール。S師から、C寺正信偈講座お聴聞のお誘いです。

今日は、ちょっとご無礼したいとお伝えしましたが、家で苦しんでいても症状がよくなるわけでもないので、無理して出かけることにしました。そのうち治まるだろうと思っていましたが、いっこうに回復せず、なんとか講義を受けたものの、集中力0。

今までの3時間の苦しさはなんだったの?という感じで、講義終了20分くらい前にフッと楽になりました。最後、人間の虚飾ということについて、なんとか譲西賢先生のお話しの一部を聞くことができました。 詳細は→正尊寺・住職雑記

b0029488_0552840.jpg


午前の法事のあとの席で、相変わらず鋭い切り口のOさんの格言。
「金持ちと貧乏人の違いは、ふぐを食うかサンマを食うかの違いで、ウマイという満足にかわりはないんじゃないの。」

実に明快!と納得して家に帰ると、こたつの横に「机らしきモノ」。
次女のSちゃんが、ゴミ箱をふたつ並べ、雑誌とマンガで高さ調節をして、アイロン台を水平に乗せ、勉強机にしていました。

「みかん箱の机で勉強したもんだ。」などという昔話を聞いたことがありますが、Sちゃんもいい勝負。

木製の「みかん箱」。もう幻の風物だなあ。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2007-02-25 00:57 | そらごと、たはごと | Comments(4)
Commented by namo at 2007-02-25 09:22 x
あるテレビによると 個室で勉強するより
リビングで勉強する方が 集中力が増すと
放送していました。
雑音の中で 集中できれば・・・
痛みの中に 喜びがあるのでしょうが
どうぞ お大事に ・・・・・
Commented by e.wash-r at 2007-02-26 02:51
骨折しても、毎日本願寺のおあさじにおまいりされ、お聴聞を重ねてみえたnamoさまのことを、意識して出かけました。
動機が不純でも、それもいいかと思って。

思い通りに動いてくれない心臓というのは、実にもどかしいものです。
元気です。お心遣いありがとうございます。

namoさま
Commented by namo at 2007-02-26 12:26 x
忘れてました。骨折したことが あったのでしたね。
身をこにはできてませんが 骨をくだきては 
体験したのでしたね。 思いだしました。
あの時は 痛かったです。
喉元すぎれば 痛さを忘れるですね。
いや 熱さをでした。
Commented by e.wash-r at 2007-02-27 01:16
"熱"ですよね。

おたがい、冷えてしまったら、誰かからもらいましょう。


記憶からもいただいております。

namoさま
<< 2月日曜学校(キッズサンガ) ... 紅白饅頭 >>