2005年 04月 01日 ( 1 )
面従腹背 -『腹』について-
b0029488_20531534.jpg

「面従腹背」ということばを教わりました。

「表面では服従するように見せかけて、内心では反抗すること。」
「うわべは従順にみせかけ、内心では従わないこと。」
だそうです。


「腹づもり」
「腹を割る」
「腹をくくる」 
「腹」には重い意味がありそうです。


「腹いせ」
「腹黒い」
「腹が立つ」
あんまりいい意味ばかりでもなさそうです。


「太っ腹」
「朝っ腹」
「自腹」
「裏腹」
まだまだあります。

「腹」の文字を使った仏教語は、あんまり聞いたことがありません。重い意味にしろ、悪い意味にしろ、娑婆の我が腹のことですから、当たり前のことかも知れません。世の中、いろんな『腹』が渦巻いていますが、確かなのは、「空腹」だけかも知れません。

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-04-01 12:27 | そらごと、たはごと | Comments(0)