2005年 04月 07日 ( 1 )
我が心石にあらず -お墓について-
b0029488_1412354.jpg最近、立て続けにお墓についての質問を受けました。

テレビで「細木数子」さんという人が、お墓について、いろいろおっしゃったことがが理由みたいです。

聞いた話ですので、不正確かも知れませんが、
「お墓に建立者を刻む場合、女はよろしくない。」
「お墓に家紋を刻むのはよろしくない。」
というようなことをおっしゃったとか。

気にすること、こだわることではないと思うんですが・・・。
手を合わせることが大事なんですから。
15~6年くらい前、雑誌で、石材やさんが墓標のコピーを懸賞公募しているのを発見しました。興味本位で応募し、落選したボクのコピーです。

-去れど、我が心石にあらず-

ボクは途中で読むの挫折しましたが、自分の主義・主張を貫くなかで、社会的には敗北していく姿を描いた高橋和己の『我が心石にあらず』という小説があります。

『我が心石にあらず 轉(てんず)べからざるなり』
(わが心は石ではないので 転ばして変える事はできない)

古代中国の歌謡を集めた「詩経」の中の1編で、確固たる信念をあらわすことばだそうです。

石は転がり動くもの。墓石だって時と場合によっては傾きます。
その転がる石が、動(ゆる)がぬ仏の慈悲となるみ教えです。
今は安心して転がり続けましょう。              ・・・・・  Like a rolling stone?

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-04-07 12:27 | 智慧と慈悲 | Comments(0)