2008年 10月 29日 ( 1 )
生活者の視点 -牛乳パックの丸い切れ込みとトイレのマーク-
b0029488_293983.jpg

自主的な取り組みのようですが、牛乳パックの上部には丸い切り込みが入っています。
(入っていないものもあります。)

触覚で、牛乳パックを特定することができるようにと考えられたものだそうです。例えば、視覚に障害のある方が、紙パックの中身を知りたいと思った場合等、かなり有用な意匠です。

完成度の高い公共の規格になり得るかどうかは別問題として、生活者の現場で、フィールドワークを通じて生まれたものであることはまちがいないと思います。





b0029488_332151.gif一方、全く生活者の視点を持たない、頭でっかちの論理のみが暴走してしまったトホホな例。


大府市では、男女差別につながるという理由で、トイレのマークの色とかたちを統一し、男女の違いは文字のみで表記しているそうです。

迷う人も多く、見直しを検討しているとか。



実際やってみて問題点に気づいたのだから、理屈を言っただけの人よりはいいのかも。




← CHUNICHI Web より





数年前、岐阜別院で「男女共同参画」についての研修を受けました。

その時、やはりトイレのマークの話が出て、『女がスカートというデザインの発想はオカシイ。男が青で女が赤という固定的な色分けは、偏見と差別に通ずる云々。』というものでした。

男女共同参画とどう関係しているのか全く不明、そもそも男女共同参画ということも、差別に繋がるという論理も意味不明、さらに、なんでお寺でこんな話を聞かなければならないのか意図不明、でした。

研修の後、「男女共同参画って、一種の流行でしょ。何年かしたら、たぶんまた新しい流行ができているんだから。その時まで期間限定でガンバルという気にはなれないなあ。」とつぶやいたら、坊守の権利を主張する方々から、キッと睨まれたのを思い出します。





仏教の緻密な論理は、わたしという現場から生まれ、そのわたしのためのにあると思うのです。仏教の論理で、現場をつくるというのはどうなんでしょうね。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-10-29 01:09 | そらごと、たはごと | Comments(0)