2012年 05月 29日 ( 1 )
おじょうはん(月忌)
b0029488_1415087.jpg


祖母の月命日。D寺のご院さんがおじょうはん(月忌のおつとめ)をつとめてくださいました。

父母は病院へ、坊守は児童館へ、おつとめだけして急いで出かけていきました。ボクは、ご院さんとゆっくり歓談。


50年以上前、D寺ご院さんが20代で住職を継がれたばかりのころ、当寺の前々住職(ボクの祖父)からたしなめられたことがあったそうです。

「法衣の袖から肌着(シャツの袖)がみえるのはみっともない。法衣の裾から股引(ももひき)がみえるのはもってのほか。気をつけなさい。」と。以来、ずっと気をつけていらっしゃるのだそうです。

ボクも、法衣の袖や裾から下着がのぞかないように、また透けて見えないように割と気をつけています。ボクは祖父から直接そのようなことを聞いた記憶はありません。どうやって伝わったんだろう?


D寺の前々住職も厳しい方だったそうです。ご門徒に次のようなことをおっしゃったそうです。

「ご院さんは、縁や玄関で正座して丁寧に迎えなさい。おじいさんが来たと思うからいけない。お経さまが来てくださったと迎えなさい。ご院さんがえらい(立派な)わけではない。」


たしなみには、その向こうにほとけさまがいらっしゃるということなんでしょうね。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-05-29 23:59 | おまいりにて | Comments(2)