2012年 06月 21日 ( 1 )
墓標
b0029488_1511085.jpg


土葬の習慣があった当地では、葬儀のときのご院さんの役割として、親族の前で「墓標を書くこと」がありました。大勢の方々の視線の中で、「墓標を書くこと」はもっともイヤなつとめでした。

最近は火葬がほとんどです。埋葬しないので、墓標を立てることもなくなりました。墓標の役割が、埋葬した場所の印だからです。

ところが、火葬になっても、土葬のころに倣ってお骨の一部を埋葬し、墓標を立てるのが習慣になっているところもあります。葬儀のあと、落ち着いて納骨し墓標を立てられることが多いです。


亡くなられたTさんの息子さんとお嫁さんが、立派な墓標をお寺にもってみえました。お骨の一部を昔からの土葬の墓地に納め、墓標を立てることになさったそうです。

先ほど、墓標を書きました。

字がうまかったらなあ・・・・・・・・・。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-21 23:50 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(4)