2018年 03月 18日 ( 1 )
彼岸の入り 2018春
b0029488_18132941.jpg
b0029488_18132039.jpg
b0029488_18131161.jpg
b0029488_18133959.jpg

今年のお彼岸のお中日は3月21日なので、たぶん、今日(18日)が「お彼岸の入り」ということでいいと思います。

昨日、『新聞に「お彼岸の入り」と書いてあったから。』といって、おまいりにみえた方があり、ちょっと不安。

日が暮れかけて、ようやくお彼岸のお荘厳が整いました。春は、個人的にはお気に入りの古い金のシンプルな打敷。山門脇は六金色の幕と椿がきれいです。

朝には整っていないといけないのかもしれませんが、いつもギリギリなのは正蓮寺流。というかボクの裁量。

すべて整ったわけではないので、あとは、彼岸会に向けてぼちぼち。

境内・墓地の草刈りをするかどうか迷うところ。明日から天気が崩れるとのいことなので、チャンスは明日の午前のみ。正直ちょっと厳しい。

気温が低めなら、草はそれほど伸びないかもしれないし、雨が降ったら、生えはじめの草なので目立たないような気もするし・・・。裁量労働なので、なんとなく、朝から雨が降っていることを望んでいます。


春はちゃんと巡ってくるのに、ボクの方は相変わらずの気まぐれです。住職継職して20年、少しまじめになったような気はするのですが。






by e.wash-r | 2018-03-18 18:14 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)