2018年 10月 11日 ( 1 )
先先代の話を聞きました。
b0029488_11122882.jpg

ご門徒さんから、先先代の話を聞きました。

「ご院さん(先先代)に、お坊さんのたいへんなところはなんですか?と尋ねたら、おまいり先で出されたものをきれいにいただくこと、とおっしゃっいました。胃腸が丈夫でないので辛い、と。

ボク自身、こどものころ、厳しい躾を受けたという実感を持っていませんが、“きれいにいただく”ということは、確かに常に言われていました。

昔は、おじょうはん(月忌まいり)もお取り越しも食事をいただくのが常だったと聞いています。


M家おじょうはん。毎回、山盛りの果物。Mさんの懇念です。

「食べきれないので、減らしてください。」とお願いするのですが、「若いから、だいじょうぶ、だいじょうぶ。」と言われ、食べ続けて17年目、約200食。

昔より量が減ったとはいえ、それ以上に、ボクはもう若くありません。がんばります。

翻って、飽食と飢餓の娑婆、食の分配って難しいことですね。




by e.wash-r | 2018-10-11 23:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)