2019年 03月 09日 ( 1 )
執着
b0029488_05225904.jpg

入試、合格発表の時節です。

ボクが大学受入試や就職試験を受けた頃、試験によく出るキーワードのひとつに「アイデンティティ」があったように思います。

あなたらしさ、ボクらしさ、くらいに受け止めています。

人それぞれが持っている雰囲気、言葉遣いとか、仕草とか、思想とか、人間関係とか、服装とか、こだわりとか・・・

なので、「アイデンティティの確立」という使い方は、なんとなく苦手です。


祖母には、専用のごはん茶碗がありました。染付けの柔らかみのある少し大きめの深い茶碗でした。

いつから使っていたのか、独特の使い込んだ雰囲気があり、欠けやヒビもあったように思います。

その茶碗イコール祖母でした。こういうトレードマークを、アイデンティティといってもいいように思います。私釈です。

仏教では、分別、執着は迷いの因と考えます。そういう意味では、アイデンティティもトレードマークも、むしろ離れるべきものというのが、仏教の考え方なのかもしれません。

こだわりに魅力を感じるボクとしては、つくづく娑婆の身を痛感するしだい。

帰宅すると、机の上に、随分前に買ったままで使っていなかったボク専用のごはん茶碗とひとり分の食事の準備がしてありました。

祖母のことを思い出しながら、夕食を食べました。








by e.wash-r | 2019-03-09 23:02 | そらごと、たはごと | Comments(0)