カテゴリ:そらごと、たはごと( 938 )
読書の秋?
b0029488_00295649.jpg

b0029488_00295776.jpg

将軍さまが、あるカテゴリーの本を探している、とおっしゃるので古本屋さんへ。


なんとなく100円コーナーの本棚を見ていて、買ってしまった本。たぶん、いずれも既読。

彼らの流儀  沢木耕太郎
スローカーブをもう一球  山際淳司
その日の前に  重松清


そんな気分で帰宅して、なんとなくこどもの部屋の本棚をのぞいて、持ってきた本。

百億の昼と千億の夜  光瀬龍・萩尾望都
夏の庭  湯本香樹実


読み返そうと思ったのですが、本棚に見当たらなくてAmazonで注文した本。

日本の川を旅する  野田知佑


買っただけで読んでいない本がいっぱいあるのに、内容は忘れてしまったけど、また、手もとに置いた数冊の本。なんとなく偏りがあるな、と思いつつ・・・

ほとんど短編集だし、秋なので、なんとかつまみ読みならできそう?


同じ本を読み返す、というのは、人生の黄昏かな、とも思いましたが、好きな映画は何度も観ることがあるし、音楽などは、基本繰り返し聞くし・・・

そもそも、お経においては、毎日繰り返し何度も読んでいるわけで・・・


ともあれ、老眼鏡必須の食欲の秋です。

by e.wash-r | 2019-08-23 23:43 | そらごと、たはごと | Comments(0)
夏、あれこれ
b0029488_23513723.jpg
高温の注意報が出るなか、野焼き。

きれいでした。

村役の野焼きの話は聞いていないので、たぶん、行政の仕事。ヘリコプターが上を旋回して帰って行きましたが、連携不足かな?


b0029488_23521987.jpg
お遷座のおつとめ。

一人暮らしのおばあちゃん、娘さんの住む沖縄へ越されるのだそうです。

沖縄の娘さんが、スマホの写真を見せてくださって、「こちらでお世話になろうと思うのですが、間違ってませんよね。」と。

娘さん、おばあちゃんの代わりにお寺のおとりもちにきてくださっていたのですが、沖縄からだったそうです。

岐阜は暑いとおっしゃってました。


b0029488_23532156.jpg
b0029488_23532299.jpg
午後3時、Mモータースさんで、車の部品交換。

その時間に、その近辺3軒のご門徒さんに、お盆の新聞を配りました。暑いし、歩くと意外と遠いし、ヘロヘロ。

変に時間を有効に使おうなどと考えないで、部品交換終わってから、車で回るべきでした。

途中、自転車でポスター貼りをして回ってみえるSさんに遭遇。

8月16日 ・金  午前10時
東海テレビ  スイッチ
“黒野城下町”  放映予定

だそうです。録画予約完了。

徹底したフィールドワークで地道に郷土史研究を続けておられるSさん。敬服しています。

猛暑のなか、軽やかに走っていかれるSさんはカッコいいと思いました。


b0029488_00004227.jpg
法衣のつとめ(おまいり)と私服のお役を入れ替わり立ち替わり。

私服のつとめ先で法衣に着替えおまいりに。

草履忘れました。

車の中にあったゴム草履で代用。見た目以上に、足袋での履き心地に違和感ありました。






by e.wash-r | 2019-08-10 22:58 | そらごと、たはごと | Comments(0)
愚痴です
b0029488_23585059.jpg

b0029488_23585161.jpg

疲労回復しないのは暑さのせい。
膝の痛みは歳のせい。
指や首が痒くてたまらないのは蜂のせい。

今日は7時過ぎには帰宅したのですが、坊守、組の子ども会のクラフトの準備中で、当分、夕食はおあずけ。

得意のなんでも人のせい。


愚痴です。

夏休み前に、

8/1〜2  当寺お泊まり会
8/9  当寺夏休みこどもの日①
8/20 当寺夏休みこどもの日②
8/6 組の「夏季別院参拝と工作ラリー」

の各案内を、過去のお泊まり会参加者・全門徒・地域の子どもたちに配布しました。

申し込みは、

お泊まり会 51人
こどもの日① 19人
こどもの日② 11人
組「別院参拝と工作ラリー」2人

組の「別院参拝と工作ラリー」だけ、繰り返し誘ったのですが、この状況です。

組内30ヶ寺の参加合計は15人だそうです。(幼児4人、小学生11人、全て役員5ヶ寺から)

“数の問題ではない”、のかもしれませんが、組のことについては、問題あり、と痛感。


夏休みは、キッズサンガの季節。
お寺がこどもに何かできるとき。


でもね、バランスというのがあると思うんです。大切だと思うなら、なおさら。

各お寺は、必死で自坊の子ども行事を企画しているというのが実状。綱渡りなんです。

危機感と焦りのなか、なんとかしないと、という絞り出すような住職・坊守のわずかな矜持と、せっかくなら楽しもう、という微熱。そんなところで成り立っているのが、夏休みのお寺だと思うのです。泥臭い動きなんです。

例えば、8月、お盆前に限定して、法友のお寺のキッズサンガ・こども行事は下記の通り。(7月もいっぱいでした。)


1日、2日 当正蓮寺キッズサンガお泊まり会
3日 土曜日
4日 日曜日
6日、7日 専宗寺キッズサンガお泊まり会
7日、8日 正尊寺キッズサンガお泊まり会
8日、9日 超宗寺キッズサンガお泊まり会
9日 当正蓮寺キッズサンガこどもの日
10日 土曜日

夏のキッズサンガ、通称カレーロードは、主催はあくまでお寺ですが、お互い助け合っての開催です。

みんな身体削って、やるからには、楽しんでます。

そこへ、この6日、組の「別院参拝と工作ラリー」。

対象は?
なぜこの時期?
コンセプトは?

複雑な気持ちです。

組織維持のための組織・活動に陥らないためにも、坊守には、2人の参加者のために、無理してでも尽力してほしいと思います。

ボクは、葬儀の合間に覗くつもり。

その上で、嫌われても、思いー伝えようと思っています・・・

やめた方がいいかな?






















by e.wash-r | 2019-08-05 23:36 | そらごと、たはごと | Comments(0)
眠れぬ夜
b0029488_14314351.jpeg
b0029488_14234316.jpg

今週、2回も徹夜をしました。

夏休みを控え、あれやこれや、もうわけのわからない日程になっているので、ボクがやらないとおさまらないシゴトを夜中にゴソゴソやっていたら、鳥のさえずりが聞こえてきた、というような状況。

例年に比べ、日照がなく、湿度が高いものの比較的涼しい日々。

それでも、鳥に続いて、ニイニイゼミが鳴き出し、夏を痛感しています。

クーラーが壊れ、新設が26日まで無理と言われている当家としては、もうすこし朱夏の日差しは遠慮したいところです。



by e.wash-r | 2019-07-16 23:07 | そらごと、たはごと | Comments(0)
この壺何でしょうか?
b0029488_00361873.jpg


改装中のこどもたちの部屋のキッチンパネルを求めて、夜中にふらっと出かけました。

そこで見かけたきれいなふたつの壺。蓋つき。

坊守は、茶壺じゃないかと言っています。蓋を外して花入れにするそうです。

ボクは、骨壷じゃないかと思っています。

どなたか、これが何かわかる方いらっしゃいませんか?

直径:約15cm、高さ:約35cm、口:約5cm。大きさがわかるように紙コップを並べてあります。





by e.wash-r | 2019-07-14 23:22 | そらごと、たはごと | Comments(0)
ヤバイ
b0029488_23202610.jpg

b0029488_23202760.jpg


おまいりの合間でしたが、暑いので、短パンとポロ、門徒式章で、浄妙寺真宗講座のお聴聞。

ふと見たら、靴下が左右違っていました。


Y家おじょうはん 。お仏壇の前に座って、なんとなく違和感。

輪袈裟の上に小五条袈裟つけてました。


ひとつだけなら、こんなことにはならないはず。

分別智といえばそうなんですが、老化ですね。







by e.wash-r | 2019-07-07 23:06 | そらごと、たはごと | Comments(0)
『今日も嫌がらせ弁当』
b0029488_17033797.jpg


『今日も嫌がらせ弁当』を観ました。久しぶりに観た怪獣や恐竜の出ない映画。(「おに」は出てきましたが。)

監督の塚本連平さんが、当寺創建と深い関係にある塚本氏一族とのご案内をいただいたので、早速レイトショーへ。

奥さま不在で寂しそうな?S師もお誘いしました。

面白かったです。


テーマは家族というか親子。正直なところ、苦手な分野。若者流に言えば、ウザい、というか。

でも、その辺りを絶妙に描いていて、心地よく観ました。楽しかったです。

印象的だったのは、

八丈島というロケーション
くりかえされる「いただきます」と手を合わせるシーン
お母さん(篠原涼子)のビビットな衣装
等々

(ネタバレ注意)
とってもいい映画でしたが、ボクの感性であえて言うなら、最後の弁当は、オムライスが良かったなあ、と思いました。


ところで、当家長女と長男は、ムッチャクチャ仲が悪い、です。犬猿の仲。

その長男が、あるときその長女の話をしました。「ゆきねえって、ひとりで『いただきます。』って手を合わせてごはん食べてるイメージあるよね。」と。

あるある、と思いながら、長男もそれなりにちゃんと姉のこと見てるんだ、と、少し親バカに陥りました。

「いただきます。」と手を合わせるすがたは、「いのち」をいただくとかそういう話じゃなくて、うまく言えませんが、家族のようなものの心象風景なんじゃないかなあ、と思います。

ウザいってこういうことかな。








by e.wash-r | 2019-07-02 23:26 | そらごと、たはごと | Comments(0)
終活もどき
b0029488_22143237.jpg

”醤油マーチ”こと、日産マーチK12が、車検を迎えました。

走行距離16万kmにして、今まで、故障トラブルがまったくなし。次の車検までには20万km達成できそうです。

Mモータースさんに車検をお願いし、お預けしてすぐ、心配の電話。「ご院さん、車検受けますか?ミッションの異音等、けっこう限界かも。」と。

でも、愛着もあるし、道具として快適だし、何か乗りたいクルマがあるわけじゃないし・・・、ということで、迷わず車検を受けることにしました。車検後、すぐ止まってもやむなし、いけるところまで乗る、ということで。

そんな経緯で、車検から帰ってきたマーチ。CVTの異音が気になるといえば気になりますが、快調に働いてくれていました。が、1月も経たないうちに、変な振動がはじまりました。

エンジンなら問題がわかれば対処できそうですが、CVTならアウト。まさか1月で、という思いで、Mモータースさんへ。とにかく調べてみます、とMモータースさん。

結果は、まさかのタイヤの変形。タイヤ交換で問題解決。

とりあえず、マーチ快調です。


執着がある限り、巷で話題の現実的な終活はできないと思いました。



.




by e.wash-r | 2019-06-29 22:17 | そらごと、たはごと | Comments(0)
少しは余裕があるみたい
b0029488_17101350.jpg

少し時間が空きました。

車庫の掃除後、粗大ゴミ出し。
曽我屋の自己搬入施設へ。

続いて、正尊寺さんに置きっ放しの荷物運び。
ピザ窯、クーラーbox、屋外テーブル等々。

正尊寺さんを出て、ガソリンの残量がないことに気づきました。

いつから走行可能距離「0」になったのかわかりませんが、多分大丈夫だろうと思って、地元のスタンドまで走りました。

7kmくらいは走ったと思います。

最低そのくらいの余裕があることがわかりました。

自己責任で。


by e.wash-r | 2019-06-26 16:59 | そらごと、たはごと | Comments(0)
父の日
b0029488_10444449.jpg
b0029488_10460097.jpg
b0029488_10444686.jpg
b0029488_10451414.jpg


黄鐘会を終え、ヘトヘトになっているところに、父の日の贈り物が届きました。

国産高級にんにく
路地もののベビーコーンときゅうり
超大玉のタマネギ
花束

父の健康を案じてか、経済的困窮を憂いてか、ありがたいことです。

親(さま)のたとえは置いておいて、これからは、わがままに、老体一式こどもたちにお世話になっちゃおうと思ったりして・・・


ありがとう


by e.wash-r | 2019-06-19 23:28 | そらごと、たはごと | Comments(0)