カテゴリ:遊びをせんとや生れけむ( 671 )
秋霖 ー障子の張替えー
b0029488_18353823.jpg
b0029488_18354921.jpg
b0029488_18360338.jpg
b0029488_18362281.jpg
b0029488_18363072.jpg

秋の長雨。晴れ間がありません。

こどものころの梅雨は、こんな雨の降り方だったような気がします。境内にはところどころに水たまりができて、イモリとかがうじゃうじゃいました。何十年も手を加えていない境内だったんだと思います。

湿っぽい障子張り替え日和。

彼岸会が近づいてきたので、夏のこどもたちの餌食になって彼方此方破れた庫裏の障子を張り替えました。とりあえず8枚。

慣れた頃に作業終了。よく乾いたら、端を切りそろえようと思います。


濡らして障子を剥がすときの染みがきれいでした。



.

by e.wash-r | 2018-09-15 18:36 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
実りの秋のはず
b0029488_01164731.jpg
昨日、裏山で拾った無患子の実と山柿。
風に煽られ、道半ばで落ちたものです。
無患子の実は、もう殆ど枝に残っていません。
今年は、念珠作り無理かも。

b0029488_01170511.jpg
境内で拾った恨めしの銀杏。
半分くらい拾ってペール缶2缶。
銀杏の皮むきは、したくない仕事のひとつ。

b0029488_01170061.jpg
昨夜からの雨で、もみじと椿の根元に生えてきたナゾのきのこ。
美味しそうではあります。
坊守が、きのこに詳しいSさんかIさんに、食べられるかどうか尋ねて!とうるさい。

b0029488_01165476.jpg
いつものきくらげ。
この雨で大量に生えてくるといいなあ。



◆台風後3日、ほぼ普段の生活に戻りました。
◆朝8時半から夜の9時半までおまいり(昼寝付き)。お取越シーズンでも、こんなに重なることないのに。
◆ボクの僧侶としてのあり方への意見書が届く。何度も読み返す。



.




by e.wash-r | 2018-09-07 23:10 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
柿渋染めの・・・   
b0029488_23594261.jpg
過日、手に入れた柿渋染めの布。略の輪袈裟になりました。


暑いばかりでなく、例年になく忙しくて不休の朱夏。
夏の終わりの終わりのタイトな夏休み。
そして、台風21号。

走りっぱなしで、かなりお疲れの将軍さま。
疲れを取るには、好きなことをするか充分な休養。

好きなことをすることをおすすめしました。
結果、台風21号の後始末の終わった夜、いそいそとはじめた裁縫。

早々に完成した柿渋染めの略輪袈裟。おじょうはんに依用。

真宗らしいキンキラキンではないですが、消えてしまいそうなボクの雰囲気には、まあ合っているんだろうと思います。


まだ、布はあるらしいです。



.







by e.wash-r | 2018-09-05 23:24 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
また遊び呆けました。
9/1消してしまったlogを、思い出しながら再現。
原文のリファインと違って、意外と楽しくない作業でした。


b0029488_23460107.jpg
佐川美術館、雨
b0029488_23483494.jpg
興味1 お菓子の型枠
b0029488_23461235.jpg
興味2 田んぼの鳴子


珍しく時間に余裕があるSご夫妻と1日小旅行。

個人的には、前回、空いた午後、タイトな日程で訪ねたにもかかわらず、ロビーのソファーで昼寝してしまって、気がついたら閉館時間という失態をしてしまった佐川美術館に、満を持しての再訪です。

『田中一村展』と平山郁夫の「「平和の祈り-サラエボ戦跡」をゆっくりゆっくり見ました。

目的完遂。(この件については、また思うところを書くかも)

以降成り行きのお楽しみ三昧。
琵琶湖畔を走って岐阜へ。

初、近江八幡・た**:調度品が素晴らしい!
初、近江八幡・ラ****:なんじゃこりゃ!
初、垂井・カフェ*****:ソフトブレンドを選択!
池田・湯**:ぬるま湯に浸かる!
シメは長良・C**:お気に入り!


おっさんらしくないところにも行ってきました。

夏のご褒美。



◆やたら眠い一日。車中爆睡。
◆知っている人に知らないところへ連れて行ってもらうという心地よさ。

.


by e.wash-r | 2018-09-01 23:50 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
夏休み -浅間山一周-
b0029488_10335333.jpg
夏の終わりといえば、吾亦紅。



避暑といえば、軽井沢。

20年ほど前、旧軽井沢のあるお店の方に、”避暑の人と観光の人は、服装でわかる。避暑の人は、ラフな格好をしているから。”と言われたことがあります。”避暑の人”というのは、”別荘に来ている人”の意。

そのときのボクの服装は、短パン、Tシャツ、ゴムぞうり、メッシュのキャップ。

ボクは、れっきとした観光客、庶民ですが、別荘持ちの御曹司と間違えられたようです。


”避暑の人”を装って?、短パン、Tシャツ、ゴムぞうりで、旧軽井沢を歩きました。メッシュのキャップは、色違いながら20年前と同じ。保守的というか、自己満足というか、ファッションに疎いというか、好きなものは好きというか、面倒くさいというか・・・。

普段、人混みとあまり縁がないので、賑わう通りにいると、人の中にいるのに、何者でもないような心地よさがありました。


靴に履き替え、夏の終わりの山へ。

ほんのちょっとの散策。遠景が霞んでいたので、足元の生き物を見ながら。

泊まるつもりでしたが、深夜、夜をまたいで帰ってきました。


b0029488_10352405.jpg
赤とんぼ。赤が濃いのと薄いのがいました。これは濃いの。
b0029488_10371281.jpg
気になった小さなナゾの赤い植物。コケ?
b0029488_10380716.jpg
サンゴみたいなのも並んで。
b0029488_10390687.jpg
コケモモ。
b0029488_10395132.jpg
半分、黄色い。さみしいくなります。



.











by e.wash-r | 2018-08-30 23:55 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
海へ
b0029488_08270765.jpg

若者たちと海へ。ただ、4時までに帰らなければならないので、E先生を誘って別便早帰り。

雨でした。最高気温28℃。

岐阜の連日の日照りと暑さを思えば、贅沢な天気と言えなくもないし、水温は高いし、潜れば雨は関係ないし・・・、と負け惜しみ。

日本海上の低気圧の影響で、ウネリあり。
大潮で、流れ強し。

まあ、海日和とは言えませんが、自然相手なので、とにかく状況を楽しむのみ。

往復8時間、海の中1時間。それでも満足。

獲ったサカナ(ボクハボウズ)

メバル
カサゴ
ツバス
イシガキダイ

b0029488_08254391.jpg
雨の中の休憩。
b0029488_08252633.jpg
みなさん、激しい潜りで、満身創痍。
道具類の損傷甚大。
b0029488_08253501.jpg
漁具の補修。
困ったときのパラコード。







by e.wash-r | 2018-08-28 23:24 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
カレーロード延長戦  -朱夏-
b0029488_10372853.jpg

当初の計画では、21日のカレーロードを終えたら、夜中に家を出て、できれば24日の朝まで、どこかに行くつもりでした。

ところが、夜のおまいりから帰ってきて着替えたら寝こんでしまい、朝。

早々に計画失敗。休むつもりでいた23日の勉強会のことも気になってしまい、日帰りで、最低限、夏に訪ねたい人のところへ行ってきました。


絵のことをいろいろ教えてもらったHさん。25年間、夏の上高地で、画展を開いていらしゃいます。


”5年伸ばしたけど、今年で最後にします。”と。

赤い入道雲の絵を見ていると、Hさんが、”『朱夏』という言葉がありますよね。”と。

振り返るように、”朱夏は盛夏。朱は夏の色なんです・・・”と。


 惠蛄(けいこ)春秋を知らず 
 伊虫(いちゅう)あに朱陽の節を知らんや

 蝉は春と秋を知らない 
 夏であることも知らない


惠蛄:セミのこと
伊虫:この虫=セミのこと
朱陽の節:夏のこと


Hさんが、”お昼まだでしょ?手作りのカレーだから食べていって・・・”と。

肉の塊が入っているオトナのカレーでした。

しんみり、朱の季節がすこし延びました。


b0029488_11091667.jpg
b0029488_11092644.jpg
b0029488_10415963.jpg
b0029488_10422301.jpg
b0029488_10421854.jpg
b0029488_10420635.jpg
b0029488_10423950.jpg
b0029488_10424535.jpg
b0029488_10425771.jpg











by e.wash-r | 2018-08-22 23:50 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
海、あらため川へ
b0029488_01164747.jpg
b0029488_01170390.jpg

30年以上いっしょに潜ってきたEから海の誘い。

今回は、高校の同級生のI、Nもいっしょとのこと。3人とも、超体育会系なのですが、それぞれ社会的な責任と義務を負う地位になってしまっているので、いつの間にか無茶はできない海です。

一年に一度あるかないかの機会。楽しみにしていましたが、ボクはやっぱり無理。Eが、「また時間合わせるから。」と言ってくれたのが、当面の生きる糧。


そんな折、こんどは大学の同級生Mから電話。

”ずっと飼っていた水槽の魚が死んでしまった。魚とりに行きたい。”

海に行けなかった日の午後、Mと、伊自良川とその支流で魚とりをしました。「夏休みこどもの日」の下見も兼ねて。

タナゴが飼いたい、というM。
7月の大雨で荒れ、猛暑で渇水の伊自良川。
台風の影響か、強い風で、さざなみのたつ川面。
魚影はそこそこあるのですが、すくうには厳しい流れです。

本流はあきらめ、支流というか用水へ。

ほんとうは、小川Aに行きたかったのですが、そこは、一週間前、3頭の熊が目撃された場所。こどものころ、クワガタを捕った雑木林があり、サギソウやカキランが咲く湿地があり(かすかな記憶ではモウセンゴケもあった)、アケビを採り、小ブナのカエドリ(用水をせき止め、水を干して魚をとること:「掻い掘り」の方言?)をした場所。

今回は、小川Aは断念して、用水Bへ。

いわゆる三面張りにちかい用水ですが、ちゃっかり魚も貝も生きてました。川底は、カワニナとシジミでびっしり。本流に移殖しようという気になるほど。

これだけ貝がいると、タナゴもしっかりいます。孵化したばかりの小さな子も。そのほか、ハエ、アブラハエ、ヒガイ、ヨシノボリ、シマドジョウ、メダカ、ヌマエビ等々。手のひら大のスッポンを追いかけましたが、逃げられました。


相変わらず暑い岐阜の午後の里の川。百均のタモとバケツを持って、おっさんふたりの夏休み。

一瞬の夏。だいたい1時間ぐらい・・・。



.










by e.wash-r | 2018-08-08 23:05 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
梅雨明け十日
b0029488_17262824.jpg
b0029488_17263655.jpg
b0029488_17264285.jpg
b0029488_17264991.jpg

俗に言う梅雨明け十日。酷暑とはいえ、こんなに夏らしい日が続いているのに、夏らしいことが何にもできません。

何でこんなに重なるの?と言いたくなるような日。法務を変更してまですることかと思いつつも、誰かがやらなければならないし。暑いし。

報恩行ではありません。ただの忙し自慢&卑下慢。


7時、T家おじょうはん。いつもより早め。
8時、コミュニティセンターで、書写展の撤収作業。
9時半、農協おんさい広場でチラシ配り。
11時、K家おじょうはん。いつもより遅め。
12時、焼肉の「青山」さんで、某会会議会食。

コミュニティセンターの駐車場で、法衣→短パンTシャツ①。
K家近くの公園脇で、短パンTシャツ①→法衣。
焼肉の「青山」さんの駐車場で、法衣→短パンTシャツ②。


気のせいか、薄曇りでも、今日の暑さは今までで一番堪えました。

アブラゼミに続いてミンミンゼミが鳴きはじめました。ツクツクボウシ以外が一斉に鳴いている混沌の夏です。





by e.wash-r | 2018-07-25 22:59 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
晴れたので
b0029488_11555625.jpg
天気がいいので、上高地へ。ただ、ボーッとしてきました。



b0029488_11582382.jpg
b0029488_11581573.jpg
b0029488_11583591.jpg
b0029488_12070427.jpg
b0029488_11585761.jpg
b0029488_11585031.jpg
b0029488_11591064.jpg
b0029488_11584288.jpg
b0029488_11592836.jpg
b0029488_11591806.jpg
一日中、柳の綿が舞っていました。


.




by e.wash-r | 2018-07-03 23:33 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)