カテゴリ:ようこそ正蓮寺へ( 804 )
第26回壮年会例会 (やさしい)正信偈講座8
b0029488_02265060.jpg
b0029488_02265655.jpg
午後7時半より、当寺壮年会例会。8人。ちょっとさみしい人数でした。稲刈りの最盛期なので、と言い訳を考えてみますが、原因は何か気になります。

少ない人数でも、楽しい例会でした。(住職の勝手な思い込みだともっとさみいしいいことですが)

「七高僧さま」の初回。正信偈のご文に入る前の概説。余間の七高僧さまのお軸を、内陣の最前面に懸け直して、見てもらいました。


にわか勉強とはいえ、簡素にお話するためにいろいろ考えるわけですが、簡素にというのは、なかなかできません。今回も、自分で予定した時間内には話が終わりませんでした。



寝不足の日々が続いています。


◆K家お取り越し。ご家族親族集まられて、賑やかなおまいり。お斎もごちそうになりました。お手間入りのおときの品数をこっそり数えました。いとこ煮ほか手作りの鉢盛の品11品とご飯・味噌汁+食後のコーヒーとデザート。こういうお取り越しがまだ続いているということ。たぶん真宗の底力です。
◆自治会長さんと少しお話。当寺が地域の避難場所に指定されるかも知れません。うれしい。


.






by e.wash-r | 2018-10-20 23:24 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
10月のお茶
b0029488_23233949.jpg
b0029488_23233259.jpg
b0029488_23234984.jpg

久しぶりのお茶。

久しぶりに4人全員揃いました。

お菓子も充実しています。


◆4世代8人が揃ったお取り越し。数じゃないけど、心地よい。
◆長男から、当地の歴史のイア外な事実を聞く。驚愕。まとまったらlogにします。
◆案内ハガキを出しました。切手を貼っても「郵便はがき」の文字を入れないといけないそうです。
◆あさのおじゅはん。中学生がおまいり。代休だそうです。代休だからといっておまいりする姿に感激。
◆午後、ひたすら事務仕事。PCの調子が悪い。効率が悪い。



.


by e.wash-r | 2018-10-15 23:31 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
先先代の話を聞きました。
b0029488_11122882.jpg

ご門徒さんから、先先代の話を聞きました。

「ご院さん(先先代)に、お坊さんのたいへんなところはなんですか?と尋ねたら、おまいり先で出されたものをきれいにいただくこと、とおっしゃっいました。胃腸が丈夫でないので辛い、と。

ボク自身、こどものころ、厳しい躾を受けたという実感を持っていませんが、“きれいにいただく”ということは、確かに常に言われていました。

昔は、おじょうはん(月忌まいり)もお取り越しも食事をいただくのが常だったと聞いています。


M家おじょうはん。毎回、山盛りの果物。Mさんの懇念です。

「食べきれないので、減らしてください。」とお願いするのですが、「若いから、だいじょうぶ、だいじょうぶ。」と言われ、食べ続けて17年目、約200食。

昔より量が減ったとはいえ、それ以上に、ボクはもう若くありません。がんばります。

翻って、飽食と飢餓の娑婆、食の分配って難しいことですね。




by e.wash-r | 2018-10-11 23:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2018美濃四十八座 黄鐘会冬座のチラシできました
b0029488_01115870.jpg
黄鐘会冬座の案内ハガキできました。



美濃四十八座 第27回正蓮寺真宗講座

黄鐘会 冬座

ただただ ほとけさまのお慈悲を聞く法座です
おさそいあわせておまいりください

ご講師 大阪 安方哲爾 師

11月21日・水

昼座 午後2時  夜座 午後7時半




今回のはがきは、質実剛健、シンプルです。

絵は、雪の御嶽山。
描かれているのは、ほんとうは初夏、残雪の御嶽ですが、そこは愛嬌。
11月下旬は、きっと白くなっていると思います。


美濃四十八座、平成30年度、今後の予定

10月09日・火 田村慈水師 林雙寺  楽田
10月10日・水 藤場俊基師 善徳寺  別府
10月19日・金 安藤圣一師 正尊寺  本巣
10月26日・金 三木秀海師 超誓寺  見取町
11月21日・水 安方哲爾師 正蓮寺  岩利



.

by e.wash-r | 2018-10-05 23:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
続「半分、青い」
b0029488_21191686.jpg
b0029488_21185795.jpg

台風24号が迫って来ています。ほぼ直撃か、少し南を通りそう。

午前の法事は、当家の希望で30分早めて、お勤めも短縮バージョン。阿弥陀経・観無量寿経・讃仏偈という変則三部経。11時に終了。

その他のおまいりはなしということで、午後、ここ2・3日余裕がなくてできなかった台風対策をしました。

主に、境内の片付けと本堂の雨漏り対策。


想定1:前の台風で損壊し補修した場所が再び剥がれるケース。
前回漏れた場所に、ブルーシートを敷きました。


想定2:損壊した部分が、さらに拡大するケース。
ブルーシートの用意と、椅子等の移動のシュミレーション。


想定3:内陣側の屋根が、新しく損壊するケース。
御本尊・御影等は書院へとシュミレーション。
棟は残ると想定し、お荘厳等は、棟直下へ移動とシュミレーション。


十分なスペースが有るわけでなく、什物も多々ということで、気だけは揉んでいます。

今晩、本堂の灯り等はつけっぱなしの予定。何かあればたぶんブレーカーが飛ぶので、それを被災のアラーム代わりにするという作戦。ただ、その前に停電したら、この作戦は無効です。そのときは、本堂で寝ようかな。


只今、21:00。

20:30頃、田辺付近上陸という情報。白浜のYさんに様子を聞くと、”さっきまで吹き荒れてた風雨がおさまって、今は静か。”とのこと。目に入ったのかな!?

今は、余裕でblogなんぞ書いていますが、3~4時間後は、シュミレーションの甘さを痛感して奔走しているかも。

程度の知れない攻撃をただ待つ、攻撃に転じる可能性のないディフェンシブって結構ツライものです・・・。


.


by e.wash-r | 2018-09-30 21:26 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
秋季彼岸会・永代経法要・前住職7回忌法要

b0029488_00502533.jpg

秋のお彼岸のお中日。ちょっと蒸し暑い日でした。永代経法要と前住職7回忌法要勤修。

ご講師は、奈良称名寺・日高法輝先生。平生業成のお話でした。

日高先生とは、20年ほど前から、奈良の三木先生の勉強会でご一緒させていただいています。(勉強への姿勢、実際の勉強量からしたら、法友と呼ばせていただくのは、恐れ多いことですが。)

夜、日高先生とS師と3人で、お風呂に入りに行きました。露天風呂で、日高先生の先生方のお話を聞き、師事して勉強するということの大切さを、あらためて思った次第。



運動会、地域の溝さらい等々と重なったので、おまいりが少ないんじゃないかと心配していましたが、ほぼいつものようなおまいりがありました。お斎の残った丸揚げの個数によると、例年よりは1~2割増。

総代さん、地区総代さん方が、動き回ってくださらなかったら、こんなにうまくはつとめられなかったと思います。台所では、婦人部の方々を中心に、おいしいお斎をつくってくださいました。お陰さまです。
b0029488_00505194.jpg
暑いくらいのいい天気。田んぼ道に車が並びました。
b0029488_01022555.jpg
駒札立て忘れました。
b0029488_01004318.jpg
半分、青い
b0029488_00520555.jpg
3世代揃って揃っておまいりくださったご家族も。
ありがたいし、うれしい。
b0029488_01045096.jpg
奈良 称名寺  日高法輝師
b0029488_01055278.jpg
総代さん、当番の地区総代さんが、前住職7回忌の準備
b0029488_01070617.jpg
お斎のお給仕も
b0029488_01073419.jpg
お斎  今年は、いただいたごま豆腐が付きました。


 
◆9:30 おつとめ
10:30 法話2席 日高法輝師
12:00 お斎
13:00 おつとめ
13:30 法話1席 住職自勤


◆14:00~ 総代会
 1,本堂修復について、
 2、共同墓、駐車場について
 3、10/21、本願寺納骨参拝について
 4、報恩講のおとりもちについて 












.



by e.wash-r | 2018-09-23 23:21 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
夜なべ
9/22分
b0029488_15030002.jpg
b0029488_15033377.jpg


午前3時半、なんとか彼岸会準備完了、というか見切り。

言い訳ですが、例年通りでは間に合わないことが多く、善戦むなしく体力不足で惜敗というような感じです。疲れなのか、もう3日ほど、首と顎のあたりに激しい痛みがあり、食べたり、話したり、お経を読んだりが厳しいという、ツライ状況。

お寺の性格上、ひとつのことに専念できるわけではないので、システマティックな法要行事準備の工程マニュアルみたいなものを整える必要を痛感。

続けていけるということは、力任せではなく、いつでも誰にでも易しいということ。衰えてゆく体力へ対応策でもあります。行き当たりばったりでなんとかなってゆくのもお寺のいいところとも思いつつも。


台風被害について、本願寺よりお見舞いいただきました。
本願寺も被害があったなかのこと、恐縮しております。ありがとうございました。
彼岸会で披露の予定。

彼岸会に併修する門徒中の前住職七回忌法要のお引き物の準備がようやく整いました。報恩講のお飾りにしている栗落雁。8枚入りの一番小さい小箱です。予算と郵送も考慮し選択。お仏事のこととはいえ、娑婆の論理旺盛です。




◆Yさん、Sさんが、掃除ほか諸々のお手伝いに来てくださいました。毎度感謝。
◆ヤブ蚊大発生。小さいの。やたら痒い。
◆行事のたびに、モノの移動。年に数回使うモノの山。モノについての根本的な解決の必要性を痛感。
◆X家法事。父方5人、母方8人の兄弟ということで、ひ孫まで40人以上のおまいり。ご縁のこととはいえ、当主の心意気に敬服。


.








by e.wash-r | 2018-09-22 23:51 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
前住職の7回忌祥月命日のおつとめ
b0029488_00503471.jpg
b0029488_00503911.jpg
b0029488_00504405.jpg


2012年9月21日未明、前住職は往生しました。

133年ぶりに、秋分の日が9月22日だった年です。


撮りためた写真とデータで、7(6)年前、前住職の往生前後をたどってみました。


20日
彼岸会の準備が整い、午前のおまいりのあと、午後、春日井の法友のところへ。
お昼をごちそうになり、雑木林の伐採したクヌギをチェーンソーで刻んで薪つくり。
40年ぶりくらいにタマムシを見つけ、写真をいっぱい撮っています。
薪作りのあと、”コメダ珈琲は、9月になってもかき氷があるよ。”と聞いていたので、そのまま「コメダ珈琲でかき氷」。
多すぎて最後は辛かった記憶。

法友Sと「あとどれだけ生きるかわからないけど、そう長くはないことだけは確か。やりたいことをしたいね。」と話しながら薪をつくったことが、logになっています。

そんな一日を過ごして帰った20日の深夜、夕飯を食べテレビを見て寝たという父が急変しました。
救急車で大学病院へ。


21日
未明、父往生。


22日
混乱のなか、彼岸会・永代経法要はなんとか厳修。
夜、前住職通夜。

b0029488_04021169.jpg
b0029488_04083053.jpg
23日
前住職葬儀。


こうして時系列で写真をたどってみると、父の往生直前は「チェーンソー」と「タマムシ」と「かき氷」。
往生後は「彼岸会」です。

生と死は混沌としています。



朝、母と坊守と3人で、前住職の祥月命日のお勤めをしました。

前住職は何がしたかったのだろうと思いながら、ぼちぼち彼岸会・永代経法要の準備を続けています。


.









by e.wash-r | 2018-09-21 23:05 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ひたすらお墓の掃除
b0029488_21491743.jpg
b0029488_21492450.jpg

明日、お彼岸の入りなので、ギリギリ裏山のお墓の掃除。

参道に倒れた木の始末で精一杯で、墓地の掃除は今日までできずにいました。今日明日の予定のH会の旅行をドタキャンしたので、昼間は余裕.
朝から張り切りました。

草刈機とブロアと竹箒と熊手を駆使して、草刈りと落ち葉掃きと台風で飛んできた枝の片付け。思ったより枝が多く、思ったより厄介で、想定の2倍くらい時間がかかりました。

日が照って暑かったので、昼過ぎの時間は、あげてあった本堂の畳敷き。南半分の24枚。

上げるときは、必死だったので、手当たり次第、順番も何も関係無しの作業。もとに戻すのは、パスルです。畳の裏に墨で書かれた暗号?を解読しながら、重い畳を敷きました。敷くと言うよりは、はめ込むという作業。きっちり収めるためのカケヤと当て木が重宝しました。

畳を敷いたあと、また山に戻って掃除の続き。

墓地もピッカピカになりました。


◆夕方、総代さんと本堂の剥がれた屋根、駐車場・共同墓についての相談。早くいらっしゃったので、作業を終えて山から降りてきたボクと境内で鉢合わせ。はたらくご院さんの姿を見てもらえて、ラッキー!
◆S家おじょうはん。芝生に雑草が生えていなくて青々ときれいなので、「どうしていらっしゃるんですか。」と尋ねると、「草が生えたら抜いてます。」と。得策があるのか思ったら、「草引き」という地道な日常の繰り返しでした。反省。
◆前住職7回忌のお供え(お下がりで配るもの)が届く。栗落雁8枚入。すこしオマケが入ってました。
◆北海道から台風被害のお見舞いが届きました。感謝。


.






by e.wash-r | 2018-09-19 21:53 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ひたすら境内の掃除
b0029488_23523982.jpg
b0029488_23525858.jpg
b0029488_23530309.jpg


「半分、青い」を見て、少し事務仕事をして、お彼岸にむけて、境内の掃除。


気温30度を超える予報だったので、熱中症にならないように気を使いながら。

うまい具合に、草刈り機やブロアのガソリンが1時間前後で切れるので、そのたびに水分補給と10分程の休憩をとりながら、9時半から4時まで、昼食抜きで。

ちゃんとした職人さんなら絶対にしない無茶な作業工程。たぶん、責任ある仕事ではなくて、遊びだからだと思います。

どうしても今日中に目処を付けておきたいし、意外と楽しいので、夢中で続けました。いつもだと、おおよそ誰かが訪ねてみえて「ご院さん、ご苦労さまやね。」となって得した気分なのですが、今日はどなたもいらっしゃいませんでした・・・。


境内、ピッカピカになりました。

草引きされ、苔がまばらの、自然で、いかにも手入れされた感じの風情です。

草刈り機のヒモでブンブン蹴散らして、ブロアで飛ばしただけなんですが、”お客様を迎えるために掃除の手が入っっている”という雰囲気に仕上がっています。

これで、ダミーの箒の掃き痕でもあれば、ほぼ完璧。でも、ほんとうは、完璧な掃除などできるものではありません。

”お参りくださるのを準備して待ってました”というあざといアピールを、そうであったとしても、ある意味美しさとして受け止めてもらえような、そんな関係がいいなと甘えてみるわけです。

掃除したつもりでいましたが、どう考えても、やっぱり遊びです。



◆二日前、鉄パイプに挟まれ、左手の親指の付け根内出血、人差し指第一関節裂傷。足のやけどが治るまで1ヶ月かかりましたが、今回のケガは2日でほぼ完治。若返ったのかもしれません。
◆次女帰省。早々に母(次女から言えばおばあちゃん)に捕まり、パソコンの質問攻め軟禁状態。
◆夜、総代さんのおじょうはん。当地区の台風被害状況、豚コレラ関連情報を聞きました。
◆千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要にあわせて、13:15に「平和の鐘」を撞くのを忘れました。ずーっと鐘楼のまわりにいたのに。とりあえず平和なのかも。



.







by e.wash-r | 2018-09-18 23:54 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)