カテゴリ:ようこそ正蓮寺へ( 787 )
雨の盂蘭盆会
b0029488_01511848.jpg
b0029488_01505603.jpg

今年は雨の盂蘭盆会。土砂降りの雨でした。

「安居の比丘に施した」(安居は雨季)という盂蘭盆経の内容からすると、雨も風情なのかもしれません。


家族連れがおおいこともあり、椅子席はほぼ埋まりました。短いおつとめと、短い法話のあと、冷たいお茶をいただきながら、歓談。ダラダラと話が続くのが、お盆らしくていい感じです。

雨ということで、今年はかき氷はなし。なんとなくさみしいですが、楽でした。


基本的にお盆まいりのない土地柄なので、お盆といっても、それほど普段と変わることはないのですが、今年に限って言うと、暑さと重なった法要仏事等々で、疲れ溜まってます。

いまのところ、おまいりできそうになかった別院の一六日のおあさじ、おまいりできそうです。

by e.wash-r | 2018-08-15 23:38 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
センチメンタル・ジャーニー  -まるで、お盆のような・・・-
b0029488_00384577.jpg

お母さんの初盆に、お母さんのお骨といっしょに、お母さんの郷里・岐阜を巡っておられるEさん。

市内のホテルに滞在され、昨夜はお母さんのお骨を抱いて鵜飼船に乗られたそうです。今日は、googleくんの指示に従って、岐阜駅から大垣を経由して本巣駅、そこからタクシーで当寺へおまいりくださいました。

Eさんのお母さんは、当寺ご門徒の家から東京に嫁がれ、この春、ご往生されました。Eさんは、お母さんの里の寺に、お母さんといっしょにおまいりしたかったのだそうです。

悲しみのなか、何もわからないまま、葬儀社さんのお世話でご葬儀をつとめられ、不安のなかで、当寺を訪ねてくださったご様子。本堂でおまいりをしたあと、ゆっくりお話を伺いました。

ボクの知らない、都会の宗教事情を垣間見たような気がしました。Eさんが、この田舎の、ただのお寺を、とりあえずくつろいでくださったのなら、ボクとしてはうれしいのですが。

「おつとめのなかの、『なもあみだぶつ』がなつかしかった。」
「おじいちゃんやおばあちゃんがいる京都の本願寺(大谷本廟)に分骨したい。」

そう話されるEさん。お仏壇のあるお母さんのお里で過ごされたこどものころの思い出が、Eさんを当寺にまで連れてきてくださったんだろうなあと思いました。


坊守が、岐阜駅までEさんをお送りしました。

帰ってきた坊守の話。

”「東京のお寺さんに厳しいことを言われていたので、田舎のご住職はもっと厳しいいだろう、と思って」、Eさんは、覚悟してウチにいらっしゃったみたい。「でも、想像していた住職さんと全然違っていて、安心しました。お寺はいいですね。」って、おっしゃってたよ。だから、『それは、そういうおみのりだからです。住職は、いい加減です。』って話しておきました。”

”坊守は、ご法義はまちがっていないが、一方向にやさしくない。”というのがボクの感想。


夏の寺の、まるでお盆のような、Eさんのおまいりでした。

お盆は、いいね!





.













by e.wash-r | 2018-08-12 23:39 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
夏のお墓そうじ
b0029488_08265067.jpg
b0029488_09093365.jpg


8月の第一日曜は、どこもお墓掃除の日。

岩利字本郷では、朝7時から、村のお墓のそうじと公園の草刈り。

裏山のお寺のお墓掃除は、夕刻5時から。

村のお墓は、禅宗檀家さんのお墓なので、「その時間、ボクは、お寺の山の草刈りします。」と隣のKちゃんに伝え、同じく7時から裏山へ。

法事に間に合う時間のギリギリ9時半まで、お墓の周りの草刈り等々。すこし残りました。法事は、10:00にK家着。玄関先で待っていらっしゃったKさんが「ご院さん、正確やね。」と。心配して待っていらっしゃった模様。


お斎のないご法事だったので、12時過ぎには帰寺。まとまった時間ができたので、熱中症に気をつけながら、1時頃から、残した山の草刈りとお泊り会の雑物の片付け等々。ときどき水場に行って、身体と頭に水をかぶりながら。5時にみなさんが、山のお墓そうじにみえる前までに、掃除の下ごしらえ。

5時でも酷暑の中、30代から80代の方々が、裏山のお墓掃除。西の桧林の影、ほんのすこし吹く風のおかげもあって、お墓全体がピカピカになりました。きれいに草が刈られ、落ち葉を掃いた山地には、手間をかけた清楚な美しさがあると思います。

Nさんが、「暑いので草も生えていないね。」とおっしゃいました。草がないのは、朝、ボクが刈って、ブロアで吹き飛ばしたからなんですが・・・。黙っていましたが、やっぱり、たまに仕事をすると、認められたいと思うものです。ちょっと、寂しい気分。

お墓掃除の後、境内でひと休み。みなさんとかき氷。6時半、西の山に日が入った頃、解散。

珍しく、外でよく働いた一日。いつもとちがう満足。




.







by e.wash-r | 2018-08-05 23:56 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
夏休みこどもの日 ① 7/27
b0029488_23315260.jpg

昨年からはじめた『夏休みこどもの日』。「夏休みって、こんな風だった。」という甘いノスタルジーに駆られて、なんとなく・・・。

猛暑の中休みとでも言えそうな風のある普通の夏らしい日でした。のべ14人のこどもが参加。

長ーい夏休み 一日、お寺で過ごしませんか?
おまいりをして
朝は一応ちょっと勉強
お昼ごはんをつくって食べて
午後は川遊び、雨が降ったら工作?昼寝?

というコンセプト通り、9時から三帰依のおつとめをして、1時間勉強をして、餃子の皮のピザをつくって食べて、3時過ぎまで川遊び。

b0029488_23324047.jpg
おつとめ  お念仏と三帰依
b0029488_23335234.jpg
勉強 座っていない子のほうが多い?
b0029488_23350830.jpg
勉強終わり次第、遊ぶ
b0029488_23352209.jpg
ひとりでも、遊ぶ
b0029488_23353351.jpg
遊び方知らなくても、遊ぶ
b0029488_23384356.jpg
餃子の皮のピザを、つくって
b0029488_23403030.jpg
たべて
b0029488_23412856.jpg
行くぞ! 川
b0029488_23421094.jpg
川は、まだ?
b0029488_23432763.jpg
魚はあまりいませんでした
b0029488_23450980.jpg
2時間 大満足
b0029488_23471682.jpg
シャワーを浴びて、ちょっと遅めのおやつ



心配してお手伝いに来てくださったKご夫妻、お孫さんと遊びに来てくださったS師とNちゃん、お子さんを連れて遊びに来てくださったO師のおかげで、大変心強かったです。

休暇をとって手伝ってくれた東京の長女、八面六臂の活躍の坊守には、真面目に心より感謝。

8月1日~2日のお泊り会のあと、第2回は8/9、第3回は8/21を予定しています。たぶん、ダラーッとした田舎の普通の夏休みを過ごせると思います。



.




by e.wash-r | 2018-07-27 23:08 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
7月最後のお茶
b0029488_01030730.jpg
b0029488_01030030.jpg
b0029488_01024862.jpg

コチラの都合で、26日の予定のお茶が今日(23日)になりました。

暑い中、夏休みとはいえ、塾にスポーツに習いごとに、かえって忙しいこどもたちが3人。丁寧なお稽古をしたようです。

遠方から届いためずらしいお菓子もあり、いつものように楽しい時を過ごした模様。ただ、稽古の終わったあとしばらく残っていたMちゃんに会いましたが、お疲れのよう。うつろな目をしていました。

* * *

こどもは、遊び疲れて眠る、という特権を持っているものだと思うのですが、最近のこども事情はそうでもないみたいです。

オトナといっしょで、こどももみんな追われているように見えます。決まった時間に決まったことをする、約束を守る、時間に従う、決められたことをする、というのは、確かに大事なことなのですが、よくよく考えてみれば、その多くは、どちらかと言うとオトナの都合。もう少し言えば、営業上・運営上の都合に合わせなさい、ということですからね。

営業、運営の問題ならば、こどもではなく主催者側が都合をつけるべきことと言えないわけでもなく・・・。

でも、それは、現実的には、主催者側によほどの覚悟、もしくは熱意がなければ無理なこと。また、こども(親)の側も、そこまで言うほど期待しているわけでもないし・・・というのが本音かも。少なくともボクの場合、主催者側としても、親の立場としても、まったくそんな感じです。

当然、ボクにもできないことなのですが、おおらかでいたいですよね。おとなもこどもも、普通に”なんか無理”って言えるといいのに。もちらん、そう言われると普通に腹たったりしますが・・・。




.



by e.wash-r | 2018-07-23 23:36 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
前住の月命日
b0029488_01142577.jpg
b0029488_01143255.jpg
b0029488_01264363.jpg
夏本番、百日紅も咲き始めました。

前住職の月命日・おじょうはんのおつとめ。相焼香の大性寺若院さんがお参りに来てくださいました。

大性寺若院さんには、当寺若院が伝道院でお世話になりました。卒業後も気に留めていてくださっています。

現在、若院は大阪のお寺で法務をしていることをお知らせしました。


おじょうはんのおつとめに続いて、M家上げ仏事。どんどん気温が上がっていく本堂で、三部経をおつとめしました。

あまりに暑いので、お勤めが終わったあとは、冷房のある部屋へ移動。しばらくのつもりが、おおいに盛り上がってなが~い歓談となりました。

お泊まり会をはじめたころ・20年以上前の日曜学校生のSちゃん。お泊まり会が懐かしいと言ってくれました。むちゃくちゃ嬉しい・・・。あのころは、近所の子たちとしょっちゅう川で遊んでいました。今よりかなり深かったような気がします。

20年ほど前のお泊まり会は、川で遊んだだけ。気のせいか、時間がすごくゆっくり流れていたように思います。時間に追われないう感じ。懐かしい夏休みです。そんな夏休みの一日を、もう一度味わってみたいと思っているのですが・・・。





by e.wash-r | 2018-07-21 23:04 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
第25回壮年会例会 正信偈講座7 
b0029488_23231538.jpg
b0029488_23233730.jpg
b0029488_23233134.jpg
b0029488_23232560.jpg

7/14・土 午後7時半、うだるような暑さの残る本堂。

扇風機を7台回して、正信偈講座・やさしい正信偈の話の7回め。

今回は、依経段の最後、「結誡」といわれる4句について。


弥陀仏本願念仏 弥陀仏の本願念仏は
邪見憍慢悪衆生 邪見・憍慢・悪衆生
信楽受持甚以難 信楽受持すること甚だもって難し
難中之難無過斯 難のなかの難これにすぎたるはなし


無量寿経の阿彌陀佛の願いをのべられたあとの結び。
邪見・憍慢の悪衆生は当たりまえ、私を主体に「信」を語ると間違うよ、という誡め。


他力、他力、間違ってはいけない、と意気込んでのぞんだのですが、気負うとダメですね。でも、ボチボチ繰り返していこうと思います。

話の後は、暑いので、みぞれを食べながら、歓談。

とっても盛り上がりました。が、なんとなく、今日は、ちょっとご法義の話はなし、という感じ。

住職の空振りを除けば、とってもいい雰囲気でした。





.





by e.wash-r | 2018-07-15 22:58 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
7月のお茶
b0029488_00112725.jpg

7月はじめてのお茶。

中3のIちゃん、Yちゃんはお休み。でもMちゃんの弟のOくんとお父さんがオブザーバー参加。

当方、おまいりがあり、ほとんど稽古の終わりがけに覗いただけなので、聞いた話ですが、「みんなニコニコ、とっても楽しいお稽古だったよ。」とのこと。


片付けの時間、Oくんのお父さんと歓談。消防団員さんなので、今回の豪雨の対応を聞きました。

H地区の山からの出水で水路が溢れたので、水防団と一緒に土のうを積んだとのこと。ボクも水防団なのですが、班長以上の招集だったそうです。

土曜日は、自治会・消防団・水防団で、伊自良川の見回りと水門の管理。徹夜だったそうです。日曜の朝は、動けませんでしたと。


連日のおつとめ、ほんとうに頭が下がります。

誰も知らないところで、地道な活動が行われていました。ボクも、尋ねて知った次第。

僭越ですが、こういうことが起きていたんですということ、お知らせまで。




.





by e.wash-r | 2018-07-10 23:48 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
料金後納、あらため切手貼付のポスト投函

b0029488_00545636.jpg

壮年会例会の会員の方々に、直前・追い打ちのはがき案内。


郵便局側からのセールスで契約した料金後納郵便。かなりお得な契約でしたが、今回、契約内容の変更があり、はがきについては、価格面のメリットはなくなりました。

営業時間内に料金後納の手続きをするより、切手を貼ってポスト投函する方が都合がいい場合もあります。今回はポスト投函選択。

料金後納の印刷はしたのですが、古い切手があるということもあり、パズルのように切手の額面を組み合わせて・・・。図らずも、それなりにインパクトのあるはがき案内になりました。


ご案内の壮年会例会。

実質、活動休止状態だった壮年会が復活したのが2007年。なんとか10年、ボチボチ25回めを迎えることができました。

名前は壮年会例会を踏襲していますが、壮年会主催による例会というのが実情。老若男女どなたでも参加できる軽~いお座です。

今回7/14は、「やさしい正信偈の話」と銘打った『正偈講座』の7回め。依経段の結びです。




.


by e.wash-r | 2018-07-08 23:23 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
仮のご案内 「お泊まり会」と「夏休みこどもの日」
b0029488_00452467.jpg
b0029488_00333816.jpg


夏の「お泊まり会」と「夏休みこどもの日」。


詳細は、あらためてご案内いたします。

とりあえず、日にちはこんな感じです。

「こどもの日」は、状況によっては、夏休みの後半にもう一日あるかも。

天気次第。
柔軟に、というか軟弱に。


・・・体力勝負の夏です。





by e.wash-r | 2018-07-04 23:45 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)