<   2018年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
桃太郎の桃のはちまき
b0029488_00205200.jpg

高校の頃、『ロッキング・オン』という雑誌に大友克洋が連載していた童話のパロディを楽しみに読んでいました。

『金の斧、銀の斧』の編は、誤って斧を池に投げ込んだ木こりの前に、頭に金と銀と鉄の斧が刺さった血まみれの女神が池から現れるというものだったように記憶しています。

その頃からずっと思っていること。

桃太郎のはちまきの下には、おじいさんが桃を割るとき、勢い余って桃太郎の額につけてしまった包丁傷が隠されているのではないかと・・・。

ネットで軽く検索してみましたが、そういう記述は、自分のblog以外に見あたりませんでした。ひょっとすると、出生の秘密の重大な証拠を、ボクは暴いてしまったのかも知れません。


その桃太郎の物語について、もうひとつ、ボクが気になっている記述があります。

tumblrで流れてきた”お婆さんに拾われなかった桃の流れ着く先が鬼ヶ島なのではないか。”という誰かのつぶやきです。

しみじみ味わってしまうわけです。


さて、11月21日の黄鐘会の挨拶で、何か気の利いたことが言えたら思っていたところに、tumblrで面白いつぶやきが流れてきました。

”天狗はピノキオが野生化したもの”

我が身を省みると、ちょっとゾッとすることばです。

ところで「天狗」って何者?と思い、お手軽にネットで調べてみました。そのなかの一説に、仏教を間違って解釈したもの、つまり増上慢のものが陥る世界を天狗道というものがありました。

「天狗になる」という慣用句が、「自惚れること」「慢心」を意味することを思うと、一説とは言え、なかなか示唆に富む話だと思います。


嘘つき(妄語)のピノキオが、野生化して増上慢の天狗になる・・・

私を語っても、あまり真実はありません。放っておくと道を外れ、うぬぼれの塊になる・・・


耳の痛いことです。


ということで、やっぱり阿弥陀さん。「ピノキオであっても、天狗になってしまったとしても、今日は、ただほとけさまのお慈悲の話を聞きましょう。」という挨拶をしました。



.





by e.wash-r | 2018-11-30 23:15 | 愚考 | Comments(0)
最後の稽古
b0029488_01360636.jpg
b0029488_01300894.jpg

最後のお茶の稽古でした。

淡々と30年。

気のせいか、みなさん元気がないようにみえました。

「なぜやめるの?」という素朴な疑問に、「もう、みんな先生だから。」という先生である前坊守の答え。

行事のたびに手伝ってもらったこと、いろいろ思い出して、寂しい気持ちでいます。


先生様には、ボケ対策のために、それと、有り余る時間をボクの方に向けないように、お浄土まいりまで続けてほしいと願うのですが。





.




by e.wash-r | 2018-11-29 23:37 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
2018大性寺報恩講
b0029488_02330800.jpg

11月28日、大性寺報恩講ご満座におまいり。仲冬下旬・ご正忌の報恩講です。ご講師は夏木一丸師。

伊自良の立華保存会の方々が生けられた華で飾られた前卓の横でおまいりしました。

保存会の方々は、伊自良地区の3カ寺を順番にお荘厳されるのだそうです。今年は、11/17・18,11/27・28,12/2とつづづいてのお手間入りです。

おまいりのあと、書院で前ご住職、ご住職の弟さんと歓談。ご住職は、本堂で御俗姓の拝読です。

今回も、お聴聞の余裕なし。急いで、岐阜市のお取越へ。歓談していた分だけ遅刻でした。



僧侶3人体制の報恩講。羨ましい・・・!。当寺、3人体制は無理ですが、そのうち2人体制ならありえなくもない状況。逆に言うとそれまでひとり。体力、若しくは要領勝負。・・・できれば勝負したくないです。



by e.wash-r | 2018-11-28 23:13 | おまいりにて | Comments(0)
『岐阜テレマーク倶楽部』交流会
b0029488_00132423.jpg

楽しみにしていた『岐阜テレマーク倶楽部』の交流会。

法務が重なって1次会終了の10時に「くしびき」到着。鍋は空。6人の会。3人は2次会へ向かうところでした。

空腹だったので、ボクだけ残って、すぐできそうな焼きそばと冷奴と焼き鯖を注文。隣に座った”しーちゃん”という女性と世間話をしながら遅い夕食。すぐにでも、みなさんを追いかけて2次会に行きたかったのですが、しーちゃんを無碍にはできず、結局1時間。

11時、いつもの2次会場の「ダブルサイダー」着。ジャズ好きの3人が、大きな音量のなか、雪山談義中でした。

見かけは普通のおっさんですが、3人とも山の達人。ボクとは別世界の超人と言うかバケモノというか、話にすらついていけないのですが、図々しく同席させていただきました。体験・経験で語られる達人方への憧憬と恭敬のみ。

ボクの中では、どうしても論理的に説明のできない「なぜテレマークスキーなのか?」の問い。達人に聞いてみました。

やっぱり論理的理由などありませんでした。たぶん、女の子を好きになるのに理由などない、みたいなもんなんでしょうね。

まとめ役のI師が、来春、テレマーク発祥(再興)の地「コロラド」の山を滑りたい、と英語の分厚いガイドブックを見せてくださいました。地形図と英語ばかりで、ボクにはよくわかりませんでしたが、何箇所か入っている折り目に、夢ではなく具象なのだと、あらためて憧憬と恭敬。


ボクは身も心もへなちょこすぎて、とてもコロラドへは行けないので、日本のテレマークスキー黎明期の、kazamaskiの沢田さんのエッセイを餞とします。




**********



b0029488_23575161.jpg
ごく最近、物置から発掘した20年前の「WILD TURKEY CUP」のパンフレット。

ボクは、毎回このパンフレットに載る沢田啓氏のエッセイを楽しみにしていました。
一部抜粋して掲載。


『サンミットカウンティ』1989より

コロラド州サンミットカウンティの某スキー場で、カーキャリアからテレマークスキーを下ろしていた。マウンテンパーカーにゲーター装の大男が、ニッコリ笑いながら近づいてくる。「今日はいい天気だ。今日はテレマークがいい・・・」

リフト乗り場では、リフト係の彼女が声をかけてくる。「今日はテレマークが最高ね。」

ここサンミットカウンティはアメリカモダンテレマークの発祥の地である。・・・カフェテリアの彼女もシャトルバスの運転手も、みんなテレマーカーなのだ。・・・

『雪山自由人』1987年より

テレマーカーの心の奥に、しっかりと刻みこまれているひとりの男がいる。

彼の名は、アル・ジョンソン。スキーを履いた郵便配達員である。彼のテリトリーは、あのロッキー山中のハイカントリー。彼は毎日100Kmにもおよぶ行程をこなし続けた。そのスピードたるや、まるで弾丸のようであったと言われている。

じつに偉大な男だ。自然に対する理解、雪山の知識、スキー技術、すべてにおいて超常的であった。いまもなお、テレマーカーたちは、彼にスキーマイスターという称号を与え、心から尊敬している・・・。


沢田啓氏の設計した『TEREMARK CONPⅡ』という20年前の板を今も使っています。極めてマニアックな自慢のひとつ。

ところで、今年はスキーに行けるんだろうか?


**********



後で知ったのですが、『岐阜テレマーク倶楽部』の交流会に参加の6人のうち2人は、昼間、初滑りしたあとの参加だったそうです。

萎縮します。


.



by e.wash-r | 2018-11-27 23:12 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
やかん
b0029488_17285915.jpg
よく働いた連休。

最終日、日が暮れてから、やっと空き時間ができたので、気晴らしにキ***へ買い物に行ってきました。

108円の「やかん」get!

値札には、中古と書いてありますが新品です。


最近、ゆる~い山歩きしかできないので、装備の機能性・軽量化とかは割と無縁。ひと休みのときに飲むコーヒーや、昼食のカップ麺のお湯沸かしに使うのも粋かな、と思っています。

ただ、残念ながら、ガスカートリッジの直径よりやかんのの口の直径の方が僅かに小さいので、ガスカートリッジをやかんの中に収納というわけにいかないのが残念。

b0029488_17294477.jpg

いい買い物ができたと喜んでいると、Sくんから「納税(という呼び方の村の寄り合い)はじまってますよ。」と電話。連休の開放感ですっかり忘れていました。






by e.wash-r | 2018-11-26 17:16 | そらごと、たはごと | Comments(0)
境内清掃
b0029488_13500949.jpg
駐車場に並んだ軽トラ
b0029488_13501590.jpg
農道にも
b0029488_13485009.jpg
8時、朝日を浴びて掃除開始
b0029488_13551205.jpg
女性陣は本堂・書院
b0029488_13485721.jpg
銀杏の落ち葉かき
b0029488_13490517.jpg
選定した枝を運びます
b0029488_13494517.jpg
裏山の柴草刈り
b0029488_13495398.jpg
お墓の裏の木の伐採等々
b0029488_13492247.jpg
台風で荒れた山の枝を運びます
b0029488_13491444.jpg
切った枝、落ち葉はパッカード車へ
b0029488_13500049.jpg
台所では、おやつと昼食の準備
b0029488_13550679.jpg
休憩時間 お茶とコーヒーとパン

b0029488_13502978.jpg
境内に座り込んで歓談の時間
b0029488_13503748.jpg
昼食
b0029488_13502178.jpg
混ぜご飯、味噌汁、煮物、漬物
b0029488_13504476.jpg
銀杏の実が落ちてくるので木の真下を避けて
b0029488_13505587.jpg
総代さん方が残られて、後片付け


恒例の境内清掃。

連休最後の日曜日。穏やかな日和。お休みのところ、沢山の方々が半日、ご奉仕くださいました。

約70名の方々のご参加。ボクと総代さんの挨拶のあと、みなさん、それぞれ心得てくださっているので、段取りの説明等がなくても一気に作業は進みました。境内一円、本堂、裏山、スッキリきれいになりました。ありがとうございました。


慣れた年配の方々に混じって、ボクたちの世代の方々も増えてきました。世代交代ということの意味をつくづく感じます。


貴重な休日、本当にありがとうございました。



.





by e.wash-r | 2018-11-25 23:47 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
境内清掃の準備
b0029488_00050807.jpg
23日午後3時 村の方といとこ煮
b0029488_00051450.jpg
24日3時 総代さんとコーヒー



25日は、境内清掃。ご門徒のみなさんが、朝8時から、本堂から裏山までを手分けして掃除してくださいます。

掃除をしてもらうために掃除と準備。


23日3時の休憩。剪定のTさんに加え、お寺の前の農機具小屋の屋根の葺き替えをしてみえる村の方々を誘いました。みんなで縁に座って、いとこ煮をいただきました。

村の方々は臨済宗なので、いとこ煮は珍しかったようです。真宗の報恩講の風物なのだとお伝えしました。

昔は、近所のおばあちゃんたちが、本堂の縁に腰掛けて話し込んでみえましたが、村の(臨済宗の)男衆が、野良仕事の合間、お寺で一服というのは、稀な光景です。住職としては、うれしいひととき。
b0029488_00074778.jpg
お寺の前の農機具小屋。屋根を張り替える村の方々。



24日3時の休憩。剪定のTさんと休憩していると、SさんとYさんがおみえになりました。寺総代さんと地元の地区総代さんです。

明日の境内清掃の下見。仕事の段取りと道具の準備に来てくださったのでした。Sさん、Yさんもいっしょに縁に座ってコーヒータイム。

同じく、住職としては、うれしいひととき。その後、少し木を切る予定の裏山の下見。
b0029488_00092812.jpg
のんびりと25日の境内清掃の準備完了。


何十年と、掃除の後は「銀杏の木陰で混ぜご飯」という風情でしたが、日にちが9月から11月に変わったので、25日は、落ちて散る銀杏を気にしながらの食事となりそうです。


25日の境内清掃は、穏やかな日和になるようです。



by e.wash-r | 2018-11-24 23:17 | ようこそ正蓮寺へ
モザイク有り
b0029488_01563048.jpg


23日夕刻、友人から、何かただごとならぬLINE。

そのことについて、夜中にようやく確認。

以下のように、友人に返信しました。(プライベートな文なので、全文そのままには、とても転載できません。)



『読みました。ため息ですね。

中央には、物言える人いないんですかね。

****************************************************かな。

「*さま」の部分を「いつくしみ深き友なる***」にしても、「全能なるアラーの*」にしても、「将軍さま」にしても、大丈夫な文ですね。**************************************がにじみ出ているような気がします。

せっかくなら、小学校の道徳の教科書に載せてもらうように運動したらいいのに。

宗教色がないから、と意外と採用されたりして。

もう一度、ため息です。』



一部を伏せ字にしなければならないさみしさ。

これは、「踏み絵」か、それとも当流「文化大革命」がはじまるのか・・・。


「私たち」のことだから、そらごとたわごとまことあるなきに、そう聞けばいいか・・・と思ってはみるのですが、悲しい。


自己満足のわかりにくいlogで申し訳ありません。
ちょっと違うけど、以前のlogのこんな気持ちです。






.



by e.wash-r | 2018-11-23 23:25 | 愚考 | Comments(0)
『黄鐘会冬座』準備完了!とはいきませんが・・・
b0029488_21055894.jpg
11月21日・水 午後2時/午後7時半
ご講師 大阪 正満寺 安方哲爾師

お待ちしております。
b0029488_21293918.jpg
境内:鮮やかではないですが黄色い絨毯
【注意】葉っぱに実が紛れています
b0029488_21064963.jpg
山門:あと提灯と六金色幕等
b0029488_21064205.jpg
本堂:あと演台等
b0029488_21062164.jpg
本堂:あとストーブの給油等
b0029488_21062611.jpg
庫裏サテライト会場:あと椅子と暗幕等
b0029488_21063400.jpg
台所:あとすこしで小豆が炊きあがります
b0029488_21180155.jpg
受付:あと受付設営と記念品確認等


今までで最も遅い時期の開催となります。スケジュール管理を完全にミスし、ハードな日程の中での準備となりました。

寒いので、建具は外さないことに。雨も降りそうにないので、雨対策もパス。ずいぶん楽しました。

台風時、屋根が剥がれて激しく雨が漏りたので、本堂に設置してあるプロジェクターやカメラ等を慌てて外したままでした。そのAV・PA関係の再設置・再設定に思ったより手間取りました。一時は途方に暮れましたが、なんとか復旧。やれやれです。


おおよそ目処は付きましたが、もう動けないので、今日の肉体労働は終わり。あとは明日の朝。


そうは言っても、寝てしまうほどの度胸はないので、コソコソ作業します。


今年最後の美濃四十八座。他力のお話、てれーっと聞かせていただきましょう。

食べ物で釣るつもりではありませんが、いとこ煮と銀杏ご飯おむすび(差し入れ予定)で、お待ちしております。もちろん、食べ物目当てもありです。


.





by e.wash-r | 2018-11-20 22:05 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2018金證寺報恩講
b0029488_17110212.jpg

11月18日、金證寺報恩講ご満座におまいり。ご講師は、富田聡師。

今年最初の報恩講まいりでした。”報恩講は寒い”という経験則からすると、ずいぶん穏やかで暖かい日和。

組内のご院さん方といっしょにおつとめをし、情報交換もし、本堂でも書院でも、いわゆる報恩講らしいい時間でした。ただ、自身の日程の都合で、お座に座れなかったのは反省点です。

言い訳ですが、9/4の台風被害以降、微妙に歯車の狂った日程がずっと続いていて、余裕がなく、体力消耗しています。このまま年末年始までなだれ込みそうで、ちょっと憂鬱です。

境内に電動三輪車。これに乗っておまいりされるお同行を想像します。報恩講ですね。




.


by e.wash-r | 2018-11-18 17:12 | おまいりにて | Comments(0)