タグ:お寺のこと ( 1982 ) タグの人気記事
「夏休み こどもの日」②
b0029488_11364180.jpg
2回目の「夏休みこどもの日」
b0029488_11155690.jpg
おまいり
b0029488_11155753.jpg
勉強  先生はお母さん方
b0029488_11155899.jpg
プチバイキング
b0029488_11160047.jpg
ホットドックでは足らず、急遽パンケーキ
b0029488_11160105.jpg
友だち集まって昼食。ご院さんはひとり
b0029488_11180464.jpg
庫裡組。学校も学年も関係なく
b0029488_11180568.jpg
映画
b0029488_11210628.jpg
雨の川。水多め、ささ濁り
b0029488_11223659.jpg
いつのまにか晴れてきて、夏の川
b0029488_11211060.jpg
おっさん化するこどもたち
b0029488_11211308.jpg
まったり


朝から雨。

欠席連絡、水着無しの参加、飛び入り等々、ある意味、当寺らしい状況。

少々の雨なら川遊びのつもりでしたが、午前中は激しい雨。簡単なクラフトの準備しかしていなかったので、温泉にいくことも考えました。

結局、雨の川組6人。
庫裡で映画組5人。

庫裡は、急いで、スクリーンセッティング。大画面、大音響のそれなりシアターに。

川は、雨後晴れ。ささ濁りだったの流れは、だんだん綺麗になりました。


「うみ・そら・さんごのいいつたえ」という映画があります。

淡々と暮らすオトナがいて、淡々と夏休みのこどもたちがいる映画です。

夏休みが終わるとき、ちょっとたくましくなったこどもがいて、そこに相変わらずのオトナがいるところが、とてもカッコいい、とボクは思う映画です。


夏休みのこどもは、無邪気なままかわらないところと、どことなくふっとかわってゆくところが混在していて、ただ見ているだけですが、そのどちらもに心地よさを感じています。

今年もいい夏でした。

遊びに来てくれたみなさん、こどもたちをいっしょに迎えてくださったオトナのみなさん、ありがとうございました。








by e.wash-r | 2019-08-20 23:23 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2019美濃四十八座 西光寺真宗講座 清岡隆文師
b0029488_23473130.jpg

b0029488_23473265.jpg

b0029488_23482008.jpg

b0029488_23473509.jpg

根尾・西光寺真宗講座夜座のお聴聞。

ご講師は、清岡隆文先生。

清岡先生は、30年前の中央仏教学院の七祖講義の先生です。当時より、溌剌としていらっしゃるような気がしました。

山間部ということ、夕立ちがあったこと等々で、比較的気温は低かったようですが、蒸し暑い夜でした。昼は、酷暑にもかかわらず、満堂だったそうです。

午後9時過ぎ、根尾川沿いの暗い山道は、お聴聞を終え家路につく方の車で渋滞。岐阜まで33kmの標識のある山間の地の車の列、ありがたいとことです。

by e.wash-r | 2019-08-19 23:13 | お聴聞 | Comments(0)
朝日のあたらない寺
b0029488_09414217.jpg

b0029488_09414413.jpg

b0029488_09414581.jpg

台風で飛ばされた枝葉で、境内は、荒んだ風情。

10時半から上げ仏事。

東の山は、東の風を和らげてくれるのですが、東からの陽射しも遮るので、当寺は、“朝日のあたらない寺”です。

朝、暑くても、地面はまだまだ湿っていて、濡れ落ち葉が張り付いたまま。

せめて、山門・参道・向拝という参拝ラインくらいは、落ち葉を取り除きたいと思い・・・。

帰省している若院に、朝のおじょうはんを任せ、ボクは、なんとか体裁を整えようと境内の掃除。

ブロアで山門の石段周辺の落ち葉を飛ばしているとき、昨晩遅く帰ってきた若院が、眠そうな顔でおまいりに出かけて行きました。

おまいりは、ボクも若院もなんとかできる
掃除は、たぶんボクのほうが上手い

と、いうことで、まずまずの分業成立です。












by e.wash-r | 2019-08-18 09:12 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
平膳帰還 ーお世話になりましたー
b0029488_17240120.jpg

b0029488_17240366.jpg

b0029488_17240510.jpg

預かっていただいていたお斎用の平膳が帰還。

4月、当寺若院の結婚式の前々日、改装中の庫裡2階の水道管のジョイントが外れ、ご門徒さんお接待の部屋、新婦新郎の控えの間、什器を収めた部屋が水浸しになりました。

文章では、上記の通りなのですが、当時の現場は、絶望的にカオスでした。

そのときから、Kさんに、ずぶ濡れになった大量の御膳類を、丁寧に洗い直した上で、預かってもらっていました。結婚式直前の会場(庫裡)の危機的状況を無事回避できたのは、K家のみなさまの献身とご厚意のおかげです。

若院が帰省したので、長い間預かってくださっていた御膳を引き取りに行きました。

お仏間の半分ほどを占拠している当寺什器を見て、あらためて、ご厚意に感謝した次第です。


50年ほど前、当寺本堂、庫裡再建のときは、什器、家財道具の大半は、隣家T家の2階に預かっていただいていました。その隙間で遊んでいたことを思い出します。


当寺の場合、ちょっと甘え過ぎかもしれませんが、つくづく、お寺は世話になって成り立っていると思います。

裏山で、ミンミンゼミが鳴き始めました。



by e.wash-r | 2019-08-17 17:23 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
台風一過
b0029488_21060196.jpg
b0029488_21060250.jpg
b0029488_21060722.jpg

台風一過。

立秋が過ぎたとはいえ、さわやかな秋空というわけにはいかず、それでも、半分、なつぞら。

本堂のことが気になって、昨晩は、1時間おきくらいに境内散策。

午前2時過ぎの突風が、ピークだったような気がします。その後も、風はざわざわしていましたが、こちらは、3時半ごろ、力尽きました。

朝、一通り見て回った限りでは、仮設のシート等は無事でした。

本堂内は数カ所で雨漏り。過去の被害と違う場所でも。また、内陣の天井に穴。吸い上げられた?みたい。

帰ってきたのが夜なので、全境内しっかりチェックしていませんが、たぶん、大きな被害はなさそうです。


朝の伊自良川は濁流でした。水量は今年2番目くらいですが、濁り具合はかなりでした。上流で何かあったのかもしれないと思いました。

20日の「夏休みこどもの日②」の川遊びが気になるところですが、夕方には、赤茶色の濁流ではなくなっていたので、一安心。

20日は、出水後の、最高の流れで遊べるかもしれません。

明日から、土・日。嗚呼。

お盆からツクツクボウシが鳴き始めましたが、まだ、ミンミンゼミが鳴きません。



by e.wash-r | 2019-08-16 21:05 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
盂蘭盆会 ー散華楽ー
b0029488_22422594.jpg
散華楽
b0029488_22434947.jpg
喚鐘
b0029488_22435046.jpg
讃嘆
b0029488_22422933.jpg
野分
b0029488_22423128.jpg
この秋は・・・


台風10号が近づくなか、予定通り盂蘭盆会。(かき氷は中止。)

いわゆる初盆を迎えられる方々から、何件も電話がありました。

「台風でも、おつとめはありますか?」
「台風なので、ご無礼します。」等々。

住職としては、

“仏法は世間のひまをかきて聞くべし”
“如燈風中・・・強健有力時・・・”
“いろはにほへどちりぬるを・・・”

と、誘うべきなのでしょうが、世間に媚びる軟弱者のボクは、「くれぐれもご無理のないように。」と、耳触りのよいことしか言えませんでした。

暑いので、風のなか、本堂の戸を開け切っておつとめ。お飾りの蓮の花は飛ばされ、蝋燭の炎は激しく揺れ、輪灯の燈は消え・・・

でも、外陣の畳には、境内の百日紅の紅い花がいく片も舞い込んで、“散華楽”。

風雨のなか、ようこそのおまいりでした。





by e.wash-r | 2019-08-15 21:57 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
盂蘭盆会準備 ー台風前夜ー
b0029488_00061225.jpg

ただ今、23:50。椅子等のモノが全て片付けてあったお泊り会モードの本堂から、盂蘭盆会モードへの模様替え完了。カッコよく言うと、盂蘭盆会のお荘厳完了(ちょっとニュアンス違いますね。)

台風が近づいているので、明日は雨の予報。当寺は雨に弱いので、法要後のおふるまいのかき氷は、早々に中止と決定しました。

暑さに弱い夏休みの学校のプールの話を聞いて、そういう時代なんだと遠目に眺め、なんだかなあ、と思っていましたが、自坊も似たような状況でした。

盂蘭盆会のあと、上げ仏事を勤めて、雨戸しめようと思っています。

“嵐の前の静けさ”ですが、ムッチャクチャ蒸し暑いです。



*写真は、強力な蚊取り線香。今年は、今のところ出番なし。



by e.wash-r | 2019-08-14 23:55 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
お盆
b0029488_15540987.jpg
台風が気がかりではありますが、快晴。

猛暑のまま突入のお盆です。

法務は、いつもより忙しくても、その他のことは何もなし。なんにも考えずに(実際は煩悩のおもむくままにたわごとそらごと巡っているのでしょうが)、いつもよりおだやかな気分で、おまいりまわっています。

気持ちに余裕があるお盆のあいだに、滞っていた過去のlogをボチボチUPの予定。



.



by e.wash-r | 2019-08-13 15:53 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
コウモリの行方
b0029488_23531689.jpeg

こどものころ、夏休みになると、よく「黄金バット」の再放送をしていました。

こどもには、なんとなく心地いいマンガではなかったような記憶。(実写も)


倉庫にコウモリがいました。

夏休みの「黄金バット」の暗い(涼しい)イメージからすると、よくもまあ、こんな蒸し暑いところにいるなあ、と。

ボクに驚いて、まひるの強い日差しの中へ飛んでいきましたが、どこかに、暗くて涼しい洞窟があるといいね。









by e.wash-r | 2019-08-12 23:36 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2019 夏休み こどもの日 1
b0029488_01053638.jpg
おまいり
b0029488_01053743.jpg
勉強1
b0029488_01065479.jpg
勉強2
b0029488_01065681.jpg
遊ぶ
b0029488_01054001.jpg
カレーロード
b0029488_01073328.jpg
木陰で
b0029488_01073459.jpg
記念写真
b0029488_01073534.jpg
川遊び
b0029488_01092906.jpg
真夏


「夏休み こどもの日」と称して、こどもと遊ぶ日を設けて3年目になります。

きっかけは、3年前の7月、「社会を明るくする運動」のチラシ配りをした後、喫茶店で涼んでいるときに、Kさんが言ったこと。

「夏休み、町のコンビニには、お昼ご飯を買いに来るこどもがいっぱいいます。」


昼間、ひとりでひまな子のために、何かできないかなあ、と考えたのがはじまりです。今から思うと、ちょっとカッコつけすぎな理由でした。

衰える体力気力、日程等を考えると、夏休み3回が限度。ゆるいプログラムでということになりました。今年は、さらに体力気力が衰えたので2回です。

一応、朝から夕方まで、昼食付きで、こどもをお寺に迎えよう、というつもりでした。

でも、それは思い上がりでした。

今日、今年1回目の「夏休みこどもの日」を終えて、つくづく今思うこと。

「こどものために何かできないか。」などというのは、勘違いのスケべ心でした。ボクには、そういうことは無理。あえて言うなら、それは行政の役目です。

では、なぜこんなこと繰り返しているんだろうと漠然と考えてみるのですが、合理的な答えは「ボクが大好きな川遊びを、こどもたちもすればいいのに。」くらいしか思いつきません。

こどもも、お母さん方も、友だちも、ご院さん方も、みんな、ボクのわがままに付き合っってくださった、というのが、現実のような気がします

ボクが遊んだということ。たぶん、お付き合いくださった方々も、楽しかったに違いないと勝手に思ってはいますが。

危険な暑さのなかでしたが、少なくともボクは楽しかったです。



こどもたちと、みんなで10種類くらいの魚は捕まえよう!と入った川。一部のこどもたちは、漁師のようになっていました。

捕れたのは、

カワムツ
オイカワ
アブラハヤ
ヤリタナゴ
ウキゴリ
ヨシノボリ
ドジョウ
スナヤツメ

の8種。

ちょっと10種類には届きませんでした


ふたりの友人とふたりのご院さんが一緒に川に入ってくれたので、ボクはいつもより余裕がありました。こどもたちと魚とりもできたし、仰向けに川に浮かんで涼むこともできました。

ボクのわがままに付き合ってくれた全ての人に感謝です。












by e.wash-r | 2019-08-09 23:08 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(1)