タグ:お寺のこと ( 1730 ) タグの人気記事
福満寺さんの花まつり
b0029488_01002559.jpg

4月15日、福満寺さんの花まつりにおまいり。

ご門徒さん方は、前住職さんが植えられた満開の八重桜・枝垂れ桜の下で花見、別当を食べられたあと、おつとめとお聴聞。

福満寺さんは、地域の方々が、みな門徒さん。当たり前のようですが、岐阜の本願寺のお寺では、意外と珍しいことです。

当寺の場合、歩いてまいられる方がほとんどないので、近所から集まってみえる雰囲気をうらやましく思います。


ゆっくりはできなかったのですが、お座のあと、境内でご住職と少し歓談。

ご住職は、動物について非常にお詳しい方です。

春休みには、こどもたちを招いて、境内や裏山に、フクロウとムササビの巣箱をかけられたそうです。現在、センサーをつけて、観察中のムササビの巣箱が、本堂の前の木にかけてありました。

次は夜、懐かしいムササビの鳴き声を聞きにおじゃましたいと思います。






by e.wash-r | 2018-04-19 23:42 | おまいりにて | Comments(0)
岐阜別院、16日の朝粥
b0029488_22203556.jpg

b0029488_22203702.jpg


S師からご案内、お誘いをいただいたので、岐阜別院の親鸞聖人の月命日のお朝じにおまいり。

総燈明の本堂で、7時より、日没礼讚偈 ・信心獲得章・ご法話。その後、香光殿で、仏教婦人会の方々の朝粥のお接待を受けました。

16日お朝じのこのようなかたちは、昨年の秋からはじまったと聞いています。

他の法要や地域行事の当番、スキー、うっかり忘れていたこと等々が重なり、気にはなっていたのですが、今回がじめておまいりです。

先般の怪文書?には、どちらかと言うと批判的なことが書いてありましたが、はじめておまいりしたボクの感想は◎です。

住職としては、必ずまいるということは微妙なことですが、今回おまいりしてみて、ときどきご門徒さん方を誘おうかな、と思いました。

ひとつ新しいことをはじめるということは、なかなかたいへんなことです。丁寧なお手間入りの賛嘆と他力お聴聞のご縁がイベントとして終わらないように、またおまいりできたらと思いました。

おつとめ、準備、案内の方々に感謝。



by e.wash-r | 2018-04-16 21:40 | おまいりにて | Comments(0)
本典勉学会201804 安方哲爾先生
b0029488_22461486.jpg

本年2回目、本年度大1回の本典勉学会。ご講師は、安方哲爾先生。

葬儀があり遅刻。4講の2講目から本典信巻の講義を聞きました。最初から聞いていれば、わかったのかと言えば、そんなことはないのですが、途中からだと、先生の声だけが聞こえ、文字だけを追っているという感じ。ぜんぜん頭がはたらかないまま、時間が過ぎました。

いつものことですが、ときどき、コマーシャルのように入れてくださる他力のトピックにうなづくのが精一杯。

先生のことばを断片的に追うノートしかとれませんが、他力について、ボクたちが陥りがちな誤解についてお話ししてくださったことについては、なんとかメモできたと思います。

どうしても顔を出したい寄り合いがあったので、2・3講のあと、4講目を聞かずに早退。重なるときは重なるものです。


午後10時過ぎ、法友から、まだ玉宮町で先生と一献かたむけている、との情報。寄り合い先の土岐から直接、岐阜の街へ。

先生を師と仰ぐU師、O師と先生が、静かに飲んでいらっしゃるところに混ぜていただきました。いろいろお聞きしたかったことも聞け、正直、ヘロヘロに疲れていましたが、いい時間でした。



遅れて居酒屋に入った途端、先生は「髪の毛伸びてますね。」とおっしゃいました。確かに、いつになく伸びています。

ボクとしては、髪の毛を切るタイミングを逸しているだけのことですが、ある意味、見た目がすべて。人間、とりあえずは外観なんですね。話の主題とは別に、ちょっと勉強になりました。


深夜、寺に戻って、坊守と若院に、楽しかったいろいろを話そうと思ったのですが、もう寝るからと、全く相手にされませんでした。



.




by e.wash-r | 2018-04-11 22:04 | お聴聞 | Comments(0)
わらび採り、とか
b0029488_11155120.jpg
b0029488_11155873.jpg
b0029488_11160730.jpg
b0029488_11161471.jpg
b0029488_11162109.jpg
b0029488_11162762.jpg

小学校の入学式。

午後からだったので、午前、ひましているということで、あてもなくネタを探してlogをあげている次第。

昨日は、おまつり。「はなまつり」の日でもありましたが、当地では、多くの在所で「村のおまつり」。そういうわけで、日曜の午後、ひまだったので本堂の掃除をしました。

戸を開けきった本堂から裏山を見ると、もう葉になっているわらびが見えました。

適当に掃除をすませて、裏山へ。

ちょっと遅かったみたい。ワラビもタラの芽もコシアブラ(当寺ではヤマミツバとよんでいます。)も、伸び切ったあとでした。タラの芽とコシアブラはあきらめ、ワラビだけを採取。ほんの一握り、おひたし2回分くらい。

寒の戻りで小寒いですが、雑木林はしっかり新芽を吹いて、鮮やかな新緑のひとつ前の風情になっていました。

畦地梅太郎さんの「山笑う」という春の山を描いた絵があります。

坊守が調べたら、「山笑う」というのは春の季語で、四季それぞれに、

春 山笑う
夏 山滴る
秋 山装う
冬 山眠る

と山を形容するのだそうです。

春 眠い
夏 茹だる
秋 食べる
冬 太る

只今、過去最高体重。なんとかしないとね。

アジャスター付きの礼服の恩恵を受け、午後、入学式に行ってきます。






.




by e.wash-r | 2018-04-09 11:17 | そらごと、たはごと | Comments(2)
生臭坊主
b0029488_02093204.jpg

堀川通りを挟んで、本願寺前には仏具屋さん・お香屋さん・旅館等が並んでいます。

その中のひとつ「魚岩旅館」。安居の方々が、泊まり込まれる宿としても有名です。

旅館の建物に、大きく「魚岩(うおいわ)」と書いてあるのですが、ボクには「岩魚(イワナ)」にしか見えません。












by e.wash-r | 2018-04-06 23:10 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
ジンクス ー今年はじめての草刈りー
b0029488_22095295.jpg

一泊旅行が日帰りスキーになって、日帰りスキーはお葬式になりました。ということは、還骨のおつとめのあとの会食が終われば、ヒマ。

午後4時から境内の掃除。12月以来の草刈り。草刈り機もブロアも一発始動。それだけで気分爽快に野良仕事がすすみます。


草刈り中、Mさんという方がおまいりにみえました。境内で30分ほど歓談。

4年前、当寺でつとめた黒野組の報恩講におまいりされたそうです。そのときの”いとこ煮”が懐かしくて、たまたま近くを通ったのでおまいりした、とのこと。

4年前、当寺が当番でつとめた黒野組報恩講。組でつとめるからには、一寺の報恩講より賑々しいのが当たり前、という考えのもと、門徒さんたちとできる限りの準備をして迎えた組の報恩講でした。なぜか、最初で最後だったみたいですが。

そのとき必死で取り組んだお華たてやお華束盛り・いとこ煮が、その後の当寺の報恩講に生きていることに加え、そのときの”いとこ煮”を、報恩講の味としておぼえていてくださる方があるということ、必死で組の報恩講をお迎えしてよかったなあと思います。

「お座や寄り合いをするときは、ふるまいをしなあかん・・・」と、いつもおっしゃっていた総代さんのことを思い出します。


草刈りのあと、ブロアで吹き飛ばし掃除。

そこへ、お墓参りのDさん。門前を掃除しているボクを見て、「ご院さんの仕事っていろいろあるんやね。」とねぎらってくださいました。

いつも広大な庭の手入れをしていらっしゃるDさん。掃除道具としてのブロアの話で盛り上がりました。とりあえずきれいにするには、ブロアは最高の掃除道具のひとつである、と意気投合。(丁寧な掃除にはむきませんが。)


今日も、『たまにのんびり仕事していると、おまいりの方がいらっしゃって褒められる』といういつものパターンでした。


掃除ついでに、真っ暗な田んぼ道を20分ほど自転車で走りました。久しぶり。半袖が少し寒いくらいでしたが、心地よかったです。





.







by e.wash-r | 2018-04-02 22:12 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
春のお茶  かるーいかる~いお誘い

b0029488_23583690.jpg
b0029488_23584314.jpg
お茶の稽古を続けてきたこどもたちが、免状をいただきました。


お祝いに、ちょっとおめかしして、春休みのお茶会をすることになったそうです。


4月3日、午後2時から、準備をはじめます。
3時頃には、お茶をおふるまいすることができそう?!



普段着で、お楽しみに、お茶一服いかがですか?
かる~いかる~い、お茶のお誘いです。


日時  4月3日 午後3時頃から 随時しばらく
場所  正蓮寺




.




by e.wash-r | 2018-04-02 00:03 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
泥遊び
b0029488_10545461.jpg
b0029488_10553936.jpg
b0029488_10554588.jpg

午前の法事が、当家の都合で急遽延期になりました。

ぽっかり空いた時間、のらりくらりと過ごす贅沢。なんとなく、予定通りの空き時間よりうれしい。


Yさんの情報に刺激を受けて、楽しそうに蓮の植え替えをしている坊守の手伝い。

ボクは積極的ではなく受動的ですが。(あえて、積極的の対義語の消極的ではなく受動的を使用)

要するに、頼まれたのでやっているけど、やっているとそれなりに楽しいということ。


春休みなので、遠くでこどもの声が聞こえます。いい天気です。















by e.wash-r | 2018-03-29 11:22 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
こども会本山参拝アルバム ー本願寺と京都動物園ー
3月27日、岐阜教区少年連盟本山参拝
130人のこどもたち(当正蓮寺8人)と本願寺参拝後京都動物園へ

b0029488_06082765.jpg
6:20 正蓮寺のほとけさまにごあいさつのあと岩利出発
b0029488_06110059.jpg
10:30 本願寺着 一番乗り 快晴
b0029488_06103792.jpg
御影堂でおまいり
b0029488_06102649.jpg
調声は、超宗寺こども会Rくん・委員長さん・超宗寺ご院さん
b0029488_06101729.jpg
らいはいのうたのおつとめ
b0029488_06100729.jpg
新6年生の代表焼香
b0029488_06095997.jpg
御影堂向拝で記念撮影
b0029488_06095096.jpg
阿弥陀堂前を行道
b0029488_06094200.jpg
昼食は聞法会館 正蓮寺男組はベランダ
b0029488_06092471.jpg
京都動物園 ナックルウーク
b0029488_06091485.jpg
京都動物園 熱帯館
b0029488_06093603.jpg
お楽しみ
b0029488_06085855.jpg
観覧車から
b0029488_06085296.jpg
18:45 4号車無事帰還
b0029488_06084416.jpg
20:00 Rくん家おじょうはん
b0029488_06083815.jpg
21:00 Fくん、Sちゃん、Kくん家おまいり




今年は、岐阜教区としても当寺としてもちょっと少ない参加でした。

3月とは言え、桜が満開の暖かな快晴の一日。花粉症の子にはちょっとつらい日和のようでしたが、楽しく無事に本山におまいりし、京都動物園で遊んできました。

お寺を出発してから帰ってくるまで12時間以上、その半分はバスの中。こどもたちは、終始ハイテンション。ガイドさんとこどもたちの掛け合い、こどもたちの奇妙な会話を、ボクはをうつらうつら聞いていました。

本願寺御影堂の中は、凛とした寒さ。Rくん調声のもとお念仏。お話しがなかったような気がするのですが???。

京都動物園は、リニューアルして小さな工夫がいっぱい。最新の娯楽施設に対抗しない、迎合しない、アナログなのんびりしたいい感じです。ボクたちがこどものころのよう。

寺に帰ったのは、真っ暗な7時。お迎えのまま、塾に行く子もいました。


ブラックな社長兼従業員のボクも、8時・9時とおじょうはん。

たまたま、15年くらい前に、こども会の本山参拝に一緒に行ったRくん家、Fくん・Sちゃん・Kくんの家のおまいり。懐かしい話。

ヘトヘトなのは、歳のせいもありますが、たぶん昨日のスキーの疲れです。







by e.wash-r | 2018-03-27 23:06 | おまいりにて | Comments(0)
御絵伝の軸箱新調
b0029488_21250903.jpg
b0029488_21251517.jpg
b0029488_21252049.jpg

御絵伝の軸箱を新調しました。

今までの桐箱は、たぶん、200年位前に拝受したままのもので、一箱に四幅を収める形式。その桐箱に痛みがあるので、「保管」の観点から、今回、一幅づつ四つの桐箱に納めることにしました。

今までの桐箱・包み紙等は、そのまま大切に保存します。


新しい桐箱に、『御絵伝 一之巻』・・・と表書きしたいのですが、練習して、その気にならないと無理。しばらく、気が重いだけの時間が続きそうです。識別用に付箋紙貼るだけになるかもしれません。




.


by e.wash-r | 2018-03-25 23:02 | 智慧と慈悲 | Comments(0)