タグ:お寺のこと ( 1901 ) タグの人気記事
屋根裏部屋
b0029488_23374631.jpg
b0029488_23380768.jpg
b0029488_23381400.jpg
b0029488_23382533.jpg
b0029488_23383205.jpg

昔の庫裡の土間の屋根裏は柴(焚き物)置き場でした。

今の庫裡の屋根裏を物置にすることになり、只今作業中。


土曜、大工さんのY村の方々が、ひとり、またひとりと、手伝いに来てくださいました。こども、女性、おっさん、延べ合わせて7名。

山の下草刈りや溝さらえ、堤防の草刈りのようなノリです。大工さんのお人柄といつも和やかなY村の雰囲気そのままです。感謝のみ。


実は、少し前まで、大工さんはY村の秋葉神社を新築中でした。秋葉神社が出来上がったら、庫裡の改装をお願いしようと思っていたところでした。

そこへ、大工さんから、秋葉神社は秋のお祭りまででいい、先にお寺の二階(大工さんの思いは、若の住むところ)やろう、と。

庫裡のことは知り尽くしている大工さん。屋根裏を物置にして、邪魔なものをそこに押し込んでから改装、という手順まで考えてきてくださっていました。


大工さんと相棒のYさんといっしょに、連日ティータイム。空いた時間の楽しみになっています。昔話をいっぱい聞いています。

この先、もうこういう豊かな時間を過ごすことはないかもしれない、そう思うとなんとなく寂しい気も。

お寺を開放し、こどももおとなもぼーっとできる居場所にしようという試みを見聞きしています。形はいろいろあるんだろうけど、例えばこういうことなんだろうな、と、田舎のお寺の未来のことを思ってみました。





.







by e.wash-r | 2019-02-16 23:39 | ふるさと | Comments(0)
バレンタインデー
b0029488_04423553.jpg


午後、Mさんが来寺。

なんとなく急いでいらっしゃるようなので、玄関先で名残惜しく話していると、そこへ、S師来寺。

Mさんは、この後、S師にもチョコを届ける予定だったそうで・・・。

それなら、ということで、庫裏にてチョコ贈呈式とティータイム。

Mさんの孤高の一乗谷踏査のレアな話を聞きながら、ボクたちおっさんは、蕎麦+一乗谷というのもいいなあ、と軟弱プランを夢想したのでした。

一乗谷、春は桜がきれいだそうです。





by e.wash-r | 2019-02-14 23:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
三世代
b0029488_06451432.jpeg

b0029488_06455518.jpeg

2月11日・月、今月2回めのお茶。
(法務だったので、坊守からの見聞です。)

4名の参加。

受験生のIちゃんが勉強の息抜き?に、きれいなお点前。祝日ということで、Mちゃんはスポーツ少年団、Yちゃんは塾ということでお休み。

休日のこどもそれぞれ。

最後は、お迎えにいらっしゃったIちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん、Aちゃんのお母さんもいっしょに三世代の席だったそうです。

このご時世に、めでたしめでたしです、とその場にいないのに思っています。

なお、ボクも三世代揃ったお仏事におまいりしていました。

揃ってなくてもいいけど、揃っているのもいいね。
















by e.wash-r | 2019-02-12 00:14 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2019善照寺報恩講
b0029488_00480423.jpg
b0029488_00481209.jpg
b0029488_00482001.jpg

善照寺報恩講におまいり。

と言っても、休日なので、法務の合間の一席だけのお聴聞。

ご講師は、大阪より直海玄哲師。

お父様の玄洋先生は父の同期でありボクの先生、玄哲先生は若院の先生。ご縁です。

溢れる知識と経験に基づく「いのち」のお話でした。阿彌陀佛が願われ、見つめられる「いのち」。その願い方、見方に気づいていくことが、信仰のひとつの姿というお話だったように思います。

実際にあった出来事を通して、「いのち」の尊さをかみしめられた方々のお話に、涙する方々が何人もみえました。


ご法話のあと、お座を開きたいということ、お聴聞してほしいということを、切々と述べ挨拶されるご住職の姿。ありがたいなあと思いました。


音声休みの時間、本堂でお聴聞の方全員にお抹茶の接待がありました。とてもアットホームなお座でした。


お聴聞に訪ねた報恩講でしたが、普段あまりおつきあいのない、知らない土地の雰囲気も楽しませていただきました。

今年度の報恩講が終わりました。

.





by e.wash-r | 2019-02-11 00:48 | お聴聞 | Comments(0)
夜噺(よばなし)
2月3日分

b0029488_02190497.jpg
b0029488_02191436.jpg
b0029488_02192217.jpg
b0029488_02192804.jpg
夕方から、冬の夜を楽しむ「夜噺(よばなし)」という茶事が行われました。

法務があり、終わりがけのほんの少しだけ。短い時間でしたが、夜のお茶事の雰囲気を十分に楽しませていただきました。

暗いということ、ろうそくや行灯の灯りのなかということ。電気の明かりに慣れてしまった今では、一層趣があるような気がしました。

ボクの経験、感覚からすると、山のテントの夜とかの雰囲気に似ているなあという感じです。

お茶席の会話の中で、つい「今は電気の時代だから、薄暗い中でのお茶事は特別なことのように思うけど、利休の時代、夜にお茶を飲もうとお思ったら、ろうそくや燈明の灯りのなかで、というのが普通というか必然だったんでしょうね。」と言ってしまいました。なんとなく、わざわざ電気を消して、淡くゆれる昔の灯りのなかでの茶事を、特別に設えてを楽しんでいるみなさんには、ちょっと失礼だったかもしれません。

母のことなので、あまり褒めて書きたくないのですが、この茶事に向けた意気込み、何日も前からひとり淡々と準備してきた姿には頭が下がります。そういう気力を見ていると、一期一会とはこういうことなのかなあと思います。これが最後のご縁かも知れないと言うほどの鬼気迫るものがあるわけではありませんが、なんとなく・・・。

夕方の5時から夜中の10時頃まで、存分に楽しまれたみなさん、本当に楽しそうでした。お茶の作法等々は正直ちょっと苦手ですが、なんでもいいので機会を見つけて楽しんでしまおうというお茶のスタンスはいいなあと思います。

いい冬の夜でした。






.


by e.wash-r | 2019-02-07 23:52 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
歩いておじょうはん
b0029488_08595938.jpg
b0029488_09000549.jpg

夕方、久々に歩いておじょうはん。

お寺から一番近いご門徒さんの家まで約400m。2番めに近いご門徒さんは約1km。そういうわけで、歩いていくおまいりは、ほぼ1件。

ところが、一番近いご門徒さんのおまいりの場合も、続いておまいりがあると車で行くことになるので、ほとんど歩いて行くことはありません。

たまたま、今回は続きのおまいりがなかったので、歩いた次第。足が痛いときに限って巡ってきたご縁。そういうものです。

(約1kmのご門徒さんのところへも、歩いていけるといいのですが、なんとなくいつもそうできないのは、気持ちに余裕がないからだと思います。)


今年は、一度も雪が積もっていないので、道端のススキが寝ていませんでした。



.




by e.wash-r | 2019-02-06 23:46 | おまいりにて | Comments(0)
大工さん
b0029488_20423769.jpg

午後、追われて年度末事務等々。

そこへ大工さんのSさんとYさん。当家の主治医みたいな方々で、庫裏台所の大改造をしてくださった名コンビです。

母が押入れの改造をお願いしたそうです。ボクは何のことかわからないのでお任せ。

あっという間に仕上がったあと、Sさんが、2階の改造の相談をしよう、とおっしゃいました。

坊守が、基本的な設計をし、すでに工事の依頼をしているそうで・・・

前坊守・坊守の猪突猛進に、ボクは、後手後手ながら、必要な手続きを進めていくお役のようです。

女性に翻弄されるのは男の本望?なのかもしれませんが、あくまで個人的な見解としては、女性に依存すると思います。









by e.wash-r | 2019-02-05 20:06 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
2019正源寺報恩講
b0029488_00513577.jpg
b0029488_00512757.jpg

正源寺報恩講お日中におまいり。

例年、参道を登っていくとき、背景の山と青空と六金色の吹き流しがきれいなのですが、今年は曇天。寒中なのに暖かく風がなく、例年と違う雰囲気でした。暖冬です。

葬儀が重なったそうで、ご住職の代わりに前住職がご出勤なさいました。おつきあいのお寺さんの中では、最も高齢のご院さんのおひとりです。

おまいりの大好きなご院さんではありますが、老体に鞭打っておつとめされるお姿を拝見するに、ボクはいつまでできるんだろうかと考えずにはいられませんでした。


おまいりの帰り、本堂の六金色の幕を見上ると、喚鐘がふたつ。今まで気づきませんでした。

実際、どう使われるんだろうか?と想像しながら、意外と、ふたつ同時に撞くのも趣があるかも知れないと思いました。

ふたつの鐘の音が、完全にシンクロすることなど不可能に近いわけで、微妙な、あるいは激しい音のズレが生ずると思います。なんとなくですが、その音のズレ具合が、日本的なそこはかとない妙音を奏でるような気がするわけですが、如何。


2月10日、善照寺報恩講の直海先生のご法話をなんとか時間をやりくりしてお聴聞したいと思っています。10月の終わりから続いた報恩の講の季節もいよいよ終わりです。




.




by e.wash-r | 2019-02-02 23:25 | おまいりにて | Comments(0)
「秋鳥は拾え、春鳥は拾うな」
b0029488_01572327.jpg

境内でメジロが死んでいました。

死んだばかりのような気がします。とてもきれいでした。

写真を撮って、InstagramにUPしました。

エコロジストのMさんから、『昔から「秋鳥は拾え、春鳥は拾うな」と言われています。できれば素手で触らないようにしてください。』というコメントをいただきました。

野鳥の春の死には、何かがあるということなのだと思います。ご指摘、深く受け止めました。

残念ながら、「秋鳥は拾え、春鳥は拾うな」というフレーズでは、検索に引っかかる俚諺はありませんでした。

まだまだnetでは調べきれない叡智というものがあることも、同じく深く受け止めたいと思いました。


あまり関係ありませんが、将来AIに席巻されるかもしれないことを思うと、秘め事は多い方がいいのかな、と思った次第。



.




.


by e.wash-r | 2019-01-30 23:21 | ふるさと | Comments(0)
台風被害の保険申請手続き
b0029488_01503621.jpg
b0029488_01504860.jpg
b0029488_01504215.jpg
本日、昨年(2018)の9月4日の台風で傷んだ本堂・山門・書院等の修復見積りがほぼ揃ったので、保険会社さんにへ行って手続きをしてきました。

単純に、被災した部分の修復見積りですが、ここに至る過程は相応のものがありました。原状復元が保険の目安なのだそうで、業者さん方には、ずいぶんと無理を言うことになりました。

幸い、50年前の設計図・契約書等が残っていたので、それに従っての見積もり。それに対して、これからは、保険会社さんの査定がはじまります。被災状況と建築資料に沿った見積もりなので、補償額は、クリアで厳密に算定されることになると思います。


ただ、気になることが2点。

ひとつは、建物の価値のこと。建物の価値を高く評価されると、割合として補償額が減るということ。(ちょっと難解)

ひとつは、山門などは、保険の原則である現状復元をめざすと、技術的にも金額的にも、とんでもないことになってしまうということ。業者さんは、現状復元ではない安全対策という形で見積もりをしてくださいました。


なんとなくですが、ここまでのわずかな経験でも、今後起きてきそうな問題点が見えてきています。

愚直に見ていくつもりでいます。ただ、お寺のことなので、誰ともいい関係でいたいし、門徒さんのお寺なので、そのためには妥協できない厳しい対応も時には必要だろうし、住職の力量が試される日々がしばらく続きそうです。苦手なんですよね、こういうこと。


保険会社さんの自動ドアを入った途端、30連発ぐらいのくしゃみとともに、鼻がつまり、涙目。ひょっとして、アレルギー?

補償金と引き換えにアレルギーというのは、どう考えても割に合いません。保険金払っているんですから。

もうすでにプレッシャーに負けているのかも・・・。




.



by e.wash-r | 2019-01-29 23:10 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)