タグ:お寺のこと ( 1834 ) タグの人気記事
下間家とH村
b0029488_18301920.jpg
となりのH村



下間家は、代々坊官として本願寺を支えてきた家系です。


長男から、面白い記述を見つけたと連絡がありました。

親鸞聖人に帰依し、初代下間を名乗った下間宗重の出自がH村という文献があるというのです。H村は、当寺創建の村でもあります。

相応の書物の記載ですが、模索中のことでもあり、このlogがひとり歩きしないためにも、一部伏せ字で以下記述します。



某出版社人名事典、某村村市より


****が、美濃国H村に住んでH氏を称したという。
その子孫宗重は、親鸞の弟子となり、下間氏を称した。


以下、手前味噌の超略年表


親鸞聖人の時代  H村H氏宗重、親鸞聖人に帰依
         宗重、下間を名乗る
                               以降下間家は本願寺を支える

蓮如上人の時代  H村に「西蔵房」創建
                                 (少なくともこの時代以前)

顕如上人の時代  H村より石山戦争に出兵
         「西蔵房」H村から現岩利村に移転

准如上人の時代  「西蔵房」、「正蓮寺」公称


何があったんでしょうね。下間家との関係が深いZ寺さんに何か資料・口碑があるかも知れません。


ボクは歴史というものについて、非常に懐疑的です。史実はひとつなのでしょうが、見方は様々であり、もっと言うなら、後のものに都合のいいように解釈され、または確信犯的に書き換えられているモノだと思っているからです。

どうしても、歴史に現れない史実、消された事実があるという偏屈な見方をしています。

そういうボクの思いからすると、「何があったんでしょうね。」というのは、残せなかった事実があるんだろうな、という可能性も含んでのこと。模索は楽しいですが、なんとなく、有象無象の上に成り立つ今を思うと、複雑な心境ではあります。


歴史に消えていった、あるいは塗り替えられた、何かがあったんでしょうね。






.





  

by e.wash-r | 2018-10-22 18:44 | ふるさと | Comments(0)
本願寺参拝と大谷本廟納骨
b0029488_22122774.jpg
阿弥陀堂門にて
b0029488_22132927.jpg
御影堂の縁を通って、まず阿弥陀堂へ
b0029488_22125016.jpg
開闢法要
b0029488_22133822.jpg
白洲を食事の場所へ
b0029488_22135013.jpg
御影堂をバックに
b0029488_22142001.jpg
大谷本廟仏殿の棟
b0029488_00133021.jpg
仏殿での法要
b0029488_09464688.jpg
明著堂前で記念撮影

6:30 正蓮寺発
10:00 本願寺着
10:30 阿弥陀堂にて開闢法要
10:50 御影堂参拝
11:00 書院拝観
12:00 昼食(おときor東急) 
13:00 本願寺発
13:15 大谷本廟着  
13:30 無量寿堂納骨・祖壇納骨・自由時間
15:30 大谷本廟発
19:00 正蓮寺帰着

夏の暑さのせいか、冷え込みのせいか、体調不良等で8人の方が参拝できなくなり、最終的には18名と史上最少。運営ということでは、大赤字です。申し訳ないことに、懇志減らしました。

44人乗りのバスに18人は、ちょっとさみしいことですが、参加者の参拝と納骨の思いが変わるわけではありません。好天に恵まれ、無事、それぞれの思いの参拝を終えることができました。

小心者のうえ団体行動が苦手なので、参拝前日は、これでいいと納得して準備を終えることができず、4時半就寝、5時起床。遠足前の小学生状態。寝不足で、ボクは車中寝るのみでした。

総代さんをはじめとして、参加者ご自身がスタッフ兼添乗員のように動いてくださったおかげで、スムーズな参拝でした。人数が少ないので、いつもよりサービスできるかなと思いましたが、いつもと変わりなし。移動と待ち時間の多い行程を、参拝者側として、どう改善できるのか考え中。




.







by e.wash-r | 2018-10-21 23:51 | おまいりにて | Comments(0)
第26回壮年会例会 (やさしい)正信偈講座8
b0029488_02265060.jpg
b0029488_02265655.jpg
午後7時半より、当寺壮年会例会。8人。ちょっとさみしい人数でした。稲刈りの最盛期なので、と言い訳を考えてみますが、原因は何か気になります。

少ない人数でも、楽しい例会でした。(住職の勝手な思い込みだともっとさみいしいいことですが)

「七高僧さま」の初回。正信偈のご文に入る前の概説。余間の七高僧さまのお軸を、内陣の最前面に懸け直して、見てもらいました。


にわか勉強とはいえ、簡素にお話するためにいろいろ考えるわけですが、簡素にというのは、なかなかできません。今回も、自分で予定した時間内には話が終わりませんでした。



寝不足の日々が続いています。


◆K家お取り越し。ご家族親族集まられて、賑やかなおまいり。お斎もごちそうになりました。お手間入りのおときの品数をこっそり数えました。いとこ煮ほか手作りの鉢盛の品11品とご飯・味噌汁+食後のコーヒーとデザート。こういうお取り越しがまだ続いているということ。たぶん真宗の底力です。
◆自治会長さんと少しお話。当寺が地域の避難場所に指定されるかも知れません。うれしい。


.






by e.wash-r | 2018-10-20 23:24 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2018美濃四十八座 正尊寺真宗講座 安藤秀明(圣一)師


b0029488_02053903.jpg
b0029488_02053369.jpg
b0029488_02054804.jpg
b0029488_02055597.jpg
b0029488_02061086.jpg
b0029488_02060305.jpg

正尊寺真宗講座昼座と夜座(遅刻)のお聴聞。

ご講師は、『人形説き』と『琵琶語り』の安藤秀明(圣一)先生。


昼座は『飴買い幽霊』の人形説き。「なもあみだぶつ」の二種回向を、涙ちょちょぎれそうになりながらお聴聞。

『飴買い幽霊』の伝承逸話を、念仏者の視点で演じてくださいました。『飴買い幽霊』を演じ切られた安藤先生が、最後、赤ちゃんを抱いてほとけさまを仰ぎお念仏される姿は、人形劇であり、ものがたりであり、ご法話であり、今そのままの先生でもある、という不思議な雰囲気でした。美しかったです。完全にご法話です。


夜座は、琵琶語りによる、『親鸞聖人のご一代記』。全4段。

薩摩琵琶の、なんともいえない響きのなかの語りと絶妙のタイミングの解説。ボクの好みの問題ですが、鈍色の五条袈裟と黒衣もいい感じです。途中、関東に伝わる親鸞聖人の『田植え歌』の合唱もあり、ここちよいお聴聞でした。


冠峠を越えてお聴聞にいらっしゃったというお同行。
休憩時間にいただいたとうがんのスープとさつまいものおにぎり。
お座の合間に先生から伺ったあれこれ。

なにもかもがお荘厳のお聴聞でした。「やっぱり、阿弥陀さん」です。



◆黄鐘会案内はがきの裏面に、来年の美濃四十八座の日程を印刷。当寺、来年は、夏座は水杉悟史師、冬座は成照星師にお願いしました。
◆W家で「すだち」の話。冬の実を、報恩講のお飾りにさせていただくお願いをしました。







by e.wash-r | 2018-10-19 23:11 | お聴聞 | Comments(0)
興行寺と本覚寺 ー永平寺町の名刹ー
興行寺
b0029488_09073298.jpg
b0029488_09072429.jpg
b0029488_09071823.jpg

本覚寺
b0029488_09073822.jpg
b0029488_09071251.jpg
b0029488_09070686.jpg


永平寺が有名ですが、永平寺町は、浄土真宗のご門徒の多い地域です。

北陸の浄土真宗の信仰と歴史に大きな役割を果たしている、永平寺町の真宗の古刹におまいりしました。


興行寺
本願寺第五世綽如上人の三男、周覚上人を開基
創建時の名称「華蔵閣」にちなんだ『華の蔵』という宝物殿。
庫裏の欅の一枚板の玄関は圧巻。
銀杏の大木があり、紅葉の名所。


本覚寺
親鸞聖人の弟子にあたる和田ノ信性の開基。
小林繁投手の記念碑。
戦後再建された鉄筋の本堂。
境内は蓮の鉢でいっぱい。


S師と、目一杯、一日休暇を楽しむ予定でしたが、それぞれ急務が入り、10:30から17:30の限られた時間で、走り回ってきました。

そばが目的のようなものでしたが、名刹2カ寺をおまいりすることができました。


岐阜・福井県県境の八草トンネルを往復。
八草トンネルの上は、夜叉ヶ池。
久しぶりに夜叉ヶ池(山)に登ってみたい気分。



◆朝、X家おじょうはん。当主の妹さんと40代の息子さんが、まさに「世間のひまを闕きて」おまいり。おじょうはんはいい慣習だと思う。
◆夜、本願寺団参時の開闢法要について、参拝者との打ち合わせ。



by e.wash-r | 2018-10-17 23:27 | おまいりにて | Comments(0)
10月のお茶
b0029488_23233949.jpg
b0029488_23233259.jpg
b0029488_23234984.jpg

久しぶりのお茶。

久しぶりに4人全員揃いました。

お菓子も充実しています。


◆4世代8人が揃ったお取り越し。数じゃないけど、心地よい。
◆長男から、当地の歴史のイア外な事実を聞く。驚愕。まとまったらlogにします。
◆案内ハガキを出しました。切手を貼っても「郵便はがき」の文字を入れないといけないそうです。
◆あさのおじゅはん。中学生がおまいり。代休だそうです。代休だからといっておまいりする姿に感激。
◆午後、ひたすら事務仕事。PCの調子が悪い。効率が悪い。



.


by e.wash-r | 2018-10-15 23:31 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
先先代の話を聞きました。
b0029488_11122882.jpg

ご門徒さんから、先先代の話を聞きました。

「ご院さん(先先代)に、お坊さんのたいへんなところはなんですか?と尋ねたら、おまいり先で出されたものをきれいにいただくこと、とおっしゃっいました。胃腸が丈夫でないので辛い、と。

ボク自身、こどものころ、厳しい躾を受けたという実感を持っていませんが、“きれいにいただく”ということは、確かに常に言われていました。

昔は、おじょうはん(月忌まいり)もお取り越しも食事をいただくのが常だったと聞いています。


M家おじょうはん。毎回、山盛りの果物。Mさんの懇念です。

「食べきれないので、減らしてください。」とお願いするのですが、「若いから、だいじょうぶ、だいじょうぶ。」と言われ、食べ続けて17年目、約200食。

昔より量が減ったとはいえ、それ以上に、ボクはもう若くありません。がんばります。

翻って、飽食と飢餓の娑婆、食の分配って難しいことですね。




by e.wash-r | 2018-10-11 23:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2018美濃四十八座 林雙寺真宗講座 田村慈水師
b0029488_12185225.jpg

林雙寺真宗講座昼座のお聴聞。

1年前から決まっていたお座ですが、いろいろあって、おつとめの途中で滑り込み、ご法話終わり次第本堂から駆け出すという小忙しいおまいりでした。

至れり尽くせりの本堂は満堂でしたが、ご住職は、まだまだ納得がいかないご様子。今回も、気合を入れて、お誘いされ、準備されたがゆえのことかと。そういう雰囲気を感じるお座でした。

ご講師は、福岡県より田村慈水師。林雙寺ご住職と、得度がご一緒だったそうです。

親鸞聖人が関東の門弟方に送られた手紙をご讃題に、法話とご讃題の関係、親鸞聖人が関東から京都に帰られた理由、京都の親鸞聖人の暮らしを説明してくださいました。

b0029488_12191891.jpg
お座をお荘厳する林雙寺門徒衆の鮮やかな式章。

b0029488_12202091.jpg
満堂。でもご住職は「出足悪いなあ。」と嘆いてみえました。目標高いです。

b0029488_12223228.jpg
林雙寺名物、あたたいあい「芋汁」。ご住職が育てられた里芋入り。

b0029488_12233557.jpg
差し入れのあった柿サンド。おとりもちの方が、「岐阜名産の柿入りだからご講師さんにも食べてもらおう!」とおっしゃっていましたが、福岡も柿の産地です。岐阜より生産量多いと思います。岐阜のも美味しいよというアピールは大切です。(戦後、岐阜の柿栽培は、福岡を倣ったという話を年配の方から聞いたことがあります。ちょっとうろ覚えの不確か情報ですが。)

b0029488_18551176.jpg

受付と本堂にあった財施と法施の案内。大切なことだと思いました。最近、教区も組も「研修」と称して公費でまかなう一見無料の集まりを連発されていますが、ボクは、教団・寺の成立を根本から崩しかねない愚行になる可能性もあると思っています。林雙寺さんのこのご案内、有難かったです。

カバンの中に、過日の「お聴聞の集い」に出すつもりだった懇志袋が入っていました。出し忘れ。反省。そのまま、林雙寺賽銭箱へ。




◆境内・裏山の整備について、Tさんから、いろいろ情報を集めた上でのご意見をいただきました。親身なアドバイス、ほんとうにうれしいことでした。
◆夜のお取り越しのお斎。お手間入りのごちそう。食べすぎました。あと2件のおじょうはん、辛かったです。

.


by e.wash-r | 2018-10-09 23:59 | お聴聞
お取り越しはじまりました
b0029488_23265016.jpg
b0029488_23265546.jpg

お取り越しはじまりました。

当寺の場合、お取り越しは、稲刈り・柿の収穫が終わってから。寒くなりはじめる、おおよそ11月の中旬くらいからがはじまりでした。お取り越し=寒い、というイメージです。

最近は、農作業中心の生活感、季節感が変わってきていることもあり、10月から、だんだんつとめています。

特に、親族を招いて食事を一緒にされるような場合、お取り越しが集中する時節だと、ボクの方の日程調整が難しいこともあり、早い時期におつとめされることが多くなってきたように思います。

この一週間は、どこも家族(親族)揃ってお取り越しのおつとめ、というところでした。


おつとめやお荘厳のしかたは、あくまで人がそう思って為すひとつのカタチなので、良し悪しを言うものではありませんが、「そういうものだと思って昔のままにつとめる」ということ、ほんとうになんとなくですが、いいものだと思うわけです。


仏間の縁に置かれた手洗いと手拭き、お斎の赤飯。しみじみ、今年もお取り越しの季節が来たことを感じています。


「親鸞聖人は小豆がお好きだった。」というウワサは、当地にも伝わっているようで、少なくなりましたが、お取り越しには、小豆を用いいた料理がよく出ます。


記録として、過去のものも含めて小豆料理を書き出してみると。

赤飯、小豆ご飯
いとこ煮(里芋・かぼちゃと小豆の煮たもの、けんちん汁に小豆が入ったもの)
ぜんざい
おはぎ


参考までに、お取り越しだからと作られる(た)もの

甘酒
落とし汁(山芋の吸い物)
混ぜご飯(五目飯、ちらし寿司)

なお、当寺ご門徒さんのところには、旅姿の親鸞聖人を模した「アゲ、こんにゃく等の煮物の盛り合わせ」をする習慣はありません。



◆市役所、消防署に台風の罹災証明の申請手続きに行きました。親切丁寧に対応してくださいました。
◆blogの写真、日常の記録写真を撮っていたメインのデジカメを変えました。nikon(P)から、はじめてのolimpus(TG)へ。










.




by e.wash-r | 2018-10-08 23:46 | おまいりにて | Comments(0)
黒野組第9回『お聴聞のつどい』 日野安晃師
b0029488_22430869.jpg
b0029488_22431619.jpg

午後1時半から午後4時まで、安養寺本堂にて。

平成16年のご門主さま(前門さま)の組巡教を契機にはじまった『お聴聞の集い』。今回で9回目を迎えました。

今回は、「よろこびが語られる人生」と題して、関・光圓寺ご住職、日野安晃師のお話。

約70名、当寺からも総代長さんはじめ9名がお聴聞。

”人生”の話は、タイヘンだろうな、と思いながら、法友であり同期の日野先生のお話を聞きました。

法友であり同期であるので、あえて言うのですが、「よろこびが語られる人生」という講題を意識されたのか・翻弄されたのか、終始約生(お慈悲にであう側の人)のお話。いつもいっしょにお聴聞している通り・勉強している通りの約仏(ほとけさまのお慈悲)のお話・ほとけさまの讃嘆が聞きたかったのに、と思ったことでした。

ご講師さまに僭越ですが、また、会う機会があったら、法友として談合しようと思います。なんとなく、布教使さん仲間では、タブーっぽいことなのかも知れませんが、話しやすい法友とは、そういうこともありかな、と思う次第。


b0029488_22432196.jpg

組の各組織参画のお座なので、門徒総代会会長さん、門徒推進員連絡協議会会長さんがご挨拶。

閉塞感のある現状を踏まえ、なんとかお寺を元気にしていこうと,
現場から離れず話されるお二方。たいへん親しみやすく、しかも心強いお話で有難かったです。


最後、今後の組の行事のご案内。組の「こどもの貧困」についての研修会の日が、岐阜別院の報恩講の日だったので、一瞬ざわめきました。寺、組、教区、連区、本山に加え、みなさんそれぞれの地域の役割、家庭の役割、そして仕事があるなかでのこと、やむを得ないことかも。

行事の内容、優先順位を精査・熟考するときなのだと思います。blogに書くだけですが・・・。




◆たまたま、留守だった時間にゆうパックのお届け(境内には居たのですが)。不在通知表がポストに入っていました。再配達、ほんとうに申し訳ないとおもいます。
◆台風25号が日本海を通過。また、本堂の風雨対策。今回は、被害(雨漏り)の出そうなところをピンポイントで。いまのところ、被害はなし。
◆母から、パソコンのプリンターが壊れたからなんとかして欲しい!とCALL。コンセントに挿してありませんでした。



.



.





.



by e.wash-r | 2018-10-06 22:46 | お聴聞 | Comments(2)