タグ:お寺のこと ( 1730 ) タグの人気記事
おじょうはん  -バラバラで一枚-
b0029488_03083254.jpg

前住職の月命日。相焼香のD寺さまが「おじょうはん」のおつとめをしてくださいました。

そのつもりだったのか、たまたまか、次女が帰ってきていたことと、若院もいるということで、非常に珍しく家族全員揃ってのおまいり。

本堂にカメラを準備しておいたのですが、撮り忘れたので、門前で、帰っていかれるD寺さまと門送りする家族の写真を撮りました。

そのつもりだったのですが、ファイルになっていたのは、坊守が撮っていたらしい本堂の写真1枚だけ。


家族全員揃いましたが、写真を撮っている坊守も含めて、見事にバラバラの位置関係。

まさに「真」を「写」しだした1枚となりました。


So what!



.


by e.wash-r | 2018-02-21 23:59 | おまいりにて | Comments(0)
法務完全復帰・こどものお茶
b0029488_23302407.jpg
感染予防のために、慎重に病院でお墨付きをもらい、法務復帰。

今月は短いので、変更変更で、月末はタイトな日程になりそうです。

今月2回めのこどものお茶の日でしたが、今回は、法務が重なり顔を出すこともできませんでした。

様子を聞くと、「もう、みんな、元気!元気!」とのこと。


学校、部活、塾、他の習い事等々、間隙をぬっての「お茶」。ひとつのことに集中して極めるというのも道ですが、いろいろ経験してみて、結果選んでゆくというのも道。

ぜいぜい、場を提供することで、オトナとしての役割は何とかつとめられているかな?くらいのスタンスで、ボチボチ続いていくといいなあと思っています。

まあ、ボクはそう思うだけで、実際やるのは坊守ですが。




.







by e.wash-r | 2018-02-19 23:13 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
年度末事務

b0029488_23055270.jpg
b0029488_23055866.jpg
b0029488_23054632.jpg
ただでさえ苦手な事務仕事。
インフルエンザの倦怠感でヤル気もなし。
そうは言ってもやらないわけにいかないので、年度末の事務、いやいやながら何とか仕上がりそうです。

会計の資料を整え、会計さんと年度末会計の締めの作業。来年度予算案つくり。

年度当初より、手際よく、丁寧に仕事をすすめてくださった会計さんのお陰です。


これからの時期、立場上、いろいろな組織の役員会や総会等の会議に出ます。もうアレルギーの域だと思うのですが、そういう会議資料等を見ても、頭が思考しないというか、心が拒否をするというか・・・。

本当に苦痛です。それなのに、寺のことに関しては、資料を作る側。

結果、逃げるように溜め込む仕事。事務処理をルーチンでできる人が本当に羨ましいです。



・・・宗教法人でないお寺って無理なんですかねえ。





.





by e.wash-r | 2018-02-18 22:47 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
喚鐘(かんしょう)
b0029488_00113538.jpg


インフルエンザ謹慎中につき、法務は若院におまかせ。

朝、少し楽になったので、上げ仏事(お寺でつとめるご法事)の準備をしたのですが、「本堂にウイルスまき散らかしてどうするのっ。」と坊守に叱られました。

確かに!。以降定位置の隔離部屋で静養。

うとうとしていたら、上げ仏事のはじまりを告げる喚鐘(かんしょう)が、聞こえてきました。

考えてみれば、自坊の喚鐘を本堂を離れて庫裡で聞くのははじめて。

その遠い喚鐘の音は、新鮮ではありましたが、法務を離れるというのは、こういうことか!と、なんとなく寂しくなりました・・・。

遠い目でオリンピック中継を見るアスリートの気持ちって、こういうものかもしれないと思いました。

そうは思いましたが、ボクはアスリートではなく、ただのインフルエンザの生臭坊主でした。


とりあえず、はやく元気な生臭坊主にならねば。






by e.wash-r | 2018-02-17 23:22 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
プリンター配達
b0029488_00164488.jpg

b0029488_00164591.jpg


Amazonの委託?を受け、工事現場にプリンターを届けました。

配送業務だけでなく、工事の手伝いもするつもりでいましたが、工事はお休みでした。











by e.wash-r | 2018-02-08 23:02 | そらごと、たはごと | Comments(0)
調子に乗って伊自良湖まで
b0029488_23065975.jpg
伊自良湖ダム堤で記念写真
b0029488_23070036.jpg
長滝の村  日陰は雪
b0029488_23070203.jpg
D寺さん  門前参道よりおまいり


午後、市役所別館で***の研修会。

絶望的な意見、性悪説に終始する意見が連発。そりゃあそうかもしれないけど・・・と思いつつ、気分良くなかったかも。総じて、女性の意見は前向きで心地よかったです。

夜のおまいりまで時間あったので、直した自転車に乗ってみました。

スキー用の耳まで覆う帽子をかぶり、冬用長靴を履いて、とりあえず出発。

北へ上れば、相焼香のD寺さん。D寺前坊守さんは、毎月25日、いつも自転車で、おじょうはんのおまいりに来てくださっていました。そんなことを思い出したので、目標はD寺さん。

D寺さんに近づいたら、もう少し奥の伊自良湖まで行ってみたくなりました。

伊自良湖最後の登り。こぐ気がしなかったので、自転車を担いで、ダム堤の階段を直登。記念写真を撮りました。

帰り道、D寺さんの門前でお念仏。

往復20km、1時間15分。思わぬ長いサイクリングになり、夜のおまいり遅刻しました。

お尻が痛いし、寒いし、続けて乗る気力はありません。そのうち、気が向いたら、今度は明るい時間にどこかへ行こうかと。




.







by e.wash-r | 2018-02-07 22:26 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
2018正源寺報恩講
b0029488_01034461.jpg
b0029488_01035257.jpg
正源寺報恩講ご満座へ。ご法話は、昨日に続いて、坂口祐紹師。

6人の出勤法中のなかで、ボクは、上から2番め。若い方々が、おつとめの中心になって、きっちり作法通りの凛としたおつとめでした。ご住職の思いみたいいなものが、伝わっているのだと思います。

おつとめのあと、自然と反省会のような研修会のような勉強会のような雰囲気に。

若い人たちのいい雰囲気で、来年以降の報恩講のおまいりあいが丁寧に続いて、讃嘆のおつとめがよりありがたくなるといいなあと思います。

来年につながる、今年度最後の報恩講まいりでした。





.










by e.wash-r | 2018-02-04 23:02 | おまいりにて | Comments(0)
うれしかったこと 2
b0029488_02173796.jpg

除夜の鐘、もうひと月も前のことになってしまいました。

総代さんが、「お寺の近くのTさんが、『このごろ、除夜の鐘の音、小さいぞ。景気づけに大きい音たのむわ。』と言ってたよ。」と。


撞くひとも、聞いているひともいる・・・。

いろんなことが頭をよぎって、うまく言えませんが、なんかむちゃくちゃうれしい話でした。





by e.wash-r | 2018-02-02 23:09 | ふるさと | Comments(0)
うれしかったこと 1
b0029488_01412196.jpg

報恩講には、お顔を見ないことがなかったSさんが、「お仏事さま(報恩講)に来れなかったから・・・」と、お仏志袋を持っておまいりにいらっしゃいました。

年末のお取越しは、若院がおまいりしたので、久しぶりです。

ゆっくり歓談。

若さん、大きい声でおっとめしてくんさったよ。
娘たちがやあがらかしたけど、楽しそうに話してってくんさったよ。
若さんの話、ご院さんとおんなじやったわ。安心した。

いつでもどこでもかわらないお慈悲。
とりつぐ人の話も、聞いた人の話も同じ。
ひとりよがりですが、”おんなじやったわ。”ということのうれしさ。

間違わず伝えることは、ボクたち僧侶のお役。
そのためには、
間違わず聞くこと。
思いを入れないこと。
堂々と言えないけど、ちゃんと勉強すること。

なんまんだぶ。














by e.wash-r | 2018-02-01 23:08 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
原則、31日は坊主の休日のはず
b0029488_01402752.jpg

31日は坊主の休日、のはずが・・・。

・年末年始の疲れで、この2週間体調を崩して病院通いの坊守が、さらに今日からインフルエンザ。
・期限がが迫った年度末の苦手な事務仕事。
・巡ってきたご縁の法務、等々。


毎度のことながら、忙しくはないけど暇がないというよくある一日。


昼すぎ、空き時間に帰省中の次女とデート。本屋さんと喫茶店。

夜の法務の後、インフルエンザが感染ってもいけないということで、下宿へ戻ることになった次女を駅まで送りました。道中、長男も交えて軽い夕食。

完全にダウンの坊守には申し訳ないことですが、こどもたちと、ちょっとのんびりできました。

駅から、完全に地球の影になったうっすらと赤い月を見ました。

「ばあちゃん、知ってるかなあ。」と、こどもたちが話しています。
「ばあちゃん、次の皆既月食のときは生きていないかもしれないし、知らせようか。」と言って電話をしはじめました。


明日から2月。31日のない、無慈悲な月です。


.








by e.wash-r | 2018-01-31 23:08 | そらごと、たはごと | Comments(2)