タグ:こども ( 508 ) タグの人気記事
カレーロードはじまる
b0029488_01460658.jpg

「岐阜」「暑い」「夏休み」とくれば、「甘いカレー」。

誰が呼んだか「カレーロード」。

キッズサンガ・サマースクール、はじまります。


過日、美濃四十八座のグループLINEにて、M師が「サマースクールの日程教えて!」とコメント。

とりあえず、現時点の情報をボクなりに集約してみました。

【2018カレーロード】

7月20日 金  林雙寺
7月21日   林雙寺  教徳寺
7月22日        教徳寺
7月23日 月  (黒野組こども会)
7月24日 火  妙圓寺  善明寺
7月25日 水       善明寺
7月26日 木 
7月27日 金  西厳寺  正蓮寺
7月28日   西厳寺
7月29日
7月30日 月  浄明寺  (岐阜教区サマースクール) 
7月31日 火  浄明寺  (岐阜教区サマースクール)
8月01日 水  正蓮寺
8月02日 木  正蓮寺  超宗寺
8月03日 金       超宗寺
8月04日
8月05日
8月06日 月  専宗寺
8月07日 火  専宗寺  正尊寺
8月08日 水       正尊寺
8月09日 木  西光寺  正蓮寺
8月10日 金  西光寺
8月11日
8月12日
8月13日 月
8月14日 火
8月15日 水


雉撃たば  華麗にソマリーヌ  盂蘭盆会



.

by e.wash-r | 2018-07-19 23:00 | 溺レル | Comments(0)
2018書写展
b0029488_03034928.jpg

b0029488_03030540.jpg


7/13 コミュニティーセンターで書写展の展示作業。

ここ数年、作業の現場監督みたいな立場になっていて、「並べる順番は?」とか「パネルの配置は?」とか、指示待ちの質問が、全部ボクのところに。

聞かれてもわからないことばかり。

ボクが思うに、どちらでもいい、こだわらなくてもいいことも多いので、「思うようにやってください。お任せ。」と答えにならない答えで逃げ切りました。

20人近い方々の手で、展示作業無事終了。


ニイニイゼミに続いて、ヒグラシが鳴きはじめました。









by e.wash-r | 2018-07-13 23:42 | ふるさと | Comments(0)
7月のお茶
b0029488_00112725.jpg

7月はじめてのお茶。

中3のIちゃん、Yちゃんはお休み。でもMちゃんの弟のOくんとお父さんがオブザーバー参加。

当方、おまいりがあり、ほとんど稽古の終わりがけに覗いただけなので、聞いた話ですが、「みんなニコニコ、とっても楽しいお稽古だったよ。」とのこと。


片付けの時間、Oくんのお父さんと歓談。消防団員さんなので、今回の豪雨の対応を聞きました。

H地区の山からの出水で水路が溢れたので、水防団と一緒に土のうを積んだとのこと。ボクも水防団なのですが、班長以上の招集だったそうです。

土曜日は、自治会・消防団・水防団で、伊自良川の見回りと水門の管理。徹夜だったそうです。日曜の朝は、動けませんでしたと。


連日のおつとめ、ほんとうに頭が下がります。

誰も知らないところで、地道な活動が行われていました。ボクも、尋ねて知った次第。

僭越ですが、こういうことが起きていたんですということ、お知らせまで。




.





by e.wash-r | 2018-07-10 23:48 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
仮のご案内 「お泊まり会」と「夏休みこどもの日」
b0029488_00452467.jpg
b0029488_00333816.jpg


夏の「お泊まり会」と「夏休みこどもの日」。


詳細は、あらためてご案内いたします。

とりあえず、日にちはこんな感じです。

「こどもの日」は、状況によっては、夏休みの後半にもう一日あるかも。

天気次第。
柔軟に、というか軟弱に。


・・・体力勝負の夏です。





by e.wash-r | 2018-07-04 23:45 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
日曜の午後
b0029488_00251099.jpg


夜の予定がないと、それだけでお休み気分。暑いし、ちょっと山の方へ。

目指した場所があるわけではなかったので、山の中のともだちをアポなしで訪ねてみましたが留守。そのあとは、成り行きで、特になんてことはない夏のドライブ。

パーキングにて。

ハーレーの大集団やモンキーの小集団、旧車の一団等々。たぶん、日曜の午後特有の風景なんだと思いました。

ただ、不思議だったのは、こどもやこども連れの家族をほとんど見なかったこと。60歳以上だと思われるカップルはいっぱいでしたが。

ボイラーが壊れました。金曜の夜から。雷のせいかも。

というわけで、最後は温泉へ。やっぱりこどもはいませんでした。


日曜日って、いつもこんなふうなんでしょうか?



by e.wash-r | 2018-07-01 23:43 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
六月のお茶
b0029488_00461037.jpg
b0029488_00460446.jpg
b0029488_00462148.jpg
b0029488_00461677.jpg
それぞれ熱と塾で、中学生ふたりはお休み。小学生ふたりで4人分のお菓子を食べて、お茶の稽古。

お菓子は、金沢の金平糖と子どもたちお気に入りの柚子ピール、「半分、青い。」で賑わう恵那の川上屋の『くり壱』という栗きんとんを包んだ蒸し羊羹、等々。

花は、紫の甘茶・黄色い大根草、そしてめずらしい八重のどくだみ。Gさんから今日頂いた萩焼きの一輪挿しに生けるというサプライズ。

月に2回か3回、1回ほんの2時間弱のお茶の時間。おそらく、多忙なこどもたちの時間の中では、ゆっくり流れる時間。

こどもに限らず、今の時代、そういう時間は贅沢な時間であり、そういう贅沢は悪くないな、と思う次第。


.





by e.wash-r | 2018-06-11 23:20 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ウッキッキ・ウォークラリー
b0029488_19045795.jpg
b0029488_19054955.jpg

b0029488_19053171.jpg

b0029488_19053770.jpg

b0029488_19050666.jpg


地元小学校のウッキッキ・ウォークラリー。今年は、村の北側を周るコース。全校生徒89人と先生方が、直線2km、周遊5~6kmを歩いて、訪ねて来てくださいました。

本堂におまいりし、誕生仏に甘茶をかけ、梵鐘をついて、甘茶を飲んだら、銀杏の木陰でお話を聞く時間。

当寺正蓮寺、当地岩利のことをお話するのがボクのお役。

・正蓮寺の仏さまは阿弥陀さま。いつでも「まかせなさい、安心しなさい。」とおっしゃっています。
・阿弥陀さまのおこころに会いたい方、お礼を言いたい方々がお参りされます。
・正蓮寺は、織田信長の時代に、彦坂から岩利に移転しました。

・仏さまの誕生日を花まつりと言います。(4/8)
・花まつりには、ほとけさまに甘茶をかけてお祝いします。
・井戸のところに甘茶の花が咲いているので見てみてください。

・信長の時代、約400年前から300年ほど、海から岩利まで船が上ってきていました。
・川燈台があったあたりで、海のものの市が開かれました。
・そのころの伊自良川は、どこでも深さが60センチ以上あったようです。

等々

「信長」と「伊自良川」をキーワードに話して欲しいということだったので、おおよそこんな感じでお話し。

花まつりの話と甘茶のお接待は、当寺花まつり(5/19)の後ということで、サービスというか押し付け。

朝から暑い日でしたが、銀杏の木陰がいい味出していました。



.



by e.wash-r | 2018-05-25 23:27 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
5月最後のお茶
b0029488_15161768.jpg
b0029488_15162961.jpg
b0029488_15162407.jpg

中学生、小学校の高学年になって、それぞれ部活に塾にと忙しいいこどもたち。今回は、久しぶりに全員揃いました。

ボクが寺に戻ると、こどもたちは、ちょうど稽古を終えて、書院から本堂へ走ってくるところ。銘々に、尊前に座っておまいりするこどもたちに声をかけ、写真用に、もう一度4人並んでおまいりしてもらいました。


花は、アマチャ。お菓子は、Aさんが、「お茶の稽古のこどもたちに。」と姫路から届けてくださった塩饅頭。今回も、十分楽しんでいたようです。

こどもたちなりに、軸や花、お菓子等にそれぞれの好みがでてきていて、仏教では、それは分別であり迷いなのですが、娑婆のすがたとしては微笑ましいものがあります。

ボクとしては、こどもたちに、できるだけたくさんのものに出遇い、ある意味、いっぱい分別して迷うのもいいんじゃないの、と言ってあげたいわけです。部外者なので、気楽な発言ですけどね。




.

by e.wash-r | 2018-05-21 23:30 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
初参式・はなまつり アルバム 5/19


b0029488_16274310.jpg
花御堂バージョンあらため浮き灌仏盆バージョン
b0029488_16235726.jpg
とにかくたくさんの花で飾りました
b0029488_16262633.jpg
ガラスの器に境内の花を浮かべました
b0029488_16242907.jpg
ハスワークで作った蓮は須弥壇をお飾り
b0029488_16232954.jpg
Mちゃんの初参り 式章とお念珠を
b0029488_16232135.jpg
はじめてのおまいり
b0029488_16273223.jpg
はなまつり 灌仏会
b0029488_16390645.jpg
おしゃかさまに甘茶をかけます
b0029488_16241307.jpg
甘茶の葉のお供え・おさがり
b0029488_16263579.jpg
記念撮影
b0029488_16261848.jpg
外では、SさんとKさんがピザ窯の火の準備
b0029488_16234604.jpg
ピザのトッピングもこどもたちがしました
b0029488_16244371.jpg
ひとり1枚以上
b0029488_16260137.jpg
銀杏の木陰でお楽しみ
b0029488_16254873.jpg
仕上げは、いつものシャボン玉











by e.wash-r | 2018-05-19 23:22 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
”好き”だけでいいのに  ー忖度というのは難しいー

b0029488_02011246.jpg

地元のk小学校が地元のテレビ局の番組で紹介されることになったそうです。

伊自良川の自然についての取り組みがK小学校の特色のひとつということで、そのことにいくらか関わっているボクにも、番組収録当日来て欲しいという依頼がありました。インタビューがあるとのこと。

事前の打ち合わせ。

「伊自良川に限定しないで、地域の自然・歴史等全般について話を展開して欲しい。」と言われ、「えっ?」。

「台本作ってください、その通りに演じます。」とお伝えしましたが、「自由にやってください。」とのことでした。「えっ!自由?」。


結果どういうことになったかというと・・・


教室にボクの席が設けてありました。「えっ!」。

【方県のいいところ】と書かれた黒板の前で、どうぞ、と言われ。「えっ!」。

今後の展開がわからなくて、何分話すのかわからなくて、話し出したものの、「えっ!えっ?」。

短めに終えたら、テレビ局のインタビューアーがいらっしゃって、教室でそのままインタビューに突入。「えっ!」

カメラを向けられ、「こどもたちには、どんな風に育って欲しいですか?」みたいな問い。「ええええええ〜?」

深遠な信念はもちあわせておりません。伊自良川が好きなので、伊自良川で遊ぶ機会をつくりたいとおもっているだけのこと。それ以上のことを求められても・・・。

一連の流れに、かなり苦しみました。嘘は言っていないつもりですが、いわゆる流行りの忖度。正直なところ、頭と気を使い、たぶんこういうことだろうと、あたふたと答えました。繰り返し質問を受けたのは、たぶん、求めた質問の答えになっていなかったからだろうと思います。


どうしてあんなに困惑したのか、今、あらためて考えています。


ボクは、”好き”だけで十分だと思っているような気がします。"好き"の先にあえて何かを求めていないというか・・・。だから、理想とか目標とかを聞かれてもわからないし、うまく答えられないのじゃないかなあ、と。

ボクは、”好き”だけでいいと思うのですが・・・。

世間は、それだけではだめなのかな?と、ちょっとさみしさを感じています。











by e.wash-r | 2018-05-17 01:24 | ふるさと | Comments(4)