タグ:こども ( 485 ) タグの人気記事
法務完全復帰・こどものお茶
b0029488_23302407.jpg
感染予防のために、慎重に病院でお墨付きをもらい、法務復帰。

今月は短いので、変更変更で、月末はタイトな日程になりそうです。

今月2回めのこどものお茶の日でしたが、今回は、法務が重なり顔を出すこともできませんでした。

様子を聞くと、「もう、みんな、元気!元気!」とのこと。


学校、部活、塾、他の習い事等々、間隙をぬっての「お茶」。ひとつのことに集中して極めるというのも道ですが、いろいろ経験してみて、結果選んでゆくというのも道。

ぜいぜい、場を提供することで、オトナとしての役割は何とかつとめられているかな?くらいのスタンスで、ボチボチ続いていくといいなあと思っています。

まあ、ボクはそう思うだけで、実際やるのは坊守ですが。




.







by e.wash-r | 2018-02-19 23:13 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
今年はじめてのこどものお茶
b0029488_10343986.jpg

b0029488_10344177.jpg

今年はじめてのこどものお茶。

インフルエンザが流行っているそうで、ふたりだけの稽古。

正月以降のいただき物のお菓子づくし。お菓子は、ある意味、こどもたちの稽古のモチベーション。何服もお続きをいただいていたようです。

こどもたち、楽しそうだし、上手になったし。
気持ちよく、一服ご馳走になりました。








by e.wash-r | 2018-01-29 23:26 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
今年最後のお茶の稽古
b0029488_01142150.jpg
b0029488_01143545.jpg
b0029488_01145021.jpg
今年最後のお茶の稽古。

R画伯の里の川の魚の軸を懸けて。

お茶席が、遊び心のある独特の雰囲気になりました。


ちょっと覗いただけなので、こどもたちのお茶の楽しみ様はわかりませんでしたが、とりあえず稽古のあとは和やかな雰囲気でした。最後は、お菓子の争奪戦。







by e.wash-r | 2017-12-19 01:12 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2017 極楽寺報恩講 香教寺報恩講
b0029488_00292878.jpg

午後、香教寺報恩講へ。

ご満座のおつとめのあと、ご門徒のお取り越しへ。1席だけお聴聞しました。

お取り次ぎは、和歌山の清水光宣師。お聴聞のこどもたちと掛け合いをしながらのアットホームなお座でした。


例年、12月の第1日曜は、おまいり合いの報恩講が重なります。今年は、ボクが香教寺さんへ、帰省中の若院が地元の極楽寺さんへ。


夜、消防団、水防団、PTA等々の大先輩のKさんから電話があったそうです。「極楽寺さんの報恩講におまいりの若いご院さんが、鷲岡くんの息子さんだと聞いて・・・」、うれしかったので、どうしても電話したかったと。そんな電話をいただいたら、ボクの方がもっとうれしいです。


余裕なく走り回っているのですが、なんとなくのんびりししているような・・・。


.



by e.wash-r | 2017-12-04 23:12 | おまいりにて | Comments(0)
久しぶりのこども会
b0029488_08233115.jpg

b0029488_08233205.jpg

b0029488_08233381.jpg

b0029488_08233537.jpg

b0029488_08233679.jpg

久しぶりのこども会。
Yちゃんは、部活で痛めた肩の治療でお休みでした。

黒野組の忘年会があり、お茶の稽古を見ることはできませんでしたが、写真で拝見。

凛と、しなやかな雰囲気が伝わって来ます。お菓子が楽しみではじまって2年。みんな上手になったそうです。

炉開きはちょっと遅れ気味。




by e.wash-r | 2017-11-28 08:22 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ゆきあそびしよう
b0029488_01140777.jpg

こどもが小さかったころ、何かにつけて3人で争っていました。

お風呂は誰が洗うだの、テレビは何を見るだの・・・。

そういうことに、おおよそ合理的な答えというものはありません。あるかもしれませんが、合理的だからといって、納得できるというものでもありません。

不条理を承知の上で、ひとりを選ぶサイコロを作りました。6面に、それぞれ2カ所、こどもたちの名前が書いてあります。手作りの陶器の粋なサイコロです。


サイコロを振る状況になったら、サイコロの目に従うのみ。

結構、それを楽しんでいる風情もありましたが、納得できない状況も多々あったと思います。


十数年ぶりに、ふっとそのサイコロが出てきました。遠く、十数年前を追想。

さきほど、blogにあげるために、写真を撮ろうと思ったのですが見あたりません。どこへ行ってしまったんだろう。


何が言いたいかというと、こどもたちは、いくらかはサイコロに育てられたということ。






                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-25 23:39 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
お彼岸の入り(損ないました)
b0029488_07215860.jpg


b0029488_07214185.jpg

今年の彼岸お中日は9月23日。彼岸会をおつとめします。


9月20日がお彼岸の入り。例年通り、午前中に境内・本堂のお荘厳、準備をする予定でしたが、急務が入りできませんでした。午後の研修会と夜のおまいりの間、短くなった日の入り前後の空き時間にやむなく。薄暗がりのなか、幕張をはじめたところ、縁にまで吹き込むほどの激しい雨。

なかなか、思い通りにはいきません。準備途中であきらめました。

結局、20日にお彼岸の準備完了できませんでした。21日は前住職の祥月命日。朝、相師の大性寺さまがおまいりに来られる前に、慌てて何とかお荘厳、準備を整えたという次第。ギリギリでした。

21日夕方、おまいりから帰ってきたら、門前に自転車に乗ったNちゃんとYちゃん。山門や本堂の六金色幕を見て、なにかある、とたずねてくれた様子。

「おまいりしておいで。」と声をかけました。

境内で、ほんの少し学校の話をきいいて、いつものようにお駄賃。今回は、先日山に持っていったおやつのお下がり。ロータスビスケットとミルキーとチョコレート、+風邪を引いているというおねえちゃんにハーブのど飴。

一日遅れでしたが、いいお彼岸の入りとなりました。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-21 23:00 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
復活・お茶の稽古  -州浜団子-
b0029488_19430230.jpg
夏休みは夏休みだったお茶の稽古。歯の治療と重なったふたりが欠席だったので、Iちゃん、Mちゃんふたりでみっちり。(だったそうです)

7時過ぎに覗くと、もうお茶の時間は終わっていて、お迎えのお母さんが来るまでの雑談タイム。ボクも混ぜてもらって、学校のこと、ともだちのこと、いろいろ聞きました。


今日のお菓子は、毎月、ご命日に手作りのお菓子をお供えされるTさんお手間いりの州浜団子。きな粉の団子です。

Tさんによると、今回は、普通の黄色いきな粉しかなかったので、黄色の団子と、黒ごまを混ぜた黒い団子の組み合わせ。実は、きな粉には、緑のきな粉、赤のきな粉というのもあって、緑の州浜団子、赤の州浜団子は、本来着色したものではないとのことでした。

そんな話を伝えると、「黒い州浜は、ごまの味がおいしかった・・・」と、こどもたち。緑色や赤色のきな粉のことも気になって、坊守のスマホで、検索。身を乗り出して楽しんでました。

きな粉の知識が、社会で役立つかどうかはわかりません。お茶の時間が豊かに生きることにつながるとか何とかも怪しいと思います。

でも、こどもなりに小忙しいなか、このように過ごすこと、なんとなくですが、それはそれでアリかな、と思うわけです。浮世離れしている感じが、いいなあと。

7時半、こどもたち、最後は本堂で手を合わせて、真っ暗な境内を帰っていきました。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-04 20:22 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
『うみ・そら・さんごのいいつたえ』
b0029488_23552310.jpg
『うみ・そら・さんごのいいつたえ』が無性に見たくなりました。1991年公開。椎名誠の長編映画のひとつです。

夏休みのこどもを淡々と描いた映画。普通のオトナがかっこいい。夏の終わりのこどもがかっこいい。20年以上前に見たきりですが、そんな印象を持っています。

ロードショー公開はされなかったんじゃないかなと思います。1991年、大阪で、中村征夫さんの『白保』の写真展と講演会と『うみ・そら・さんごのいいつたえ」の上映がいっしょに行われたイベントがありました。なんとなく一人で観にいくのは寂しいなと思って、海が好きだったXちゃんを誘った憶え。

たぶん、女の子を映画に誘ったのは、このとき一度だと思います。ボクの都合で、結局行けなくて、ボクはビデオを手に入れて、ようやくこの映画を見たという次第。

b0029488_23553497.jpg

『うみ・そら・さんごのいいつたえ』は、DVD化されていません。

手持ちのVHSビデオを見るしかないのですが、再生デッキがありません。どうかなあと迷いましたが、FBでVHSビデオ貸してコール。ありがたいことに、すぐ、お三方から連絡が入りました。感謝です。誰かに助けてもらう、お世話になるということ、ついつい遠慮しがち、避けがちですが、そうじゃないとほんとうは生きていけないんですよね。(助けてもらう側のボクが言うのもなんですが・・・)とにかく、感謝です。

日曜の夜、これから観ます。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-03 23:55 | 溺レル | Comments(0)
第3回 夏休み・こどもの日 8/28 伊自良川編
b0029488_10434186.jpg
勉強と昼食を早めにすませ、伊自良川へ。今回は橋の上流、堰と淵へ
b0029488_10474148.jpg
草ぼうぼうの堤防を下って
b0029488_10495259.jpg
堰の下で  いつもならガバガバ取れるはずの魚が捕れませんんでした  なぜ?
b0029488_10494742.jpg
人動エレベーターで堰のうえへ 
b0029488_10495552.jpg
人動エレベーターは自力で
b0029488_10495935.jpg
冷たさと深さでビビり気味 慣れたら、泳ぎ・飛び込みバンバン(写真なし)
b0029488_11200720.jpg
堰の下へ移動 坂道・草道
b0029488_10494394.jpg
魚取り開始

b0029488_10500519.jpg
仕掛けた罠に、ちゃんと魚はいってました
b0029488_10500918.jpg
捕れた魚は、ヨシノボリ、カワムツ、ヤリタナゴ、シマドジョウ、エビ
b0029488_10501392.jpg
下流へ移動 川の中を流れたり歩いたり 川遊びの醍醐味
b0029488_10501849.jpg
いつもの場所でのんびり いつも浮き輪の上のOくん
b0029488_10502422.jpg
飛び入りでRちゃん参戦 水量は少ないけど天然スライダー
b0029488_10502966.jpg
最後は、水切り
b0029488_10503334.jpg
なつがおわってゆく
b0029488_10503740.jpg
やっぱり4時過ぎ、お寺に帰っておやつタイム まだまだ遊びの時間はつづきました

おまけ 「どんぶらこ 2017/8/28」


むちゃくちゃ楽しかったです。
すくなくともボクは。

帰り際、Rちゃんが言いました。
「今の気持ちを一言で言えば、『ひま』」
続いて、Yちゃんが言いました。
「また来たい~。」

また来てね。




.

















by e.wash-r | 2017-08-29 23:22 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)