タグ:ほとけさま ( 671 ) タグの人気記事
桃太郎の桃のはちまき
b0029488_00205200.jpg

高校の頃、『ロッキング・オン』という雑誌に大友克洋が連載していた童話のパロディを楽しみに読んでいました。

『金の斧、銀の斧』の編は、誤って斧を池に投げ込んだ木こりの前に、頭に金と銀と鉄の斧が刺さった血まみれの女神が池から現れるというものだったように記憶しています。

その頃からずっと思っていること。

桃太郎のはちまきの下には、おじいさんが桃を割るとき、勢い余って桃太郎の額につけてしまった包丁傷が隠されているのではないかと・・・。

ネットで軽く検索してみましたが、そういう記述は、自分のblog以外に見あたりませんでした。ひょっとすると、出生の秘密の重大な証拠を、ボクは暴いてしまったのかも知れません。


その桃太郎の物語について、もうひとつ、ボクが気になっている記述があります。

tumblrで流れてきた”お婆さんに拾われなかった桃の流れ着く先が鬼ヶ島なのではないか。”という誰かのつぶやきです。

しみじみ味わってしまうわけです。


さて、11月21日の黄鐘会の挨拶で、何か気の利いたことが言えたら思っていたところに、tumblrで面白いつぶやきが流れてきました。

”天狗はピノキオが野生化したもの”

我が身を省みると、ちょっとゾッとすることばです。

ところで「天狗」って何者?と思い、お手軽にネットで調べてみました。そのなかの一説に、仏教を間違って解釈したもの、つまり増上慢のものが陥る世界を天狗道というものがありました。

「天狗になる」という慣用句が、「自惚れること」「慢心」を意味することを思うと、一説とは言え、なかなか示唆に富む話だと思います。


嘘つき(妄語)のピノキオが、野生化して増上慢の天狗になる・・・

私を語っても、あまり真実はありません。放っておくと道を外れ、うぬぼれの塊になる・・・


耳の痛いことです。


ということで、やっぱり阿弥陀さん。「ピノキオであっても、天狗になってしまったとしても、今日は、ただほとけさまのお慈悲の話を聞きましょう。」という挨拶をしました。



.





by e.wash-r | 2018-11-30 23:15 | 愚考 | Comments(0)
モザイク有り
b0029488_01563048.jpg


23日夕刻、友人から、何かただごとならぬLINE。

そのことについて、夜中にようやく確認。

以下のように、友人に返信しました。(プライベートな文なので、全文そのままには、とても転載できません。)



『読みました。ため息ですね。

中央には、物言える人いないんですかね。

****************************************************かな。

「*さま」の部分を「いつくしみ深き友なる***」にしても、「全能なるアラーの*」にしても、「将軍さま」にしても、大丈夫な文ですね。**************************************がにじみ出ているような気がします。

せっかくなら、小学校の道徳の教科書に載せてもらうように運動したらいいのに。

宗教色がないから、と意外と採用されたりして。

もう一度、ため息です。』



一部を伏せ字にしなければならないさみしさ。

これは、「踏み絵」か、それとも当流「文化大革命」がはじまるのか・・・。


「私たち」のことだから、そらごとたわごとまことあるなきに、そう聞けばいいか・・・と思ってはみるのですが、悲しい。


自己満足のわかりにくいlogで申し訳ありません。
ちょっと違うけど、以前のlogのこんな気持ちです。






.



by e.wash-r | 2018-11-23 23:25 | 愚考 | Comments(0)
16日のおあさじ
b0029488_07430249.jpg

16日の岐阜別院お晨朝(に遅刻)。

言い訳。

晴れ晴れとした気分で、S4で出発。
途中、燃料がないことに気づく。
マーチに乗り換えるべく引き返す。
外に放置のマーチの窓全開。
車の外も中も露でベタベタ。
最低限の視界確保し湿ったマーチで再出発。
5分遅刻。


初夜礼讃の心地よいお勤めに会い、ご輪番に台風被害へのお見舞いのお礼も言えたし、ご出仕のD寺ご住職に法事のお礼も言えたし、参拝のS師に法事のお供えのお礼も言えたし、朝粥いただき、遅刻してもいい朝でした。


脇目も振らず?奔走した充実の一週間。
滞り気味の“日常”へ。







by e.wash-r | 2018-11-16 23:42 | おまいりにて | Comments(0)
本願寺常例布教 大熊秀基師
b0029488_08391696.jpg
11月4日 午後7時 夜座 聞法会館
b0029488_08392385.jpg
11月5日 午前6時 晨朝 御影堂



大熊秀基師のお取次ぎをお聴聞に本願寺へ。

11/4の昼座~11/7のお晨朝までの常例布教を、法友の大熊師がつとめられると聞き、4日、法務のあと京都へ。M師をはじめ4人の方からお誘いを受けましたが、日程が合わないので、単独行動。

4日、4時過ぎ、岐阜発。名神高速で、(たぶんアウトレットモールからの帰途の)渋滞に巻き込まれ、聞法会館に着いたのは7時20分。もうお話ははじまっていました。

夜座。「他力というは、如来の本願力なり」と題し、全部他力、定まっている安心のお話。


次女の下宿に泊めてもらい、5日のお晨朝へ。小銭がなくコインパーキングを出られず、走り回ってコンビニで両替(買い物)。結果、お晨朝にも遅刻。

晨朝布教。拝読法話、ご和讃について、やっぱり唯阿弥陀さまの願いのお話。

大熊師の先生方の姿も見えるような他力のお話。余談ですが、どうしてあんなに落ち着いてお話できるのだろうと思いながらの聴聞でした。


4日は、夜座のあと、別便のM師たち4人とお好み焼きを食べながらご法義話。いい夜でした。
5日、朝日の当たる両堂を振り返って、帰途に。早朝から焦って走ったせいだと思うのですが、以降ツライ一日でした。(朝練では伸びないタイプのなのだと思います。)


1月4・5日の当正蓮寺報恩講は、大熊秀基師がご講師です。ぜひ、ご参詣を。


b0029488_08393289.jpg
朝日の当たる阿弥陀堂
b0029488_08393894.jpg
朝日の当たる御影堂






.











by e.wash-r | 2018-11-05 23:37 | お聴聞 | Comments(0)
2018美濃四十八座 超誓寺真宗講座 三木秀海師
b0029488_21593605.jpg

10/26

超誓寺真宗講座。ご講師は、昨年に続いて三木秀海師。

昼座・夜座とも、法務・寺務・地域のお役が重なり、お聴聞できませんでした。

来月の一座を残して、美濃四十八座皆勤?ならず。こだわりませんが、普通に残念です。次の一座(当寺黄鐘会)に、力を注ぎたいと思います。

美濃四十八座の引き継ぎもあったので、坊守が夜座のお聴聞。

阿弥陀経を通してのお取り次ぎだったそうです。内容を尋ねましたが、疲れているようで、あまり話してもらえませんでした。



◆本堂屋根の修復の見積りを持って建設会社のOさん来寺。説明を受けました。




by e.wash-r | 2018-10-27 21:59 | お聴聞 | Comments(0)
JくんとMちゃんの結婚式 ー花嫁の父ー
b0029488_11003180.jpg
式の前 なんとなくそわそわ

b0029488_11013212.jpg
新郎新婦 お練りの前に

b0029488_11204399.jpg
貫禄の花嫁のおじさん一同
花嫁の父①(ビデオカメラが目印!?)

b0029488_11245158.jpg
全員境内に集まって記念撮影
このあと、新郎新婦はお練りのお宿の総代さんの家へ
ボクたちは、式場の本堂へ

b0029488_11265050.jpg
記念撮影のあと、全員式場に入って着席しましたが、
お練りが見たくてみんな外に出てきちゃいました

b0029488_11302739.jpg
新郎新婦のお練を待ちます
花嫁の父②左にいらっしゃいます

b0029488_11320585.jpg
新郎新婦のお練を待ちます
花嫁の父③ちょっと前に出て、右にいらっしゃいます

b0029488_11372543.jpg
京の町をゆく新郎新婦

b0029488_11390721.jpg
司婚のJ寺さま、式場へ
お練り先導の大役のYくん、
状況察知してちょっと焦って靴脱いでます

b0029488_11424991.jpg
新郎新婦入堂
お練りの最後のお役はかわいいRちゃんです

b0029488_11461582.jpg
ひとり立って花嫁を迎える花嫁の父④
そんな花嫁の父と花嫁を撮る花嫁の母

b0029488_11482458.jpg
新郎新婦着座
厳粛な式がはじまります

b0029488_11492105.jpg
式の後、新郎の挨拶に続いて新婦の手紙朗読
さりげなくサポートする新郎
じわじわと家族を感じる時間

b0029488_11512336.jpg
若者が準備した華葩でお祝い

b0029488_11521074.jpg
Yくん、後片付けまでがお役です

b0029488_11535327.jpg
サプライズ
京都の寺族青年会の方々から

b0029488_11563997.jpg
式の後、披露宴の前に
新郎のお母さんのお里の町家拝見
一同感嘆

b0029488_12113627.jpg
式に続いてこんどは華燭の”宴”
新郎新婦入場

b0029488_12140203.jpg
司婚Jさま、お祝いのことば

b0029488_12152225.jpg
新郎親族

b0029488_12154561.jpg
新婦親族

b0029488_12162880.jpg
宴もお開き
見送る花嫁の父⑤

b0029488_12173484.jpg
新郎ご親族の方の帯の文様
勝手に取らせていただきました
たぶん、鴛鴦(鴛鴦ではなく鸚鵡でした。)
こういうお祝いの気持ちの奥ゆかしい表現もいいですね。




あらためまして、おめでとうございます


◆追記

上掲の帯の紋、「たぶん、鴛鴦」と書きましたが、「鸚鵡」かもしれません。(どなたか詳しい方、ご指導を。)

最後、カッコよくまとめたつもりでしたが、カッコつけると、たいていカッコ悪いですね。


◆訂正

M師よりご教授頂きました。
帯の紋は、鸚鵡の丸だそうです。

.






by e.wash-r | 2018-10-24 23:56 | Photo only | Comments(0)
本願寺参拝と大谷本廟納骨
b0029488_22122774.jpg
阿弥陀堂門にて
b0029488_22132927.jpg
御影堂の縁を通って、まず阿弥陀堂へ
b0029488_22125016.jpg
開闢法要
b0029488_22133822.jpg
白洲を食事の場所へ
b0029488_22135013.jpg
御影堂をバックに
b0029488_22142001.jpg
大谷本廟仏殿の棟
b0029488_00133021.jpg
仏殿での法要
b0029488_09464688.jpg
明著堂前で記念撮影

6:30 正蓮寺発
10:00 本願寺着
10:30 阿弥陀堂にて開闢法要
10:50 御影堂参拝
11:00 書院拝観
12:00 昼食(おときor東急) 
13:00 本願寺発
13:15 大谷本廟着  
13:30 無量寿堂納骨・祖壇納骨・自由時間
15:30 大谷本廟発
19:00 正蓮寺帰着

夏の暑さのせいか、冷え込みのせいか、体調不良等で8人の方が参拝できなくなり、最終的には18名と史上最少。運営ということでは、大赤字です。申し訳ないことに、懇志減らしました。

44人乗りのバスに18人は、ちょっとさみしいことですが、参加者の参拝と納骨の思いが変わるわけではありません。好天に恵まれ、無事、それぞれの思いの参拝を終えることができました。

小心者のうえ団体行動が苦手なので、参拝前日は、これでいいと納得して準備を終えることができず、4時半就寝、5時起床。遠足前の小学生状態。寝不足で、ボクは車中寝るのみでした。

総代さんをはじめとして、参加者ご自身がスタッフ兼添乗員のように動いてくださったおかげで、スムーズな参拝でした。人数が少ないので、いつもよりサービスできるかなと思いましたが、いつもと変わりなし。移動と待ち時間の多い行程を、参拝者側として、どう改善できるのか考え中。




.







by e.wash-r | 2018-10-21 23:51 | おまいりにて | Comments(0)
2018美濃四十八座 正尊寺真宗講座 安藤秀明(圣一)師


b0029488_02053903.jpg
b0029488_02053369.jpg
b0029488_02054804.jpg
b0029488_02055597.jpg
b0029488_02061086.jpg
b0029488_02060305.jpg

正尊寺真宗講座昼座と夜座(遅刻)のお聴聞。

ご講師は、『人形説き』と『琵琶語り』の安藤秀明(圣一)先生。


昼座は『飴買い幽霊』の人形説き。「なもあみだぶつ」の二種回向を、涙ちょちょぎれそうになりながらお聴聞。

『飴買い幽霊』の伝承逸話を、念仏者の視点で演じてくださいました。『飴買い幽霊』を演じ切られた安藤先生が、最後、赤ちゃんを抱いてほとけさまを仰ぎお念仏される姿は、人形劇であり、ものがたりであり、ご法話であり、今そのままの先生でもある、という不思議な雰囲気でした。美しかったです。完全にご法話です。


夜座は、琵琶語りによる、『親鸞聖人のご一代記』。全4段。

薩摩琵琶の、なんともいえない響きのなかの語りと絶妙のタイミングの解説。ボクの好みの問題ですが、鈍色の五条袈裟と黒衣もいい感じです。途中、関東に伝わる親鸞聖人の『田植え歌』の合唱もあり、ここちよいお聴聞でした。


冠峠を越えてお聴聞にいらっしゃったというお同行。
休憩時間にいただいたとうがんのスープとさつまいものおにぎり。
お座の合間に先生から伺ったあれこれ。

なにもかもがお荘厳のお聴聞でした。「やっぱり、阿弥陀さん」です。



◆黄鐘会案内はがきの裏面に、来年の美濃四十八座の日程を印刷。当寺、来年は、夏座は水杉悟史師、冬座は成照星師にお願いしました。
◆W家で「すだち」の話。冬の実を、報恩講のお飾りにさせていただくお願いをしました。







by e.wash-r | 2018-10-19 23:11 | お聴聞 | Comments(0)
2018美濃四十八座 光圓寺真宗講座 若林真人師
b0029488_01133238.jpg
b0029488_01133416.jpg
b0029488_01134075.jpg

日程を調整して(ご門徒さんに無理を言って)、楽しみにしていた光圓寺真宗講座の昼座・夜座のお聴聞。

乱れ心のままを引き受けると誓われたお慈悲。そうでなければ、ボクには適わない、そういうお慈悲のお話。

お座でお説教を聞いている、という心地よさ。どっぷりどっぷりどっぷり、法に浸った半日でした。



夜座、宗名のお話。


浄土真宗
一向宗
門徒(宗)

それぞれのもつビミョーなニュアンス。


参考までに、当地では、例えば、「ウチは臨済宗妙心寺派だけど、おたくは?」と聞かれたら、

「ウチは本願寺。」
「ウチは西。」

と答えられることがあるのに加え、

「ウチは正蓮寺。」
「ウチは岩利。」

というちょっと勘違いの答えもあったり・・・。

また、

「ウチはなんまんだぶ。」
「ウチはキミョームリョー。」

という答えは、ときどき聞きます。

「ウチはあなかしこ」

は、今のところ聞いたことありません。


お座の合間の雑談も含め、ライブならではのお楽しみの時間でした。






















by e.wash-r | 2018-10-03 23:07 | お聴聞 | Comments(0)
秋季彼岸会・永代経法要・前住職7回忌法要

b0029488_00502533.jpg

秋のお彼岸のお中日。ちょっと蒸し暑い日でした。永代経法要と前住職7回忌法要勤修。

ご講師は、奈良称名寺・日高法輝先生。平生業成のお話でした。

日高先生とは、20年ほど前から、奈良の三木先生の勉強会でご一緒させていただいています。(勉強への姿勢、実際の勉強量からしたら、法友と呼ばせていただくのは、恐れ多いことですが。)

夜、日高先生とS師と3人で、お風呂に入りに行きました。露天風呂で、日高先生の先生方のお話を聞き、師事して勉強するということの大切さを、あらためて思った次第。



運動会、地域の溝さらい等々と重なったので、おまいりが少ないんじゃないかと心配していましたが、ほぼいつものようなおまいりがありました。お斎の残った丸揚げの個数によると、例年よりは1~2割増。

総代さん、地区総代さん方が、動き回ってくださらなかったら、こんなにうまくはつとめられなかったと思います。台所では、婦人部の方々を中心に、おいしいお斎をつくってくださいました。お陰さまです。
b0029488_00505194.jpg
暑いくらいのいい天気。田んぼ道に車が並びました。
b0029488_01022555.jpg
駒札立て忘れました。
b0029488_01004318.jpg
半分、青い
b0029488_00520555.jpg
3世代揃って揃っておまいりくださったご家族も。
ありがたいし、うれしい。
b0029488_01045096.jpg
奈良 称名寺  日高法輝師
b0029488_01055278.jpg
総代さん、当番の地区総代さんが、前住職7回忌の準備
b0029488_01070617.jpg
お斎のお給仕も
b0029488_01073419.jpg
お斎  今年は、いただいたごま豆腐が付きました。


 
◆9:30 おつとめ
10:30 法話2席 日高法輝師
12:00 お斎
13:00 おつとめ
13:30 法話1席 住職自勤


◆14:00~ 総代会
 1,本堂修復について、
 2、共同墓、駐車場について
 3、10/21、本願寺納骨参拝について
 4、報恩講のおとりもちについて 












.



by e.wash-r | 2018-09-23 23:21 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)