タグ:チベット ( 61 ) タグの人気記事
おみがき
b0029488_22552873.jpg
9時から、報恩講に向けて、お仏具の「おみがき」。

今年は、
年行事のA地区の方々6人
在所当番のM地区の方々8人
新家当番の1班の方々3人
総代さん2人
がおとりもちくださいました。

14人の想定でおみがきの準備がしてあるので、5人さんには、報恩講のお華束盛りの下準備をしていただきました。

A地区の方々と総代さん以外は、はじめてのおみがき。ボクから手順を説明し、そのあと、具体的には、ベテランのA地区の方々と総代さんがイニシアチブをとってすすめてくださいました。丁寧な丁寧なお磨きです。

11時、一汁一菜+αの昼食で、無事、「おみがき」終了。

はじめてということで、
1時間前からいらっしゃった方、
お在所に尋ねられて下準備をしてみえた方、
やる気満々で重装備でみえた方、
等々、やっぱり、一同でつとめることの大切さを住職としては実感。

ただ、それぞれ、お忙しい身です。村の行事になかなか参加できないボクとしては、そのあたりのそれぞれのご事情、痛いほどわかります。”できる限りのご協力を。今年が無理なら是非数年後の次の機会に。”とお願いしています。義務じゃないので。

本年度で、当番一巡。二巡目からが楽しみです。
b0029488_22562169.jpg
なんとなくチベットみたい
b0029488_22575908.jpg
総代さんの指導
b0029488_22571850.jpg
念入りに
b0029488_22572810.jpg
餅つきの準備
b0029488_22573708.jpg
お華束盛り道具も洗っていただきました
b0029488_22580698.jpg
みんなで昼食
b0029488_23074885.jpg
好評の大根 所縁の鉢で
b0029488_22581254.jpg
お疲れさまでした
b0029488_22582055.jpg
ピカピカです


新調のエンジ色の腰巻き、チベットの僧院みたいな雰囲気になって、なかなかいい感じでした。(過日、キ***でたまたま見つけた@162の高級品です。)



.










by e.wash-r | 2018-12-02 23:08 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
2018美濃四十八座正蓮寺黄鐘会夏座 阿部信幾先生 アルバム

b0029488_03574446.jpg
阿部信幾先生 19日にカイラス巡礼から帰られたばかり
b0029488_03573700.jpg
おかげさまで満堂になりました
b0029488_03571355.jpg
建具を外し開けっ放しの本堂
b0029488_03565338.jpg
新緑の中 縁でお聴聞
b0029488_03570490.jpg
休憩時間 坊守曰く「夏のお泊まり会みたい」
b0029488_03564684.jpg
庫裏 サテライト会場 映像・音声の調製お世話様でした
b0029488_04005620.jpg
正尊寺美濃四十八座号
b0029488_03564071.jpg
帰途に
b0029488_03563456.jpg
夜座
b0029488_03562720.jpg
夜は冷え込みました








by e.wash-r | 2018-06-21 23:54 | お聴聞 | Comments(0)
黄鐘会はがき案内できました
b0029488_23332391.jpg


黄鐘会(おうしきえ)は、当寺がひらく『美濃四十八座』のうちのひとつ。

6月21日の美濃四十八座・黄鐘会夏座の案内ハガキの原稿ができたので、印刷注文しました。出来上がってきたら、順時発送、ご案内のつもり。

この夏座のご講師は、阿部信幾先生。カイラス巡礼に行かれる先生の帰国を待ってつとめます。

チベットの、仏教の、ボクたちの、「聖と俗」・「生と死」のお話しを楽しみにしています。


今回の案内はがきは、チベット色にしました。絵は、熊谷榧さんがカイラス巡礼の途上でで描いた「チュー・ゴンパ」。

by e.wash-r | 2018-05-11 23:14 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
はったい粉ドリンク
b0029488_23283373.jpg


「はったい粉ドリンク」なるものを飲みました。3年前、霧ヶ峰の道路沿いの売店で、「山羊の乳」を飲んだときのような感激。

はったい粉は大麦の粉。

はったい粉を練ったおやつは微かな記憶。はったい粉の落雁・飛騨の『こがらす』は好きなお菓子のひとつ。いずれも香ばしい味。

チベットの主食・ツァンパ、はったい粉をバター茶で練ったものです。記憶では、ボクが食べたツァンパは、ちょっと酸味があったような・・・

【はったい粉ドリンク 200円】の看板を見つけ、即注文。

何故か、お店のお兄さんに尋ねられました。

お兄さん:「飲んだことあるんですか?」
ボク:「飲んだことはないですが、興味があって。」
お兄さん:「はったい粉、ご存知なんですね。」
・・・

お兄さんは、お店のお姉さんと、あーだこーだいいながら、ずいぶん時間をかけて、2人がかりで「はったい粉ドリンク」作ってくださいました。ちょっと不安。

紙コップに、茶色いドロドロの温かい液体。かき回すように割り箸入り。

ボク:「ありがとう。通りを歩きながら飲んでもいいですよね。」
お兄さん:「いいですよ。でも、今飲んでみて。どんな味?」

砂糖が入れてあったので、甘くて香ばしい味。はったい粉たっぷり入っていて、ボリュームありました。

「はったい粉ドリンク」は、ちょっとノスタルジーでした。





by e.wash-r | 2018-04-17 22:30 | Tibet/西蔵 | Comments(0)
「沈黙」
b0029488_02113323.jpg


遠藤周作の「沈黙」を、マーティン・スコセッシが映画にしました。早速観てきました。

興味本位で観た直感を、箇条書きにします。

・キリスト教を知らないので、根本的によくわかりませんでした。

・日本の拷問を描いています。

・日本ののどかな風土・風俗が全く描かれていません。(主題上、魔境である必要があったのかも)

・初重?の念仏みたいな声明が、象徴的に流れました。同様に、虫の声なども。(沈黙の相対として?)

・棄教(踏み絵)と罪・背信・裏切りと人道的行為が混同してしまって、何が主題なのか、混乱しているように思いました。(ボクがこだわったところです。)

・ボクの場合は、どうしても仏教の視点で観てしまいました。

・スコセッシが、中国のチベット侵攻とダライ・ラマの亡命を描いた「クンドゥン」の方がわかりやすかったです。

・キリスト教圏の方の映画だと思いました。

・「タクシードライバー」や「クンドゥン」同様、濃く重い音と色でした。(スコセッシの世界?)

・キリスト教の方の感想を聞いてみたいと思いました。

・ボーっと観ることのできる映画ではありませんでした。(字幕も読まないといけないし)


【独善的オススメ度】

「シン・ゴジラ」よりは↓
「君の名は」よりは↑













by e.wash-r | 2017-01-23 00:21 | Tibet/西蔵 | Comments(4)
『ラサへの歩き方』
b0029488_810664.jpg
b0029488_8101610.jpg


S師をお誘いして、中国映画『ラサへの歩き方を』観ました。

チベットの方々の「ラサ巡礼」「カイラス巡礼」をドキュメンタリー風に描いた作品です。

五体投地を繰り返し、気の遠くなるような道のりをラサへ向かう人たちが淡々と描かれます。

理解ではなく、心揺さぶるものに会う映画だと思いました。


チベットの自然、暮らし、信仰が美しく描かれます。美しすぎるくらいに。

中国人民解放軍のチベット侵攻(中国は平和開放と言っています。)以降70年のチベットの歴史、20年前に見たチベット、情報の閉ざされた今のチベットを思うと、映画の美しさが、逆に何か心をザワザワさせたのも事実です。

物語と映像の美しさが、チベットへのレクイエムでなければいいのですが・・・


9/9まで、柳ケ瀬のcinexで上映。
おすすめします。
もう少しはやくお知らせすればよかったと思っています。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-09-05 23:09 | Tibet/西蔵 | Comments(0)
パンダ
b0029488_1265281.jpg
b0029488_1271074.jpg
b0029488_1272962.jpg



上野動物園にカンカンとランランが来て賑わったことは遠い記憶としてあります。

WWFのパンダのシンボルマークをいつも複雑な気持ちで見ています。


パンダを見たのは、今回がはじめて。

アドベンチャーワールドにて。
入園するまで、パンダがいることを知りませんでしたが。
中に人間が入っていると思うくらいパンダでした。


忘れないようにしようと思うこと。

パンダの故郷はチベットです。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-03-11 23:26 | Tibet/西蔵 | Comments(0)
お取り越し三昧  -五十肩-
b0029488_16594113.jpg


H家お取り越し。例年、親子三代・姉妹揃って賑やかなおつとめなのですが、今日はHさんおひとり。段取りの行き違いがあって、申し訳ないことでした。

Hさんとまったりおつとめ。

お灯をあげられるHさんの様子が何となくぎこちないので、そのことを尋ねると、どうもいわゆる五十肩なのだそうです。痛み始めてから、4ヶ月ほどとか。。

ボクも五十肩では随分苦しんだので、Hさんの辛さはよくわかります。Hさんの肩の痛み具合をうなづきながら聞きました。

「なんで五十肩になんかになるんかねえ?」とおっしゃるHさんに、「なる人はなるみたいですね。ボクは1年くらいかけて知らないうちに治りましたよ。上手におつきあいしてくださいね。」と応えました。


ひとしきり世間話をして帰途についてから、ふと、思いました。

『「なんで五十肩になんかになるんかねえ?」と言われたら、「体はまだまだ五十代ということですよ!」と応えるべきだったかも。』

まあ、どこまでも生臭坊主であることに間違いないにしても、話術や世渡りに埋没するのは、あまりかっこいいこととはいえませんが・・・。



◆写真は、林雙寺蔵メディカルタンカより



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-12-21 16:58 | おまいりにて | Comments(0)
熊谷榧 『チュー・ゴンパ』
b0029488_0294036.jpg



およそ2ヶ月前、なんとなく入ったお店で出会ったチベットの寺院の絵。

どう見ても熊谷榧さんの絵だと思い見入っていると、店のご主人のKさんが「榧さんの絵ですよ。」と。

手放すことになった友人から引き受けた数枚の内の1枚だとか。

『チュー・ゴンパ』と名付けられたその絵。榧さんがカイラスを巡礼されたとき、マナサロワール湖畔で描かれたものようです。


Kさんのご厚意を受け、『チュー・ゴンパ』が西蔵坊に来ました。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-06-28 00:28 | 溺レル | Comments(2)
曹洞宗岐阜県青年会40周年記念 ダライ・ラマ法王特別記念講演
b0029488_035436.jpg


四月八日、はなまつり。曹洞宗岐阜県青年会の40周年を記念して催されたダライ・ラマ法王の講演を聞いてきました。

当blog『西蔵坊だより』の西蔵坊(房)は、当寺が正蓮寺の寺号を拝受する前の名称です。中国語でチベットを意味する「西蔵」と関係があるかどうかは不明ですが。(まずない。)

こどものころから、なんとなく「チベット」に興味を持ってきたのは、「西蔵坊」という名前の縁なのだと思います。

ダライ・ラマ法王のお話を複雑な思いで聞きました。その思いをどうしても残しておきたいのですが、なかなか書けません。思い入れは、気負いなのだと思います。

というわけで、「チベット」への思いとダライラマ法王のお話については、いずれ。



講演のテキストが以下のサイトにあります。


ダライ・ラマ法王特別記念講演 / 仏教に出会えてよかった~花まつりに集う 仏法僧~
主催者:曹洞宗岐阜県青年会
会 場:長良川国際会議場
期 間:2015/4/8~2015/4/8






                    Tumblr 『西蔵防だよん』


 
                    【 2014年の今日のblog 】 
                    【 2013年の今日のblog
                    【 2012年の今日のblog
                    【 2011年の今日のblog
                    【 2010年の今日のblog
                    【 2009年の今日のblog
                    【 2008年の今日のblog
                    【 2007年の今日のblog
                    【 2006年の今日のblog
                    【 2005年の今日のblog
                    【 2004年の今日のblog
by e.wash-r | 2015-04-09 23:00 | Tibet/西蔵 | Comments(0)