タグ:モノ ( 307 ) タグの人気記事
アクティベーションロック
b0029488_10301629.jpg
次女から”インフルエンザに感染し一週間出校できないので帰る”というmail。”いいけど、せめてあと一日待ってからにしてほしい。”と返信。

元気に帰ってきた次女とふたりで、ちょっとデート。のつもりで出かけたのですが、なぜか、突然、ボクのiphoneが『アクティベーションロック』の画面に。

デートを変更して、docomoショップへ。
いっそ買い換えようと相談すると、アクティベーションロックのままでは、買い替え不可とのこと。
結局、デートを中止し帰宅。

パスワードを入れてもダメ。
モバイル通信できず。
wifiもつながらず。
為す術なし。

アップルサポートに電話。A****さんというお姉さんが、PC画面を共有して丁寧にサポートしてくださいました。

あの手この手のitune経由の復帰をこころみるのですが、ボクのPCでは、ituneにもつながりません。A****さんが「これ以上は無理です。繋がらない理由はwindows側にあると考えられます。microsoftのサポートを受けてください。」と。

ここで見捨てられたら、さらなる困難に遭遇するに違いないと、途方に暮れるボクの横で、次女が自分のPCにituneをインストールして、こちらでも試してみたら、と。

そのことをA****さんに伝え、もう一度最初から。

時間がかかりましたが、無事、iphoneとituneは繋がりました。

しかし、使用前の状態に復元はできず、初期化の作業。一部バックアップしていないデータと、現在配信していない愛用のソフトは消えましたが、軽~い動作になって無事iphoneは蘇りました。


デート改めiphoneの蘇生に数時間付き合ってくれた次女に感謝。
親バカですが、おちついた頼もしいすがたに、もうこどもじゃないな、親の出る幕はないな、と思いました。

アップルサポートのA****さんにも感謝。
おっさんとしては、きっと美しい方だと思います。

ところで、突然のアクティベーションロックって何なの?
今回に限っては、ほんとうに「何もしていないのに」おかしくなりました。

いろいろ経験しましたので、アクティベーションロックでお困りの節はご相談ください。A****さんのご紹介はできませんが、少しはお役に立てるかも。



.





by e.wash-r | 2019-02-08 23:29 | そらごと、たはごと | Comments(0)
東へ
b0029488_01583804.jpg
富士見町
国道20号線から南東正面に見えた富士山
銭湯のタイル画のようでした
何十回と通った道なのに、はじめて気づきました
夏は、あまり見えないのだそうです

b0029488_01584670.jpg
八ヶ岳連峰
夕陽に雪がオレンジ色に染まっていました
朝焼けはモルゲンロート 
夕焼けはアーベントロート
鮮かなアーベントロートを見たことがなく新鮮でした

b0029488_01585628.jpg
工房「樹の鞄」さんを訪問
作業場で作業工程を見せてもらい感動ひとしお
一朝一夕ではない職人さんの世界でした

b0029488_01591383.jpg
伊那の町を闊歩するおねーさん3人
ソウルフード「ローメン」をいただきました
2回め、今回は発祥のお店「萬里」さんで
太い麺と羊肉が特徴
慣れない他所者には、見た目以上にハードル高いかも

b0029488_01592223.jpg
博物館か美術館のような古道具屋さんへ
棟方志功の版画とか河井寛次郎の焼き物とか
展示ではなくさりげなく販売していました
素朴な湯呑や漆器に興味津々
旅の記に染付のデミカップお贈りすればよかったと後悔



1/22・23  
3人のおねーさんに随行した山梨・長野行の記録
雪道要員でしたが、雪はなく役得でした

Yさんのコーディネート
和やかなF姉妹
ガイドのK女史に、感謝
旅直後、痛風発作発症、因果関係不明





一週間ぶりにおだやかにPCの前に座って投稿しました




.












by e.wash-r | 2019-01-31 01:58 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
今更ですが、猪
b0029488_22273740.jpg

3人のおねーさまがたと八ヶ岳へ。

某所の陶器に描かれていたイノシシ。

野生を感じました。



さて、2ヶ月半、必死でなんとかつとめきって、やっとホッとできたと思ったら、左足の親指の付け根付近に激痛。

平素の日暮らしがはじまった途端に痛風発作という、納得しがたい不条理を味わっています。

テレマークブーツが履けないという悲劇・・・。









by e.wash-r | 2019-01-23 22:24 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
餅つきの準備
b0029488_03113682.jpg


12/30のお華束つくりの準備、ほぼ完了。

でも、まだ華立・幕張等の準備は、まだ途中です。





by e.wash-r | 2018-12-29 23:03 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
輪灯のあかり
b0029488_02385681.jpg
b0029488_02385008.jpg
M家お取り越し。

おまいりのあと、電気の話になったので、専門家のMさんに、『LEd豆電球を、電池で点けようと思ったけど、うまくいかなかった』ことを相談しました。


当寺の輪灯は、燈明油のあかりです。以前は、油屋さんで菜種油を買ってきていましたが、そういうお店もなくなってしまい、今はサラダオイルです。

火に関わることなので、ご門徒さんにはお勧めしませんが、自防では、続く限り火のお燈明のつもりでいます。


ただ、本堂にいない場合で長時間点けっぱなしにするような場合(具体的に思いつきませんが)、簡単な操作で、火ではなく、電気のあかりをつけておけたらいいような気がしていました。

そこで、電池で点くLED電球の、簡単に設置できるようなモノを作ろうと思ったわけです。ところが、LED電球が点灯しなくて、挫折していました。


そんな事情を話し、その流れで、Mさんに制作を依頼しました。

快諾してくださったMさんが、中二日ほどで、そのモノを持ってきてくださいました。

感謝。Mさんも嬉しそうだったのが、またありがたかったです。

仮の設置。3日目になりますが、まだゆらゆら灯っています。

いい雰囲気のあかりなので、いかに体裁よく、簡単に設置できるようにするかは、ボクの役目。


除夜の鐘を撞き終わったら、朝までは、このあかりに変えてみようかと思っています。


.

by e.wash-r | 2018-12-26 23:35 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
銀杏の皮むき機
b0029488_00383031.jpg
b0029488_00381010.jpg
b0029488_00382018.jpg
b0029488_00383852.jpg

J寺さんが銀杏の皮むき機を貸してくださいました。

夕方まで予定を空けてあったので、スキーに行くつもりでいたのですが、年末までの日程を考え、急遽、銀杏の皮むき。

朝から夕方まで、昼食も食べず、トイレも行かず、ひたすら皮むき作業を続け、なんとか一段落しました。

撹拌機、高圧洗浄機等々、いろいろ試して、ボクなりに効率のいい方法にたどり着いたつもりでいましたが、やっぱり機械は効率良かったです。

作業中に、K寺坊守さま、S寺ご住職が訪ねていらっしゃいました。ドロドロの作業着姿を見てねぎらってくださったので、たまの肉体労働をしたものとしては、得した気分でした。


まだ落ちてきていない銀杏が相当あるので、もう一度、また半日くらいは作業をしなければなりません。はじめるまでがちょっと憂鬱ですが、結構楽しんでいます。


お借りした銀杏むき機の構造を見て、なんとなくですが、新しい銀杏の皮むきの道具を思いつきました。

イメージ膨らませています。時間があれば、自作したい気分。


でも、ほんとうはスキーに行きたいです。





.




by e.wash-r | 2018-12-18 23:20 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
復活!
b0029488_03071573.jpg

過日、もう15年くらい大活躍しているガス衣類乾燥機が壊れました。

業務用?なので、酷使に耐えてきてくれましたが、消耗品の破損なので致し方なしです。

「泣きっ面に蜂」とはこのことで、続いて洗濯機の脱水機能が壊れました。

どんどん日差しが弱くなっていくなか、将軍様はお困りだろうと思うのですが、メーカーへの修理依頼を頑なに拒否し続けられました。

乾燥機や洗濯機のある場所までの部屋が散らかりすぎていて、入ってもらえない!というのが理由。


なんとか掃除片付けができたので、本日、修理の方に来ていただきました。

無事復活!



ガス衣類乾燥機、強力です。おすすめです。



.







by e.wash-r | 2018-12-07 23:23 | そらごと、たはごと | Comments(0)
やかん
b0029488_17285915.jpg
よく働いた連休。

最終日、日が暮れてから、やっと空き時間ができたので、気晴らしにキ***へ買い物に行ってきました。

108円の「やかん」get!

値札には、中古と書いてありますが新品です。


最近、ゆる~い山歩きしかできないので、装備の機能性・軽量化とかは割と無縁。ひと休みのときに飲むコーヒーや、昼食のカップ麺のお湯沸かしに使うのも粋かな、と思っています。

ただ、残念ながら、ガスカートリッジの直径よりやかんのの口の直径の方が僅かに小さいので、ガスカートリッジをやかんの中に収納というわけにいかないのが残念。

b0029488_17294477.jpg

いい買い物ができたと喜んでいると、Sくんから「納税(という呼び方の村の寄り合い)はじまってますよ。」と電話。連休の開放感ですっかり忘れていました。






by e.wash-r | 2018-11-26 17:16 | そらごと、たはごと | Comments(0)
ヘルメット、の思い出とか
b0029488_00502777.jpg

3日前、ヘルメットを買いました。同日、偶然、テレマークスキーの知人のTさんも”ヘルメットを新調した”と、FBにUP。

というわけで、ボクも追随。

達人Tさんがヘルメットをかぶるのは、山、沢詰め、テレマークスキーですが、ボクがヘルメットをかぶったのは、おおよそ消防か水防(の訓練)。過去にさかのぼっても、バイクを除けば、アウトドアでの使用は、カヌーくらい。そのカヌーでのヘルメット着用も、激流で岩に頭をぶつけたとき対策ではなくて、釣り人対策でした。

ダムに沈む前に徳山の谷を下ろうと、旧徳山村の山手から現徳山ダムのすぐ下あたりまでを、畏友Eと流れたときのこと。

当時(徳山ダムの工事がはじまるころ)は、旧徳山村内には漁業権がないというウワサで、釣り人や(違法)漁師さんが殺気立って押しかけてきていました。その人たちが、釣りの邪魔をするなという罵声とともにカヌーに向かって投げる石から身を守るために、真剣にヘルメットをかぶる必要があった?のです。

当時は、カヌー用とかクライミング用の専門的なヘルメットなど持っていなかったので、こどもたちが自転車に乗るときにかぶっていた黄色い「シェルメット」を借用。石に対しては有用だったと思いますが、沈して、ヘルメットで水圧受けたら、あご紐で首を絞められていたかもしれません。今思うと、ちょっとゾッとします。

徳山の村も谷も、今はダム湖の底です。懐かしいけど、さみしい思い出。何年も山や川に通う人は、おおよその誰もが経験したことのあるさみしさだと思います。


買ったのは、クライマーでもないのに、ちょっとレトロなクライミング用のヘルメット。

ひょっとしたら、裏山の木に登って枝打ちをするかもしれない、場合によっては、本堂の屋根に上って雨漏りの修繕をするかもしれない、という寺を護る崇高な僧侶の志で買ったとも言えなくはありませんが、気分高揚のためというのが本音です。


最近、将軍様の攻撃の矛先がボクに向かう傾向にあるなか、最初の使用は夕食のときでした。次回、正統な使用の機会があるかどうかは未定。


◆所用で、遅れて夜お参りしたT家。普段会うことのない若いご夫婦も。おまいりのあと立てなくて苦労してみえました。こういうちょっとしたことが、うれしい。
◆所用で、変更になったF家のおじょうはん。夜のおまいりなので、いつもご夫婦、こどもさん方揃ってのおまいりですが、今日はおひとり。こういうちょっとしたことが、さみしい。


.








by e.wash-r | 2018-10-12 23:55 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
加賀友禅と大樋焼を見た(だけ)
b0029488_15441204.jpg
b0029488_15442889.jpg
山の帰り道、金沢の「おっちゃん」こと、古民芸商のNさんを訪ねました。もう日が暮れていて、閉店間際のほんの30分ほど。

おっちゃんと京都で知り合ってから、もう20年ほどになります。漆器のことはたくさん教えていただきましたが、今回、20年経ってはじめて、金沢の伝統工芸である加賀友禅と大樋焼の話を聞きました。


「加賀友禅」も「大樋焼」も、よく似た成立の過程だと思いました。

加賀藩、前田家の庇護と家元制のような徒弟制度。
京都の工芸技術(京友禅、楽焼き)の受け入れと独自発展。


今は(明治以降ずっとそうなのですが)、前田家のような、超強力な旦那衆・パトロンがいない時代です。、伝統工芸が、伝統を引き継ぐことが、ほんとうに厳しい時代が続いているのだと、つくづく思います。

お金のある方々が、別の意味で生き残りをかけて、時流に合った投資をしてゆかれるのは、たぶん当然のことなのでしょう。

ならば、せめて、庶民の中の小金持ちの方々が、クルマや海外旅行やグルメ、儲け話に投資する分のいくらかを、伝統工芸に向けられたらいいのに、と勝手に思ったりしています。

伝統工芸のよさが伝わらない時代故かも知れません。ほんとうは単に経済の問題ではなく、文化の問題でもあるのですから。


ボクがパトロンになる!という気概がないことには、このlogには何の意味も迫力もないのですが。嗚呼。



◆連休。なぜか中日に法要・仏事が集中。疲労困憊。
◆連休。帰省の若者、休みのこどものおまいりが多くてうれしい。
◆お墓のおつとめ。若い当主に「やっぱり座禅をしていると蚊に刺されても痒くないんですね。あの蚊の大群のなかで、お経を読み続けられたので感心しました。」と言われました。「痒かったし、掻きながらおつとめしていました。」と答えました。そのあと、仏間で、ゆっくり他力の話ができました。ぼちぼち。
◆お取越し、はじまりました。


.


by e.wash-r | 2018-10-07 23:01 | 愚考 | Comments(0)