タグ:本 ( 77 ) タグの人気記事
「りゅうのめのなみだ」2 ー30年・・・ー
b0029488_22482112.jpg


伊自良川の蛍をカヌーで見に行くようになって、30年ほど。

はじめて乗ったとき小学生だったNちゃんが、今回、かわいらしいふたりのこども、旦那さんといっしょにまた来てくれました。感無量です。

懐かしさをたどっていたら見つけた6年前のlog。

船に乗ると必ず思い出す「りゅうのめのなみだ」のこと。ちょっとセンチメンタルに再掲。少し手直ししました。

・・・・・

こどものころ大好きだった浜田広介の童話「りゅうの目のなみだ」。何回読み返したかわからない。

ボクに「悪」という概念が乏しいのは、この物語が好きだったことと無関係ではないような気がする。悪を悪と言い切る世界観が今でも苦手だ。


と言いつつ、日本の河川行政を「悪」と決めつけ、抗議を繰り返した時期があった。長良川に河口堰は似合わないと思った。(今もそう思っている・・・)


大学で河川の勉強をしたものとしても、また、一市民としても、河口堰の問題点を述べることはできる。しかし、論争に意味はなかった。誰もが正論を持っているわけだから。最後はパワーゲームになる。行き着くところは、政争だ。

「河口堰がない方が美しいと思うんです。気持ちいいんです。楽しそうなんです。遊べるんです。」
好きだから、という言い訳がいい。


もう、進水してから30年以上になるミクマック450というカナディアンカヌー。

こどもとオトナ、戦略的に、政治家やマスコミ関係者を何度も乗せた。川面から眺める景色を見せたかった。そこからはじまると思っていたし、それは今もそう思う。

ただ、なんとなく気負いがあった。もっと適当に遊べばよかったと思う。


今年も、夜の伊自良川にカヌーを浮かべた。

川霧のたつ湧水の川面を漕ぎ上がる。
蛍が舞う。
水を切るパドルの音に驚いた魚が飛び跳ねる。

音もなくすすむ船は、"やまのりゅう"なのだ・・・。そんなふうに船に酔うのも一興かもしれないと思う。

・・・・・

30年もののカヌー。56年もののボク。メンテナンスフリーでどこまでいけるかなあ。

.

by e.wash-r | 2018-06-05 22:22 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
鶴と怪獣トリゴラス
b0029488_21273283.jpg
b0029488_21274153.jpg

K家ご法事。お墓へおまいりしたあと、田楽と菜飯で有名な山の中腹の料理屋さんで会食。

床の間の上の一枚板の欄間?に鶴の浮き彫り。

経年変化した板のシミが、『鶴の放った光線』みたいで、なんとなくワクワク。写真を撮っていたら、Kさんに、「何か特別な曰くがある鶴ですか?」と訊かれてしまいました。さすがに、「トリゴラスっていう怪獣がいて・・・・云々」とは言えず・・・。


ところで、こどもに、「怪獣と恐竜の違いは?」と聞かれたお父さんが、まじめに、「怪獣には著作権がある。」と夢のない答えをしたという話があります。

本の場合、出典を明らかにした引用は、著作権の侵害にならないと、出版関係の方に聞いたことがあるのですが、絵本の場合はどうなんでしょう?

上掲写真、『トリゴラス』長谷川集平・作、文研出版、より。






by e.wash-r | 2018-04-29 23:32 | 溺レル | Comments(0)
2018美濃四十八座 正尊寺真宗講座 青木新門師
b0029488_04151284.jpg
b0029488_04164854.jpg
b0029488_04151839.jpg
b0029488_04152577.jpg

正尊寺真宗講座。ご講師は、『納棺夫日記』の青木新門先生。80歳を超えられ、ますますお元気でした。


ときに重厚に、ときに軽快に、

『納棺夫日記』著述に至るまでのお話し
『納棺夫日記』と映画『おくりびと』とのちがい
『納棺夫日記』をめぐるモックンとの親交、等々

最近、HP・FBで、繰り返し述べられている、

生死について
光明と名号について
近代文学と西洋思想について
科学と仏教の違いと接点について、等々

昼座はたっぷり2時間半、夜座は休憩無しで1時間半。以前より厳しい内容もありましたが、先生ご自身が”老い”を楽しんでいらっしゃるような感じの、穏やかなお話しでした。

おつとめのときも、休憩のときも、お聴聞のボクたちにさり気なく混じっていらっしゃるお姿が印象的でした。


正尊寺真宗講座は、今回が80回目。続けることは力だと思いました。

今年も、美濃四十八座がはじまりました。
他のお座同様、今年も他力・約仏のお話しのお聴聞のご縁です。

半年ぶりに、また、馴染みにの方もはじめての方も、いっしょにお聴聞できたなあという思い。
お楽しみのお聴聞、衒いなく、またお会いしましょう。




.




by e.wash-r | 2018-04-24 23:17 | お聴聞 | Comments(0)
『あしたのジョー』再読

b0029488_01312342.jpg


思うところあって、『あしたのジョー』を読み返してみたくなって、オークションで全巻、格安でゲット。

そんな折、朝ドラの『半分、青い』のなかだったり、某会議の市議会議長さんの挨拶だったりに『あしたのジョー』が出てきて、なんとなくうれしい昭和のおっさんになっています。


マンガを買ってもらえる環境になかったので、「巨人の星」は、近所のKちゃんの家の2階にあったのを読みました。「あしたのジョー」は、親戚の家の階段の下に積んであったのを読みました。

いずれも小学生のころのことだと思うので、内容など理解していなくて、ただ見ていただけだったかもしれません。「あしたのジョー」よりは「巨人の星」のほうが面白かったような記憶です。たぶん、単純に、ボクは、ボクシングより野球のほうが好きだったということくらいのこと。

ただ、あるとき、当時のボクからすると、とってもオトナに見えた大学生のTちゃんたちが、”「巨人の星」より断然「あしたのジョー」だよね”みたいな話をしていて、なんとなく、”やっぱり『あしたのジョー』だよね”みたいに思い込んで今に至っています。


ちょっとまじめに書きます。

『あしたのジョー』を再読しようと思ったのは、下記のような話にであったからです。


【ジョーと力石と試合。ジョーのパンチを顔面に受け、力石は試合後死亡。以降、ジョーは、顔面へのパンチが打てない(いわゆるPTSD)このジョーの、PTSD克服、つまりボクシングへの完全復帰の物語が、『あしたのジョー』。】だとすれば、『あしたのジョー』は、心的ストレスを抱えたものが社会復帰をめざす物語と言える。
昭和という時代は、そういう時代だった。しかし、今は、なんとなくだけど、社会復帰・社会適応が解決ではないと気づきはじめた時代。ボクシングを捨てるというストーリーもありかもしれない。云々。(大意)


こんな視点もあるのかと、もう一度(実は、実質はじめてなのかも)、『あしたのジョー』を読んでみようと思ったわけです。

今、すこしづつ読んでいます。

”ちょっと、まじめに書きます”と大風呂敷を広げましたが、 眠くなったので、以上。

いつかにつづく・・・。


.


by e.wash-r | 2018-04-20 23:23 | 愚考 | Comments(0)
雪とハイビスカス

b0029488_22564910.jpg
b0029488_22565772.jpg
b0029488_22570661.jpg

【起】
いつだったか、どこだったか憶えていないのですが、ハイビスカスの(天井)絵でお荘厳された本堂のほとけさまにおまいりしたことがあります。日本です。不思議な感じでした。


【承】
そんな記憶の中で、やっとの思いで読んだ『雪豹』という本。そのなかに、ネパールの寺院のハイビスカスの記述を見つけました。

『雪豹』は、ヒマラヤの秘境ドルポへ雪豹を求めて辿る旅のノンフィクションです。

筆者ピーター・マシーセンは、ヒマラヤへの途上、ネパールのクスマという町の寺院で、石像を飾るハイビスカスを描写しています。

ネパール南部は、ハイビスカスやブーゲンビリアの咲く湿潤のモンスーンアジア。

ハイビスカスが飾られた寺院からは、谷間に遠くヒマラヤの雪。

ヒマラヤの雪とハイビスカスの情景を想像し、憧れています。


【転】
過日、岐阜テレマーク倶楽部のIさんが尋ねてこられました。ボクは不在でしたが、一応古参のテレマーカーである坊守は、Iさんとひとしきりテレマークスキー談義をしたようです。

坊守は、クロスカントリーのような細板でなく、アルペンのような太い板で、また滑ってみたい・・・、というような思いがないわけではないことを知りました。

それならと、密かに新しいテレマークの板と靴を準備。何年目かはどうでもいい結婚記念日という名目で、数日遅れのプレゼント。

譲ってもらったShe'sPisteという女性用の板と、売れ残った旧モデルのプラスチックブーツ。

十数年前までの革靴細板とは、別世界の道具です。


代々ハイビスカス文様のShe'sPiste。
ここモンスーンアジアの湿った雪。



できすぎなくらい、起・承・「転」は完璧!
さて、結は・・・。



by e.wash-r | 2018-03-24 22:54 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
うれしかったこと3 ー『醒睡笑』ー
b0029488_00063628.jpg


過日、長男が「何か読む本ない?」と言って、本棚から『醒睡笑』と『補陀落渡海記』を持っていきました。

数日して、「全部読んでないけど、わしはこの話がいいと思う。」と言って、栞をはさんだ『醒睡笑』を持ってきました。

『醒睡笑』は、江戸初期、安楽庵策伝が編纂した笑話集。登場人物は、うつけ、堕落僧、文字知り顔等の多様な庶民。のちの落語等に大きな影響を与えたと言われています。

栞をはさんだところを読みました。


こざかしい男とうつけものが、京へ旅します。

宿の風呂で、こざかしい男は、うつけものをからかって、こづきます。

「これは京の風呂の慣い、腹を立てるのは田舎者。気にするな。」と。

うつけものは、ならばと後から入ってきた老人をこづきます。

老人は「愚かもの。」と大声で怒ります。

うつけものは、その声を聞いて「田舎者だ。初心者だな。」と言いました。


だいたいこんな話です。そして、最後、以下の歌で結ばれています。


風呂たきの我身はすゝになりはてゝ
人の垢をば落とすものかは


最後の一句で、やっぱり阿弥陀さんの他力の世界が現出します。


煩悩障眼雖不見  まどいの眼には 見えねども
大悲無倦常照我  ほとけはつねに 照らします

前後しますが、

極重悪人唯称仏  罪の人々 み名をよべ
我亦在彼摂取中  われもひかりのうちにあり

ですね。






by e.wash-r | 2018-02-09 23:48 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
トリゴラス
b0029488_01104997.jpg

久しぶりに家でダラダラと夕食。

こたつに寝転んで、見るともなくテレビ。

『なんでも鑑定団』が流れています。

曹洞宗のお坊さんの遺品のゴジラコレクションが250万円の評価。

ゴジラも大好きですが、トリゴラスもね。


絵本『トリゴラス』1978 長谷川集平 みるみる絵本

絵本『トリゴラスの逆襲』2010 長谷川集平 えほんのもり


「ゴジラ」が少年とオトナの映画であるように、「トリゴラス」はあえてこどもに読み聞かせしようとは思わない少年とオトナの絵本だと思います。


こういうlog(単文、改行、行間1)のときは、眠いか体力が限界のときです。





.

by e.wash-r | 2017-12-19 23:09 | 溺レル | Comments(0)
2017 福満寺報恩講
b0029488_23094262.jpg

i地区、福満寺報恩講におまいり。

i地区は、ほぼ全戸が福満寺さんと正源寺さんのご門徒さん。公民館の近くに車を駐めて、山の中腹まで、村の彼方此方から集まってみえるご門徒さん方と一緒に歩きました。

いい雰囲気です。

お取り次ぎは野村法宏師。聞き入ってしまったので、2席最後までお聴聞。

結果、3時以降のお取り越しまいりは、全部少しづつ遅刻になりました。ごめんなさい、です。


休憩時間、思わぬ縁で、Nn師とハンナ・アーレントの話になりました。「『暗い時代の人々』が読みやすいそうですよ。」とアドバイスをいただいたので、早速注文。

読めるんだろうか?

“「若いうちに本を読むべき」なのは「老眼になると読むのがつらいから」”


という話が、身に染みます。






by e.wash-r | 2017-12-10 23:05 | おまいりにて | Comments(0)
『中部山村社会の真宗』 -傍線の主-
b0029488_22303189.jpg
b0029488_22304752.jpg

ずいぶん昔に京都の古書店で買った千葉乗隆先生の『中部山岳社会の真宗』。

まだ読んでいませんが、26ページに、おそらくもとの所有者の引いたであろう傍線を発見。

パラパラと全体を見通してみて、約300ページのなかで、傍線はこの箇所だけ。

そこには、『改田』の文字。

どなたが引かれた傍線なのだろう。
その思いは何だったんだろう。

なんとなく、浪漫です。



お取り越しがはじまったので、これからは連夜、いつもより多いおまいりになります。空いた時間はぐっと減るものの、気分だけは、やっぱり秋の夜長。

「読書の秋かなあ」とも思うですが、この頃、老眼の煩わしさもあって、めっきり本が読めなくなっていてます。

せっかく秋の夜長気分になっているので、レンタルで映画でも・・・。

今観たいと思うのは、「キングコング対ゴジラ」と「マタンゴ」。たぶん、思うだけ。







                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-08 22:28 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
パーマンバッジとコピーロボット


b0029488_00534315.jpg
b0029488_00541026.jpg

午後、思い立って北陸、高岡へ。ある目的で訪ねた高岡市美術館。

目的の作品は、所蔵はしているが今は展示していないということでした。せっかく来たので、併設の『藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー』を拝観。

どこでもドアから入ると、高岡出身の藤子・F・不二雄の世界。感激しました。

以下、掲示してあった藤子・F・不二雄のことばより。



”私がまんがを描くに当たっての姿勢は「良質の娯楽を提供したい。」ということ。これに尽きる。
単純明快。他には何もない。”

「本の窓」創刊零号 1978 小学館



”ぼくはすべてにおいて、「好き」であることを優先させてきました。”

「小学五年生」9月号 1994 小学館


”まんがというのはなんでもありの世界で、そこがいいところでもあると思うんですよ。”

「JILリサーチ」No.7  1991 日本労働研究機構研究所


                    

こんな風に生きられたら、こんなお寺にできたら、と思います。


パーマンバッジとコピーロボットのピンバッジを買いました。
 


Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog











by e.wash-r | 2017-09-27 23:26 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)