タグ:雑言 ( 919 ) タグの人気記事
今日もムカデの話 ーたてわけということー
b0029488_01291411.jpg

暑い日でした。午後、X家にてご法事。汗をかいて三部経。

お取り次ぎをはじめて、1分くらい経ったところで、ボクとお聴聞の方の間にムカデ出現。普通に、ちょっと混乱。

「押さえて!」
「カーペットの下に入った!」
「そっち!」

そんな叫びが飛び交う中、冷静なX家次男のYくんが、いよいよ捕獲体制に入りました。Yくん、一瞬ためらってやはり冷静に質問。

Yくん:「こんなときに、殺生していいんですか?」

ボク「気にしない方がいいんじゃない!」

無事ムカデは捕獲され、仏間から運び出されて(その後どうなったかは知りません。)、お取り次ぎ再開。


ところで、『こんなときに、殺生していいんですか?』という問いへの答えは、どういうのがいいんでしょうね?

正解は、『そういうことを坊さんに聞いてはいけない。』だと思います。

坊さんには、難しいことはわかりません。経験もそれほどありません。だから、娑婆の有りようを尋ねられても、ひとりよがりの自分の意見を言うことしかできません。

こんなことを書くと、ある種のお坊さんからは批判を受けるかもしれませんが、生き方を語るなら、それはあさはかな人のただの私見だという認識が必要だと思います。そして、私見は仏教ではありません。私見なら私見として述べるべきで、わかってもいない仏教の教えから導きだされるもののように語ったり、教えにあったもののすがたのように語るのは、どう考えても、越権行為です。

『こんなときに、殺生していいんですか?』という問い。「消し去りたい。」という思いと「殺していいのか。」という思いの葛藤。そこにある苦悩。形こそ違え、生きているということはそういうことの繰り返しですよね。

たぶん仏教的な生き方などないのです。その苦悩を見据える慈悲があるのみ。「なんまんだぶ」だけです。


坊さんの言う娑婆のことは、あまり頼りにしないほうがいいと思います。


*写真は過去のものです。

*文に問題あるようなら削除します。




.




.


















by e.wash-r | 2019-05-12 23:32 | 愚考 | Comments(3)
なんじゃもんじゃ
b0029488_08160286.jpg

初夏の白。
なんじゃもんじゃの木。

ところで、朝から怒り狂った日。
必死で堪えて話をしたつもりですが、冷静さを失っていました。(門徒さんとのことや将軍さまの圧政に関することではありません。念のため。)

大工さんのMさんが、たぶん怒りを抱えたままのボクを見て、「どうなさった。そんな険しい顔のご院さん、はじめて見た。」と。

なんとなく引きずって、悶々としたまま迎えた夜の小学校のPTAの懇親会。朝の怒りはすっかり忘れて、先生方や地域の方と、いい時を過ごすことができました。

人間、結構柔軟にというか適当にできているな、と思った次第。

喜怒哀楽、いろいろありますが、コントロールするのは難しいですね。

なんじゃもんじゃ。






by e.wash-r | 2019-05-10 23:08 | そらごと、たはごと | Comments(0)
娑婆のこと
b0029488_07162497.jpg

決戦。
もしくは前哨戦。

煩悩×煩悩

娑婆のことなので、原則、真向勝負。

苦手なことですが、住職の仕事なので。

お金のことです。


auctionで、裃買いました。





by e.wash-r | 2019-05-09 23:34 | そらごと、たはごと | Comments(0)
老老介護
b0029488_10413819.jpg


(世間の)連休最終日。

次女、長男夫婦ともに、6日の夜は休みで揃うというので、夜のおまいりを変更してもらって京都へ。

夕食の待ち合わせの時間まで、少し京都をぶらぶら。まさにぶらぶら歩いていたら、先を行く将軍さまに糞が落ちてきました。

電線にとまっているカラスから。カラスなので結構大量です。

嘆く将軍さまを落ち着かせ、服、カバン、体に付いた糞を、時間をかけて丁寧に拭き取りました。

将軍さまは「何で!」とお怒りですが。カラスから見たら、下に、真ん中が茶色のいい感じの的があったということだとボクは思いました。

目前に迫る老老介護の練習になりました。




by e.wash-r | 2019-05-07 00:30 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
夏の洗礼 ー早々にムカデに刺されましたー
b0029488_16382430.jpg
b0029488_16383048.jpg
おまいりから帰ってきて、庫裡の襖に手をかけたら、そこにムカデがいて、すぐ刺されました。

いわゆる出会い頭。どうしてそのタイミングでそこなの?と(お互い)思っているところです。


昨年、やはりムカデに刺され、ヒドく腫れて治まらないので近くの病院へ行ったら、アナフェラキシ―ショックの可能性があるということで、すぐ大学病院へ転送になり、長ーい検査の後、次回気をつけてくださいと言われました。今回がその次回になるのですが、ちょっと痒い程度。

アレルギーではないみたいで、やれやれ。

去年の大学病院での検査は何だったんだろう?


夏です。




.





by e.wash-r | 2019-05-05 16:54 | そらごと、たはごと | Comments(0)
お茶を飲みに行く

b0029488_22500346.jpg


連休中、なかなかまとまった時間が取れない。


帰省している長女が、3時間ほど空いたボクに、たぶん気を使って「お茶でも飲みに行く?」と誘ってくれた。


それを聞いていた母が、「家で飲めばいいじゃない。お金かからないから。」と、野暮なことを言ってきた。


母は、茶会から帰ってきたところである。


そもそもそ、お茶というのは、なんだかんだ理由をつけて、折々を楽しむというものではないのか?


経済観念で「お茶でも飲みに行く」という営みを一蹴する発言をするなどいうのは、茶道を楽しむものとして忌むべき蛮行だと思うのだが。


このようなことは、本来の楽しみが形式化されることによってよく起きる現象だ。ボクたちもよく陥る。



例えば、形式化した伝道は、事あるごとに発せられる宗門のスローガンのフレーズを、まさにその時だけ脈絡もなくスティロタイプに語ったりする。


形式化した勤式(仏事作法)は、事あるごとに定められる宗門の新しい作法を率先して取り入れ、それまで正統としていた伝統を一瞬にして上書きして過去のものにしたりする。



「お茶でも飲みに行く?」という一見煩悩まみれの軽いノリの、いかに清々しいことか。


飾った言動・形式化した楽しみは、いずれ変節したスガタを露呈するのだと思う。変わってしまった本質が顕になるのだから、それはそれで何の問題もないが・・・。


本質は本質なので、ある程度どうあってもいいと思うが、飾ること、形式化は、あまりかっこよくないような気がする。



たのしくない忠告には従わず、ちょっと気晴らしにお茶を飲みに行ってきました。







by e.wash-r | 2019-05-04 22:19 | 愚考 | Comments(0)
「REIWA」考
b0029488_23561289.jpg

「令和」という元号の時代を迎えました。

個人的に思うことは、どうしてもお位牌等、人目につく書き物をしなければならない身としては、「令」の字は難しい、ということです。

少し練習しましたが、なかなかうまく書けません。


もうひとつ、個人的に・・・。

「REIWA」という響きがなかなかいいなあと思います。巷の意見もおおよそそのようです。

その因を訪ねてみました。

たぶん「REIJOU WASHIOKA」に起因すると思います。



いい時代にしたいですね。




.





by e.wash-r | 2019-05-01 23:58 | 愚考 | Comments(0)
注意書き
b0029488_00090997.jpg

稀有のハプニングの連続で疲れていて、夜のなるともう起きていられなくて、blog滞っています。

あまり空けてもと思い、葬儀場のことで、常々気になっていることを少々。


ご遺体を火炉まで運ぶ台車は、なぜ、電動なんでしょうか。


普通に人力で押した方が、スムーズなような気がするのですが。

炉に納めるときも、電動でリフトアップなくても、人力でハンドルグルグル回すような仕組みのほうが、微調整しやすいと思うのですが。


如何?


それと、岐阜市営のの火葬場のエントランスの壁のオブジェが気になっています。

壁をくり抜くような感じで、黒い半球の空間があり、底に白い札が置いてあります。

「はいらないでください!」という札も、シュールですが。

「ここにものを置かないでください!」と書いた札がて置いてあれば、なかなか洒落たジョークになると思うのですが。


とりあえず書いただけ、という感じのlogになりました。




.










by e.wash-r | 2019-04-18 00:13 | 愚考 | Comments(0)
粛々と
b0029488_06365378.jpg


雨になるという予報でしたが、満開の桜を見上げながら、駐車場・境内・墓地に除草剤散布。

分別の極み。

野良仕事、何組もいらっしゃったお客様との懇親、おまいり等々、田舎の寺の住職らしい?マルチタスクの一日。

話し込んでしまって、9時過ぎ、ぼーっと走る帰り道。グランドの照明に煌々と小学校が浮かび上がっていました。

新年度になり、消防団の訓練がはじまったのだと思いました。団員さん方は、仕事を終えたあとの連日の夜の訓練です。

今のボクには、もう、そういう体力残っていないなあ、と思いながら、ずーっと真摯に勤め続けている同期の団長さんに敬礼。

みんなそれぞれ、意思とか嗜好を超えて抱えるものがあるわけで。

ボクも含めて、お疲れさま。




by e.wash-r | 2019-04-09 23:56 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
「令和」
b0029488_19064699.jpg

b0029488_19065092.jpg


新元号が「令和」と発表されました。

必死の雑務中、「新元号『れいわ』になったよ。」と坊守が知らせてくれました。

「どんな字?」と聞くと、「お父さんの『れい』に平和の『和』」と。

『嶺和』とは意外!と思って、よくよく聞くと、坊守はボクの名前を間違えていたみたいです。

エイプリルフールの洒落というわけではないようでした。

ボクの名前をまちがえたからといって、まあ、別に、今さら、どうでもいいですが。


午後3時、お茶のお誘い。

壁に「令和」の色紙、机の上に「万葉集」を書いた半紙が置いてありました。

とにかく理由を見つけてはお茶を楽しむという姿勢。恐れ入ります。


・・・時間が欲しい。







by e.wash-r | 2019-04-01 18:32 | 【今月のことば】 | Comments(0)