タグ:雑言 ( 891 ) タグの人気記事
外灯の必要性について
b0029488_17465997.jpg

一瞬帰省した長男が、夜中に何かゴソゴソ作業。

ヘッドランプと外のトイレのかすかな灯りで、カーボンの棒を切ったり継いだり・・・。


作業用というわけではありませんが、境内の東の方の車庫やトイレのあたりは、ちょっと暗いので、外灯をつけようかと思いました。



9/14分
.



by e.wash-r | 2018-09-14 23:46 | そらごと、たはごと | Comments(0)
ゴジラの写真を撮る時間 

b0029488_00274944.jpg


S4の荷室で、家財と長男を京都へ運びました。

深夜24時京都着、遅い夕食、次女の下宿泊。


ゆっくりしたいところですが、3時までには帰らなければなりません。

朝、「半分、青い」を見たボクは、午前中どこかへ行こうと臨戦態勢なのですが、次女と将軍さまはまったり。


3時間弱待ちました。



次女の部屋のプリンターの上には、プレゼントしたゴジラが飾ってありました。


3時間弱待った帰り際、ゴジラの写真を撮りました。

そのとき、玄関から将軍さまの声。

「出かけるというのに、何やってるの!」


(今、5枚撮ったゴジラの写真のプロパティを見てみたら、5枚目を撮るまでの時間は50秒でした。)


オンナはバカだ!と心のなかで嘆き、いやいや女性一般のことにしては叱られると、将軍さまは狂っている!と思い直しましたが、権力を手にした者が勘違いするという特性はありふれたことであり、要するに、現実に愚痴を言うボクがそこにいるという体たらく。


僭越ながら、オンナはバカで、権力者は狂い、男は女々しい、というのはまんざらボクの私見ではないように思うのであります。








◆ブランチにスパムおにぎり。玉子焼きが入っていなかった。正当ではないような気がするが如何。

◆旅行社さんと本山参拝の打ち合わせ。バスの確保が非常に難しく2台は無理とのこと。44人の募集定員設けないといけないかも。もしオーバーしたら48座号を頼るという作戦もありか。

◆「半袖だと寒いくらいになりましたね。」とおまいり先で。あれだけ暑かった夏を忘れそう。

◆保険の見直し。タブレットにタッチペンで2回サインをする。ふたつのサインが同じようにはみえない。そんなんでいいんだろうか?

◆9/19.20の予定の某会旅行を諸事情によりドタキャン。伊勢神宮の内宮外宮正式参拝を楽しみにしていたのですが。



.



by e.wash-r | 2018-09-12 23:34 | そらごと、たはごと | Comments(0)
教訓 1/∞
b0029488_01163914.jpg

各地で、地震、台風による停電が続いています。当地も、台風による停電約1日。

当たり前だと思っていた電気に依存した生活を、あらためて思い知ることとなりました。

夏場(初秋)とはいえ、一日なら、なんとか冷蔵庫の中のものは無事でした。通電後、また当たり前の生活に戻って、気がついたこと。

停電で、冷凍庫内は、すこし溶けてまた凍った状態になります。氷の鍾乳洞の中のような感じというか・・・。ものがみんなくっついてしまっっています。まさに氷漬け。(停電時間、冷蔵庫の性能等に依るのでしょうが)

どう対処していればよかったのかわかりませんが、停電時間によっては、短い停電だからといって、冷凍庫内は単純にもとに戻るわけではないということ、です。


今回の停電で、凍って溶けてまた凍った魚(E先生と長男が獲ってきたツバスとイシガキダイとメバル)を、溶かして煮付けて食べました。



◆激しい雨。いまのところ応急修繕の本堂の漏れなし。もう少し様子見。
◆夜、長男帰宅。本堂の屋根を見て「どうするの?」。
◆電設会社のおつとめの門徒さんの家のおじょうはん。無精髭・作業着でおまいり。連日、山間部の復旧作業とのこと。知る限り最大の被害と。

.






by e.wash-r | 2018-09-08 23:47 | そらごと、たはごと | Comments(0)
賞味期限
b0029488_23105680.jpg

午後7時、母から「ハムをたくさん焼いたから食べに来ない?」と電話。

8時から予定があったので、急いでお相伴にあずかる。


母が言うには・・・。

冷蔵庫の奥から、賞味期限切れのハムが出てきた。
お隣の猫に食べてもらおうかとも思ったけど・・・。
やっぱり食べることにした。
全部焼いた。
食べきれないので食べて欲しい。


「よーく焼いたから・・・。」
と、くり返し母が言うので、
「大丈夫やろ。賞味期限はいつやったの?」
と、聞く。

「5月。」

逃亡生活をして生き延びた本物のサバイバーのすることはかなわんと思う。


食後4時間経過して書いてます。



◆上げ仏事。Nさんに「blog読んでます。」と言われる。公開しているのに、読まれているとおもうと恥ずかしい。
◆夕刻、激しい突風と雷雨。全開だった本堂・庫裏に吹き込み、畳まで濡れる。
◆夜中、本屋さんへ。クライミング、テレマーク、水泳、サーフィン、クルマ、魚、言葉、の本を立ち読み。



.







by e.wash-r | 2018-09-02 23:12 | そらごと、たはごと | Comments(0)
また遊び呆けました。
9/1消してしまったlogを、思い出しながら再現。
原文のリファインと違って、意外と楽しくない作業でした。


b0029488_23460107.jpg
佐川美術館、雨
b0029488_23483494.jpg
興味1 お菓子の型枠
b0029488_23461235.jpg
興味2 田んぼの鳴子


珍しく時間に余裕があるSご夫妻と1日小旅行。

個人的には、前回、空いた午後、タイトな日程で訪ねたにもかかわらず、ロビーのソファーで昼寝してしまって、気がついたら閉館時間という失態をしてしまった佐川美術館に、満を持しての再訪です。

『田中一村展』と平山郁夫の「「平和の祈り-サラエボ戦跡」をゆっくりゆっくり見ました。

目的完遂。(この件については、また思うところを書くかも)

以降成り行きのお楽しみ三昧。
琵琶湖畔を走って岐阜へ。

初、近江八幡・た**:調度品が素晴らしい!
初、近江八幡・ラ****:なんじゃこりゃ!
初、垂井・カフェ*****:ソフトブレンドを選択!
池田・湯**:ぬるま湯に浸かる!
シメは長良・C**:お気に入り!


おっさんらしくないところにも行ってきました。

夏のご褒美。



◆やたら眠い一日。車中爆睡。
◆知っている人に知らないところへ連れて行ってもらうという心地よさ。

.


by e.wash-r | 2018-09-01 23:50 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
夏の制服
b0029488_01244242.jpg
b0029488_01312064.jpg

受けている役と村の仕事とお寺のことで、半日奔走。

オフィシャルな立場でオフィシャルな場所へ行かなければならないので、コッパンとBDシャツを着て家を出ました。そういう服装をしたのは、7月、市役所で行われた某式典以来。暑い夏になって、たぶん2回目。

玄関を出て車までは行ったのですが、暑いので、すぐ引き返して、やっぱり短パンTシャツに着替えました。”まあ、いいか。”と思い・・・。

銀行・郵便局
小学校3校
市役所本庁・市役所西部事務所・市役所分室
法務局

私用で、釣具屋さん2軒とホームセンター2軒


多少ご無礼もあったと思いますが、全用件、短パンTシャツと低姿勢と笑顔でクリヤ。


どこへ行っても非常に丁寧で親切な対応。つくづく思うのですが、日本のオフィシャルは、どこも品がいいですね。横柄なのはカッコ悪い、という風潮はいいことだと思います。

と、自分はさておき、短パンTシャツ小僧の雑言。


X小学校で、大学の同級生に遇いました。おたがいびっくり。悔しいけど、はつらつとしていて、とても若く見えました。

真っ黒に日焼けして走り回っている彼女を見て、年相応でいいのですが、若くみえるのもいいな、と思いました。責任あるお年頃、たいへんだろうけど、仕事楽しいんだろうなと想像。

遊ぶのは楽しいに決まっているので、おまけに、楽しく仕事しようと思いました。


◆久々にS4出動。のびのびと走り回ることはできず、市街地走行。
◆夏休みなので、モリ・ヤスは売り切れ、とのこと。
◆おまいりから帰ってくると、、昨日掃除しきれなかった境内がきれいになっていました。坊守の仕業。コワイ。



.



by e.wash-r | 2018-08-27 23:31 | そらごと、たはごと | Comments(0)
年波といふこと
b0029488_23205983.jpg
お泊り会の川遊びのときの虫刺されか傷が原因で、右足の人指し指の付け根が膿んでしまいました。

草履の鼻緒が当たって痛いので、足を引きずっているボクを見た母が、「これで切って膿を出しなさい」と、はさみを持って来ました。戦地を知っている母流です。針で十分なのですが。

切ったり刺したりすることをビビったわけではなく、皮膚を切って膿を出すと、あとあと面倒な状況になると思ったので、老体の治癒力に任せて放置。

年が寄ると傷がなかなか治らないといいますが、確かに、腫れも痛みも取れるのに1週間以上かかりました。

指の傷が治った直後、今度は、膝の裏を火傷しました。

焼かんだ鉄の棒に、ジュッとしてしまったのです。複雑な経緯は省略。短パンで危ない仕事をしていたボクのミスです。

水で冷やしたあと、そのまま何もしないで、今回も、只今、自然治癒の人体実験中。

一週間経ちましたが、うまく皮膚が再生してきません。というか、痛みが増してきたような・・・

正座しても、歩いても、運転しても、寝ても、圧迫したり擦れたりするところなので、なかなか醜い状況になっています。


年が寄るとはこういうことさ。


たぶん、頭も同じ。
消えてゆく記憶のために、本文以外にメモも残そうかと。
自分のため。
試行。


◆朝、漏電箇所を「井戸のポンプ用の延長コード」と確定。
◆昼、嵐のあとの蓮生寺・法光寺合同キッズサンガ表敬訪問。
◆境内の台風20号被害:銀杏と紅葉の小枝が折れた程度。

b0029488_23210995.jpg
b0029488_23211342.jpg


.






by e.wash-r | 2018-08-24 23:29 | そらごと、たはごと | Comments(0)
法事あるある
b0029488_23400371.jpg

あくまで当寺の場合ですが、法事は三部経、約2時間。

午前のご法事なら、10時から12時頃まで。その後、お斎というか会食。


料理屋さんで会食をする場合、料理屋さんの都合で、法事終了時間が変わったりします。法事のイニシアティブは料理屋さんが握っているという状況。

料理屋さんの都合というのは、おおよそ料理の手間とかではなく、送迎バスの配車の都合。要するに、法事のプログラムの決定要因は、料理屋さんの送迎バスの時刻表ということです。


正統派のご院さんは、”法事がないがしろにされている!”とお怒りになられるのかもしれませんが、ボクは、”まあ、配車に物理的制約があるなら、できる範囲で対応します。”という軟弱なスタンス。いわゆる、納得はしていないけど、ものわかりのいいご院さん。


A家ご法事。

お伺いするとすぐ、ご当主が「食事を****に行くことにしたんですが、混んどるんで、バスの迎えが11時半にしか来れんそうです。ご院さん、おつとめ、11時半までにおわるようにお願いします・・・。」と。

コチラも一応プロ。よくあることなので笑顔で対応。世間のことは仕方ありません。

速めの三部経をつとめ、休憩をコントロールし、11:15から5分の法話。ボクのできる最善を尽くしました。

が、です。

11:15からの5分の法話の最中に、玄関のチャイムがピンポーン。一気に緊張感がなくなり、当家の方々はソワソワ。バタバタと、玄関に走っていかれる奥さん。

「****ですけど、迎えに来ましたー。」


現実問題、配車の物理的な都合はある程度仕方ない(企業努力するべきだけど)。そこまでは、ともに法事に関わるものとして許す。

しかし、なぜ、当家では大切な法事がつとまっていると考えないのか!
なぜ、ただ送迎バスを家の前に停めて約束の11:30まで待たないのか!
なぜ、早めに来たからといって、わざわざ、自分の存在を知らせるのか!

なんで、送迎バスが主役になるの・・・?

送迎は送迎のプロとして、大切な脇役としての送迎に徹して欲しい。


仕事って、つとめって、それぞれ立場は違っても、みんなで目的のことをつくりあげていくバランスじゃないのかなあ。


料理の食材がエビばかりだとしても、少なくともその場は笑顔で会食するのがオトナというものですよね。

ところで、海の中に適応したゴキブリがいるとしたら、それはエビだと思います。



.







by e.wash-r | 2018-08-11 23:37 | おまいりにて | Comments(0)
死刑
b0029488_16312533.jpg
b0029488_16312235.jpg

法務省主催の、第68回『社会を明るくする運動 ~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ』という社会活動。

個人的には、あまり心地のいい響きではありませんが、縁とはおそろしいもので、なぜか、お役を仰せつかってしまったので、まじめに働いています。

大雨警報のなか、今回は、岐阜駅でのイベントのお手伝い。

立場上、ボクのところに、数件の連絡が入りました。3件とも「長良川が氾濫注意水位を超えたので、水防団として出動中につき、参加できません。」という律儀な報告。「ご苦労様です。」と上から目線のお礼を言っている自分の滑稽さ加減にうんざりしながら、立場とはそういうものか、とため息をつく次第。


イベント中、ボクの仕事は、のぼりを持って立っている係。岐阜駅の利用規則?により、設置が不可なので。同じく、横断幕も設置不可なので、式典中は数人で保持しています。

昨年の横断幕を保っている係から、今年、のぼりを持っている係になったのは、昇格なのか降格なのか、悩むところです。降格を強く望んでいるのですが。


式典のあと、啓発グッズである『うちわ』を、駅へと歩く方々に配りました。

ある方が、「法務省」の名がはいったその『うちわ』を見て、「オウム真理教の7人を死刑にした記念なの?」と、まじめに質問されました。

さすがに「すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。」という法務省が提唱する模範解答を答えることはできませんでした。

オウム真理教について、死刑について、また「社会を明るくする運動」について、特段の意見は持っていません。

ただ、法務省は、「自らが提唱し、しかも、7月は強化月間として、地域社会を巻き込み、『犯罪者の更生』を市井に啓発する運動を全国展開している」その最中に、「話題性までをも提供した『7人の死刑』を執行したこと」を、どう考えているのかな?と素直に思ってしまいました。

たぶん、何も考えていないと思います。というか死刑に関わることしか考えていなかったのだと思います。「社会を明るくする運動」は、形式も確立しているし、することになっているから、まあよろしく!程度に考えているのかも。たぶん、万障繰り合わせて、役割を勤めている現場のことは全く見ていないんでしょうね。

7月、今回を含めて7回もの各種イベントの手配・手伝いをしなければならない現場としては、ここまで露骨に何も考えていない当局のもとで、まじめに働くのは、少々バカバカしいと思えてきます。


世間のこと、何もかも整然と理屈が通ると思っているわけではないので、苦しい当局が「どうでもいいことだけどやってくれ。」というのなら、少々理不尽でも「がんばってみます。」と応えるんですけどね。

カッコつけて大義名分で無難に乗り切ろうとする輩の言うことを聞くことほどつまらないことはない、とボクは思うわけであります。










by e.wash-r | 2018-07-07 23:27 | そらごと、たはごと | Comments(0)
おっさんの小言
b0029488_00213227.jpg

高校野球、夏の甲子園岐阜県予選の会場準備の手伝いの手伝いで長良川球場へ。

例年、開会式リハーサルと同時進行の仕事ですが、大雨警報のためリハーサルは延期。誰もいない雨の外野席で、いつものおっさん3人で、やることやってきました。


おっさんのひとりXさんは、お疲れ気味。昨晩、氾濫注意水位を超えた出水の長良川で、水防団員として明け方まで待機していらっしゃったそうです。今晩もまた出動かもしれないと、心配していらっしゃいました。ご苦労様です。

そのXさんとは、明日またJR岐阜駅のイベントでご一緒する予定。イベントは、大雨警報でも決行なのだそうです。親さんからの問い合わせには、”こどもさんのことですから、親さんが判断し、親さんの責任で参加してください。”というスタンスらしいです。こういう毅然とした対応も、ときには必要なんでしょうね。

さて、連日ご奉仕のXさんのおつとめを、ちょっと整理してみると。

・長良川水防のご奉仕は、国土交通省の管轄。
(消防団としてのご奉仕なら、総務省の管轄)
・高校野岐阜予選のご奉仕は、文部科学省の管轄。
・岐阜駅の犯罪防止啓発イベントのご奉仕は、法務省の管轄。

地域社会というのは、実はこうして成り立っているんだな、と思う次第。


さてさて、続く豪雨のため、当地の公立学校は、連日の休校です。おまいり先では、どこもその話題。「たいへん。」と。

こういう機会に、学校というものをよく考えてみるといいと思うのです。ある一面からですが。

1クラス約30人のこどもたちを、先生は、ほぼひとりで教えていらっしゃいます。そのための準備をして、しかも管理責任を負って、ある意味脇目もふらず集中して。仕事だとしても。

家庭では、数人のこどもを親がみています。体系的な学習に導くわけでもなく、その準備を丁寧にするわけでもなく、どちらかといえば、感情的な対応で。テレビを見ながら、スマホをいじりながら、仕事をしながらのおつきあい。「どっかへいっといで!」と見えないところへ送り出せば、管轄外。

安全と責任のシステムのなかの学び、仕事とはいえそれをささえる先生方の献身等々、学校のすばらしさを、ボクたちは「親」として、深く認識するべきなんじゃないかなあ、と思うわけです。

僭越ながら、昨日今日と、そんな雑談をしながら、おまいりまわりました。


さてさてさて、とはいうものの、世の中これでいいと思っているわけでもありません。

ハンナ・アーレントは、ナチスのホロコーストの首謀者アイヒマンを、ボク流に言えば、”ただのおっさん”と定義しました。”アイヒマンは、悪の権化のような特別な人間ではなく、流れの中で、何も考えずただ役割を果たした、どこにでもいる普通の男だった。”と。

一見凡庸な”ただのおっさん”の怖さ。

ボクは、そうなってるんじゃないかなあという疑念もなきにしもあらず。

真剣になるのは面倒くさいし、何かを変えるには気力も体力も必要だし・・・。流されています。たぶん、逃げるより楽だし・・・。


つまり、おっさんとしては、とりあえず、「フランス×ウルグアイ」「ブラジル×ベルギー」が問題だ!



















by e.wash-r | 2018-07-06 22:43 | そらごと、たはごと | Comments(0)